fc2ブログ

水路をゆく・第二運河 令和2年10~12月のご案内

32_0013.jpg

【ご案内】
水路をゆく・第二運河にようこそ!
モーターボートなのになぜか艪(ろ)がついている、全長わずか21ft(約6m)の木っ端ブネに乗る道楽船頭は、川や運河をうろつくのが大好き。いにしえの水運全盛期に思いを馳せつつ、閘門・水門や橋、フネブネの姿を楽しみながら、各地の水辺や博物館、遊覧船を訪ね歩くブログです。東京とその近郊にある可航水路の、自艇航行による全線ご紹介を目指しています。

当ブログ掲載の本文、画像の無断使用はお断りいたします。
コメントが減少したため、コメント欄は一昨年より閉じさせていただきました。悪しからずご了承ください。
なお、過去の記事にいただいたコメントは、管理人承認後の表示となります。また、誹謗中傷が含まれるもの、公序良俗に反するもの、当ブログの趣旨にそぐわないものなど、コメントの内容によっては、管理人の判断で予告なく削除させていただく場合があります。悪しからずご了承ください。
ボートオーナーの方へ…当ブログに掲載された水路を航行され、事故を起こされても、管理人は責任を負いかねますので、航行にあたっては、各艇長の責任で安全航行をお願いいたします。
画像は、クリックすると別窓・別タブで拡大表示できます(初期のものの中には、原寸掲載で拡大しないものもあります)。
本文中のリンクは、ここ最近のものは原則、ブログ内記事が現窓表示、外部サイト(『水路をゆく 過去ログ』を含む)が別窓・別タブ表示です。初期の記事には、すべて別窓表示のリンクが残っています。
記事検索の仕方‥‥【1】右欄「ブログ内検索」に好みの文言を入力して検索ボタンを押すと、左側に当該文言を本文に含んだ記事のリンク集が表示されます。【2】右欄「水運趣味タグ」の「全表示」をクリックした後、Ctrl+Fで河川名・水門名などを入力し、反転したタグをクリックすると、左欄にタグのついた記事が表示されます。
お問い合わせなどありましたら、右欄最下段のメールフォーム「船頭に電信を打電」よりお願いいたします。
【メールフォームよりメールをくださった皆様へ】頂戴したメールはすべて目を通しておりますが、都合により、お急ぎのご用がある方以外、原則返信はしておりません。またそのほかの理由でも、返信の可否は管理人にお任せください。大変恐縮ですが、悪しからずご了承いただければ幸いです。

当ブログは、ブログサービス「Doblog」にて作成していた、「水路をゆく」の姉妹ブログとして、平成20年4月6日に開設、「航行水路メモ」を主な記事にしてまいりましたが、平成21年2月8日以降、Doblogに障害が発生、更新が不可能になったため、本文記事をこちらで継続することとなりました。
なお、サービス終了に伴い、閉鎖されたDoblog「水路をゆく」に掲載していた記事は、FC2ブログ「水路をゆく 過去ログ」に移設しました。

【タイトル画像ほかの更新履歴】
【12月31日】本年もお陰様で、無事故で川走りと水辺探訪を楽しむことができました。ブログをご覧くださった皆様、各所でお世話になった皆様に、この場を借りて厚く御礼申し上げます。コロナ禍で心晴れぬ年末ではありますが、よいお年を迎えられますよう祈念しております。
【12月1日更新】タイトルバック画像を更新しました。墨田区、旧綾瀬川です。令和2年11月15日撮影。
【11月2日更新】タイトルバック画像を更新しました。新潟市、旧栗の木排水機場舟通しの遺構、マイタゲートに設けられた小扉(注排水用ゲート)の巻上機です。令和2年10月25日撮影。
【10月1日更新】タイトルバック画像を更新しました。有明南運河、旧南極観測船「宗谷」の船尾を眺めて。令和2年9月21日撮影。

