fc2ブログ

5月3日のトリさん

6113.jpg5月3日の水路行で出会った、トリさんたちの姿を何枚か。
旧ブログからご覧いただいた方には、すでにバレているとは思いますが、鳥類全般に目がない私です…。

古川、金杉橋近くの釣船に寄り添うようにしてたたずんでいた、鴨さん夫婦。陽のささないこの川でも、エサの魚は豊富なのか、毛づやもよく元気そうです。


6114.jpg神田川、和泉橋船着場の隅で、平べったくつぶれて、もうすっかりリラックスした風情の鴨さん。いや~、トリさんの仕草の中で一番可愛らしいのは、やはりかような「ツブれ」に尽きるわいと、思わず目を細めてシャッターを切りました。

日光で温まった桟橋から、お腹にじわじわと温度が伝わって、さぞ気持ちがいいことでしょう。


6115.jpg水道橋分水路の終点、水道橋下流の開口部にある柱の裏側(『神田川分水路まつり…13』参照)では、これもふくらまってリラックスした、鳩さんを発見。眠たいのか、我々が近づいても微動だにせず、逃げる気配がありませんでした。

留まっているところは、一見巣のように見えますが、アイか何かの金具に、ゴミが絡み付いて太っただけのようです。


6116.jpgちょっと引いて眺めたところ。鳩の留まっている金具(らしい)の下、フェンダーがぶら下がっているのが見えます。ということは…割と頻繁に、恐らく点検のための通船があるのかもしれませんね。

ちなみに、夕方このあたりを通ると、よくコウモリが飛ぶ姿を見かけたので、もしや天井にプラ~ンとぶる下がっているのでは…と期待したのですが、残念ながらコウモリの姿はどこにも見られず、ちょっと肩透かしを喰らった気分でした。

6117.jpgこれはトリさんではありませんが、面白かったシーン。
飯田橋駅近くの、テナントビルの前を通ったときのこと。空き部屋らしい、窓枠が外された一室から、数匹のネコがヒョコヒョコと出現。うろんげな、しかも妙に力の入った目線で我が艇の監視を始め、可愛らしいやらおかしいやら!

きっと彼らにとって、目の前の川を船が通るなどということは、めったにないことなのでしょうね。(清掃船は、数日おきに通っているはずですが。)
同乗のD君は、大のネコ好きでもあるので、「ネコ屋敷発見!」と、色めき立っていたようです。

(21年5月3日撮影)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 古川神田川水道橋分水路水辺の鳥たち