fc2ブログ

水路をゆく・第二運河 令和5年4~6月のご案内

35_0006.jpg

【ご案内】
水路をゆく・第二運河にようこそ!
モーターボートなのになぜか艪(ろ)がついている、全長わずか21ft(約6m)の木っ端ブネに乗る道楽船頭は、川や運河をうろつくのが大好き。いにしえの水運全盛期に思いを馳せつつ、閘門・水門や橋、フネブネの姿を楽しみながら、各地の水辺や博物館、遊覧船を訪ね歩くブログです。東京とその近郊にある可航水路の、自艇航行による全線ご紹介を目指しています。

当ブログ掲載の本文、画像の無断使用はお断りいたします。
コメントが減少したため、コメント欄は四年前より閉じさせていただきました。悪しからずご了承ください。
なお、過去の記事にいただいたコメントは、管理人承認後の表示となります。また、誹謗中傷が含まれるもの、公序良俗に反するもの、当ブログの趣旨にそぐわないものなど、コメントの内容によっては、管理人の判断で予告なく削除させていただく場合があります。悪しからずご了承ください。
ボートオーナーの方へ…当ブログに掲載された水路を航行され、事故を起こされても、管理人は責任を負いかねますので、航行にあたっては、各艇長の責任で安全航行をお願いいたします。
画像は、クリックすると別窓・別タブで拡大表示できます(初期のものの中には、原寸掲載で拡大しないものもあります)。
本文中のリンクは、ここ最近のものは原則、ブログ内記事が現窓表示、外部サイト(『水路をゆく 過去ログ』を含む)が別窓・別タブ表示です。初期の記事には、すべて別窓表示のリンクが残っています。
記事検索の仕方‥‥【1】右欄「ブログ内検索」に好みの文言を入力して検索ボタンを押すと、左側に当該文言を本文に含んだ記事のリンク集が表示されます。【2】右欄「水運趣味タグ」の「全表示」をクリックした後、Ctrl+Fで河川名・水門名などを入力し、反転したタグをクリックすると、左欄にタグのついた記事が表示されます。
お問い合わせなどありましたら、右欄最下段のメールフォーム「船頭に電信を打電」よりお願いいたします。
【メールフォームよりメールをくださった皆様へ】頂戴したメールはすべて目を通しておりますが、都合により、お急ぎのご用がある方以外、原則返信はしておりません。またそのほかの理由でも、返信の可否は管理人にお任せください。大変恐縮ですが、悪しからずご了承いただければ幸いです。
当ブログは、ブログサービス「Doblog」にて作成していた、「水路をゆく」の姉妹ブログとして、平成20年4月6日に開設、「航行水路メモ」を主な記事にしてまいりましたが、平成21年2月8日以降、Doblogに障害が発生、更新が不可能になったため、本文記事をこちらで継続することとなりました。
なお、サービス終了に伴い、閉鎖されたDoblog「水路をゆく」に掲載していた記事は、FC2ブログ「水路をゆく 過去ログ」に移設しました。
ツイッターアカウント「水路さん(@suiro_kun)」で、水路のことに限らずさまざまなよしなしごとを垂れ流しております。よろしければどうぞ。

【タイトル画像ほかの更新履歴】
【6月3日更新】タイトルバック画像を更新しました。東京クルーズターミナルで公開中の、試験艦「あすか」です。令和5年5月21日撮影。
【5月18日】5月20日(土)22:00より放映のBSフジ「次課・長州の力旅 #22 船でディープな東京水路探訪▽名シーン続々! 爆笑傑作選」の水路探訪パートのご案内役として、自艇とともに出演させていただきます。
【4月2日更新】タイトルバック画像を更新しました。新砂水門と、交互通航を管制する警戒船です。令和5年4月1日撮影。

三崎橋船着場の警備艇

300001.jpg昨日午後のことです。日本橋川畔、流頭部近くの新川橋~あいあい橋間の西岸を北上していたら、上流、新三崎橋のあたりに船影らしきものが! 三崎橋船着場に艇がもやっているのでしょうか?

