FC2ブログ

関屋分水を走る

(『信濃川水門…4』のつづき)

70091.jpg
信濃川水門を離れて、関屋分水の東岸を北上、目指すは新潟大堰(と、もちろん併設の閘門)。およそ1.7㎞の道のりです。

さっそく行き当たった「関屋分水路」の看板。う~ん、「分水」と「分水路」、どちらがより親しまれているんだろう? 現地で集めた資料やサイトを拝見していると、どうも「分水」のほうに分がありそうなので、そちらでいかせていただきます。

70092.jpg県道16号線、関屋大橋をくぐる下り坂で気持ちよくスタート。後で考えてみると、この橋、廃止された新潟交通の線路が渡っていた橋だったんですよね。西岸には築堤も残っているとのこと、惜しいことをしました。

関屋分水は、信濃川最下流部一帯の洪水被害を軽減するために開鑿された放水路で、昭和47年に竣工しました。構想は江戸時代からあり、明治43年には地域の排水のため、すでに関屋分水と一部ルートが重なる掘割が造られていたというのも興味深いですね。

「関屋堀割町」「堀割町」という地名や、東岸の街割りに掘割のあったことをしのぶことができます。「会津と越後を結ぶ、水の街道 関屋分水路」(おいでなされまし)に堀割のルートや経緯が詳しく書かれています、ぜひご覧ください。

70093.jpgJR越後線の鉄道橋と、有明大橋が見えてきました。東岸橋詰のあたり、橋の名前をそのままとった「有明大橋町」があるのですね。

地元の方ならではの貴重な写真が盛りだくさんのサイト、「関屋分水のできる前」(新潟街角今昔)によると、東岸の文京町や信濃町一帯は、かつて関屋競馬場(新潟競馬場)があり、関屋分水の開鑿区域にかかる住宅などの代替地として、昭和39年に廃止、現在の新潟市北区に移転したとのこと。

かつての関屋駅前一帯は「競馬町」という地名だったようですから、「有明大橋町」は分水開鑿後、新たに付けられた地名なのでしょう。

70094.jpg堀割橋を遠くに望むあたりで、早くも新潟大堰の堰柱が見えてきました。

ここから河口近くを眺めると、砂丘がつくった地形でしょうか、西岸に緑の丘がもこりと出っ張っており、なかなかの景勝地です。


70095.jpg
堀割橋から北を眺めたところ。新潟大堰を間近に眺めるなら、一本下流の浜浦橋を渡ればよかったのですが、そこはそれ。

堰の向こうは、久しぶりの日本海。すじ雲が堰を中心に放射状に広がって、どこか爽快な眺めでした。
撮影地点のMapion地図

(23年8月9日撮影)

(『新潟大堰…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 関屋分水 新潟大堰

信濃川水門…4

(『信濃川水門…3』のつづき)

70086.jpg注意書きは2枚あって、上のものが「通航者のみなさんへ」と題した、インターホンを使っての操作員との連絡法。下が「通航方法に関する順守事項」で、どこの閘門でも見られる通航のきまりを示したもの。インターホンが無応答でも、間をおいてまたかけてみなさい、というあたりが親切です。操作員さんもお手洗いに立つことだってあるでしょうからね。

写真を見ていたら、背後の水位尺が気になってきました。閘室ひたひたで、T.P.+2.9m…。もし機会があって通ることができたら、そりゃゼヒ、ひたひたでお願いしたいですねえ。

70087.jpg閘門は高水敷に喰い込んだかたちで設けられているので、下流側から真正面を拝むことができました。もっとも、下水の水管橋が視界をさえぎっているので、ご覧のとおりではありますが。

護岸にもフェンダーとビットが設けられ、入閘前の待機所として整備されています。水門と違って、信号は2灯式で、常時点灯のようですが、扉体を開放しているにもかかわらず、赤を現示していました。

70088.jpg新潟の水上バス…8」で触れた、通航標識の裏側を見たら、通行人向け?に標識の説明板が。

東京のそれに無い標識は、上段の二つ「非動力船の航行制限」と「急発進・急加速・急回転の禁止」ですが、やっぱりピンと来ないというか、イメージと合わない気が…。東京と同様の標識も、微妙に絵柄が異なりますね。各地方の監督官庁で、下絵が統一されていないのでしょうか。

70089.jpg下流側から、水門・閘門と本川大橋を望んで。残念ながら、閘室の横は柵がしてあって入れませんでしたが、新潟の水門初訪問、短時間ながら楽しめました。

次なる目的地は…ふと見上げると、ちょうど「安田新潟自転車道 有明大橋まで0.7km」との看板が。いや、有明大橋でなくもっと先、もう一つの閘門があるところまで!

70090.jpg

(23年8月9日撮影)

(『関屋分水を走る』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 信濃川水門 閘門 信濃川

信濃川水門…3

(『信濃川水門…2』のつづき)

70082.jpg
閘門の上流側扉体のアップ。見ると二葉式で、通常は奥の大きい扉体のみ運転し、増水時は手前の扉体も使って、高さを稼ぐ型式のようですね。

70081_02.jpg70081_01.jpg
こちらでも銘板を撮ってみました。左が水門の主ゲート、右が閘門の上流側。魚道のそれと同じく石川島播磨の施工。水門の扉体寸法は30×9m、重量183t。閘門の扉体寸法は10×8m、重量40tとあります。

