fc2ブログ

東横堀川散策…2

(『東横堀川散策…1』のつづき)

305063.jpg
平野橋から北、東横堀川閘門の閘室を望んで。台船に備えられたクレーンが動いていて、盛んに作業をしているさまを拝見。台船の左、戸袋に収まったマイタゲートの扉体が見えますね。

305064.jpg
クレーンが玉掛けしているものをよくよく見てみると‥‥板囲いして止水した中で吊り上げられようとしているのは、マイタゲートの扉体でしょうか?

検索してみると、「【重要】東横堀川水門の「航路閉鎖に関するお知らせ」について(令和5年8月21日 更新)」(大阪市)が見つかりました。「施設点検の結果から『南側ゲートの取替工事』を行うため、令和5年5月8日(月曜日)から航路閉鎖いたしますのでお知らせします。」とあり、来年2月29日までの期間、通航ができないとのこと。

マイタゲートの交換工事をそのものが珍しくもあるので、しぼんだ気分も少し持ち直したものの、ローラーゲートにくらべて大がかりとなる工事を目の当たりにし、この種のゲートの維持が大変な仕事であることが感じられたものでした。

305065.jpg観光船で賑わう川面が眺められなかったのは残念でしたが、静かな街場の川もまた佳きもの。高架下水路であることも手伝って、日本橋川にいるような気分になり、大阪である実感が薄くすらなります。

平野橋西詰の南側に設けられた、河畔のテラスに降りてみました。河道を埋め立てて造られたここは、周囲より一段低くなっています。橋を眺めるにはよさそうだな‥‥。

305066.jpg
‥‥と思ったものの、高架橋脚やテラスへの階段があって、こちらから全貌を眺めるのは難しいことがわかりました。こちらは階段の途中から何とか写したもの。どこか華奢な感じのする構造、高欄の装飾と、昭和戦前らしさを感じさせるディテールがいいですね。

305067.jpg
テラスからの視点だとご覧のとおり。もそっと高架の高さがあれば、だいぶ違うんですがねえ‥‥。

平野橋は昭和10年竣工、河中に二つの橋脚を持つ3径間なのですが、左手はテラスの築造によって植栽の陰になり、全容が一望できない状態。東京にも同様の例があるとはいえ、難しいところではあります。
撮影地点のMapion地図

(令和5年9月30日撮影)

(『東横堀川散策…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 東横堀川東横堀川閘門閘門高架下水路