FC2ブログ

水路をゆく・第二運河 令和元年10月~12月のご案内

31_0015.jpg

【ご案内】
水路をゆく・第二運河にようこそ!
モーターボートなのになぜか艪(ろ)がついている、全長わずか21ft(約6m)の木っ端ブネに乗る道楽船頭は、川や運河をうろつくのが大好き。いにしえの水運全盛期に思いを馳せつつ、閘門・水門や橋、フネブネの姿を楽しみながら、各地の水辺や博物館、遊覧船を訪ね歩くブログです。東京とその近郊にある可航水路の、自艇航行による全線ご紹介を目指しています。

当ブログ掲載の本文、画像の無断使用はお断りいたします。
コメントが減少したため、コメント欄は昨年より閉じさせていただきました。悪しからずご了承ください。
なお、過去の記事にいただいたコメントは、管理人承認後の表示となります。また、誹謗中傷が含まれるもの、公序良俗に反するもの、当ブログの趣旨にそぐわないものなど、コメントの内容によっては、管理人の判断で予告なく削除させていただく場合があります。悪しからずご了承ください。
ボートオーナーの方へ…当ブログに掲載された水路を航行され、事故を起こされても、管理人は責任を負いかねますので、航行にあたっては、各艇長の責任で安全航行をお願いいたします。
画像は、クリックすると別窓・別タブで拡大表示できます(初期のものの中には、原寸掲載で拡大しないものもあります)。
本文中のリンクは、ここ最近のものは原則、ブログ内記事が現窓表示、外部サイト(『水路をゆく 過去ログ』を含む)が別窓・別タブ表示です。初期の記事には、すべて別窓表示のリンクが残っています。
記事検索の仕方‥‥【1】右欄「ブログ内検索」に好みの文言を入力して検索ボタンを押すと、左側に当該文言を本文に含んだ記事のリンク集が表示されます。【2】右欄「水運趣味タグ」の「全表示」をクリックした後、Ctrl+Fで河川名・水門名などを入力し、反転したタグをクリックすると、左欄にタグのついた記事が表示されます。
お問い合わせなどありましたら、右欄最下段のメールフォーム「船頭に電信を打電」よりお願いいたします。
【メールフォームよりメールをくださった皆様へ】頂戴したメールはすべて目を通しておりますが、都合により、お急ぎのご用がある方以外、原則返信はしておりません。またそのほかの理由でも、返信の可否は管理人にお任せください。大変恐縮ですが、悪しからずご了承いただければ幸いです。

当ブログは、ブログサービス「Doblog」にて作成していた、「水路をゆく」の姉妹ブログとして、20年4月6日に開設、「航行水路メモ」を主な記事にしてまいりましたが、21年2月8日以降、Doblogに障害が発生、更新が不可能になったため、本文記事をこちらで継続することとなりました。
なお、サービス終了に伴い、閉鎖されたDoblog「水路をゆく」に掲載していた記事は、FC2ブログ「水路をゆく 過去ログ」に移設しました。

【更新履歴】
【元年12月1日更新】タイトルバック画像を更新しました。千葉県長生郡、一宮川の松潟堰です。元年11月4日撮影。
【元年11月1日更新】タイトルバック画像を更新しました。徳島市、今切川河口堰の堰柱です。元年9月14日撮影。
【元年10月1日更新】タイトルバック画像を更新しました。徳島県は今切川、加賀須野橋です。元年9月14日撮影。

松潟堰…4

241016.jpg
舟通しを狙う視点にも手詰まり感があったので、北岸を離れて南岸に向かうことにしました。いったん国道128号線に出て、大迂回する形で一宮橋を渡り、途中から未舗装になった川沿いの道をたどって堰を目指します。途中でクルマを降りて歩き、堰柱が見えたあたりで、意外や、まだ新しい橋が出現。

堰の下流で合流する、ささやかな派川を渡る橋でした。親柱もなく、高覧にも銘板のたぐいは取り付けられていなかったので、無銘橋かと思ったら、桁の側面という妙な場所に銘板を発見。「どんどん橋」、平成9年竣工だそうです。

241017.jpg渡ろうと近づいてみたら、橋詰の左手に石碑が。こちらも橋同様、まだ新しそうですね。こんな地先感濃厚なところに、石碑というのもこれまた意外だなと、興味を覚えて引っかかってみることに。

表面に刻まれた字を読んでみると、「高石真五郎別荘跡」‥‥う~ん、誰だろう? 天端に説明板があったのでこれも読んでみると、毎日新聞社最高顧問、前の東京オリンピックでIOC委員だった方だそう。知りませんでした(あ、誤植見つけちゃった‥‥)。

説明文はさらに、高石さんの別荘のみならず、ご当地一宮が昭和初期まで別荘地として、多くの名士に愛されていたことも語っていました。勉強になります。

241018.jpg
とはいえ、流路ギリギリの地所に別荘が建っていたとは考えづらいので、河道改修が行われる以前は、川との距離も相応にあったのだと思われます。海にも近く、温暖でものなりもよさそうなご当地は、保養にもってこいの土地柄と見られたのでしょうね。

241019.jpg

241020.jpg舟通しの近くまで来ました。いうまでもなく嬉しさがこみ上げてきて、気持ちはたかぶるばかり。しかし、この厳重なフェンスの囲いっぷりったら!

