FC2ブログ

水路をゆく・第二運河 令和元年7月~9月のご案内

31_0011.jpg

【ご案内】
水路をゆく・第二運河にようこそ!
モーターボートなのになぜか艪(ろ)がついている、全長わずか21ft(約6m)の木っ端ブネに乗る道楽船頭は、川や運河をうろつくのが大好き。いにしえの水運全盛期に思いを馳せつつ、閘門・水門や橋、フネブネの姿を楽しみながら、各地の水辺や博物館、遊覧船を訪ね歩くブログです。東京とその近郊にある可航水路の、自艇航行による全線ご紹介を目指しています。

当ブログ掲載の本文、画像の無断使用はお断りいたします。
コメントが減少したため、コメント欄は昨年より閉じさせていただきました。悪しからずご了承ください。
なお、過去の記事にいただいたコメントは、管理人承認後の表示となります。また、誹謗中傷が含まれるもの、公序良俗に反するもの、当ブログの趣旨にそぐわないものなど、コメントの内容によっては、管理人の判断で予告なく削除させていただく場合があります。悪しからずご了承ください。
ボートオーナーの方へ…当ブログに掲載された水路を航行され、事故を起こされても、管理人は責任を負いかねますので、航行にあたっては、各艇長の責任で安全航行をお願いいたします。
画像は、クリックすると別窓・別タブで拡大表示できます(初期のものの中には、原寸掲載で拡大しないものもあります)。
本文中のリンクは、ここ最近のものは原則、ブログ内記事が現窓表示、外部サイト(『水路をゆく 過去ログ』を含む)が別窓・別タブ表示です。初期の記事には、すべて別窓表示のリンクが残っています。
記事検索の仕方‥‥【1】右欄「ブログ内検索」に好みの文言を入力して検索ボタンを押すと、左側に当該文言を本文に含んだ記事のリンク集が表示されます。【2】右欄「水運趣味タグ」の「全表示」をクリックした後、Ctrl+Fで河川名・水門名などを入力し、反転したタグをクリックすると、左欄にタグのついた記事が表示されます。
お問い合わせなどありましたら、右欄最下段のメールフォーム「船頭に電信を打電」よりお願いいたします。
【メールフォームよりメールをくださった皆様へ】頂戴したメールはすべて目を通しておりますが、都合により、お急ぎのご用がある方以外、原則返信はしておりません。またそのほかの理由でも、返信の可否は管理人にお任せください。大変恐縮ですが、悪しからずご了承いただければ幸いです。

当ブログは、ブログサービス「Doblog」にて作成していた、「水路をゆく」の姉妹ブログとして、20年4月6日に開設、「航行水路メモ」を主な記事にしてまいりましたが、21年2月8日以降、Doblogに障害が発生、更新が不可能になったため、本文記事をこちらで継続することとなりました。
なお、サービス終了に伴い、閉鎖されたDoblog「水路をゆく」に掲載していた記事は、FC2ブログ「水路をゆく 過去ログ」に移設しました。

【更新履歴】
【元年9月1日更新】タイトルバック画像を更新しました。高浜西運河上空を横切る、モノレールの編成を仰いで。元年8月17日撮影。
【元年8月1日更新】タイトルバック画像を更新しました。耐震補強工事成り、ゲート設備が更新された扇橋閘門です。元年8月1日撮影。
【元年7月1日更新】タイトルバック画像を更新しました。旧源森川、枕橋とスカイツリーです。平成31年4月28日撮影。

岡崎渡船…1

(『徳島へ行って来ました』のつづき)

239006.jpg
最初の目的地は、撫養航路の一部であり、鳴門市の臨海部を南北に伸びる撫養川の北端、小鳴門海峡を望む風光明媚なところ、岡崎。ここから対岸の大毛島・土佐泊を結ぶ、岡崎渡船に乗ってみようとやってきたのです。撫養航路の船に乗れないことが決まった以上、少しでもご当地の船を体験しておきたいという気持ちも正直ありました。

小鳴門海峡にはこの岡崎渡船のほか、黒崎、島田と計3つの渡船があるのだそう。陸閘を備えた防潮堤の向こうに、渡船の船橋が顔を出しているのが見えました。

239007.jpg入口の左には、陸閘を閉じたときのために階段が設けてあったので、天端に上って渡船と初顔合わせ。バウランプを備えた、可愛らしい感じの船がスロープにバウづけしていました。

