隅田川派川


大きな地図で見る

隅田川派川
所在地:東京都江東区越中島1~江東区越中島2
延長:1.0km
最小水深:A.P.-4.0m
最小桁下高:A.P.+6.3m
メモ:かつての隅田川(青印)河口にあった澪筋のひとつ。下流側で春海運河赤印)に接し、南西側には佃水門(2径間、赤鋲印)がある。船着場としては、越中島(青鋲印)が東岸の越中島公園に設けられており、東京水辺ラインの乗船場となっている。
隅田川および、春海・豊洲の両運河が接続する水域だけに、通航量は多く、春海運河から隅田川に向かう水上バスの定期航路もある。
水路をゆく 過去ログ」で隅田川派川を検索
水路をゆく・第二運河」で隅田川派川を検索

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 隅田川派川 越中島

花畑川


大きな地図で見る

花畑川
所在地:東京都足立区六木3~足立区神明1
延長:1.5km
最小水深:A.P.-2.4m(メモ参照)
最小桁下高:A.P.+3.2m
メモ:中川(青印)と綾瀬川(赤印)を短絡し、中川上流と東京方面との舟運の便をはかるために開鑿され、昭和6年に竣工した水路で、花畑運河とも呼ばれる。
中川側に六ツ木水門(青鋲印)、綾瀬川側に花畑水門(赤鋲印)があるが、六ツ木水門は常時開なのに対し、花畑水門は常時閉で、実質通り抜けができない状態になっている。
なお花畑水門については、「江東治水事務所の水門『閉鎖・開放情報』」(ミニまぐバックナンバー)によると、月1回程度の運転とされているが、「花畑運河研究所」の記事「水門問題! その①」「水門問題! その②」によれば、綾瀬川への浄化用水導入のため、潮時にあわせて連日開閉されていた時期もあったようだ。
橋の桁下高は総じて非常に低く、特に中川方から数えて二本目の、桜木橋が最も低い。幸い通過時の水位は、六ツ木水門の前後にある電光掲示板で、(A.P.+)0.01m単位で知ることができるので、充分注意して航行したい。
魚探で測深した限りでは、水底には凹凸は見られず、区間を通じて水深もほぼ一定していたが、六ツ木水門の水位表示A.P.+1.4m前後の時点で、測深深度が1.8~2m程度であったので、上記の最小水深データには疑問が残る。
水路をゆく 過去ログ」で花畑川を検索花畑運河を検索
水路をゆく・第二運河」で花畑川を検索花畑運河を検索

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 花畑川 花畑運河 六ツ木水門 花畑水門

仙台堀川


大きな地図で見る

仙台堀川
所在地:東京都江東区千石2~江東区清澄1
延長:1.8km
最小水深:A.P.-1.2m
最小桁下高:A.P.+3.0m
メモ:寛永年間(西暦1624~1644年)に開鑿されたと伝えられる運河。仙台堀の名称は、現在の清澄1丁目付近に、仙台藩主・伊達家の蔵屋敷があったことによるという。かつては、隅田川から東砂1丁目付近で小名木川に接続する、5.5kmにおよぶ全長があったが、大横川以東は昭和53年から埋め立てられ、親水公園となった。
西から、大島川西支川(青印)、平久川赤印)、大横川(緑印)に接続している。西端部、かつて隅田川と接していた場所には、清澄排水機場(青鋲印)があり、水門閉鎖時の内水排除に備えている。
橋の桁下高は総じて低く、最も低い橋は、大横川との丁字流近くにある2橋で、A.P.+3.0mである。航行時の潮位には、充分注意されたい。
水深は全体的に浅く、特に平久川との丁字流は浅くなっているが、船外機艇の航行に障害があるほどではない。
水路をゆく 過去ログ」で仙台堀川を検索
水路をゆく・第二運河」で仙台堀川を検索

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 仙台堀川 清澄排水機場