FC2ブログ

水路をゆく・第二運河 令和元年10月~12月のご案内

31_0015.jpg

【ご案内】
水路をゆく・第二運河にようこそ!
モーターボートなのになぜか艪(ろ)がついている、全長わずか21ft(約6m)の木っ端ブネに乗る道楽船頭は、川や運河をうろつくのが大好き。いにしえの水運全盛期に思いを馳せつつ、閘門・水門や橋、フネブネの姿を楽しみながら、各地の水辺や博物館、遊覧船を訪ね歩くブログです。東京とその近郊にある可航水路の、自艇航行による全線ご紹介を目指しています。

当ブログ掲載の本文、画像の無断使用はお断りいたします。
コメントが減少したため、コメント欄は昨年より閉じさせていただきました。悪しからずご了承ください。
なお、過去の記事にいただいたコメントは、管理人承認後の表示となります。また、誹謗中傷が含まれるもの、公序良俗に反するもの、当ブログの趣旨にそぐわないものなど、コメントの内容によっては、管理人の判断で予告なく削除させていただく場合があります。悪しからずご了承ください。
ボートオーナーの方へ…当ブログに掲載された水路を航行され、事故を起こされても、管理人は責任を負いかねますので、航行にあたっては、各艇長の責任で安全航行をお願いいたします。
画像は、クリックすると別窓・別タブで拡大表示できます(初期のものの中には、原寸掲載で拡大しないものもあります)。
本文中のリンクは、ここ最近のものは原則、ブログ内記事が現窓表示、外部サイト(『水路をゆく 過去ログ』を含む)が別窓・別タブ表示です。初期の記事には、すべて別窓表示のリンクが残っています。
記事検索の仕方‥‥【1】右欄「ブログ内検索」に好みの文言を入力して検索ボタンを押すと、左側に当該文言を本文に含んだ記事のリンク集が表示されます。【2】右欄「水運趣味タグ」の「全表示」をクリックした後、Ctrl+Fで河川名・水門名などを入力し、反転したタグをクリックすると、左欄にタグのついた記事が表示されます。
お問い合わせなどありましたら、右欄最下段のメールフォーム「船頭に電信を打電」よりお願いいたします。
【メールフォームよりメールをくださった皆様へ】頂戴したメールはすべて目を通しておりますが、都合により、お急ぎのご用がある方以外、原則返信はしておりません。またそのほかの理由でも、返信の可否は管理人にお任せください。大変恐縮ですが、悪しからずご了承いただければ幸いです。

当ブログは、ブログサービス「Doblog」にて作成していた、「水路をゆく」の姉妹ブログとして、20年4月6日に開設、「航行水路メモ」を主な記事にしてまいりましたが、21年2月8日以降、Doblogに障害が発生、更新が不可能になったため、本文記事をこちらで継続することとなりました。
なお、サービス終了に伴い、閉鎖されたDoblog「水路をゆく」に掲載していた記事は、FC2ブログ「水路をゆく 過去ログ」に移設しました。

【更新履歴】
【元年12月31日】本年もお陰様で、楽しく川走りと水辺探訪を続けることができました。ブログをご覧くださった皆様、各所でお世話になった皆様に、この場を借りて厚く御礼申し上げます。新年がよい年でありますよう、心よりお祈りしております。
【元年12月1日更新】タイトルバック画像を更新しました。千葉県長生郡、一宮川の松潟堰です。元年11月4日撮影。
【元年11月1日更新】タイトルバック画像を更新しました。徳島市、今切川河口堰の堰柱です。元年9月14日撮影。
【元年10月1日更新】タイトルバック画像を更新しました。徳島県は今切川、加賀須野橋です。元年9月14日撮影。

開田橋閘門を訪ねて…5

(『開田橋閘門を訪ねて…4』のつづき)

243026.jpg前扉室の扉体が閉じると、すぐに後扉室が運転を始め、手前にゆっくりと開きはじめました。

やはり、海側が少し水位が高かったのか、閘室の中の水面がゆらゆらとさざ波立ち、水が流入していることが感じられました。でも水位差はほとんど無きに等しいようで、側壁の湛水線とくらべてみても、ほんの10㎝ほどといったところでしょうか?

243027.jpg
扉体がほぼ開ききったところ。今度は扉体の動きに吸いつくようにして、水面に浮いていた木っ端屑やらが手前に出てきました。前扉室が常時開放だと、吹き寄せでゴミが閘室内に溜まってしまうようですね。

扉体が動くのを避けて間合いを取っていた社長、スロットルをコツンと前進に入れて、ゆっくりと艇を閘室へ進入させます。むふふ、楽しくてニヤケますのう‥‥。

243028.jpg
説明板に描かれていたとおり、左手の側壁には2基の蛍光灯が備えられていて、また両側とも全長に渡り、ハンドレールが設けられていました。

ぶら下げたチェーンやロープより、がっちりと固定されたハンドレールの方が艇を安定して引き寄せられるので、通航艇も使い勝手がよいでしょうね。もっとも、これは閘程がきわめて少なく、小型艇しか通らない極小閘門ならではの設備といえます。

243029.jpg
社長は艇を惰力でずんずん進ませ、ついには扉体に軽くコツン! いや~、こんな間近で閘門の扉体を拝めるなんて、貴重な体験でありますよ。せっかくなので扉体をナデナデ。

さて、なぜこんな奥まで艇を進ませたかというと、ちゃんと理由がありまして‥‥。

243030.jpgもう一隻、通航艇があったから、でした。こちらは社長のお知り合いで、入閘前の待ち時間に雑談したり、バケツに入った魚をもらったりと、楽しいやり取りも。

お知り合いの「どこ行くの?」の問いに、「水門マニアのお客さんを案内してるんだよ!」と、これまた楽しそうに答える社長(GJ!)。ノリのよい社長につられて私も「水門マニアで~す!」と自己紹介してしまいました。

(元年11月23日撮影)

(『開田橋閘門を訪ねて…6』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 北潟湖 開田橋閘門 閘門