FC2ブログ

東尋坊に遊ぶ…5

(『東尋坊に遊ぶ…4』のつづき)

243071.jpg
東尋坊タワーに戻ってきました。建物は塔屋だけでなく、下2層がエントランスホールと土産物店や展示場、レストランの入ったスペースになっているのですが、2階のレストランは休業中のようでした。側壁の抜き文字が落ちて、「東尋坊タ -」になってしまっているのも味のうち。何分、強い潮風に直接さらされるのですから、施設を維持してゆくのはご苦労が多いことでしょう。

四角錐台の塔に、幅のある展望室を載せた形を目にして、東岩瀬の富山港展望台(過去ログ『富山港展望台』)が思い出されました。もっとも富山港のそれは階段のみで、規模もずっと小さいものでしたが。

243072.jpg
エントランスの受付で観覧券を購入、エレベーターで展望室へ。折からの西日が射しこんで、暖かで広々とした落ち着けるスペース。定番のコイン式双眼鏡に、奥にあるのはなつかしのメダル打刻機かな?‥‥と思ったら違いました(笑)。

他の一角には、自販機や大きなソファーもあって、座っていると陽射しでポカポカと暖まるため、風景を眺めながらついウトウトしてしまいそうです。ちなみにタワー自身の高さは55mですが、東尋坊の標高を足すと、海抜およそ100mになるとのこと。

243073.jpg

243074.jpg南を眺めると、三国港や福井新港が遠望できました。堤防の向こうは九頭竜川と竹田川の河口で、荒天時はその手前にある、三国サンセットビーチから遊覧船が発着するそう。

右の写真は北西側を見下ろしたところ、土産物屋街から雄島に至るまで、先ほど歩いて、また船で巡ったところが一望のもと。遠く水平線近くまで穏やかな海面が続き、本当にいいときに訪れたと思えたものでした。

243075.jpg1階の展示スペースには、東尋坊界隈の昔をしのばせる写真や、各地のタワーが掲げられて、この手が嫌いでないこともあり興味深く拝見。

訪ねた先々で、「この時期、こんなにいい天気なのは珍しいよ!」と声をかけられましたが、そのとおり終日静穏な好天に恵まれて、閘門から東尋坊まで快適に楽しむことができた一日でした。ありがとうございました!
撮影地点のMapion地図

(元年11月23日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東尋坊