水路をゆく・第二運河 29年4~6月のご案内

29_0009.jpg

【ご案内】
水路をゆく・第二運河にようこそ!
モーターボートなのになぜか艪がついている、全長わずか21ft(約6m)の木っ端ブネに乗る道楽船頭は、川や運河をうろつくのが大好き。いにしえの水運全盛期に思いを馳せつつ、閘門・水門や橋、フネブネの姿を楽しみながら、各地の水辺や博物館、遊覧船を訪ね歩くブログです。東京とその近郊にある可航水路の、自艇航行による全線ご紹介を目指しています。

画像は、クリックすると別窓・別タブで拡大表示できます(初期のものの中には、原寸掲載で拡大しないものもあります)。
当ブログ掲載の本文、画像の無断使用はお断りいたします。
いただいたコメントは、管理人承認後の表示となります。
誹謗中傷が含まれるもの、公序良俗に反するもの、当ブログの趣旨にそぐわないものなど、コメントの内容によっては、管理人の判断で予告なく削除させていただく場合があります。悪しからずご了承ください。
各記事と関連のないコメントは、できれば、この「ご案内」のコメント欄にお願いいたします。
お問い合わせなどありましたら、右欄最下段のメールフォーム「船頭に電信を打電」よりお願いいたします。
ボートオーナーの方へ…当ブログに掲載された水路を航行され、事故を起こされても、管理人は責任を負いかねますので、航行にあたっては、各艇長の責任で安全航行をお願いいたします。

当ブログは、ブログサービス「Doblog」にて作成していた、「水路をゆく」の姉妹ブログとして、20年4月6日に開設、「航行水路メモ」を主な記事にしてまいりましたが、21年2月8日以降、Doblogに障害が発生、更新が不可能になったため、本文記事をこちらで継続することとなりました。
なお、サービス終了に伴い、閉鎖されたDoblog「水路をゆく」に掲載していた記事は、FC2ブログ「水路をゆく 過去ログ」に移設しました。

【更新履歴】
【5月30日更新】タイトルバック画像を更新しました。名古屋市は中川運河東支線に保存されている、松重閘門の堰柱です。29年5月3日撮影。
【5月8日更新】タイトルバック画像を更新しました。隅田川、吾妻橋をくぐって下航する、不燃ゴミ運搬のプッシャーバージと押船。29年4月28日撮影。
【5月3日】事後のご報告で恐縮です。フジテレビの情報番組「ノンストップ!」の5月2日放送分、「東京再発見! 水路の旅」に解説役として出演させていただきました。
【4月24日更新】タイトルバック画像を更新しました。小名木川、扇橋閘門の前扉が開きつつあるところ。29年4月16日撮影。
【4月1日更新】タイトルバック画像を更新しました。新砂水門を通航する東京税関監視艇「あさひ」。29年2月19日撮影。

新日光川水閘門

(『戦前の中川運河をしのんで』のつづき)

206091.jpg次なる閘門に向けて、ふたたび名四国道のお世話になり6㎞ほど西へ。名古屋市と海部郡飛島村の境でもある日光川、この河口を護る防潮水門・日光川水閘門にやってきました。

現地に立つと、その下流側に建造中である、新日光川水閘門に意識が吸い取られてしまったので、ご本尊はさておき、先に拝見してしまいましょう。水閘門本体は完成しているものの、周囲の工事は未完でゲートはすべて上がり、供用開始前であることを示しています。

206092.jpg
新しい水閘門は、古い方と正対しておらず、少しはすになっていました。お陰で閘門をほぼ正面から眺めることができます。

逆光気味の上、少し雲が出てきて、背景が白くなってしまうのが残念ですが、下ろし立てのシャープな感じを堪能。堰柱一つ一つに独立した巻上機室が配され、すべて回廊を備えているのが特徴。ゲート周りは完成しているものの、一枚目の写真左側でわかるように、海面との間を仕切る堤防がまだ築造中で、もっと高さを積み増さなければ、水門も機能しないでしょう。
撮影地点のMapion地図

