水路をゆく・第二運河 29年1~3月のご案内

29_0002.jpg

【ご案内】
水路をゆく・第二運河にようこそ!
モーターボートなのになぜか艪がついている、全長わずか21ft(約6m)の木っ端ブネに乗る道楽船頭は、川や運河をうろつくのが大好き。いにしえの水運全盛期に思いを馳せつつ、閘門・水門や橋、フネブネの姿を楽しみながら、各地の水辺や博物館、遊覧船を訪ね歩くブログです。東京とその近郊にある可航水路の、自艇航行による全線ご紹介を目指しています。

画像は、クリックすると別窓・別タブで拡大表示できます(初期のものの中には、原寸掲載で拡大しないものもあります)。
当ブログ掲載の本文、画像の無断使用はお断りいたします。
いただいたコメントは、管理人承認後の表示となります。
誹謗中傷が含まれるもの、公序良俗に反するもの、当ブログの趣旨にそぐわないものなど、コメントの内容によっては、管理人の判断で予告なく削除させていただく場合があります。悪しからずご了承ください。
各記事と関連のないコメントは、できれば、この「ご案内」のコメント欄にお願いいたします。
お問い合わせなどありましたら、右欄最下段のメールフォーム「船頭に電信を打電」よりお願いいたします。
ボートオーナーの方へ…当ブログに掲載された水路を航行され、事故を起こされても、管理人は責任を負いかねますので、航行にあたっては、各艇長の責任で安全航行をお願いいたします。

当ブログは、ブログサービス「Doblog」にて作成していた、「水路をゆく」の姉妹ブログとして、20年4月6日に開設、「航行水路メモ」を主な記事にしてまいりましたが、21年2月8日以降、Doblogに障害が発生、更新が不可能になったため、本文記事をこちらで継続することとなりました。
なお、サービス終了に伴い、閉鎖されたDoblog「水路をゆく」に掲載していた記事は、FC2ブログ「水路をゆく 過去ログ」に移設しました。

【更新履歴】
【3月19日更新】タイトルバック画像を更新しました。隅田川、駒形橋下流から吾妻橋を望んで。29年2月19日撮影。
【3月2日更新】タイトルバック画像を更新しました。水郷、前川の大洲閘門です。29年1月2日撮影。
【2月11日更新】タイトルバック画像を更新しました。船橋港、東関道・湾岸道路の海老川大橋を見上げて。28年12月31日撮影。
【1月24日更新】タイトルバック画像を更新しました。船橋港、栄水門です。28年12月31日撮影。
【1月6日更新】タイトルバック画像を更新しました。船橋港、海老川水門です。28年12月31日撮影。
【1月1日更新】タイトルバック画像を更新しました。小名木川、扇橋閘門です。28年11月20日撮影。
【1月1日】あけましておめでとうございます。本年もどうかよろしくお願い申し上げます。

東京通運時代の河川航路図二題

201027.jpg通運丸船隊を続々就航させ、関東の河川航路に覇を唱えた内国通運も、時代の流れには勝てず、大正8年12月に川汽船事業から撤退。東京通船株式会社がその後を引き継ぎました。

お題の東京通運株式会社は、東京通船が昭和4年に改称したものです。縮小相次ぐ最末期の河川航路を担った、いわば関東の川汽船時代に、自ら幕を引かざるをえなかった企業といえるでしょう。

そんな「悲劇の船社」のイメージがある、東京通運の銘が入った航路案内を二つ掲げてみました。長距離河川交通のたそがれに思いをはせつつ、妄想を交えあれこれと垂れ流させていただきます。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 川蒸気船 通運丸 参宮丸 東京通運 一銭蒸気 絵葉書・古写真

2月19日の川景色…1

(『2月19日の隅田川』のつづき)

202041.jpg
長きに渡り、更新工事の進み具合を観察してきた大島川水門。いよいよ衣替え(?)も、大詰めに入ったようですね! 前回、昨年11月20日に見たときは、左径間の巻上機室が立ち上がっておらず、扉体もまだ見えず角落しがはめられていました。今回は眺めたかぎり、各パーツは出揃ったようで、後は細かい仕上げを進めるばかり、といった感じに見えます。

前回同様、左は径間いっぱいの幅を使って、クレーン付き台船が碇泊中。いや、スパッドを刺して停まっているのだから、碇泊はおかしいかな。左に遠慮しながら進入開始、右径間軸線を狙ったものの、残念ながら真正面とはいきませんでした。

202042.jpg
堰柱はがっしりと太くなり、色も落ち着いたいい感じ。ん? 銘板に代わり、名前の入った行灯看板が掲げられ、書体が勘亭流っぽいアレ‥‥。更新後の住吉水門(『7月10日の水路風景…14』参照)と同じですね。

筋交、行灯看板、勘亭流もどき‥‥。都建設局としては、今後改修された水門は、すべてこの仕様で統一するのかしら? 行灯看板、左右の堰柱にも文字なしのものが備えられていますね。通航船艇への告知をする、電光掲示板は中央下に備えられているし、何か別の用途がありそう。

202043.jpg大横川の桜並木区間に入り、つぼみが膨らんできた枝を楽しみに見上げながら、微速でゆるゆる奥へ。陽もうららか、春が少しづつ近くなっていることを感じさせ、よいものです。

黒船橋船着場に、四角いラフトが追加されていました。桜まつりの準備かな? もちろん今はだれもおらず、ご覧のとおり、鴨さんが格好のお昼寝場所として使用中でした。

202044.jpg平久川から汐浜運河に出ようと、大横川との変則十字流を右へ。おお、北東角の小さな河津桜(でしたよね?)、かなり開花していますね!