渡船」(鳴門市HP)に詳細がありますが、正式な航路名は「市道岡崎渡船場線」といい、運賃は無料です。その名のとおり市道の一部として機能している、地元の方のための足なのです。

239008.jpg
渡船「さざなみ」を左舷から一枚。晴天のおかげで、白と青の船体色がよく映え、背後の緑濃い山並みともよくマッチしています。揚陸艇のようなバウランプを持つ渡船は、軽車輌も載せられる機能性もあって、各地で活躍しているのでしょうが、私はこれが初体験。

先ほどのサイトから要目を拾うと、6.6総t、6kt、174psで主機ディーゼル、平成7年進水とのこと。幅があるせいか、ちょっと寸詰まったようなところに可愛らしさを覚え、いっぺんで好きになってしまいました。

239009.jpg

239010.jpg船尾は丸みを帯びて、優しい感じのする書体で「さざなみ 鳴門」と船名と船籍港が。甲板上をまたいだ船橋から後ろはオーニングが張られ、ここがいわば旅客スペースなのでしょう。

船首水線近くは、ゴムのフェンダーでも貼ってあるのかしらと思ったら、数本のリブが走っているのみで鋼板のまま。引き波が寄せて揺れるたび、スロープとぶつかりゴォン、ゴォンと梵鐘のような音がして、それがまた、何とものどかに思えたものでした。
撮影地点のMapion地図

(元年9月14日撮影)

(『岡崎渡船…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 岡崎渡船 撫養川 小鳴門海峡 鳴門市

徳島へ行って来ました

239001.jpg
ホンモノのGoogleマップで徳島・鳴門を表示

9月14・15日は、徳島の水門・閘門や水路を訪ねてきました。

四国三郎の異名を持つ大河、吉野川が生み出した徳島市・鳴門市に渡る広大な沖積低地には、支派川や旧河道の名残りである水路群が、蛇行しつつ縦横に走っています。それだけでも惹かれるのに、複数の閘門が息づいているとなれば、興味のわかぬはずはありません。

239002.jpg加えて、本流のみを使った東西方向だけでなく、旧河道や澪筋、内海をたどって、徳島城下から鳴門に至る南北方の舟航を実現していた点も、大いに興味をそそられるものがありました。

本流をタテの放射線に例えるなら、ヨコのいわば環状線の機能を持つ舟航路を擁した地域は希少で、宮城、東京、新潟のそれが思い当るくらい。水運趣味的にてんこ盛りの魅力が詰まった地域といえるわけです。

さらに、その“環状線”に当たる舟航路を「撫養航路」と称して、いにしえの舟運をしのぼうとNPO法人「新町川を守る会」の手で運航している船があると知り、こりゃもう、是が非でも訪ねたいと思ったのはいうまでもありません。

しかし、徳島ゆきの計画を立てるたび、なぜか呪われたように外せない用事ができたり、悪天候に見舞われたりと、潰えること数度。これも初めての川でよく感じる「呼ばれていない」なのか? と、わが身の不運を嘆いたものです。今回、最初の計画から実に10年を経て、ようやく念願がかなったのでした。

239003.jpg
さて、日にちも決まってどうやら訪問のめども立ったので、撫養航路の乗船予約をしておこうと、「新町川を守る会」に電話したところ、電話に出られた方がまず「う~ん‥‥」と困惑の声。何か、雲行きが怪しくなってきた感じが‥‥。

その方は言葉を続けて、「9月14、15日は日中の潮位が低く、鍋川閘門付近の水深が足りず通れない。運航は難しい
いやもう、ガックリ来たことはいうまでもありません。「呼ばれていない」というか、10年に渡り訪問を潰えさせてきたナニカの“呪い”は、ここに至っても効力を失っていなかったのであります。

‥‥まあ、今回は悪天候であろうが、何があっても決行し、“呪い”を跳ねのける腹ではあったので、撫養航路はまたの機会の楽しみにとっておくこととし、まずは閘門や水路風景を現地に立って堪能すべく、機上の人となったのでありました。

239004.jpg
朝一番の便で、9時前に徳島空港へ降り立つことができました。前日の予報では、14日の徳島は曇りといま一つだったものの、ふたを開けてみるとご覧のとおり、カラリとした気持ちのよい快晴。“呪い”を跳ねのけた気がして、大いに意気上がったのでした。

