水路をゆく・第二運河 29年7~9月のご案内

29_0015.jpg

【ご案内】
水路をゆく・第二運河にようこそ!
モーターボートなのになぜか艪がついている、全長わずか21ft(約6m)の木っ端ブネに乗る道楽船頭は、川や運河をうろつくのが大好き。いにしえの水運全盛期に思いを馳せつつ、閘門・水門や橋、フネブネの姿を楽しみながら、各地の水辺や博物館、遊覧船を訪ね歩くブログです。東京とその近郊にある可航水路の、自艇航行による全線ご紹介を目指しています。

画像は、クリックすると別窓・別タブで拡大表示できます(初期のものの中には、原寸掲載で拡大しないものもあります)。
当ブログ掲載の本文、画像の無断使用はお断りいたします。
いただいたコメントは、管理人承認後の表示となります。
誹謗中傷が含まれるもの、公序良俗に反するもの、当ブログの趣旨にそぐわないものなど、コメントの内容によっては、管理人の判断で予告なく削除させていただく場合があります。悪しからずご了承ください。
各記事と関連のないコメントは、できれば、この「ご案内」のコメント欄にお願いいたします。
お問い合わせなどありましたら、右欄最下段のメールフォーム「船頭に電信を打電」よりお願いいたします。
【メールフォームよりメールをくださった皆様へ】頂戴したメールはすべて目を通しておりますが、都合により、お急ぎのご用がある方以外、原則返信はしておりません。またそのほかの理由でも、返信の可否は管理人にお任せください。大変恐縮ですが、悪しからずご了承いただければ幸いです。
ボートオーナーの方へ…当ブログに掲載された水路を航行され、事故を起こされても、管理人は責任を負いかねますので、航行にあたっては、各艇長の責任で安全航行をお願いいたします。

当ブログは、ブログサービス「Doblog」にて作成していた、「水路をゆく」の姉妹ブログとして、20年4月6日に開設、「航行水路メモ」を主な記事にしてまいりましたが、21年2月8日以降、Doblogに障害が発生、更新が不可能になったため、本文記事をこちらで継続することとなりました。
なお、サービス終了に伴い、閉鎖されたDoblog「水路をゆく」に掲載していた記事は、FC2ブログ「水路をゆく 過去ログ」に移設しました。

【更新履歴】
【9月11日更新】タイトルバック画像を更新しました。荒川、都営新宿線荒川中川橋梁です。29年8月13日撮影。
【8月19日更新】タイトルバック画像を更新しました。大田区、南前堀です。29年8月13日撮影。
【8月4日更新】タイトルバック画像を更新しました。砂町運河、新砂水門の操作室を見上げて。28年12月31日撮影。
【7月10日更新】タイトルバック画像を更新しました。東京ゲートブリッジの橋上、若洲側トラスから中防側を望んで。29年5月28日撮影。
【7月2日】現在発売中の月刊「銀座百点」7月号に掲載された巻頭座談会、「水路の街・東京の今」でお話しさせていただきました。
【メールフォームよりメールをくださった皆様へ】ご感想等で多くのメールを頂戴し、ありがとうございます。頂戴したメールはすべて目を通しておりますが、都合により、お急ぎのご用がある方以外、原則返信はしておりません。またそのほかの理由でも、返信の可否は管理人にお任せください。大変恐縮ですが、悪しからずご了承いただければ幸いです。
【7月1日更新】タイトルバック画像を更新しました。大横川、更新工事成った大島川水門です。29年4月16日撮影。

大滝温泉の取水堰

210021.jpg9月18日は用足しとレジャーを兼ねて、秩父を訪ねました。幸いにして秋晴れに恵まれたドライブの途中、休憩に寄ったのが道の駅大滝温泉。過去にも何度か立ち寄ったことがあります。

建物の裏手で水音も涼しい渓谷をのぞき込んでいたら、河畔に降りられる階段を発見。さらに、水辺にテラスまで設けられていたことは! 今まで全く気づきませんでした。さっそく階段を下りてみると‥‥。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 荒川 大滝発電所取水堰

8月19日のトリさん

(『8月19日の晴海橋梁…2』のつづき)

210016.jpg
道々に拾ったトリ好きスナップをいくつか。一枚目は出しなに撮った独身鴨さん。珍しくピントが合い、鴨も逃げずにじっしていてくれたので、可愛らしい姿がしっかり収まり、嬉しい一枚となりました。

210017.jpg
都市計画運河橋梁の下流側にある、円筒形の基礎でくつろぐ鷺、鴨各一羽。木っ端ブネの姿を認めるなり、逃げ腰ではありましたけれど‥‥。

この円筒形基礎、潮位が低いときしか見られず、何の遺構かわからないので、気になる存在ではあります。昔はもう一つ橋があったのか、それとも旧橋の基礎の片割れが残されたものでしょうか。

210018.jpg
新月島川、桟橋の角でくつろいでいた鵜さんにカメラを向けたら、わさわさと羽を広げて、乾かすしぐさをサービス(?)してくれました。ありがとう!

