竪川


大きな地図で見る

竪川
所在地:東京都墨田区千歳1~墨田区立川4
延長:1.7km
最小水深:A.P.-0.5m
最小桁下高:A.P.+3.1m
メモ:江戸時代に開鑿された運河で、小名木川と並び、隅田川~中川(現・旧中川)を結ぶ重要な水路だったが、昭和57年に東部の旧中川~亀島橋(横十間川との十字流)が埋め立ての上公園となり、残る区間も細い開渠を残して埋め立てられ、大横川(赤印)と隅田川(青印)の間のみが残り、現在の姿になった。
全区間を通じて水深は浅く、特に竪川水門(青鋲印、2径間)近く、一の橋の前後は、干潮時1mを切る場所がある。また橋の桁下高も低いものが多く、最も低い清澄通りの二之橋は、A.P.+3.1mである。通過時の潮位には、十分注意を払う必要がある。
水路をゆく 過去ログ」で竪川を検索
水路をゆく・第二運河」で竪川を検索

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 竪川 竪川水門

月島川


大きな地図で見る

月島川
所在地:東京都中央区勝どき1~中央区勝どき2
延長:0.54km
最小水深:A.P.-2.0m
最小桁下高:A.P.+4.3m
メモ新月島運河(新月島川)同様、隅田川(青印)と朝潮運河赤印)の間を結ぶ堀割。明治中期に始まった佃島地先の埋立で、月島が造成された際、埋め残された部分が水路となった。沿岸に桜が多いのも特徴の一つ。北端には月島水門(青鋲印、一径間)がある。
全区間が業務船・プレジャーボートの船溜として利用されているので、通航時は徐航が望ましい。
水路をゆく 過去ログ」で月島川を検索
水路をゆく・第二運河」で月島川を検索

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 月島川 月島水門

日本橋川 その2


大きな地図で見る

日本橋川 その2
各データは「日本橋川 その1」参照
メモ:全区間のメモは「日本橋川 その1」参照。
【「その2」の区間のメモ】流頭部、神田川(青印)との丁字流東側角には、千代田清掃事務所・三崎町中継所があり、平日はバージが頻繁に接岸し、ゴミ運搬作業に当たっている。バージは神田川を遡上し、作業所への接岸時は、日本橋川まで入って転回するので、曳船による作業中は近づかないよう注意。なお、バージは2隻並列にもやうことがあり、その際は可航幅が極端に狭まるので、艇の大きさによっては、神田川下流へ進入できない場合がある。
船着場は、千代田区役所(赤鋲印、2段固定桟橋)、三崎橋(青鋲印、2段固定桟橋)がある。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村 

タグ : 日本橋川 外濠 高架下水路

日本橋川 その1


大きな地図で見る

日本橋川 その1
所在地:東京都千代田区飯田橋3~中央区新川1
延長:4.8km
最小水深:A.P.-1.2m
最小桁下高:A.P.+4.3m
メモ:江戸時代初期、日比谷入江に注いでいた平川の流路を改修した川で、現存する東京の水路では、最も古いものの一つで、かつては外濠とも呼ばれた。
江戸・東京中心部の物流幹線として、長きに渡って利用され、昭和中期以前は幾多の派川(入堀)が分岐していたが、現在ではそのほとんどが埋め立てられるか、高速道路として転用されている。
河口の一部をのぞいて、全長の大半を首都高都心環状線・6号線の高架道路が覆っており、橋脚が河中に林立しているため、見通しの悪い箇所が少なくなく、加えて屈曲区間も多いので、対向船との衝突事故に注意したい。
定期航路はないが、平日および土曜日は、都環境局の河川清掃船が運航している。また休日は、PWCを含めたプレジャーボートの通航が、年々多くなる傾向にあり、船宿などの観光コースにも設定されているので、見通しの悪さと併せて、十分な注意が必要である。
ほとんどの区間は、両岸に基礎護岸の張り出しがあり、満潮時は水面下となる。水深が極端に浅いところはないが、魚探による観測では、水底に投棄物らしい凹凸が見られる場所が数箇所あったので、潮位が低い日の航行は避けた方がよい。
【「その1」の区間のメモ】隅田川(赤印)と接する河口付近から、亀島川(青印)が分岐するあたりまでは、業務船の船溜として利用されており、徐航が望ましい。船着場としては、常盤橋船着場(青鋲印、2段固定桟橋)がある。
日本橋、常磐橋など、いくつか見られる上路式アーチ橋は、水面上の空間が狭く、意外と可航幅が限られるので、全幅のある艇は通過時に注意されたい。
水路をゆく 過去ログ」で日本橋川を検索
水路をゆく・第二運河」で日本橋川を検索

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

続きを読む »

タグ : 日本橋川 外濠 常磐橋 日本橋 高架下水路