閘室の上下流に長々と伸び、管理橋の橋詰も金網の向こうで、ろくな視点が得られそうにありません。とにかく近づけまいとする、かたくなな意志がビリビリ伝わってきました。少々凹みながらも、堰柱の側面に銘板発見! 気をとりなおし、見られるものは全部見てやろう!
撮影地点のMapion地図

(元年11月4日撮影)

(『松潟堰…5』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 松潟堰 松潟堰舟通し 閘門 一宮川

松潟堰…3

(『松潟堰…2』のつづき)

241011.jpg近くからゲートのディテールを眺めよう、と正横まで来たら、こんな看板が立っていたので、立ち止まって読み下してみまると‥‥おお。

天然ガス輸送管」の文字に目線が吸い寄せられました。今立っている長生村のお隣、茂原市は天然ガスの生産量では国内随一を誇る土地柄。堰の管理橋にガス管が渡っているのも、むべなるかなであります。

241012.jpg管理橋の下流側にも、略同の看板がもう一つありました。こちらは企業名が違っていて、「天然ガス送水管・送ガス管敷設」とありますね。

ガス井から一緒に出てくる湧水を運ぶ管路も、併設されているということでしょうか。一つの橋に、複数のガス管が渡っているご当地ならではのインフラ風景、よいものです。ご興味のある向きは、先の看板にもあった地元企業、関東天然瓦斯開発株式会社の「天然ガスの歴史」をぜひ!

241013.jpg
ガス管も渡して、地域に貢献している肝心の管理橋は、先にも触れたようにご覧のとおり通行禁止。真ん中あたりから向こうは、幅がぐっと狭まっていますが、高欄は十分な高さがあり、照明も設けられていて、人道橋として供してもまったく問題なさそうです。

何分橋の少ないところですから、ここが渡れれば助かる方も少なくないと思うのですが‥‥。過去に事故でもあったのでしょうか。

241014.jpg
さらに下流へ向かって歩き、距離が取れたところで振り返って、舟通しを一枚。う~ん、この角度からは、特に得るものはなさそうだなあ。橋桁の側面に這わせてある管路が、例のガス管かな?

右側、前扉室の方が微妙に低く見えるけれど、実際そうなのか、単に屋根の傾斜でそう錯覚しているだけなのか、ちょっと判断がつきかねました。

241015.jpg
堰の全景を眺められるところまで離れて、枯れた法面とともに一枚。

この日はたくさんの白雲が青空に流れて、本当にきれいでした。千葉県を訪ねたときは、比較的好天に恵まれるせいか、自分の中では千葉というと、空の美しさが連想されるほど。大好きです、千葉の空。
撮影地点のMapion地図

(元年11月4日撮影)

(『松潟堰…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 松潟堰 松潟堰舟通し 閘門 一宮川

松潟堰…2

(『松潟堰…1』のつづき)

241006.jpgというわけで、対岸からの少しでもいいポジションを求めて、周りを見回すと‥‥。おあつらえ向きに、半島状に河道へ向けて出っ張ったところが。

堰上げ時の“ダム湖”として河道を拡幅したのか、逆に埋め立てたのかはわかりませんが、あそこなら舟通しが真正面から狙えそうと、うねる堤防のラインをたどって先端へ。


241007.jpg
うひょひょ、イケますイケます! ありがたいことに、期待を裏切らぬ真正面。閘室もきれいに見通せますね。しかし信号の位置、どう見ても高すぎるよなあ‥‥。

まあしかし、径間の想像を超えた狭さが、何というか視神経に沁みるこのアングル。堰柱がノッポなことから、狭さが強調されて見えているだけかもしれませんが、2m前後ではないかしら。セルフ操作であれば、閘室の側壁に操作用ロープなどの関連機器が見えるだろうと期待したのだけれど、遠すぎるせいか、残念ながら確認できませんでした。
撮影地点のMapion地図

241009.jpgズームでいっぱいにたぐっても、これ以上のディテールは判別できそうもないので、あきらめて視点を変えようと、下流に向かって歩き出しました。

青いさやを持つスライドゲートらしいあれは、各扉室の上流側に一つづつあるので、やはりバイパスゲートのようですね。まあ、スピンドルの丸棒が長いことったら! 増水時は流速で曲がらないかと、不安になるレベル。

241010.jpg
移動の道々に、後扉室周りをアップで。スキンプレートには、千鳥にジンクが貼り付けられていますね。海水が遡上してくる河川ならではの装備です。

それにしても、後扉室の扉体が、前扉室の倍ほど天地寸法があるのが気になります。堰上げ時の水位を考えに入れたとしても、前扉室のそれが半分の高さなのが説明できません。前扉室の階壁がその分高く造ってあったら、開放時のいまは水面上に露出しているはず‥‥。う~ん。

241008_01.jpg
などと考えながら歩を進めていたら、堰の間近に来ていました。土砂吐ゲート、遠くから眺めたときはひょろひょろの頭でっかちに見えたのに、横から見ると一転して、どっしりとした重厚な感じ。堰柱に流路方向の幅があるので、印象がずいぶん違います。

舟通しはひとまず置いて、堰そのものを少し眺めてみましょう。諸元を記した銘板や、看板のたぐいがあるかもしれません。

(元年11月4日撮影)

(『松潟堰…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 松潟堰 松潟堰舟通し 閘門 一宮川