FC2ブログ

消えたマイタゲート閘門、二題

すでに撤去されて久しい、マイタゲートの閘門を写した絵葉書を2枚ご紹介します。いずれも竣工間もないころの撮影と思われるものです。

220086.jpg
ROCKENYA-LOCK AT NEZUMIJIMA
裏面に「大阪若林獨立軒製版印刷」の記載あり。
宛名・通信欄比率2:1、明治40年4月~大正7年3月の発行。


新淀川開鑿を主とした淀川改修工事の一環として、中洲である鼠島に明治43年竣工した、六軒屋閘門を写したものです。扉室両岸に洋装の人物が多く集まっているところを見ると、竣工からさほど日が経っていないときに行われた、記念撮影のように思えます。

「運河と閘門」によると、最小幅10.91m、有効長89.08mで、大正12年に六軒屋第二閘門が併設されたため、以後は六軒屋第一閘門と呼ばれるようになりました。用途廃止は昭和25年3月だそうで、鼠島とともに現在は埋め立てられて面影はなく、「六軒屋閘門」(北摂の街道・道標)によれば、記念碑が立つのみとのこと。

220087.jpg
扉室をアップでトリミングしてみましょう。ゲートの様子からして、開いている手前は後扉室(低水位側)で、六軒屋川の上から写した写真ということになります。閘室の岸は、土のままか、何らかの護岸を施してあるのかはわかりませんが、法面ですね。すでに多数の舟が入閘し、注水を待っているのがうかがえます。

六軒屋閘門の消長については、「ある小さな島(鼠島)の生涯 その6」(なにわ ふくしま資料館)に詳しくまとめられており、私ごときがつけ加えることはありません。ぜひご覧いただきたいのですが、それとは別に、今回大いに驚かされたことが一つ。

絵葉書に書かれた版元名「若林獨立軒」で検索したところ‥‥、「若林鍼灸院のブログ『獨立軒雑記帳』」がヒット。これがナント、獨立軒のご子孫の方のブログなのでした!

業種こそ創業時と違うとはいえ、つい最近まで同じ屋号を名乗って営業されており、しかもご先祖の業績を顕彰されている! 素晴らしいことではないでしょうか。船頭もかくありたいと深く感銘を受けたのでありました。

220089.jpg
志木町商工會(伊呂波橋)横内辰男撮影
宛名・通信欄比率1:1、大正7年4月以降の発行。


右上の写真、3径間の水門に併設されたマイタゲート閘門は、宗岡閘門。新河岸川にもかつて閘門があったことは、「川越舟運」(斎藤貞夫著:昭和57年6月初版・さきたま出版会)を読んで知り、非常に短命だったこともあって、以前から気になる存在でした。

10年前、「新河岸川再訪…4」でも少し触れましたが、直線河道化にともない、長きに渡り「川越夜船」でその名を知られた通船を、昭和6年に禁じられた新河岸川。この宗岡閘門が竣功したのは、驚くなかれ昭和4年! 通船禁止後もしばらくは通航が続いたであろうとはいえ、「悲劇の閘門」と呼んでも、決して大げさではないでしょう。

220088.jpg
宗岡閘門、直線河道化により水深が保てなくなった宗岡村(現志木市)から上流を、堰上げと閘門によって舟航を維持する目的で建造され、工事の労働者には近隣の農民はもとより、失業した船頭たちも参加したとのことです。

ふたたび「運河と閘門」から諸元を引くと、閘頭部幅6.0m、全長37.1m、ゲート間25.76m、扉体は鋼製。躯体は用途廃止後も長らく残っていたようで、昭和53年より閘門部分撤去開始との記述も。ウェブ上では、「新河岸川を歩こう! 6日目 柳瀬川合流点から南畑橋まで」(ハイフィネス・ジャパン株式会社)に、現地の説明板とおぼしき写真が掲載されていますが、それによれば昭和55年に撤去とありました。

写真を目にしてまず違和感があったのは、水門の堰上げの低さにくらべて、閘門がやけに高く造ってあること。素人目には、いずれは堤防や護岸を嵩上げできたら、水門も閘門に合わせて高める計画でもあったのかな、と勘繰ってしまったほど。まあ、このレベルの堰上げで、通船できる水深には十分ということなのでしょうが、それにしても閘門の高さは気になります。

通船禁止を間近にしての建造といい、首をひねらざるを得ないものがありますが、短命であったがゆえに希少な竣工直後の写真に出会えたことは、閘門好きとして嬉しいことには違いありません。このあたり、新たな史料の発見やご教示に待つところ、大なるものがあります。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 絵葉書・古写真 閘門 六軒屋閘門 宗岡閘門 六軒屋川 新河岸川

川口川閘門、稼働中!