12月13日の水路風景…3

(『12月13日の水路風景…2』のつづき)

259025.jpg終盤は隅田川から日本橋川へ、そして墨田川造船辰巳と巡る、もはや観察対象のルーチンといってよいコースです。

右の写真は、永代橋の側径間を通って橋脚周りにカメラを向け愛でていたところ、中央径間から出てきた艇にうろんげな目線を送られるの巻。まあ、側径間を通っているだけでも、十分不審に見えたのかもしれません。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 隅田川 日本橋川 辰巳運河 常磐橋 墨田川造船 巡視船 巡視艇

12月13日の水路風景…2

(『12月13日の水路風景…1』のつづき)

259015.jpg東雲運河での爽快なトライアルを終えた後は、そのまま港内を縦断して台場の内水面へ。

コロナ禍によるオリンピック延期で、いったんは姿を消したオリンピックシンボルが、内水面の同じ場所に再登場したと聞いたからです。何か変化はあるでしょうか?

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 東京港 天王洲南運河 高浜西運河 芝浦運河 朝潮運河 隅田川 消防船 水上バス オリンピックシンボル

12月13日の水路風景…1

259006.jpg12月13日日曜は、整備に預けておいた艇を引き取りがてら、軽く近場をひとめぐりしてきました。

割と暖かで、しかも気持ちのよい青空に恵まれていたとあって、これで出なければウソというもの。今年はやたらと多いホシハジロの群れに見送られながら、楽しくお散歩してきました。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 砂町運河 東雲運河 水辺の鳥たち

新木場公園にて

259001.jpg12月6日は、艇を上架しにマリーナへ。船外機の解体整備ととジンク(防蝕亜鉛)の交換、船底清掃をお願いするためです。

船底はスタッフの仕上げよろしきを得て、また出港頻度を上げたこと、目につくところは自分でかっぱいていたことが功を奏し、昨年のようなフジツボみっちり状態はまぬかれましたが、手の届かないクランプ下だけは、ご覧のとおりカラスガイが密生していました。

259002.jpg艇を預けてから、ちょっとお散歩がてらフネブネでも眺めようと、新木場公園へ。

14号地貯木場北水路に面した西の角で、曙運河南口を望む、業務船を眺めるには好立地といってよいところです。
撮影地点のMapion地図


259003.jpg
入ってまず目指したのは北岸、業務船溜のある貯木場北水路側。おお、11月1日に見た、「一号善進丸」に僚船が2隻も! オレンジ色の船が3隻もメザシになると、曇り空にも鮮やかで目立ちますよね。

左隣の「二号善進丸」はいいにしても、その隣が「十八善進丸」‥‥号抜きというのも意表を突かれましたが、番号からしてたくさんの仲間がいそうで、楽しくなりました。他の善進丸にも、いずれどこかで出会えることを期待しましょう。

259004.jpg
柵にもたれて善進丸船隊を眺めていたら、左手から爆音が聞こえてきて、北水路に減速しつつ進入してくる船が。

うほ、これまた無骨で業務船然としたイイ感じじゃないですか。コンソールに書かれた船名は「第六東雲丸」。乗っている皆さんの様子からして、やはり業務船溜である13号地貯木場から、乗り組みさんを送迎している通船のように思えました。

259005.jpg
西岸に出ると、少し距離がありますが、墨田川造船辰巳の浮きドックと艤装桟橋が望めます。こちらも面白い光景が。巡視艇「まつなみ」が入渠していたのです。

上部構造物が大きいこともあり、浮きドックから大きくはみ出たさまが目立ちますね。高さのあるわりに喫水が意外と浅いこと、左にチラリと見える「みかづき」のウォータージェットのノズルより、ぐっと細いあたりはお役目柄。こういったチャンスでもないかぎり、まず目にできない部分とあって、興味深く拝見したものでした。

(令和2年12月6日撮影)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 巡視艇 墨田川造船