FC2ブログ

10月14日の川景色…2

(『10月14日の川景色…1』のつづき)

226006.jpg

226007.jpg送泥管は結構長く続いており、どこかで台船でも出てくるのか、それとも流路なりに右へ曲がって、白鳥橋の方へ向かうのかしらと、横目でにらみながら高架下を遡上して約1㎞。

台船も現れず曲がりもせずに、そのまま直進して船河原橋をくぐり、何と飯田橋の下へ消えていたのでした。


226008.jpg
さらに近づいてのぞき込んでみると、送泥管は飯田橋をくぐってその奥、暗渠の中まで続いているようですね。これでは末端を確認することはできません。

暗渠は上に飯田橋セントラルプラザが立つ旧飯田濠で、牛込・市ヶ谷濠の水をはける落し口。この先にあるお濠や、暗渠の底ざらえでもしているのかなあ。飯田橋の真下にある管上では、先ほど同様鷺が休んでいて、じっとこちらを見つめていました。

226009.jpg

226010.jpg工事の詳細はさておき、水面から見られるところまで見届けたので、転回して下航。下りながらの視点だと、根元のフェンダーがよいアクセントになって、背の高い橋脚が引き立ち、なかなか格好よい眺めです。

右写真、可撓継手が何とはなしに気になって一枚。数十m置きに設けられ、引き波などによるたわみを吸収するとともに、屈折点にも用いられていました。

(30年10月14日撮影)

(『10月14日の川景色…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 神田川 高架下水路