以前入手した昔の絵葉書の中に、とても興味深いものがあったので紹介させてください。

土浦の川口川閘門‥‥すでに「土浦のマイタゲートと川口港」で竣工当時のものと思われる絵葉書を、また「土浦再訪…1」では保存されている扉体と排水ポンプに触れた、明治39年竣工のマイタゲート水門です。過去の記事の繰り返しになりますが、閘門を名乗ってはいるものの、実態は一対の扉体で構成された逆水防止水門で、閘門機能はありません。

218032.jpg
土浦閘門排水の景其一・其二
宛名・通信欄の仕切り線なし、裏面に「土浦知久製」の銘あり。


ご覧のとおり、二枚組で絵柄を連続させた撮り方をしており、「疑似パノラマ写真」になっているのがまず目を引きます。しかし、何より珍しく思えるのは、水門が実際に増水を防ぎ、堤内地を今まさに守っているさま‥‥いわば稼働中の水門を、記録している写真だということ!

ある意味、少なくない費用を投じて建造した水防施設が、こんなにも役に立つ、ということを人々に知らしめる効果を狙った感もなくはないものの、趣味的に見て興味深いシーンを記録してくれた当時の人には、感謝のほかありません。例によってディテールを堪能してみましょう。

218033.jpg
まずは扉体から。閉鎖された状態を見るのはもちろん初めてで、側壁に見える石材の積み方のパターンや、扉体の軸の形状などが観察できますが、目を引くのは扉体を開閉するラックでしょう。

弧状で細い割に長さがあり、自重でヘニョッといってしまわないか心配になるほどですね。扉体についた湛水線は、水がすでに引きつつあることを示しています。

218034.jpg
この仮設された排水ポンプと思しきものにも、大いに興味をそそられますね。棒材やトタン板、ムシロまで動員して、頑丈そうに小屋組みをしているところを見ると、すでに降雨時から準備されて、内水排除を続けていたのかもしれません。人々やムシロの影に隠れて、機械が見えないのがちょっと残念ですが、煙突の長さからボイラーは横型のようです。プーリーやベルトがちらっと見えることから、ポンプ自体は小屋の右手にあるようですね。

土浦再訪…1」でも説明板にあったとおり、ポンプが常設されたのは水門竣工よりだいぶ下って、昭和13年とのことでしたから、それ以前はこのように豪雨や出水のあるたび、ポンプを仮設して対処していたのでしょう。

218035.jpg
小屋を貫通して設けられた木樋は左手、葉書「其二」の石垣護岸まで導かれ、水面近くまで伸ばした先から水を勢いよく吐き出しています。水流に手を突っ込んでいる子供がいたりして、何とも微笑ましいですね。

いや、それにとどまらず、水門やポンプの周囲が多くの見物人で賑わうさま、まるで縁日のようで楽しくなってきます。おそらく台風一過でホッとしたところで、晴れ渡って泥んこの道も乾いてきたことだしと、珍しいポンプ見物に繰り出したといったところでしょう。明治末の風俗の記録にもなっていて、一人一人の仕草や服装を拾ってゆくのも楽しいものです。

なお、二枚とも裏面には宛名・通信欄の仕切り線がなく、そのまま解釈すれば推定発行年代は明治33年~明治40年3月となりますが、印刷ミスであることも考えられ、この点は保留にしておきたいと思います。土浦市の水害や水防活動の記録をたどれれば、あるいは撮影年が判明するかもしれませんが。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 川口川閘門 霞ケ浦 絵葉書・古写真

