旧中川


大きな地図で見る

旧中川
所在地:東京都墨田区東墨田3~江戸川区小松川1
延長:5.0km(施設管理区域を除いた延長)
最小水深:-1.4m(水位低下化水面よりの水深)
最小桁下高:+3.1m(水位低下化水面よりの高さ)
メモ:周辺の土地が低い(いわゆる江東ゼロメートル地帯)ため、人為的に平常時の水位をA.P.-1.0m程度まで下げた、水位低下化河川のひとつ。
かつては中川の本流であった河道が、荒川開鑿によって分断され、取り残された区間である。区間中ほどで北十間川(緑印)、南端近くで小名木川(赤印)が分岐している。
全区間が減速区域に指定されており、ドラゴンボート・レガッタ等の漕艇練習水面としても利用されているため、できる限りの微速航行が望ましい。なお、北端部、ゆりの木橋から木下川排水機場に至る区間は、施設管理区域として、船艇の進入が制限されている。南端の小名木川排水機場の付近も同様で、こちらはフェンスで完全に閉鎖されている。
主な船着場は、番所橋(赤鋲印)、亀戸中央公園(黄鋲印)、平井橋(紫鋲印)がある。このほか、図示の3ヵ所にも小規模の船着場があるが、こちらは岸壁高が極端に低く、動力船の接岸には適していない。
また南端には、都内に4ヶ所しかない閘門のひとつ、荒川ロックゲート(小松川閘門、青鋲印)があり、荒川(青印)との通航が確保されている。運転日時は平日および土曜の8:45~16:30で、無料で利用できる。東京水辺ラインには、荒川から本閘門を通航し、Uターンして再び荒川に戻る不定期航路が設定されており、番所橋船着場付近までは水上バスが入ってくる場合がある。
水路をゆく 過去ログ」で旧中川を検索
水路をゆく・第二運河」で旧中川を検索

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村 

タグ : 旧中川 水位低下化河川 荒川ロックゲート 小松川閘門 木下川排水機場

新左近川


大きな地図で見る

新左近川
所在地:東京都江戸川区臨海町1
延長:0.7km(可航区間)
最小水深:メモ参照
最小桁下高:不明
メモ:旧江戸川河口部の一支流である左近川の西端が、埋め立ての進捗にともなって延長された区間で、東半部が親水公園に、西半部が左近川マリーナ(赤鋲印)を中心とした、船溜の水域になっている。荒川(青印)との接続部には、新左近川水門(青鋲印)がある。
水門前後の区間は堆砂により水深が浅いので、進入時の潮位には注意が必要。なお、可航区間のほぼ全域がマリーナということもあり、登録艇以外は原則進入禁止とのこと。
水路をゆく 過去ログ」で新左近川を検索
水路をゆく・第二運河」で新左近川を検索

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 新左近川 新左近川水門

新芝川


大きな地図で見る

新芝川
所在地:東京都足立区鹿浜2~埼玉県川口市弥平3
延長:3.2km(可航区間)
最小水深:A.P.-1.1m
最小桁下高:A.P.+5.7m
メモ:芝川(赤印)の放水路として、昭和40年に開鑿された新河道。荒川(青印)との合流部には芝川水門(青鋲印、2径間)および新芝川排水機場(赤鋲印)があり、南平大橋上流には、専用の水門を備えた珍しいマリーナ、芝川マリーナ緑鋲印)がある。
河口部、碇泊船のあるあたりは、両岸に浅瀬が張り出している。進入時、芝川水門は左径間から入ったほうが良い。また山王橋~順信橋間には、桟橋による繋留施設が続いており、徐航が望ましい。
本来、可航区間は図示の地点よりさらに続くのだが、現在は芝川マリーナ上流、弥平3-11付近にフェンス(緑印)が張られ、船艇の遡上ができない状態になっている。
水路をゆく 過去ログ」で新芝川を検索
水路をゆく・第二運河」で新芝川を検索

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 新芝川 芝川マリーナ

新河岸川


大きな地図で見る

新河岸川
所在地:東京都板橋区三園2~北区志茂4
延長:9.2km(可航区間)
最小水深:A.P.-1.0m
最小桁下高:A.P.+5.4m
メモ:江戸時代から明治末期にかけては、川越舟運の物流路として盛んに利用された川だが、現在の可航区間は、荒川改修に伴い、一部荒川の旧河道を利用して開鑿された新流路で、もとは和光市下新倉付近で荒川に合流していた。
船着場としては小豆沢(青鋲印)、北赤羽(赤鋲印)の2ヶ所があり、いずれも水上バスが接岸できる規模がある。また、民間の揚搭施設としては、高砂鐵工(緑鋲印)、新日本製鐵(空色鋲印)ほかがあり、平日は業務船の運航がある場合もある。
隅田川(青印)に合流する河口付近北岸、荒川知水資料館の前後に砂洲があるほかは、特に障害物はなく、可航区間を通じて繋留船も見られないので、走りやすい川と言える。護岸上数ヶ所に立てられた看板の告知によれば、舟渡大橋上流の水面は閉鎖中とのことだが、ブイなどによる閉鎖措置はなされておらず、航行が禁止された様子はない。笹目橋上流、白子川合流点付近から上流は未調査。
水路をゆく 過去ログ」で新河岸川を検索
水路をゆく・第二運河」で新河岸川を検索

0012.jpg
【舟渡水辺公園・20年7月20日撮影】

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 新河岸川

新中川


大きな地図で見る

新中川
所在地:東京都葛飾区高砂1~江戸川区江戸川4
延長:7.8km
最小水深:A.P.-1.2m
最小桁下高:A.P.+3.7m
メモ:中川(青印)流域の洪水被害解消のため開鑿され、昭和38年(西暦1963年)に、中川放水路として竣工した一級河川。河口部、旧江戸川(赤印)との合流点近くに今井水門(青鋲印、7径間)、船着場は一之江橋(緑鋲印)、新今井橋(赤鋲印)がある。
沿岸には、都の暫定繋留施設が多く設けられているのが特徴で、ためにプレジャーボートの通航は頻繁にあり、また業務船の船溜も散在しているので、全体に徐航が望ましい。
河道には屈曲や目立った浅瀬もなく、小型船舶の舟航には適した水路と言えるが、全体に桁下高は決して高くははないので、全高のある艇は、潮位によっては注意が必要。
水路をゆく 過去ログ」で新中川を検索
水路をゆく・第二運河」で新中川を検索

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

0011.jpg
【大杉橋・20年10月12日撮影】

タグ : 新中川 中川放水路 今井水門