2月19日の日本橋川…2

(『2月19日の日本橋川…1』のつづき)

202021.jpg
新常磐橋の上流側に隣接して、ご覧のような桁が架けられていました。エンブレムにすっかり気を取られ、「派手な色だが、何の足場かしら」くらいの気持ちでいて、真下近くに来るまで注意がおろそかになっていたのです。

ふと見上げると、桁側面に掲げられた横断幕に、陽光のまばゆさで判然としないものの、「‥‥2018年完成予定」「‥‥人道橋が誕生」の文言が。これ、新しく架かる橋なんだ! と、ようやく気付かされました。

202022.jpg
反対側に目をやると、赤、緑、黄と、まあ本当に派手なこと。これが橋になるのか、仮設桁なのかはわかりませんが、日本橋川に久方ぶりの新架設橋が出現することになり、大いに興味をそそられました。

この橋、西岸で進行中の「大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業」(PDF・NTT都市開発株式会社)の一環として、建造されているものだそう。首都高を頭上間近に眺められることもさることながら、新常磐橋のエンブレムも目の高さで拝めそうで、その筋の方には魅力的なスポットになるかもしれません。

202023.jpg一ツ橋上流、石垣が残る水際の浅瀬では、餌が豊富なのか、鴨さんの団体がおくつろぎ中でした。

日本橋川は中流部に、緑や石垣を伴ったこの手の浅瀬がいくつかあり、お濠や公園の池も近いので、鴨たちが餌を求めて出張ってくるには格好の環境なのでしょう。そういえばユリカモメも、最近は小石川橋(神田川との分流点)まで上ってくるようになったし、彼らを生かすに足る魚などの餌が、河中にあることを実感できます。

202024.jpg
雉橋下流で出会った曳船、「若潮23号」。前後の橋脚に、長々ともやいを回して繋ぎ、ちゃんと船首を上流側に向けて、お行儀よく休んでいました。

202025.jpgご要望で、水道橋2号分水路もくぐってみました。340m付近のS字屈曲で一枚、ううう、あまり上手く撮れなかった。

分水路といえば、お茶の水分水路のシールドマシン発進縦坑(こちら参照)から上流、呑口までがしばらく補修工事に入るようですね。先日夜、通りがかった際に告知看板をチラッと見ただけなので、詳しいことはわかりませんが、恐らく通航はできなくなることでしょう。詳細がわかり次第、改めてお知らせしたいと思います。

(29年2月19日撮影)

(『2月19日の神田川…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 日本橋川 神田川 高架下水路 水道橋分水路 分水路 曳船