FC2ブログ

4月29日の川景色

(『4月29日のフネブネ…2』のつづき)

250011.jpg
落穂拾い的に4月29日の川景色を。豊洲運河、農水省の深川倉庫跡地(平成27年、『8月31日の豊洲運河』に解体中の写真あり)、倉庫が取り壊されて以来長きに渡って工事中ですが、このところジブを高々と掲げたクレーンが並んでおり、それもだんだん数を減じてきたところ。

何ができるのかは知りませんが、基礎工事が終わりに近づいたということでしょうか。澄んだ青空に紅白のジブが映えて、爽快な眺めではありました。

250012.jpg日本橋川との丁字流を右折して、おなじみ神田川の不燃ゴミ積み替え施設、三崎町中継所の前を航過。この日はバージと曳船のもやう姿はなく、少々寂しい光景ではありました。

まあ、バージがいなければいないで、護岸にボルト留めされたゴムフェンダーや、点々と設けられた繋留用のアイ(鉄環)など、ディテールが観察できるチャンスではあるので、興味深く拝見。


250013.jpg
お茶の水橋の下から望んだ、これもおなじみ巨大足場。御茶ノ水駅の改築工事も佳境に入ってきて、長い間眺めてきたこの足場も、撤去のスケジュールが見えてきたのではないでしょうか。もはや川景色の一部と化していたこれも、いつかは取り去られる運命、しっかりと記録しておこう‥‥。

250014.jpg
東武線の隅田川橋梁に併設される人道橋、「すみだリバーウォーク」と名付けられたそうですが、この日見てみたかぎりでは、ほぼ完成しているようでした。

延長のほとんどは下流側に沿って設けられ、西岸近くのみ上流側から入り、構造の中をくぐって下流側へ出るつくり。川を行き交うフネブネはもとより、鋼橋の構造も堪能できと、その筋の方にとっては、まさに一粒で2度おいしいといってよいでしょう!

250015.jpgちょっと片寄ってしまいましたが、桁の真下から仰いで。思ったより幅があり、人の行き来だけなら余裕は十分ありそう。上流側からは、原形を損なわない橋の姿が眺められるのもいいですね。

聞いたところでは、4月中に供用予定だったところ、コロナ禍の影響で6月に延期されたのだそう。供用されたら、ぜひ一度渡ってみたいです。

(令和2年4月29日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 豊洲運河 神田川 隅田川 三崎町中継所