「銀座百点」7月号に…

207_001.jpg
月刊誌「銀座百点」よりお声がかかり、6月22日発売の7月号に掲載された巻頭座談会、「水路の街・東京の今」の一人として登場させていただきました。「Tokyo Great Tours」の肥塚由紀子氏、「水都東京を創る会」の早瀬仁人氏との鼎談です。

肥塚氏は昨年12月2日にNHKで放送された「金曜EYE あなたも知らない!TOKYO発見旅」(『最近のお手伝い4題』参照)にも出演され、お顔は拝見していましたが、お会いするのは初めてです。

失礼ながら、「銀座百点」について名前以外よく存じ上げておらず、銀座のタウン誌という認識しかなかったのですが、「銀座百店会のご紹介」を読んでみると‥‥。

「銀座百点」は、商店会である「銀座百店会」により昭和30年創刊。アレ、何で「百店」なのに「百点」なんだろう? と思ったら、結成の目的に「サービス・信用とも百点の街を目標に、銀座の発展に寄与し、<世界の銀座>の実現に努力する」とあり、なるほど! とヒザを叩きました。「百点の街」を目指すという意味だったのですね。

そんな高い志の下に刊行されているだけあって、執筆陣も錚々たる方々ばかりで、緊張することこの上ないのですが、色々とお話しさせていただきました。本文とは別に、プロカメラマンの撮影による水路風景もカラーを8ページもおごって下さり、横判も手伝って美しい川景色が楽しめます。

お送りいただいた7月号を拝読して、個人的にすごく興味を惹かれた点が一つ。宮本亜門・山田五郎両氏の対談「ふるさとは銀座です」で、宮本氏が現在は高速道路になっている、築地川に水があったころの想い出を語られている下り。

「演舞場公演の初日の前に、あの川から役者たちが船を仕立てて築地川から上がって小屋入りする風習があったんですよ」(原文ママ)‥‥おおお、「船乗り込み」のシーンを生で見られた世代だったとは! 
堀割は過去のものとなっても、こうしたお話しがさらりと出てくるあたり、さすが「銀座」の看板を掲げた雑誌ならではと、大いにうなずかされたものでした。こういった地元の方ならではの想い出話があったら、もっと読んでみたいものですね。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 銀座百点

フジテレビ「ノンストップ!」に…

204041.jpgフジテレビの情報番組「ノンストップ!」よりお声掛けいただき、5月2日放送のゴールデンウィーク企画「東京再発見! 水路の旅」の解説役として出演してまいりました。

アガリ症は治癒する気配を見せず、相も変わらずお恥ずかしいかぎりではありましたが、それでもロケの道々に、合間を見ていくつかスナップをものすることができました。以下、お目汚しまで掲げさせていただきます。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 隅田川 日本橋川 曳船 月島川水門 高架下水路

最近のお手伝い4題

取材などでお手伝いさせていただいた件、4つを紹介させていただきます。最近‥‥とは看板に偽りありで、各季の「ご案内」更新履歴欄で最低限のお知らせはしていたものの、紹介しそびれて半年以上経ってしまったものもあり、この点伏してお詫び申し上げますです。

下の項目から時系列順になります。お声掛け、ご協力いただいたスタッフの皆様に、改めて厚く御礼申し上げます。ありがとうございました!

ノジュール 2017年4月号(JTBパブリッシング)

202054.jpg5年前の5月号以来、2回目のお声掛かりになります。今回の特集「東京の春10の旅」の3番目に当たる、「舟で往く東京紀行」(文・写真:杉﨑行恭氏)と題した8ページの記事で、ご担当お二人を自艇にお迎えしてのお手伝いとなりました。

ご案内したコースは、オーソドックスな亀島川→日本橋川→神田川ですが、この道にも造詣の深いライター・杉﨑氏の巧みな構成と素晴らしい写真で、復興橋梁から分水路に至るまで、見どころをふんだんに詰め込んだ、読み応えのある記事となっています。

最終ページには、河川をフィールドにする船社がピックアップされ、物流博物館も案内されているなど、本当にツボを心得ていらっしゃる! お天気にも恵まれ、とても楽しい取材でした。なお取材時の様子は、「2月19日の亀島川…1」以下をご覧ください。


散歩の達人 2017年4月号(交通新聞社)

202055.jpg3月21日発売。こちらも5年前の4月号で、山口昌彦前編集長と江東をめぐって以来になります。特集「東京ディープ案内」のうちの一つ、「東京水上さんぽのすすめ」4ページのうち、2ページの遊覧コース設定と、解説をお手伝いさせていただきました。