70083.jpg

70084.jpg閘門の下流側ゲートを橋の上から(上写真)。先ほど船からも見たように、閘門の扉体は上流側をオレンジ系に塗っています。背割堤はごく細いもので、閘室側面にはフェンダーがまばらに取り付けられてはいるものの、わずかなビットのほか、アイやクリートなど繋留のための備えはないようでした。

右の写真のように、岸側には階段が設けられています。フェンダーの間隔や繋留設備から、艀など、大型の船舶の通航のみ想定したようですね。

70085.jpg下流側から二つのゲートを眺めて。表裏の色が違うので、印象ががらりと変わって見えるのが面白いですね。

操作はもちろん遠隔式ですが、機側運転室のような小さいボックスも、手前の堰柱の根元に設けられています。この「運転室」、大きな信号器と長々とした注意書きが、さして広くもない妻板に所狭しと詰め込まれて、何やらユーモラスで惹かれるものが。注意書きに何が書いてあるのか、ズームで拡大してみましょう。
撮影地点のMapion地図

(23年8月9日撮影)

(『信濃川水門…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 信濃川水門 閘門 信濃川

信濃川水門…2

(『信濃川水門…1』のつづき)

70076.jpg水門を間近に愛でつつ、橋を渡って対岸にある閘門を目指しましょう。管理橋を兼ねた橋は、本川大橋といって昭和50年10月の竣工。ご覧のとおり結構な交通量です。

この日の気温は確か35℃前後、日なたではクラクラしそうな暑さですが、川面に近いせいで常に風があり、火照った身体を冷ましてくれるのはありがたいことでした。


70077.jpg

70078.jpg東岸には魚道ゲートが大小1径間づつあり、閘門と併せて水門の外観に変化を与えています。魚道だけで、なぜ2径間も費やすの? と、不思議に思われた方もおられるでしょうが、私も以下に掲げた銘板を目にして、驚かされました。

まあ、私が知らないだけで、魚道界(?)ではこのくらい、常識なのかもしれませんが。しかし、水門は常時開なのですから、魚道がおサカナさんに有効利用される確率は、あまり高くなさそうですよね。

70079_02.jpg 70079_01.jpg
左が大きい方、右が小さい方の銘板ですが、1行目「信濃川水門 魚道ゲート」の次に注目。それぞれ「アユ用」「サケ・マス用」と!
 
う~ん、魚種によって魚道の段々の寸法や形状が違うとか、そこまでは想像できるのですが、肝心のおサカナさんたちに「ここはオレたち専用だ」と、認識してもらえるのかしら…。

70080.jpg
扉体を横目で見ながら、本川大橋をゆっくり渡ります。こうして扉体の平べったさを間近に感じるのって、すごく久しぶりな気が…。艇や水上バスから見上げるのも楽しいですが、陸上から眺める水門も、また違った迫力が感じられてよいものですね。

(23年8月9日撮影)

(『信濃川水門…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 信濃川水門 信濃川

「散歩の達人」9月号のお手伝いをさせていただきました

8月20日発売の「散歩の達人」(交通新聞社)23年9月号「品川 大崎 大井町」特集号にて、水路記事のお手伝いをさせていただきました。

散歩の達人」は以前からたびたび拝見していて、水路や地域の歴史に触れられている記事も多く、また個人的に、町工場や職人さん紹介の記事に弱いということもあり、楽しみに拝読していました。

今回も巻頭から、目黒川周辺の海岸線や、流路の移り変わりを古地図で比較する記事があって、さっそくグッと心をつかまれてメガネを外して見入り(老眼です)、板金や電球の町工場紹介記事にあった「(昭和30年代の)品川は電球都市と称され」というくだりで涙するといったありさま。

羽田周辺も、空港国際線ターミナル内の人気スポットとともに、羽田猟師町や五十間鼻の無縁供養堂などが紹介され、水辺散策地のピックアップにも遺漏がありません。

今回お手伝いさせていただいたのは、そんな水辺紹介記事のうち一見開き、「水上をぶらぶら散歩 羽田~芝浦 水路徘徊」という記事です。

特集地域に沿った、東京南部の運河や川をめぐる内容で、山口昌彦編集長みずからが執筆されたもの。くわしくは読んでのお楽しみですが、おなじみの珍物件も登場するなど、水路がお好きな向きにはお勧めの記事です、ぜひご覧ください。

山口昌彦氏とは、拙著をお読みくださっていたことでご縁ができ、水路での「街歩き」企画のお話をいただいて、今回我が艇にお迎えすることと相成りました。

カヤックの世界ではベテラン(『長瀞渓流下りふたたび…1』と同じ日に、カヤックの大会があって長瀞におられたとのこと!)とあって、水路や水辺に対する観察眼も鋭く、道中水路談義に花を咲かせながらの、楽しい船行きとなりました。

写真はおなじみ「喰われるトラス」に興味津々の山口氏。運河でカヤックを楽しむ方も少なくないので、その筋への観光ガイド(?)としても役立てれば嬉しいですね。

お昼は、東京の桟橋付きレストランの代表格「T.Y.ハーバー ブルワリー」にお誘いいただき、恐縮至極。実はどういうわけかご縁がなくて、T.Y.ハーバーにつけるのは今回が初めてです。ありがとうございました(涙)。

顔なじみのベルフィと仲良くもやってのランチとなりましたが、初めてこの桟橋につけてみて、達着中からお客さんの目が一斉に注がれるため、アガリ症の船頭としては、あまり得意でない寄港地であることが判明。人目の乏しいところばかりウロついてきたのが、裏目に出てしまいました。まだまだ修行が足りません。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 散歩の達人 交通新聞社 高浜西運河 天王洲運河