FC2ブログ

平成最後の川走り納め…6

(『平成最後の川走り納め…5』のつづき)

229026.jpg施工中の3径間を見て。左のすっぽりと養生された堰柱が補強工事たけなわ、右の足場のみかかった堰柱はまだこれから、といったところでしょうか。

しかし、3径間を塞いでいるとなれば、いかな河床勾配の緩やかな新中川とて、堰上げの影響で開放径間の流速が早まっているかも。まあ、これは通ってみればわかるでしょう。

229027.jpg

229028.jpgわずか2径間となった従来の扉体を前にすると、7番までズラリと並んでいたころのかつてを思い出して、ちょっと寂しい感じもしますね。

さて、通ってみると、水面は渦を巻いて波立ち、やはり閉塞による影響はあるのだなと感じました。ただ、強い北西風による吹き寄せもあったでしょうから、堰上げによる抵抗だけとはいい切れないかもしれません。

229029.jpg
くぐった直後、閉塞中の径間を振り返って。近いだけに、角落しの重量感や足場の高さが肌に感じられて、水門の工事現場特有の迫力があります。

229030.jpg
更新済みの径間を上流側から。扉体の塗色はグレー系のようでもあり、ステンレス未塗装の生地のようでもあり。何がしか目立つ色に塗った方が、保安上もよいと思うのですが、褪せるつど広大な面積を塗りなおす手間を考えると、メンテナンスフリーにしたいというのが正直なところでしょうね。

(30年12月30日撮影)

(『平成最後の川走り納め…7』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 新中川 今井水門

平成最後の川走り納め…5

(『平成最後の川走り納め…4』のつづき)

229021.jpg

229022.jpg西水路を出て振り返った妙見島北端。工場など建物が堤防に迫っているので、南端ほど“要塞感”はありませんが、そのシルエットはちょっと軍艦島を思わせるものが。

本流に出て少しスロットルを開け、扉体の色褪せが進んだ新川東水門に見送られながら、さらに遡上。見ておきたいものもあって、久しぶりに新中川を通しで走ってみようと思ったのです。

229023.jpg

229024.jpg瑞穂大橋越しに見た、更新工事中の今井水門。ここの進捗を見ておきたかったんですよ。従来の扉体は右2径間を残すのみ、左2径間はすでに更新が完了しているようですね。

瑞穂大橋の側面には、黄色い地のよく目立つ横断幕が。ははあ、通航できるのは右2径間のみなので、交互通航というわけですか。

229025.jpg
警戒船の指示を待っていたら、すぐに旗で進入をうながしてくれたので、微速前進。左の更新成った径間に近づいてみたいのですが、どうもかなわなそうな雰囲気なので、遠くから眺めるにとどめました。

扉体はどうやら、ギリギリ水面上にあって、通水はしているようですね。巻上機室から堰柱に扉体まで、全体的にグレー系でまとめられ、スッキリした外観ですがちょっとメリハリに乏しい感じも。扉体は改めて別の色に塗られるのかしら。
撮影地点のMapion地図

(30年12月30日撮影)

(『平成最後の川走り納め…6』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 旧江戸川 新中川 新川東水門 今井水門 妙見島