さらにその左手、護岸上にはオレンジ色の何かも枝葉の間に見え隠れしています。用足しの途中でしたが、これは見逃せないと浮足立ちました。がぜん速足となり、現場に急いだのはいうまでもありません。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 日本橋川警備艇

水郷観光の華をしのんで

久しぶりに水郷のお話とまいりましょう。過去にもたびたび触れてきましたが、下利根・霞ケ浦・北浦一帯に覇を唱え、関東の内水汽船時代に最後の輝きを見せた船社、水郷汽船。その花形として知られた2隻の鋼製ディーゼル船、「さつき丸」「あやめ丸」の姿に惹かれて入手したリーフレットと絵葉書、二葉を紹介させていただきます。

299046.jpg
水郷めぐり
190㎜×263㎜  「昭和拾貮年九月八日」の印あり。裏面絵柄なし。


4色の版を使った贅沢な水郷観光案内。その目に沁みるような鮮やかな色使いもさることながら、枠の赤版に白抜きで路線や名勝を配し、緑版では菖蒲をと、実に細やかな気配りを見せるデザインに、水郷観光の意気盛んな息吹が感じられて、よいものですね。

「さつき丸」の写真に目を移すと、光線の角度はバッチリ、わずかな追い風を受けているのか、マストトップに掲げられた社旗らしき旗が船首側にはためいて、最上甲板にも真新しい天幕がフルオーニング状態と、プロによるオフィシャルフォトであることがうかがえます。原版があれば、数ある「さつき丸」を写したものの中でも、最高クラスの仕上がりといって間違いはないでしょう。

この手の印刷物は絵葉書同様、発行年代が漠然としか推測できないものですが、一見しただけで二つの材料が明示されていて、その点は大いに助かりました。

まず右下に天地逆ながら、「昭和拾貮年九月八日」の印が見えますね。これは発行日というより、配布された日を示すのでしょうか。もう一つは、本文左手「さつき丸就航」の文言「陽春四月より」云々の下り。本船の竣工は東京石川島で昭和6年10月とされており、その直近とすれば昭和7年4月より就航、ということになるのでしょうか? とすれば、本紙が発行されたのは昭和7年以降、以後、少なくとも昭和12年までは配布されていた、と見てよいかと思います。

通運丸船隊などを擁していた東京通運が、鹿島参宮鉄道船舶部ほかを合併、水郷遊覧汽船を設立したのがの昭和6年11月。水郷汽船への改称は昭和7年8月だそうですから、社名変更の決まったころ、「さつき丸」の就航とタイミングを合わせて、気合の入った宣伝物を作り誘致に力こぶを入れた‥‥、といったストーリーが妄想されたものです。

明治初め以来、隻数こそあれスタイルには大きな変化のなかった、川蒸気船隊を主力としてきた水郷一帯の航路に、一足飛びに鋼製ディーゼル主機の大型船を二隻も投入したのですから、気合も入ろうというもの。水郷一帯の内水沿岸を、細々と綾なすように結んでいた実用航路から、観光航路の時代へ大きな変化を遂げつつあった瞬間のエッセンスを凝縮したような、そんな一葉といっていい過ぎではありません。

299047.jpg
水郷の女王 さつき丸 あやめ丸
宛名・通信欄比率1:1、大正7年4月以降の発行。裏面分割線に「水郷汽船株式會社發行」とあり


もう一つは絵葉書で、「さつき丸」だけでなく「あやめ丸」も併載、新造鋼製ディーゼル船隊が揃い踏み。「水郷の女王」と自称(?)してしまうあたり、自信のほどがうかがえてそそられるものが。それぞれ「船内賣店あり・船室明朗清麗なり」、「船内食堂・賣店・ラヂヲ・其他設備完全・船室明朗清麗・日本間あり」と、設備の宣伝怠りありませんが、「さつき丸」に日本間があったのは興味を惹かれるものがあります。

船内か、あるいは水駅(船着場)で購入時に押印したのか、風景ゴム印が見えますね。こちらも年月日が記されているのはありがたいところ。「8.7.19」とあるので、昭和8年7月19日ということがわかります。

ちなみに「あやめ丸」は95総t、昭和6年5月と、「さつき丸」(155総t)より少し早めの竣工。この2隻がいわば水郷汽船の看板となって、津宮、銚子ほか下利根各所から横利根川を経て、潮来、鹿島や息栖、土浦と、戦前の水郷観光時代を華やかに彩ったことが想われて、胸の熱くなるものがあります。

水郷汽船に関心を覚えられた向きは、以下の関連過去記事もご覧になってみてください。
「参宮丸」船隊? の面影を拾う
東京通運時代の河川航路図二題
土浦再訪…2
水郷案内にしのぶ航路とフネブネ

【参考文献】
水郷汽船史 白戸貞夫 羽成裕子 編 筑波書林 昭和59年1月

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 水郷水郷汽船霞ケ浦絵葉書・古写真

5月21日の水路風景…2

(『5月21日の水路風景…1』のつづき)

