水浜電車と涸沼川航路

前回の文末で触れたとおり、鉄道会社が運航した内水航路つながりということで、水浜電車(後の茨城交通水浜線)の連絡汽船について、ちょっと触れてみたいと思います。

思えば、那珂湊・大洗周辺は「那珂川にも走っていた川蒸気」、「大貫運河跡を訪ねて」、「勘十郎堀…1」でも紹介したように、内水航路史に関心がある向きには見逃せない土地柄でもあります。江戸以来の廻船航路の寄港地でもあり、河川物流の要衝でもあった当地が、かつて誇っていた実力を物語るように感じられて、大いに惹かれるものがありますね。

201055.jpg
水濱電車及連絡汽船
宛名・通信欄比率1:1、大正7年4月以降の発行。


この絵葉書を入手したのは、もうずいぶん前になります。写真自体は多く出回っていたようで、過去に何度か雑誌や本で目にしたことがあるため、「川舟である」こと以外は特に感じ入ることもなくファイルにしまって、長い間そのままになっていました。

下で改めて触れますが、船が浮いている川は涸沼~那珂川河口を流れる涸沼川で、電車が走る飯桁橋は、平戸~磯浜停留所間に架けられた橋梁です。

201056.jpg
船のみトリミングして拡大。船尾に機械室と操舵コンソールをまとめ、船首側を客室としたスタイルで、内燃機関と見て間違いないでしょう。船尾水面付近に舵頭が見えていますが、甲板上に舵柄がないことから、操舵索かギヤで連結した舵輪式のようです。

写真で見たかぎりでは行き足がなく、船上の人物もどことなく退屈しているような雰囲気なので、電車と船を一枚に収めたオフィシャルフォト撮影のため、電車が来るのを待っていたのかもしれません。下掲の「水濱電車」には、この一瞬後と思われる、電車がもっと近づいたカットが掲載されています。

201057.jpg水濱電車
―水戸から大洗・湊へ―
 
小野寺靖 著
並製本 226ページ
平成25年8月31日 第二刷


さて、この絵葉書をふたたび取り出してみたのは、この本と出合ってからです。高校教員をされていた著者の小野寺氏が、長年の成果をまとめられたいわば郷土史誌ですが、車輌から廃線跡ガイドまで情報量は豊富で、初版発行1年あまり(初版:24年1月20日)のうちに、重版がかけられたのもうなずけます。

連絡汽船についても相応のスペースが割かれており、ここでようやく、絵葉書の船の概要に触れることができたわけです。以下、気になったところを抜き書きさせていただきましょう。

水浜電車は大正11年12月28日、浜田~磯浜間の開通をもって開業したのですが、翌12年7月1日、水戸中心部に近い本一丁目~浜田間の延伸後、12月20日に平戸~湊(那珂湊)の間約2マイルに、涸沼川を活用した連絡汽船の運航を始めました。平戸はこの時点の終点である磯浜の一つ手前、涸沼川北岸に位置します。

汽船部門の規模は部員9名、機材が汽船3隻、曳船(客用艀のことか?)2隻で、「これらは湊汽船を買収したもの」だったそう。
なお平戸停留場から河畔の汽船発着場までは、約200m離れていたので、乗換の便をはかるため本線から分岐し、汽船乗場に直結した支線が造られました(Mapion地図でいうと発着場はこのあたり)。絵葉書にも写っている鉄道橋は、現涸沼橋の約120m上流に位置していたそうです。

また、「(平戸)発着場には、上流の涸沼に数ヵ所の発着場を持つ会社の汽船や、下流の湊町と結ぶ別会社の船も出入りし、涸沼と湊を結んでいた」ようだ、との記述もありました。
大正15年12月14日、磯浜から那珂川河口南岸に近い、祝町までの延伸区間が開通すると、連絡船はお役御免になり、3年余りの短い命を終えたそうです。

小野寺氏のご研究のおかげで、絵葉書の船のいわくは理解できたものの、すごく気になった下りが二つ!
「これらは湊汽船を買収したもの」
「発着場には、上流の涸沼に数ヵ所の発着場を持つ会社の汽船や、下流の湊町と結ぶ別会社の船も出入りし、涸沼と湊を結んでいた」

湊汽船って‥‥もしかして、「湊鉄道汽船部」のことかしら? あの、水戸~那珂湊航路を最後に運航していた?

