FC2ブログ

8月11日のフネブネ

(『8月11日の運河風景…4』のつづき)

238096.jpg
最後に道々出会ったフネブネを少し。芝浦運河にある「TOKYO WATER TAXI」の船溜、続航建造艇であるカタマランも増えて、賑やかになりました。船体色のイエローが鮮やかなだけに、これだけ数が揃うとよく目立ち、水面の雰囲気も明るいものになりますよね。

238097.jpg並んでもやう「02」と「05」を振り返って眺めたら‥‥あらら、トランサムは抜けておらず、ドライブも中央にあって、カタマランでないことがわかりました。お詫びして訂正します。

双胴船形でなく、カテドラル型ハルのような特殊なタイプで、全幅を広くとるために工夫されたのでしょう。重心の高そうな艇なので、幅を持たせた方がより安心ではあります。

238098.jpg
豊洲運河で行逢した押船、「UTSUMI60」。白い船体に、扉やエンジンケーシング側面など、要所を黒く塗り分けた塗装がキリリと引き締まった感じで、なかなか小粋ですね。

操舵室側面に、手すりのついた小さなウィングを設けているところも、可動式操舵室を上昇させたときの機能性を思わせて、大いにそそります。ウィ~ンと伸びあがってゆく瞬間、見てみたいものですね。

238099.jpg

238100.jpgそしておなじみ辰巳埠頭東端、墨田川造船の浮きドックがある、艤装桟橋といってよい場所。この日は続き番の巡視艇、「あさぎり」と「うみぎり」が仲良くもやって、仕上げ工事中。

奥の「あさぎり」は船橋の窓ガラスが養生され、屋根上のレーダーなど機器類もビニールをかぶった状態だったので、「うみぎり」より少し前の工程が手がけられているようでした。
撮影地点のMapion地図

(元年8月11日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 芝浦運河 豊洲運河 曳船 巡視艇

8月11日の運河風景…4

(『8月11日の運河風景…3』のつづき)

238091.jpg近づくにつれて、正面の何物かが鋼矢板であり、流路全幅にわたって打ち込まれ、文字どおり鉄壁の閉塞ぶりであることが判明。

いや~、これはかつてない、なかなか強烈な光景です。ブイのフェンスを設けたりして通航を止めるのは何回か目にしましたが、高々と壁を築かれて視界すら奪われるというのは初めてで、むしろ珍しさに感じ入ったものでした。

238092.jpg
しかし、鋼矢板を打ち込んだということは、少なくとも水を抜く必要があったわけで、何の工事をするのか気になりました。護岸の基礎や河床といったところでしょうか。当然この一列だけでなく、向こうにももう一列が打ち込まれているに違いありません。

238093.jpgこれはやはり、反対側からも見ておきたいものと、鋼矢板を横目に右折して新芝北運河を抜け、芝浦運河へ出て北上。分流点手前の浦島橋には、新芝運河通航止めの横断幕が掲げられていました。

左折✕ ←」の表記がユーモラス。工期は来年3月末までとのこと。さて、新芝運河北口はどうなっているでしょう。


238094.jpg
意外や鋼矢板の姿はなく、ブイ‥‥それも小さなものをつないだ、控え目なフェンスで閉塞されているだけでした。左手の柵には、先ほど浦島橋で見たものと、ほぼ同じ横断幕が掲げられているのも見えます。

238095.jpg
画像が粗くて恐縮ですが、軸線に合わせてからカメラを構え、ズームでたぐってみたのがこの一枚。奥に重機を載せた台船が浮いているのが見え、その手前はオレンジ色のフェンスで区切られていました。

見たかぎり、鋼矢板はあの一列だけみたいですね。これから手前に、もう一列打ち込まれるのでしょうか。なかなか見られない光景だけに、今後の進捗も観察しておきたくなります。
撮影地点のMapion地図

(元年8月11日撮影)

(『8月11日のフネブネ』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 新芝運河 芝浦運河