川蒸気の屋根の上

215041.jpg現役時代の川蒸気船の姿を見たい一心で、絵葉書など古写真に求め始めてもうだいぶたちましたが、高所から俯瞰したもの‥‥すなわち最上甲板、屋根のディテールをしっかりとらえた写真は、現物が少ないのか、ごくわずかしか出会えていません。

今回はその中でも、出色(他にももっと素晴らしいものがあるのでしょうが、私的にね)のもの2点をご紹介し、あれこれ妄想を垂れ流してみたいと思います。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 川蒸気船 通運丸 銚子丸 土浦 利根川 絵葉書・古写真

走る通運丸、二題

通運丸の航行するシーンをとらえた絵葉書を、2枚選んでみました。いずれも遠景で、船単体のディテールを観察するには少し難がありますが、川蒸気が生き生きと躍動していたころの雰囲気を味わうには、十分過ぎる情報量が写し込まれています。

再現性の高いコロタイプならではの特徴を生かして、要所を拡大しディテールを愛でてみましょう。なお、煙突の白線が1本であることから、3隻とも通運丸船隊のどれかと判断しました。

215031.jpg
水郷趣味 大船小舟の往來
宛名・通信欄比率1:1、大正7年4月以降の発行。


おそらく常陸利根川北岸から、ポプラが点在する十六島を望んだ、フネブネのゆきかう川景色。帆船は見たかぎり9反帆で、微風を受けて右手、霞ヶ浦方へ上航していますが、船体が黒くつぶれており船種はわかりません。

絵柄の中心に据えられた通運丸は、外輪後端から派手に水しぶきを上げ、すでに結構な速度に達しているようです。撮影地が潮来だとすれば、桟橋を離れて間もない瞬間を撮ったのでしょう。これから鹿島の大船津へ向かうのでしょうか。拡大してみましょう。

215032.jpg
外輪カバーに書かれた船名の上にあるはずの、番号が判読できず個体を特定できないのがもどかしいところですが、威風堂々の航進ぶりがよい角度でとらえられていて、心躍るものが。船首尾から船体中心に向かって、凹んだ形にゆるく反った甲板のラインもよくわかります。

屋根上には3人の人影が見え、船首寄りの一人は長大な竿を持っているようです。離岸直後の撮影であれば、解䌫後にこの竿で桟橋を突いて、船首を沖へ向ける作業をしたことでしょう。煙突からの煙が全く出ていませんが、修正されたのか、それとも燃焼状態が極めてよいからでしょうか。

215033.jpg
潮來の風趣 北利根川より稻荷山公園を望む(敬文館發行)
宛名・通信欄比率1:1、大正7年4月以降の発行。


潮来の写真というと、水際に接して建つ大きな旅館を写したものが思い出されますが、これは背後の稲荷山(だとすれば、ですよ)の位置からして、それより西を撮ったものでしょうか。桟橋と水駅らしい建物を挟んで、外輪と暗車、2隻のタイプが異なる通運丸が写っているという、珍しいものです。

桟橋状には多くの人影が見られ、その左、軒下には俵らしい荷が山積みされて、人荷ともに集散が盛んなことが見て取れ、航路の賑わいが感じられてよいものですね。何しろ、左の外輪船ときたら‥‥。

215034.jpg
屋根の上に人があふれかえっている!

座っているのはまだましで、立っている人も結構いますね。船室横と後ろの回廊にも、大荷物をはみ出させているのが見え、中も恐らくぎゅう詰めなのが想像できます。和装でカンカン帽をかむった人が多いのも、時代を感じさせますね。

面白いのは、外輪より後ろに人が集中しているせいでしょう、船首の喫水がすっかり上がって、アップトリムになっていること。そういえば、船体も心なしか人の重みで、船尾が逆に反っているようにも見えます。お祭りでもあった後なのか、日常の光景だったのかはわかりませんが、川蒸気ファンとしては思わず目尻が下がるような、ほほえましい写真ではないですか。

215035.jpg
右の通運丸はもやった状態で、罐の火も落としているようですね。暗車だけに舷側がフラットなことから、外輪より幾分スマートな印象を受けます。船体が手前側に傾いており、屋根の上には解いた荷らしきものや人影が見えることから、荷役中なのかもしれません。

