2月19日の神田川…1

(『2月19日の日本橋川…2』のつづき)

202026.jpgこちらもおなじみ、三崎町中継所にもやうバージと曳船の横を抜けて。航路を塞がないように、曳船がバージの船首にぴったりと寄り添っているさま、どこかいじましいとうか、生真面目な感じすらします。

後楽橋の上では、我々を認めて歓声を上げ、力いっぱい手を振る子供の姿が。こちらも大きく手を振って応えると、大喜びしてくれました。街場の水路ならでは、気持ちのよいことであります。

202027.jpg
水道橋駅横の狭窄区間に入ると、市兵衛河岸船着場に、妙な格好でもやっている曳船を発見。

ずいぶん平たくて、幅のある船ですね。ここから見ると、可航幅のほぼ半分(水面下に基礎護岸があるので、実際の可航幅は水面より狭い)を占めているように感じられるほどです。

202028.jpg

202029.jpg曳船に近づいてみると、桟橋にもやっているのは小型の台船で、曳船はその端部に槍付けしていることがわかりました。船名は「みつ丸」、澪標のマークは社章かな? 何の工事でしょう、もしかして、お茶の水分水路上流部のアレかしら。

水道橋をくぐると、中央線の擁壁補強工事も終息に近づいたようで、足場が取り払われ、ボルトを打った真新しいコンクリートの肌が視界に広がりました。

202030.jpg
本郷台の堀割区間も、足場が交錯していた風景から一変。分厚で頑丈そうな壁面が姿を現わし、植生のある左岸と対照的な雰囲気で、これはこれで印象深い川景色に。

老朽化した部分は補修・更新され、両岸のさらなる安全と、河水の安定した流下が保たれてゆく‥‥。川もまた、街を営んでゆくうえで、絶えざる営繕が欠かせない「設備」であることを、改めて感じさせたことではありました。
撮影地点のMapion地図

(29年2月19日撮影)

(『2月19日の神田川…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 神田川 三崎町中継所 曳船

初めて臨検されたときの思い出

201035.jpg臨検されてみたい」、「臨検で始まる水路行!」で触れたように、お役所筋による水上でのお改めには、やつがれ滅法弱い(趣味的にイイ意味で!)のはご存知のとおりです。

先ほど、昔の書類を探す用事があり、古いクリアファイルをひっくり返していたら、懐かしいモノが出てきて、思わずニンマリしました。いってみれば「臨検好き」になった、きっかけの産物だったからです。

まあ、とても自慢できることではなく、むしろ恥ずべきことなのですが、懐かしさが勝ってしまったので、何かの参考にでもなればと、思い出されたあれこれを、例によって垂れ流させていただきます。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »