FC2ブログ

8月5日の落ち穂拾い

(『「エメラルダス」を探して…2』のつづき)

222031.jpg
「アルビオン」「エメラルダス」を見に行った、8月5日の道々に出会った船などを、うかつにもまとめ忘れていました。落ち穂拾いというと彼らに悪い気もしますが、とり急ぎここにまとめます。

隅田川の清掃船基地、都建設局第一建設事務所・厩橋分室。大小の清掃船がもやう船溜ですが、その中に見慣れない船を発見。最近就役したのでしょうか、単に気づかなかっただけかも。

押船「すみだ1号」とプッシャーバージ「すみだ2号」、ユンボを備えたその姿からして、清掃船が拾い集めてきたゴミをまとめ、処分場に運ぶゴミ運搬船ですよね。今までは「第1すみだ丸」がその任に当たってきましたが、いよいよ世代交代でしょうか?

222032.jpg佃水門の前を通ったところ、右径間が半ば閉じられていました。巻上機室の側面には、「水門閉鎖中 航行注意 佃水門 工事中」と横断幕が掲げられ、その左を読み下すと、7月30日から来年2月28日までの予定とありました。

扉体や巻上機室をごっそり造り替えるような、大規模な設備更新というわけではなく、単に整備といったレベルのようですね。

222033.jpg
東雲北運河、木村造船所前には、山吹色の塗色も鮮やかな通船「第二十五東港丸」が静かにもやっていました。船底色もきれいなことから、上架再塗装して間もないのでしょう。

あっ、建屋の向こう、レールに乗った船台にも、上架されている艇が見えますね。

222034.jpg
おお、警備艇だ。こちらでも警察船艇のお世話をされているのですね。船名は「だいば」、トランサムのジンクにびっしり貝が付着していることから、清掃と再塗装で上架されたばかりなのでしょう。ペラや舵が黄色く塗られているのが印象的です。

しかし、最近は船底塗料も良くなって、少し汚れてはいるものの、ハルには貝がほとんどついていません。私の艇もノリなど海藻のたぐいは付着しても、貝はそんなに付かないことから、昔とくらべて楽になったなあとしみじみ。

222035.jpg最後はトリ好き写真で失礼します。羽毛も生えそろって、そろそろ飛ぶ練習を始めるころと思われる、ツバメの巣立ちビナ。

羽毛の模様はもう成鳥に近いですが、口の端やくりくりした目に、ヒナらしい甘え盛りの雰囲気が残っていて、まあ可愛らしいこと! 酷暑を乗り切って、元気で長途の旅へ巣立つことを願ったものでした。

(30年8月5日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 隅田川 春海運河 東雲北運河 佃水門 警備艇 通船 清掃船

東京花火大祭の夜に…4

(『東京花火大祭の夜に…3』のつづき)

223016.jpg
およそ200枚ほど撮ったでしょうか、揺れる艇上からのこととて、そのほとんどはいわずもがなの結果で、何とか見られるレベルの写真は、ここに掲げた数枚くらいです。

3発同時に上がった花火が、さざ波立つ水面を鮮やかな山吹色に染め上げた瞬間。左手には、「ヴァンテアン」のシルエットが黒く浮かび上がっているのが見えます。

223017.jpgどうにも観賞に耐えそうな写真が少ないので、同じくブレブレですが、コンソールのスナップを。

魚探のモニターが光量過多で白くなったのはさておき、間接照明にほんのり照らされたメーターパネルを目にするのは、何年ぶりでしょうか。漆黒の水面をバックにすると、何か心細くなるような哀愁があって、しみじみとしてよいものですね。


223018.jpg先ほど触れたように、航路を挟んだ対岸近くは、フライブリッジ付きクルーザーや水上バスなど、どちらかというと大型の艇が多い印象でしたが、花火が上がりフネブネのシルエットが映し出されるたび、隻数の多さと、さまざまなスタイルの船がたむろするさまが改めて実感できて、何かジーンとくるものが。

この夜この場所に、東京中からこれだけの船が一堂に会している! それは確かに、感動に値することはありました。こんなにたくさんの、種々様々なフネブネがいちどきに集中する行事、ほかにありますかね?

223019.jpg
隅田川は両国の花火のように、事前に申し込んでフラッグを掲げた艇しか入れないような規制はなく、艇での観覧を自粛せよという建前があるとはいえ、望む者誰もが水上から愛でられる花火! そして水面が広大であるゆえ、東京中、いや近郊各県からをも、観覧船艇が結集できるその収容力(?)。

考えてみれば、これは凄いことではないでしょうか。本船・レストラン船からプレジャーまで、その道のプロや業者から素人まで、ありとあらゆる種類のフネブネとそれに乗る人々が、同じ水面で夏の風物詩をともに堪能できる! この自由闊達さ、大事故が起きるなどして失われないよう、切に願いたいものです。

223020.jpg
20:30の終了時間が間近に迫ったころ、一隻の本船がゆっくりと入港してきました。東海汽船の「橘丸」です。花火もいよいよフィナーレ、息をつかせぬ連続打ち上げのさなかに船が正面へ来るよう、まあドンピシャで合わせてきた船長の技量には舌を巻きました! お客さんもさぞ喜んだことでしょうね。

鮮明な「橘丸」のシルエットが花火のちょうど中央にとらえられ、今回写した中でもお気に入りの一枚となったので、9月10日からのタイトルに掲げさせていただきました。

自艇での花火初体験、思った以上に収穫があって、充実したひとときでした。さて、花火が終わった瞬間から、無慮大数のフネブネがいっぺんに散りつつ高速移動を始め、引き波が増幅しまさに荒天レベル。

話には聞いていたので覚悟はしていましたが、闇の水上を行き交う大型艇の進路をにらんでかわし、引き波ををしのぎつつ港内を横切り運河に入るまでの数分間、まことにスリリングなものがあって、こちらもよい経験になったのでした‥‥。

(30年8月11日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東京港