鵜もこの10年でずいぶん数が増え、街場の河川でも姿が見られるようになりました。餌の魚が豊富である証しであります。

210019.jpgそして豊洲貯木場跡の柵列。南東側の水路をゆるゆる流しながら、鳥たちの思い思いにくつろぐ姿を楽しめます。

水鳥的には今はシーズンオフですから、中の水面を埋め尽くすような数はおらず、柵の上にぱらぱらと鴨、鷺、鵜など留鳥の諸君が翼を休めている程度ですが、その分のどかさが味わえてよいものです。


210020.jpgそんな中で、ひとりヒョロリンと首を伸ばしていた鷺さんの姿に惹かれて、一枚ものしてみました。

首を羽の中にうずめて、丸くなった状態からこれをやられると、本当にろくろっ首かと思えるほどの伸び具合。顔が正面を向いていたのも手伝い、失礼ながら妖怪じみた不気味さすらありました!
撮影地点のMapion地図

(29年8月19日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 砂町運河 曙北運河 新月島川 春海運河 水辺の鳥たち

8月19日の晴海橋梁…2

(『8月19日の晴海橋梁…1』のつづき)

210011.jpgRC桁に設けられた待避所。薄い床板に、持ち送りなどの補強が見られない分、何とも頼りなげな印象です。アングル材で組んだ手すりが微妙に歪んでいますが、船にコツンとぶつけられたことでもあったのでしょうか。

人道橋化するとなると、このあたりの処理も気になるところ。どこまで原形を活かせるでしょうか。横浜の「汽車道」の例が参考になりそうですね。

210012.jpg
中央径間を晴海側から見て。むらなく錆びているせいか、あまり悲壮感はないように思えるのですが、豊洲側にはタワーマンションが立ち塞がり、水際もテラスが整備されて、この橋がすっかり孤立してしまっていることを感じさせます。

210013.jpg

210014.jpgローゼ桁とRC桁を載せた橋脚、支承のアップ。流れ出た錆が星霜を感じさせます。この橋脚にも銘板が掲げられていますね。橋脚全てに銘板が付された例、他にもあるのでしょうか。

右はアーチリブのアップ。吊り材の継ぎ手先端を細めたり、何ていうんでしょう、放射状の梁もテーパーが付いており、無骨なようでいて、細部への気遣いがなされたデザインに見えるんですよね。

210015.jpg
そして裏側を仰いで。この上を歩ける日が来るのかなあ‥‥。

同じ都専用線の橋でも、豊洲橋梁は早いうちに撤去されましたが、あちらはやはり桁下高が低く、通航の支障になっていたことが大きいと思います。そういった意味では、晴海橋梁は桁下高の高さゆえに生きながらえた、といえるかもしれません。

(29年8月19日撮影)

(『8月19日のトリさん』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 春海運河 晴海橋梁 橋の裏側

8月19日の晴海橋梁…1

(『8月19日のフネブネ』のつづき)

210006.jpg毎度おなじみ、旧・都港湾局専用線の晴海橋梁(普段は正式名で呼んだことがほとんどないあたり)、このたび人道橋として再利用するお話が出たということで、改修される前に現状を記録しておこうと、スロットルをゆるめて接近。

この曇りですから、錆色の橋は暗く沈んで、いいお顔をものしたかった船頭としては、興が削がれることおびただしいのですが、せっかく訪ねたのだからとカメラを構えました。

210007.jpg
腹は錆び崩れて穴が開き、たび重なる衝突で変形しと痛々しい防護杭。それでも天端から生えた草が風になびくさま、どこかとぼけた感じがしてユーモラスで、雰囲気をだいぶやわらげているようですね。

210008.jpg晴海側のRC桁を見たところ。橋台付近はまあ、木がこんもりと盛大に繁っていて、廃線になってから経た年月の長さを感じさせます。

ここでようやく、橋脚の側面にそれぞれ一つづつ、錆色のプレートらしいものが掲げられていたのに気づきました。よし、あれを撮ってみれば何かわかるだろうと、スロットルをコツンと入れてチョイ前進。

210009.jpg
3枚目の写真で、手前側の橋脚のプレート。おお、やはり銘板のようですね! 読み下してみると‥‥。

晴海橋りょう/設計 日本国有鉄道東京工事局/施行 白石基礎工事K.K./設計荷重 KS15/基礎工 潜函工 4.5M×3.5M/基礎根入 天端から21.8M/着手 昭和31年8月25日/しゅん功 昭和32年3月24日

210010.jpg
こちらは3枚目の写真でいう奥、晴海に近い側の橋脚のそれ。衝突されたのか、右下の割れたさまから、銘板は鉄鋳物だったことがわかります。内容はほとんど同じで、唯一基礎の根入れだけが、19.7mと浅くなっていました。

イヤ、平成のはじめに先代艇でくぐって以来の、いうなれば長い付き合いなのですが、こんな銘板があるなんて、今回初めて気づかされました! 今までただ中央径間をくぐっては、赤錆びた桁を仰ぐのがせいぜいでしたから、お恥ずかしいかぎりです。しかし、根入れの深さは倍くらいあると思っていただけに、意外ではありました。素人目にも、むしろ内陸の沖積地などより、堅固な地盤が浅いところにある印象を受けたものです。
撮影地点のMapion地図

(29年8月19日撮影)

(『8月19日の晴海橋梁…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 春海運河 晴海橋梁