前後の船室とも、いくつかの窓が開いている様子から、落とし込み式の窓であることが見て取れます。機械室側面の開口部から、しゃがんで中をのぞき込んでいる人物は上半身裸に見えますが、火夫でしょうか。

人声に満ちた河港の賑わいと、外輪が水をかく音が聞こえてくるような写真。日時や船体の詳細は分からなくとも、この時代の雰囲気を無心に楽しめる佳さがあるように思えます。川蒸気が元気だったころの、水運時代の素敵な川景色! これからも出会えるといいなあ。

【2月14日追記】
書棚の整理がついて、本が引っ張り出せるようになったので追記させていただきます。
2枚目の絵葉書「潮來の風趣‥‥」ですが、月刊「世界の艦船」の読者なら、「あっ、これ見たことあるぞ!」とお気づきになったことと思います。同誌第629集(2004年8月号)の51ページに、「珍しいツーショット発掘、潮来河岸の外輪船とスクリュー船」(所蔵:迫口充久氏)と題して、同じ原版から起こしたと思しき絵葉書が掲載されていたからです。以下、興味深い部分を抜き書きしてみましょう。

同記事のキャプションによれば、外輪船を「第七号通運丸」と断定しているのがまず印象的でした。ディテールの分析など、特に理由に触れていないということは、写真で判読できたということに他なりません。私の手持ちの絵葉書と違い、印刷が鮮明だったのでしょう。

また、北利根川(常陸利根川)が拡幅前であること、服装や河岸の様子から、撮影が明治末から大正初期と推定されることにきちんと言及しているあたり、さすが「世界の艦船」。文末ではさらなる分析を読者に向けて呼びかけていましたが、早くも第635集(2004年12月号)の読者交歓室欄で、長崎県の西口公章氏から投稿があったのです。

西口氏は「水郷汽船史」や各年代の「船名録」、「石川島重工108年史」、「船舶史稿 第17巻」を参考資料に、右にもやう暗車船を「第二十五号通運丸」か、「第二十六号通運丸」と推定され、また両船が内国通運より東京湾汽船に移籍した年代などから、写真の撮影年を、明治20年から22年の約3年の間であろうと絞り込まれていました(『川の上の近代』によれば、両船の移籍は明治24年より)。

西口氏の分析が正しいとすれば、裏面から推定される絵葉書の発行年代と、少なくとも30年近い隔たりがあることになります。同じ版を使った絵葉書が、信じられないほどのロングセラーとして重版をかけつつ販売されていたのか、それとも何かのきっかけで、昔の風景に商品価値が出てリバイバルされたのかはわかりませんが、この時代の絵葉書が決して近い過去ばかりを写した存在ではないことに、注意をしておく必要はあるかもしれません。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 川蒸気船 通運丸 常陸利根川 絵葉書・古写真 水郷

水雷艇の写真を眺めていたら…

絵葉書のアルバムを整理していたら、ずいぶん昔に入手した古写真が出てきました。もっともこれは絵葉書ではなく、銘入りの化粧台紙に貼った写真です。写真がまだ貴重だったころ、土産物店や写真館の販売用などとして、かつてはよく見られたやり方ではあります。

私は昔の海軍艦艇の中でも、特に水雷艇が大好きで、この写真も中央に5隻ずらりと並んだ、水雷艇の姿に惹かれて購入したものです。旧海軍でも明治期に多くの水雷艇が輸入または国内建造され、日清・日露の戦役で大いに活躍したことはご存知のとおり。

前甲板の顕著なタートルバックが特に魅力で、細身の船型とあいまって独特の雰囲気を醸し出し、旧海軍の一部では「鰹節艇」のあだ名で呼ばれたという話も、うなずけるものがあります。

215006.jpg
Torpedohafen. Arthur Renard, Kiel 1893 108×167㎜

さて、入手した当初は1893という年代と、「キール」の表記から、明治時代にドイツはキール軍港で撮影されたものであろう、というくらいの認識しかなかったのですが、今回改めて眺めてみて、いくつか気になったところが出てきたので、目の前の箱でわかる範囲で調べてみようと思ったのでした。何分ドイツ語やドイツ艦艇には縁遠いもので、間違っていたらごめんなさい。