239005.jpg空港を出てすぐ徳島市内には向かわず、見たいものがいくつかあったのでまずは北へ。

ご当地名産の蓮根畑や芋畑を眺めながら、国道28号線・撫養橋で新池川を渡って撫養町を北上。好天に恵まれて、あまたある内水や水門風景もひときわ輝いて見えることでしょう、期待に胸もふくらみます。
撮影地点のMapion地図

(元年9月14・15日撮影)

(『岡崎渡船…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 徳島市 新町川 閘門

8月11日のフネブネ

(『8月11日の運河風景…4』のつづき)

238096.jpg
最後に道々出会ったフネブネを少し。芝浦運河にある「TOKYO WATER TAXI」の船溜、続航建造艇であるカタマランも増えて、賑やかになりました。船体色のイエローが鮮やかなだけに、これだけ数が揃うとよく目立ち、水面の雰囲気も明るいものになりますよね。

238097.jpg並んでもやう「02」と「05」を振り返って眺めたら‥‥あらら、トランサムは抜けておらず、ドライブも中央にあって、カタマランでないことがわかりました。お詫びして訂正します。

双胴船形でなく、カテドラル型ハルのような特殊なタイプで、全幅を広くとるために工夫されたのでしょう。重心の高そうな艇なので、幅を持たせた方がより安心ではあります。

238098.jpg
豊洲運河で行逢した押船、「UTSUMI60」。白い船体に、扉やエンジンケーシング側面など、要所を黒く塗り分けた塗装がキリリと引き締まった感じで、なかなか小粋ですね。

操舵室側面に、手すりのついた小さなウィングを設けているところも、可動式操舵室を上昇させたときの機能性を思わせて、大いにそそります。ウィ~ンと伸びあがってゆく瞬間、見てみたいものですね。

238099.jpg

238100.jpgそしておなじみ辰巳埠頭東端、墨田川造船の浮きドックがある、艤装桟橋といってよい場所。この日は続き番の巡視艇、「あさぎり」と「うみぎり」が仲良くもやって、仕上げ工事中。

奥の「あさぎり」は船橋の窓ガラスが養生され、屋根上のレーダーなど機器類もビニールをかぶった状態だったので、「うみぎり」より少し前の工程が手がけられているようでした。
撮影地点のMapion地図

(元年8月11日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 芝浦運河 豊洲運河 曳船 巡視艇

8月11日の運河風景…4

(『8月11日の運河風景…3』のつづき)

238091.jpg近づくにつれて、正面の何物かが鋼矢板であり、流路全幅にわたって打ち込まれ、文字どおり鉄壁の閉塞ぶりであることが判明。

いや~、これはかつてない、なかなか強烈な光景です。ブイのフェンスを設けたりして通航を止めるのは何回か目にしましたが、高々と壁を築かれて視界すら奪われるというのは初めてで、むしろ珍しさに感じ入ったものでした。

238092.jpg
しかし、鋼矢板を打ち込んだということは、少なくとも水を抜く必要があったわけで、何の工事をするのか気になりました。護岸の基礎や河床といったところでしょうか。当然この一列だけでなく、向こうにももう一列が打ち込まれているに違いありません。

238093.jpgこれはやはり、反対側からも見ておきたいものと、鋼矢板を横目に右折して新芝北運河を抜け、芝浦運河へ出て北上。分流点手前の浦島橋には、新芝運河通航止めの横断幕が掲げられていました。

左折✕ ←」の表記がユーモラス。工期は来年3月末までとのこと。さて、新芝運河北口はどうなっているでしょう。


238094.jpg
意外や鋼矢板の姿はなく、ブイ‥‥それも小さなものをつないだ、控え目なフェンスで閉塞されているだけでした。左手の柵には、先ほど浦島橋で見たものと、ほぼ同じ横断幕が掲げられているのも見えます。

238095.jpg
画像が粗くて恐縮ですが、軸線に合わせてからカメラを構え、ズームでたぐってみたのがこの一枚。奥に重機を載せた台船が浮いているのが見え、その手前はオレンジ色のフェンスで区切られていました。

見たかぎり、鋼矢板はあの一列だけみたいですね。これから手前に、もう一列打ち込まれるのでしょうか。なかなか見られない光景だけに、今後の進捗も観察しておきたくなります。
撮影地点のMapion地図

(元年8月11日撮影)

(『8月11日のフネブネ』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 新芝運河 芝浦運河