299041.jpg
当分出かけられそうにないので、あと1回分道々のスナップにお付き合いいただきましょう。

コンクリ柵に沿って微速で歩かせていたら、ヒョッコリ、といった感じで鷺さんが柱の陰から現われました。我が艇を目にして意表を突かれた様子で、すぐに隠れてしまいましたが、「あっ!」といった表情が踏み出した片足に感じられて、何ともユーモラスです。

299042.jpg
クルーズターミナルに向かう道々ではおなじみ、首都高湾岸線・東京港トンネルの13号地換気所。手前には湾岸線で分断された潮風公園を結ぶ人道橋、潮風橋が架かっています。

レトロフューチャー(?)なその姿、かつては船の科学館とここくらいしか高層建築がなかったのでよく目立ちましたが、いま改めて眺めてみると、背後に続くビル群もあいまって、昔のSFに出てくる未来都市のような‥‥。そう、「銀河鉄道999」の一シーンが現実化したような、そんな気分になったものでした。

299043.jpg帰路、墨田川造船辰巳に艤装船艇はいないかしら、と辰巳埠頭に沿って飛ばしていると‥‥。
誰 も い な い 。

航程半ばで減速・反転し、辰巳運河経由で墨田川造船本社前へ。‥‥しかし、こちらも艤装中の船はなし、建屋のシャッターも閉まっていました。ううん、寂しいなあ。ちょっと気になったのは、手前の桟橋上に、組立中のマストが横たえてあったこと。近々お目見えする船を楽しみに待つとしましょう。

299044.jpg

299045.jpg前回のお出かけ時に引き続き、水ぬるみゆく季節とあって、クラゲの数がまあ多いこと。桟橋上で掃除や片づけをしている最中にも、ゆらゆら、ふわふわと頻繁に姿を見せてくれ、なかなか賑やかです。

中には元気がありあまっているのか、魚雷のようにビュンビュンと高速で泳ぎ去る個体もいて、「クラゲ離れしてるなあ」とつぶやいてしまうほど。飽かずに水面をのぞき込んでしまうのでした。

(令和5年5月21日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 水辺の鳥たち東京港東雲北運河墨田川造船

5月21日の水路風景…1

(『晴海ターミナル惜別…2』のつづき)

299036.jpg
東雲橋‥‥正式には都道304号線、晴海通りを渡す橋ですが、私にとってはちょっと古豪風味の鋼鈑桁橋。通るたびに桁裏の錆が目立ってきて、そろそろ架け替えかしらと思っていたら、しばらく前からすぐ横の上下流側で工事が始まり、橋脚のようなものが立ち上がりました。

299037.jpg
こちらは上流(北)がわの片割れ。4本打ち込んだ鋼管に、鋼材の梁を渡した構造。明らかに仮橋の橋脚ですね。車道としては幅が狭いように思えるので、人道橋のそれでしょうか。

299038.jpg
くぐって、下流(南)側の橋脚も。先ほどのものより広い幅員から、こちらは車道と見て間違いなさそう。どちらも湛水するところをつや消し黒に、他は薄いブルーに塗ってあって、船の喫水線みたいな塗り分けです。

検索してみると、PDF「東雲橋架替事業」(東京都 第五建設事務所)がヒットしました。やはり架け替えで、上下線を分離した一径間の下路式タイドアーチになるそう。竣工は令和13年を予定しているのですね。

299039.jpgゲートブリッジをくぐる第三航路とくれば、中防の東岸に並ぶケーソンを造る浮きドック群に目が奪われますが、何度か紹介した「顔のある浮きドック」、立山6500‐01君がいなくなり、すっかり寂しくなってしまったのが何とも。

4月にもんばんさんのツイートで知ったのですが、売却されたのか、曳船にひかれて韓国に向かったそうです。第二の職場でも、顔はそのままで周りを和ませていてほしいですね‥‥。

299040.jpg
クレーン船のジブがニョキニョキ林立する、旧12号地貯木場の船溜には、こんなゴツい浚渫船が憩うていることも。手前に土運船が接舷しているので、船名はわかりませんでしたが、ジブに掲げられた「峰岸浚設」の社名は読み取れました。オーラを放つ錆色のグラブに惹かれて一枚。
撮影地点のMapion地図

(令和5年5月21日撮影)

(『5月21日の水路風景…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 東雲運河東京港浚渫船