206093.jpg
近寄ってみると、堰柱は前後2本で一対をなしており、巻上機室もその分奥行きがあることがわかりました。扉体を二段式ローラーゲートとしたためです。構造が複雑になる二段式を選んだのは、堰柱高さを抑えるためでしょうか。

206094.jpg
ぐっと近づいて、閘室をのぞき込んだところ。まだ新しいコンクリートの肌とともに、フェンダーの色も黒々として、ゴムの匂いがしてきそう。閘室の側壁があまり高くないのは、大干潮時は開放して河水を自然流下させ、潮位の高いときは閉鎖して、河川側の水位を低く保つ運用のためでしょう。

しかし、径間も閘室長も、小型船舶レベルの通航しかない割には、ずいぶん広く取ってあるのですね。水上バスのような、大型船を通航させる計画でもあるのかしら。

206095.jpg堤防の堤内地側に掲げられていた、対岸の堤防を築造する手順を示した図。工期は今年7月31日までとのこと。

この工事についての詳細は、「日光川水閘門改築事業について」(愛知県HP)に掲載されています。諸元を引用すると、水門は径間20mのローラーゲート、閘門は径間15m、閘室長76m、フック式二段ローラーゲートとのこと。

(29年5月3日撮影)

(『日光川水閘門…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 日光川 新日光川水閘門 閘門

戦前の中川運河をしのんで

(『中川口閘門…5』のつづき)

206076.jpg中川運河と、中川口閘門を題材にした史料がいくつか手元にあり、折りに触れて眺めては「いつか訪ねたいものだ」と想いを募らせていたので、今回願いがかなって嬉しさもひとしおです。

というわけで、供用開始から日が浅かったころの様子がうかがえる絵葉書と、企業誘致のリーフレットを掲げて、悦に入らせていただきます。竣工以来、大いに宣伝に努めた名古屋市の力の入れようと、新規開鑿の艀船運河としては、国内において未曾有の規模だった中川運河の、輝かしい時代を垣間見てみましょう。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 中川運河 中川口閘門 閘門 絵葉書・古写真

中川口閘門…5

(『中川口閘門…4』のつづき)

206066.jpgテラスの張り出しまでがしがし歩いて、やおら振り返ると、逆光ではあるもののもうバッチリな角度。格好の鑑賞ポイントを作ってくれた名古屋市に感謝しつつ、柵にもたれて眺めることしばし。

水面には、何ヶ所かブクブクと泡が沸きあがっているところが見られました。空気で撹拌して、水質を維持するためでしょうか。


206067.jpg
ではぐっとたぐり寄せて、アップで堪能とまいりましょう。今度は内扉室側からなので、外扉室の裏側のディテールまで、じっくり観察できます。

前扉室の2組のゲートから、一対ずつ扉体の高さが低くなってゆくさま、扉体と開閉ロッドとの高さの差を、トラス状の構造で合わせている様子と、今まで見てきたマイタゲートと違った独特の風貌。機械美的な魅力にあふれています。

206068.jpg
この、何て呼んだらいいんでしょう、開閉ロッドの軸受け部分をさらにアップ。斜材は梯子を兼ねているのですね。裏側の筋交に木材が張ってあるのは、堀川口防潮水門と同様です。
気になったのは、扉体のヒンジ‥‥回転の中心と、開閉ロッドの作用点の距離が、妙に少ないこと。素人目で見ると、力は余分に必要なものの、開閉はストロークの少ない分早くできるとか、何か利点があってのことではと妄想。

そうそう、出発前に改めて検索したのですが、中川口閘門(現行の第二閘門)の寸法など諸元が掲載されたサイト、ついに見つかりませんでした。例によって、探し方が悪いだけなのかもしれませんが‥‥。名古屋市もウェブサイトの記事やPDFのパンフレットを複数アップして、中川運河の宣伝には努めているようですから、次の機会には閘門の詳しい紹介をぜひ、盛り込んでいただきたいものです。

