FC2ブログ

新装扇橋閘門通り初め…1

237036.jpg8月1日は耐震補強工事により長らく通航止めだった、扇橋閘門の供用再開初日ということで、行ってまいりました。この忙しい時期に仕事を休み、ご迷惑をおかけした各位にはあらかじめお詫び申し上げます、はい。

喜びのあまり、鼻息をフガフガいわせるくらいテンション高く解䌫したのはいいものの、朝から気温も高くおまけに風は微か、うだるような暑熱で頭がボーッとし、すでに汗みずく。はなからツラい幕開けとなりました。

237037.jpg
平日とあって、業務船の活躍する姿を見られるのはいいものの、ちょうど出勤時間に当ったこともあって、各水路は結構な輻輳ぶりです。

普段なら、ニュートラルで行き足を止め、腰を据えて写真でも撮るところですが、なるべく早く扇橋閘門に着いていなければならないので、大型台船を曳く曳船をいくつか追い越させていただきました。

237038.jpg小名木川に入ったら、繋留船列や工事区間もあるため、全区間が徐航であることはいうまでもなく。これも普通なら何とも思わないところ、この日は暑さもあってか妙に気が急いて、珍しくイライラしてしまいました。

後から考えると、軽い熱中症だったのかもしれません。判断力が鈍くなった半面、変に短気になっていて、今思い出しても、我ながら首をかしげるような状態でした。

237039.jpg
扇橋閘門前に到着。船影なし、これで一番乗りは決まりだな! とニンマリ。逆光の中、手前の新扇橋が水鏡に倒立像を映し、紡錘形をつくっている静かで、どこか幻想的な光景です。

大横川との十字流に近ければ、微風ながら南風が抜けるのですが、閘門に近づくとほぼ無風となり、陽射しにあぶられてまあ暑いこと。これから8:45の通航開始まで50分ほど待たなければならず、何のこれしきと丹田に力を入れて耐えてはいたものの、帽子を染みとおった汗が目に入るほど。イヤもう、クラクラしますわ‥‥。

237040.jpg
汗だくでしばらくこらえた後、新扇橋の陰に入れば、陽射しは避けられるとようやく気付くありさま。暑さで頭の回転がまあ鈍ること鈍ること。ちょっと危険な状態だったかもしれません。

ときどき前後進に入れて軽くけとばし、橋の下に留まりながら閘門を眺めて待つひととき。後ろを振り返っても、向かってくる船影はなし。平成17年の閘門様通り初めと同様、たった一隻での通航になるのかしら‥‥と、少々寂しさを覚えつつもホクソ笑むという、性悪な船頭であります。
撮影地点のMapion地図

(元年8月1日撮影)

(『新装扇橋閘門通り初め…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 春海運河 隅田川 小名木川 扇橋閘門 閘門 江東内部河川 曳船