4月20日の水路風景…1

205001.jpg
4月20日、お手伝いで近場をめぐった折のスナップです。何度も触れたように、業務船の活躍する姿は、平日でなくては目にできないもの。お手伝いの合間を縫って、魅力的な船影や水路風景を拾うことができました。

205002.jpgまずは砂町運河で出会った船影2題。おなじみガット船(プッシャーバージ)が、荷を降ろし舷側を高々と上げ出港してゆく姿。船名は「雄大」それとも「大雄」? 鯨の頭のような船首が印象的で、スカイツリーも背景に入って、最近ではお気に入りの一枚となりました。

東航してきたのは、バージを懸命に曳く豆タグ、「第八兄弟丸」。バージの錆色と、曳船のきれいなブルーが対照的でした。

205003.jpg
曙北運河から左折、汐見運河に入ったところで、新イグアナクレーンが西に移動しているのを発見。さらにクレーンの直下には、黒いバージの姿が!

「新クレーンの稼働時に、初めて出くわしたか?」と、ハフハフするほどテンション急上昇。もっとも近づくにつれて、その気持ちは微妙に萎えたものに。なぜかというと‥‥。

205004.jpg
職員の皆さんの姿がどこにも見えず、バージの喫水もすっかり上がっていて、荷役が終わったのは明らかだったからです。

まあ、ここは新クレーン君の仕事の残り香だけでも、よしとしなければならないでしょう。手入れのよさそうな、黒々としたバージを前に、刷毛で刷いたような、さっとした筋雲を背負った新イグアナクレーン、どこか爽やかな表情です。

205005.jpg少し飛びますが、日本橋川はJR新常盤橋上流です。「2月19日の日本橋川…2」で触れた、架設中の新しい人道橋、スマートな箱桁が架かっていました。

あのハデハデな桁は、やはり仮設桁だったようです。しかし、こうして上流側から見ると、新常盤橋の動輪エンブレム、人道橋からバッチリ観察できそうですね。今まで船上からしか見られなかった物件だけに、ちょっとした土木観光スポットになるかもしれません。
撮影地点のMapion地図

(29年4月20日撮影)

(『4月20日の水路風景…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 砂町運河 汐見運河 日本橋川 高架下水路 イグアナクレーン 曳船