206069.jpg外扉室の裏側に、法定表記のようなものがあるのに気付きました。橋でもよく見る、塗装についてのものだとピンときて、ズームで最大限たぐり寄せたのがこれ。

さすがに遠すぎて、とてもすべては判読できませんでしたが、前回の塗装が平成18年1月、塗料メーカーが中国塗料であることは、かろうじてわかりました。


206070.jpg
ほぼ同じ地点から、北へ振り返って一枚。美しい弧を描く、いろは橋をくぐって折しも、レガッタが次々と南下してきました。南端部に近いこの水面は、漕艇場として活用されているのです。いろは橋の西詰に、拠点である名古屋港漕艇センターも設けられているとのこと。

水路敷に張り出す形で、広大なテラスも整備されて、沿岸に倉庫や工場が軒を連ねた、かつての艀船運河の面影は薄まりつつあるものの、なお広大な運河に、いにしえの活況をしのんで一人妄想。

さて、せっかく名古屋を代表する運河を(ホンの入口だけですが‥‥)訪ねることができたのだし、次回は手持ちの絵葉書などを並べて、開鑿成った当時、昭和初期の雰囲気を堪能してみることとしましょう。
撮影地点のMapion地図

(29年5月3日撮影)

(『戦前の中川運河をしのんで』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 中川運河 中川口閘門 閘門

中川口閘門…4

(『中川口閘門…3』のつづき)

206061.jpg
階段の踊り場の柵にカメラを突っ込んで、後扉室周りを見下ろしたところ。

ううん、確かに眺められはするものの、何とももどかしい角度。特に閘室の様子は、ここからではほとんどわかりません。防音壁を横目でうらめしく見ながら、ディテールを観察することに。

206062.jpg
あっ、内扉室(運河側、低い方のゲート)が開いている! 階段から降りて、テラスに出たときには閉まっていたので、外扉室の裏側は撮り損ねましたが、これで二つのゲートが別々に操作できることが判明。

シリンダーの筒の上に取り付けられた、盲蓋をしたメーターらしきもの、開度計かな? よく見ると、右側に細いワイヤーが伸びて、端が扉体に結ばれているようなので、ワイヤーの繰り出し長さで開度を示す仕組みなのかもしれません。

206063.jpg
中川口閘門の一大特徴である、ゲートをまたぐ機側運転室(だと思う)。前後の妻板には、スピーカーと照明が備えられています。

どういったいきさつで設けられたのかわかりませんが‥‥以下妄想。通航量があまりにも多かったため、目視による迅速な操作を必要としたのか、一回の操作で、閘室に可能な限り船を詰め込むため、やはり目視しながら具体的な指示を出す必要があったのか‥‥。監視カメラが得難かった時代の、昭和38年竣工ならではの設備といえそうです。

206064.jpg階段から、運河北方を望んで。左側、テラスにぐっと張り出したような部分があり、閘門の鑑賞のために造られたしか思えないスポット。ここは訪問前に目星をつけていたので、後で行ってみることに。

手前のスペースはご覧のとおり工事中で、塀がめぐらされ入ることができませんでした。閘室のすぐ横まで入れたようなので、惜しいことではありました。

206065.jpg階段を下りて道路に出たところで、道の向こうに「喫茶 運河」を発見! 利根運河の運河駅、横利根閘門の閘門バス停に続くヒット。「キャナル」などの横文字に走らない点も、船頭的にポイント高し。

ゼヒお茶してみたかったのですが、誘惑を振り切って、閘門の見えるテラスへ続けて前進。さっき全力疾走した後遺症で、足がガクガクするのう‥‥(泣)。
撮影地点のMapion地図

(29年5月3日撮影)

(『中川口閘門…5』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 中川運河 中川口閘門 閘門