満開とはいえないものの、6分咲きといったところでしょうか。可愛らしい咲きぶりを目にして、身の回りが一気に春めいてきたように思えたものです。この調子なら、汐浜運河の桜並木も咲いているに違いありません。



202045.jpg
というわけで、汐浜運河は都営塩浜二丁目アパート前、このあたりでは最大の河津桜並木。まだ未開の枝を残していますが、これまた結構な咲きっぷりで嬉しくなりました。
撮影地点のMapion地図

(29年2月19日撮影)

(『2月19日の川景色…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 大横川 汐浜運河 大島川水門 水辺の鳥たち

2月19日の隅田川

(『2月19日の神田川…2』のつづき)

202036.jpg厩橋の上流で、観光汽船の水上バス「アワータウン」と反航。例によって、お客さんと手を振りながらすれ違います。爽やかな晴天に恵まれ、この日は各船社とも忙しかったことでしょう。

改めて眺めてみると、エッジの立った直線的な外観が、背後のビル街としっくりきて、いかにも都会っ子といった雰囲気です。


202037.jpg
浅草まで遡上してきて、気になっていた更新工事中の源森川水門の様子を一枚。

すでに扉体ははめ込まれ、現在は巻上機室の工事が進行しているようですね。扉体は亀島川水門同様、淡いクリームに塗られています。向こう側にジブが見えることから、クレーン船が一隻、どうやら閉じ込められている模様。あらら、せっかくきれいにした水門右側の堤防、消したその上からまた、上書き状態で落書きされてしまっている‥‥(昨年4月『散りぎわのお花見水路…5』の写真参照)。

202038.jpg

202039.jpg光線よろしきを得て、東武線橋梁にぐっと迫ってみたくなり、下流側から仰いで一枚。まめに手入れされているのでしょう、辛子色の表面もきれいで、昭和6年竣工のよわいを感じさせないほど。

浅草駅から、急カーブを抜けて電車がゆっくり出てきました。友人のC君によると、この電車もまもなく第一線を退いて、そろそろ貴重になってくるだろうとのこと。

202040.jpg
浅草の賑わいを後に、南下することとしましょう。駒形橋で出会った水辺ラインの「さくら」も、船内はもとより、デッキにも多くのお客さんが見られる盛況。

華のある都大路の川景色、ちょっぴり春めいたこの時季ならではの舟航風景。よきかな、佳き哉!
撮影地点のMapion地図

(29年2月19日撮影)

(『2月19日の川景色…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 隅田川 水上バス 源森川水門

2月19日の神田川…2

(『2月19日の神田川…1』のつづき)

202031.jpg御茶ノ水駅隣接の巨大足場、暗くてうまく撮れないので、通ってもあまり目を向けずにいましたが、奥の様子が気になって一枚。

ああ、やっぱりボケてしまった。それでも、奥には鋼管矢板びっちりの改良済み護岸が、錆色の鉄骨組みの向こうにかいま見えて、工事の進捗が実感されました。神田川にとっても、「世紀の大工事」といって大げさではない規模に思えます。

202032.jpg南岸にフラットを確保する巨大足場と、北岸を結ぶ「ヒロセ プレガーダー」の仮設橋のすき間から、何とか聖橋をのぞき見ようと頑張ってみたスナップ。

まあ、養生中となればご覧のとおりで、単なるパネルの大壁面が広がっているだけなのですが、これはこれで今だけの風景、あだやおろそかにはできますまい。



202033.jpg
既製トラスで裏側までおおわれた、聖橋の直下から下流を眺めて。いいタイミングで、丸ノ内線の電車が通りました。

足場が途切れた後も、機材や建機を満載した台船が2隻、縦列にもやって航路を狭めているのがわかります。遡上するとき、下航船を認めたら、丸ノ内線橋梁のあたりでやり過ごしてあげたほうがよいでしょう。

202034.jpg
浅草橋のリベットみっちりを頭上に仰ぎながら、おなじみ船宿街を見通す楽しさ。光線の塩梅がよろしかったのか、両岸に憩う屋形たちもシャープに像を結んで、どこかさっぱりとした表情。きれいに手入れされたフネブネのある川景色、よいものです。

202035.jpg
隅田川に出て左へ切り、軽く浅草まで遡上することにしました。蔵前橋の中央径間、銘板周りをアップで。

銘板を照らす一対の橋側灯の細やかな造作、高欄に施された透かしの装飾に目を奪われます。山吹色の塗装もだいぶ色あせてきて、レモンイエロー(?)といった感じに薄まってしまいましたが、暖色系の橋には冬の陽射しがよく似合いますね。
撮影地点のMapion地図

(29年2月19日撮影)

(『2月19日の隅田川』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 神田川 隅田川 橋の裏側