FC2ブログ

8月1日の旧中川…3

(『8月1日の旧中川…2』のつづき)

237071.jpgこの炎天下、微速での航進はことのほか厳しいものがあり、顔に当たる風もほぼなく、頭から足の先までうだり上がるよう。何度も同じようなことをくりかえして恐縮ながら、おつむにかかる霞を振り払いつつ進みます。

写真の樋門を目にしても、「‥‥ああ、ねえ」以外の感想が脳内に浮かんでこず、自分でもちょっと危険な状態かも、とぼんやり思うほどでした。

237072.jpg
さて、うねうねと屈曲した河道をたどる旧中川の散策も、いよいよ最終区間。中平井橋の向こうに、墨田清掃工場の煙突が見えてきました!

都内に煙突多々あれど、墨田清掃工場の煙突の格好よさって、群を抜いたものがあるように思えるんですけれど、いかがでしょう。多角形断面のためと思われる天地に走る線、天端に施された装飾(?)、すべてが目に快く映り、昨今よく見る空に溶け込むような塗装をしてあるものより、存在感もあってよいものです。

237073.jpg橋をくぐり、振り返っての一枚。基部へ目線を落とすと、継ぎ手の末広がりを介して八角形になってゆくあたりも素敵。形に特徴があるだけに、遠望しても墨田清掃工場のそれであることがわかり、ランドマークとしても秀逸な気がします。

ご覧のとおり角度によっては、スカイツリーとのツーショットも。これも江東の広い空あったればこその面白さで、ビル街ではこうはいかないでしょう。


237074.jpg
東へ屈曲する河道なりに進めば、ゆりのき橋が見えてきます。まだこの先はあるものの、写真左の標識でもわかるように、この橋の手前で船舶は進入禁止。400mほど奥にある木下川排水機場は、拝むことがかなわないのです。

237075.jpg
ゆりのき橋の北詰西側には、漕艇クラブの拠点があり盛んに艇が発着していたので、失礼して橋をいったんくぐってから転回し、帰途につきました。

「ごめんなさい、減速します」「左へ回します」などと、しきりに声をかけながら最微速で歩かせたのですが、気付いたのは皆さん一様に反応が芳しくなかったこと。ほとんど動力船が入ってこない、ということもあるのでしょうが、まだ習いたての初心者だったのかもしれませんね。お邪魔しました。
撮影地点のMapion地図

(元年8月1日撮影)

(『8月1日の内部河川…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 旧中川 江東内部河川 水位低下化河川