まず、台紙枠右端のタイトル「Torpedohafen」。直訳すると「水雷港」になってしまいますが、これは「水雷艇基地」くらいの解釈でよいのでしょうか(今気づいたけれど、右下にツブれた小蠅が‥‥)。

写真左下に焼きこまれたキャプションは1892年、台紙のそれは1893年で1年の違いがありますが、これは撮影年と発行年と考えていいでしょう。どちらにもある銘、「Arthur Renard(アーサー・ルナール?)」が、撮影者の名前だろうと見当をつけて検索したら、幸いにしてすぐにらしいサイトがヒットしました。ありがたやインターネッツ。

Cay Jacob Arthur Renard Photograf Kiel Klinke 355

上記の人物紹介によると、フルネームはCay Jacob Arthur Renardで、生没年は1858~1934、写真と同じくキール出身。艦船を専門に撮っていた写真家だったようですね。詳しいところはその道の専門家にお任せしたいのですが、年代と出身地、被写体から、この写真はルナールさん撮影だ、と脳内で一人決めしたのでした。
とまあ、自分なりに納得がいったところで、改めて仔細に味わってみることに。

215007.jpg
メザシにもやう水雷艇群のアップ。こうした十羽一絡げな繋留法も、いかにも小艦艇といった雰囲気が横溢して、実によいものじゃないですか。

「鰹節」の名のもとになったタートルバックとともに、後の潜水艇みたいな密閉式の司令塔は、つねに波をかぶる水雷艇ならではの外観で、個人的に惹かれるポイント。左から2番目の艇は、後甲板の発射管を旋回させているのがわかります。4隻のマスト、それぞれヤードの形が違うのが気になりました。無電の導入前であれば、セマフォア(腕木信号器)とも思えたのですが、いかがでしょうか。

215008.jpg
水雷艇だけでなく、左奥にもやう大型艦も、これまた魅力的なディテールですね。何しろ並列4本煙突ときていて、兵装はうかがえませんが、パッと見旧清国海軍の「定遠」型甲鉄砲塔艦を、思い起こさせる外観です。そういえば「定遠」も、ドイツで建造されたのでしたね。

これも検索したら、ありがたいことに「ザクセン級装甲艦」(wikipediaより)がヒット。ファイティングトップ(?)とデリックを備えたマスト1本、4本並列煙突とくれば、まず間違いないでしょう。旧海軍の初代「扶桑」みたいな、甲鉄砲郭の角々に主砲を収めた艦だったんだ。いや~いいですねえ、この時代の鉄でよろったフネは。
‥‥さて、今回改めて眺めてみて、目線をひゅっと吸い寄せられたのが、右手前で絵柄が切れてしまっていたコレ!

215009.jpg
何だろうこの艇は。

外観から、小型の水雷艇のようですが、上部構造物が明るい色で塗装されているのが妙ですね。司令塔‥‥らしいぬめっとした突出部の手前、低いブルワークで囲った凹みがあるのは、砲座でしょうか。何よりキセル形ベンチレーターはあるのに、煙突が見えないのも違和感があります。たまたま撮影時に、外してあっただけかもしれませんが。

いずれにせよ、潜水艇一歩手前のような、極限まで上部構造物のかさを抑えたそのフォルムに、軍艦らしくなさ(!)を感じて目を引かれたのでした。魚雷導入より前、棒の先に爆薬を仕込んだ、いわゆる外装水雷を備えていたころの水雷艇は、敵艦に肉薄するため、極端に低いスタイルを要求されたと聞いていますから、そのたぐいの生き残りかもしれません。

ともあれ、水雷艇をはじめとした、この時代の軍艦艇には大いに惹かれるものがあり、あれこれ想像するのは楽しいものです。

また明治期の川蒸気船たちも、かようなフネブネと時を同じゅうして生まれ、彼らが引退した後も長きにわたり走り続けたことを考えると、軍艦艇と民間船の置かれた環境の違いもかいま見えて、改めて興味をそそられたことではありました。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 軍艦 水雷艇 絵葉書・古写真