fc2ブログ

4月8日のお花見水路…5

(『4月8日のお花見水路…4』のつづき)

90021.jpgこれが前回触れた杭。何のために打ち込まれたものかはわかりませんが、斜めに突き立つその姿は、船底を破られそうでいかにも恐ろしげですね。

A.P.マイナスにおよぶ大干潮時だけに、ところどころで普段見えないものが見られて、興味深くはありますね。場所は鶴歩橋の南、首都高深川線の下です。



90022.jpg途中、カヤックのフリートと交歓しながら仙台堀川へ入り東へ。このあたり、しばらく水辺に迫った桜は見られなくなりますが、家並のすき間に2本、咲き誇る桜が見られました。

実物の水門が現地保存され、そればかりか各種水門の模型まである川跡の公園、福富川公園(過去ログ『福富川公園…1』参照)の入口です。以前訪ねたときは、水門模型のある足下ばかり目がいって、公園内の植木まで気が回りませんでしたが、園内にも桜はあるのでしょうか。

90023.jpg
そして撮らずにゃおれない茂森橋さん。最低橋呼ばわりを撤回したくなるほどの堂々たる桁下高、ラーメン橋台が完全に露出し、両岸の浅瀬が陽光を鈍く反射する、大干潮時ならではの表情!

通過時刻が11時13分、この日の芝浦推算の最低潮位は11時57分、A.P.-6cmだったとのことですから、かなりイイ時間帯に拝んだことになります。ちなみにこのときは見るだけで、午後のだいぶ潮が上げてきたときに、ありがたくくぐらせていただきました(なぜか敬語に)。

90024.jpg
丁字流から大横川に入り北上、ふたたび始まるお花見水路。なぜか、人影の乏しい写真になってしまいましたが、両岸はもとより、橋上までお花見客で賑やかだったのは、いうまでもありません。

90025.jpgそしてこの日、もう一つのお楽しみは、日曜日の閘門通航です! 両閘門の日曜祝日運転が発表されてから、利用するのはもちろん初めて。

去る4月1日に出たときには、第一日曜でお休みでしたから、一番乗りとはいえなくとも、運用初日に通ることになり、嬉しさも増そうというものです。何か変化はあるでしょうか?
撮影地点のMapion地図


(24年4月8日撮影)

(『4月8日のお花見水路…6』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 平久川仙台堀川大横川小名木川茂森橋最低橋江東内部河川扇橋閘門閘門