27年度川走り納め…14」でデビュー間もない船影を紹介した、「TOKYO WATER TAXI」に乗せていただいての、芝浦運河地帯めぐり。

いざ出てみると、工事のため通航止め区間があったりして、「一筆書き」にならなかったのは忸怩たるところでしたが、話題の艇の乗り心地が堪能でき、こちらも楽しくお手伝いさせていただきました。近日中に、取材時のスナップを紹介できればと思っています。


金曜EYE あなたも知らない!TOKYO発見旅」(NHK総合テレビ)

202056.jpg昨年12月2日(金)19:30~20:43放送。その後も再放送があったようですが、把握しておらず申しわけありません。外国の方々が、日本橋川~神田川のカヤックツアーを楽しむ映像を見ながら、番組ご案内役のセイン・カミュさんとコメントさせていただくというもの。

ええ‥‥生まれてはじめてメイク室に案内され、顔やおぐしを整えられる(地が悪いので結果はお察し)という、稀有な体験をして余計緊張しました。はい。

失敗したのは、寒いのを用心して厚着をしてきたのがたたり、収録中は汗だくに。メイクの女性に、額ににじむ汗を頻繁に拭いてもらわねばならくなるなど、もう恥ずかしいったらありゃしない(泣)。収録の合間にお話ししたところ、セインさんも2級小型船舶免許をお持ちだそうで、川めぐりに興味を持っていただけたのは何よりでした。


山田五郎と中川翔子の『リミックスZ』」(FM東京・JFN加盟局)

202057.jpgその道の専門家や趣味者をゲストに、毎回濃ゆい話題(?)を提供するラジオ番組。JFN加盟局を順繰りに回る全国放送で、FM東京は昨年7月12日および19日の二週に渡り、1:30~1:55に放送されました。

半蔵門のFM東京にお邪魔するのは、22年11月17日「Blue Ocean」に出演させていただいて以来、2回目です。お二人とも緊張する船頭に優しくお気遣いくださり、山田五郎さんには拙著、共著とも宣伝していただき、感激しました。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : ノジュール JTBパブリッシング 散歩の達人 交通新聞社 NHK FM東京

読売テレビ「ワケあり!レッドゾーン」に‥‥

187000_01.jpg読売テレビ「ワケあり!レッドゾーン」の3月4日放送分(←関東、関西は2月28日に放送済)に、「ワケあり水路マニア」として出演させていただきました。

「ワケあり!レッドゾーン」といえば、ご存知「山さ行がねが」のヨッキれん氏を始めとして、その道の通を紹介し続けてきた人気深夜番組。船頭ごときでお役に立てるのかしらと、少々不安ではありましたが、まずは1月21日、収録に先んじてスタッフお二人と一緒に、近場のロケへ出港することに。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : ワケあり!レッドゾーン 読売テレビ 砂町運河 東雲運河

東京人8月号は水上散歩大特集

27_0021.jpg2月号に引き続き、月刊「東京人」に記事を書かせていただきました。今回は「船でゆく東京水上散歩」のタイトルが、表紙に大きく掲げられていることでもわわかるように、ズバリ都内の舟航河川をいかに楽しむかを主題に据えた特集号。

「東京人」は過去にも何度か、都内の水路について興味深い特集を組まれていましたが、船に乗ることをメインに持ってきたのは初めてで、昨今の水上観光への盛り上がりぶりが、察せられようというものです。

船のシルエットを切り抜いた「乗りこなし大ガイド」のロゴマークにたがわず、主要各船社の就航船と航路案内はもとより、震災復興橋や遺構など見どころの紹介あり、水路の変遷や水運史までもしっかり解説されて、これ一冊で東京の川に繰り出すには充分過ぎる情報量。まさに大特集といってもいい過ぎではありません。

船頭は「江東デルタDEEP水路探検」、「川だけ伝って横浜・本牧・根岸へ行こう!」の2本、計8ページを担当させていただきました。拙著やブログではすでにおなじみの水路たちですが、美しい絵地図とともに、編集の妙で楽しい記事に仕上げていただきました。

個人的には、特集冒頭の松本零士氏のお話、氏がデザインされた都観光汽船の水上バス、ヒミコとホタルナ誕生についてのそもそもが興味深かったです。グラフ、本文挿画とも、河上でおなじみのフネブネの魅力的なショットも多数掲載されるなど、船好きの皆さんにとっても、楽しいページが少なくないでしょう。ご一読をお勧めします!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東京人 都市出版