fc2ブログ

淀川畔を歩いて…2

(『淀川畔を歩いて…1』のつづき)

305053.jpg淀川本流から大川への分流点を見下ろして。川面に映る空や雲が美しいですね。中央から左が毛馬水門に至る導流堤、右が毛馬閘門からの出入りに用いる通船路です。

枚方ゆきの水上バスに乗って、ここを通り本流の雄大さを初体験したのが平成21年、もう14年前になるんですなあ‥‥と遠い目に。

305054.jpg
時間が押してきているので、そろそろ戻らなければなりませんが、以前通ったよしみ(一度だけですが)もあり、毛馬水門・閘門をちゃんと見ておこうと少し速足で。径間の下は堤防道ですっかり隠れていますが、ゲートを間近に拝めるのはありがたいもの。

305055.jpg
やはり大写ししておきたくなるのが、大阪ローカル(?)を感じさせるひらがな物件の最右翼(??)、「毛馬こうもん」と扉体一杯に記された閘門ゲート!

久しぶりだね、また来たよ、と声をかけたくなるような、親しみすら覚える一度見たら忘れないこの思い切りのよさ。褪せた塗りムラもそのまま、ご健勝のようで何よりです。

305056.jpg
自己主張が激しい(‥‥)のは、常時開で人目につく制水ゲートで、肝心の閘門、前扉室ゲートは橋との間から下をのぞき込んで、やっと見えました。思ったより天地が低いのですね。

305057.jpg
せっかく来たのだからと、銘板をキョロキョロと探してみたものの、発見できたのは目の前の堰柱に掲げられていた、この一つだけでした。

「毛馬閘門1号充水ゲート」‥‥径間1.5mとあるので、閘室に注水するバイパスゲートのことですね。製作は平成2年、メーカーは酒井鉄工所とありました。
撮影地点のMapion地図

(令和5年9月30日撮影)

(『東横堀川散策…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 淀川大川毛馬閘門閘門