FC2ブログ

東尋坊に遊ぶ…4

(『東尋坊に遊ぶ…3』のつづき)

243066.jpg雄島沖から船首を巡らして、東寄りの海岸沿いに南下します。ここでもガイドさんの名解説で、各岩塊の名やいわれについて細をうがったお話があったのですが、垂れ流すのも差し障りがありそうなので、乗ってからのお楽しみにさせていただきましょう。

驚いたのは、岩の上に引き上げられた機付きのインフレータブル。釣り人さんが乗ってきたのはわかるのですが、破れたりしないのかしら?

243067.jpg

243068.jpg並みいる奇岩を見て回るうち、船は断崖に囲まれた湾入に突っ込んで、岩肌が触れそうなところで止まりました。小心者としては、もし自分が操艇していたら、天地がひっくり返っても入りたくないところです。それだけに、船長の腕にはまったくこうべを垂れるばかりでした。

ガイドさんによると、この湾入は「大池」と呼ばれ、周りにそびえる断崖の高さは約25m、水深はなんと、17mほどもあるとのこと。

入海を池、と呼ぶのも珍しく思いましたが、これだけ狭く、しかも水深があると、少し波が立てば怒濤が噴き上がり、とても入ることはかなわないでしょう。穏やかな海況に感謝したくなりました。

243069.jpg
「大池」を後進で離脱、船着場の前を行き過ぎて、岸をなぞるようにゆっくりと岬を大回りし、岩相を心ゆくまで眺めさせてくれます。これも波静かであればこそ。青く澄んだ海と空に白い観光船、絵になりますね。

先ほど、土産物屋街を抜けたところの展望スペースから見た岩の、すぐそばをかすめるように通過。これも名前がついていて、ええと「軍艦岩」だったかな? あっ、ここにも引き揚げられたインフレータブルが。船宿からそうするように、と指示があるのでしょうか。

243070.jpg
紺碧の日本海と奇岩つらなる海食崖の名勝、好天のおかげで大いに楽しめました。時間的に光線のあんばいもよろしく、海上から眺めても、こうして崖の上から見渡しても節理がくっきりと浮き出て、訪ねたタイミングもばっちりだったようです。

最後に、東尋坊タワーに上がって、風光を愛でてからおいとまするとしましょう。自分の年代から見ると、ちょっと懐かしくなるような建物ではあったので、その意味でも楽しみではあります。

(元年11月23日撮影)

(『東尋坊に遊ぶ…5』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東尋坊 東尋坊観光遊覧船