fc2ブログ

庄川峡の船旅…0

(『内川遊覧船に乗って…11』のつづき)

211101.jpg
明けて9月24日、快晴。朝食を済ませ8時ごろには高岡駅前に出て、裏道を歩いたり、行き来する万葉線の電車を眺めたりとウロウロ。アーケードのある目抜き通りを、朝日を浴びてごろんごろんと地響きを立て走る路面電車、いいものです。

さて、本日の目的地は、小牧ダムのすぐ上流から出ている、庄川遊覧船。いわばダム湖の遊覧船なのですが、いくつか惹かれる点があって、いい機会なので訪ねてみることにしました。

211102.jpg駅前のターミナルから8時34分に出る、一番の加越能バスでいざ小牧へ。とはいってもこのバス、直通の観光路線などでない生活路線。ときに河畔の堤防道を走り、ときに狭い里道で軒先をかすめと、80もの停留所を丹念に拾ってゆく長丁場。

こんなに長時間、路線バスに乗ったのは初めてです。うとうとしてふと目を覚ますと、山並の向こうに小牧ダムの姿がチラリと! 大げさですが、はるばる来たという感じがしました。

211103.jpg終点、小牧堰堤に到着。高岡駅から実に1時間42分、運転手さんもお疲れさまでした。お世話になったバスを記念に一枚。

日はすでに高く、谷間の山肌にも陽光が満ち満ちて、少し暑いくらい。次の便の出発までそう間がありません、さっそくうろつき開始です。


211104.jpg
こちらが庄川遊覧船の運航拠点である船舶事務所と、乗り場を兼ねたいわば「駅舎」。本当に田舎の駅を思わせる、うわついた感じのしない、落ち着いた雰囲気のよい建物で、レンガ色の屋根瓦がバックの緑に映えてきれい。いっぺんで気に入ってしまいました。

かつての水郷でも、川汽船の発着所は「駅」を名乗っていたものもあり、「水駅」という言葉もあるくらいでしたから。庄川遊覧船の役割を考えると、なおさらしっくりきているなあ、と思えたものです。

211105.jpg
ほら、妻の造りを見ても「駅」らしいオーラがムンムン。築年数は古いのでしょうが、美しく整備されており、周りもさっぱりと片付いていて、出入りするだけでも楽しいものが。

軒先に掲げられた看板に「大牧温泉のりば」とありますね(しかし、いくら『駅』っぽいとはいえ、中文表記が『車站』はないと思う‥‥。)。大牧温泉といえば、メディアでもたびたび紹介されている、「船でしか行けない山間の温泉場」として有名なところ。上で庄川遊覧船の役割、といったのはこれで、単なるダム湖を一巡する遊覧船でなく、交通機関として立派に役目を果たしている、いわば現役の河川航路でもあるのです。川舟バカとして、大いに惹かれた点の一つがここにありました。
撮影地点のMapion地図

(29年9月24日撮影)

(『庄川峡の船旅…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 庄川遊覧船小牧ダム