那珂川にも走っていた川蒸気」ですでに触れましたが、念のため「常陽藝文」昭和60年8月号を開いてみると‥‥。
那珂川汽船から汽船事業を買収した湊鉄道(現在のひたちなか海浜鉄道湊線)は、大正12年、湊鉄道汽船部を廃止しています。これが那珂川における汽船定期航路の、実質的な終焉となったそう。

水浜電車の連絡汽船運航開始は、大正12年12月! これが本当だとすれば、那珂川の川蒸気の一部(おそらく運航要員も)が、ごっそり水浜電車へ移籍したことになるなあ‥‥。
湊鉄道と事前に協議して、部分開通前から譲渡の上汽船運航を企図していたのか、それともたまたま近場で入手できる出物があったので、泥縄式に汽船航路を仕立てることにしたのか。「水濱電車」にはそれ以上の記述はないのでわかりませんが、このタイミングの良さにはあれこれ妄想させられます。

もう一つ、平戸の発着場を他の船社、しかも複数の船社が利用していた件も、すんごく気になります。上流の涸沼行きはともかく、競合航路である下流域の便も発着していたというあたり、そんな賑わった時代があったのかと興味をそそられますが、本書の記述はこれだけです。機会があったら、また調べてみるとしましょう。
ちなみに「常陽藝文」の記事によれば、那珂川汽船が運航していた時代の涸沼航路は、明治36年に湊~大貫間運航開始、同43年廃止されたとのことです。

いや、しかし思った以上に面白いですね、那珂湊・大洗周辺の河川航路は! 豊かな内水が、小さな汽船たちで賑わったころを思うと、一枚の絵葉書から妄想もむくむく広がるものがあります。宿題も一つできたことだし、調べものがてら、また訪ねてみたいものです。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 絵葉書・古写真 涸沼川

「参宮丸」船隊? の面影を拾う

201054.jpg東京通運時代の河川航路図二題」で紹介した、鹿島参宮鉄道の汽船「参宮丸」の絵葉書を目にしてから、あっ、アレはもしかして‥‥と、思い当る件がいくつか出てきました。

以下はほんのメモ書きですが、以前掲げた絵葉書から再掲しつつ、備忘録としたいと思います。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 川蒸気船 絵葉書・古写真 霞ケ浦 土浦 横利根閘門 閘門

インクラインが写ってる!

ささやかな一件ですが、心覚えとして。今年の5月、阿賀野川を訪ねたのがきっかけで、鹿瀬ダムに舟航用インクラインがかつてあったことに気づいた件は、「鹿瀬ダムにインクラインがあった!」「道の駅「阿賀の里」に向かう」ですでに触れました。

大きな落差を持つダムに、舟航施設が備えられていたことを知っただけでも大興奮で、その後も折に触れては目ぼしい史料を当っているのですが、なかなかよいものに当たらず、ため息をつく日々。何枚か絵葉書を手に入れたものの、そのものズバリというものが見つかりません。

197017.jpg
新潟縣阿賀野川 東信電氣鹿瀬發電所堰堤
宛名・通信欄比率1:1、大正7年4月以降の発行。切手欄に「OK Oriental Photo Paper's」の銘あり。

昨日、まとめて入手した数枚を、ルーペ片手に改めて眺めていました。上に掲げたのはその一枚、ゲート天端に万国旗らしいものが飾られ、右下の橋の上(スゴイところに造ったものです!)に人影がちらほら見えるところから、竣工直後の記念式典の光景でしょうか。

ゲートを全径間フレームに収めた、絵葉書にはもってこいの構図ですが、左下、黒くごちゃっとしているあたり、肝心なモノが写り込んでいたのにようやく気付いたのですから、何をかいわんやであります。トリミングしたのが下の写真!

197016.jpg
インクラインの線路が! 左の四角いのは、台車かしら?

上空から撮ったものを眺めたかぎりでは、ここは築堤っぽい土盛りをした区間のはず。やはりここから、放流しているゲートが見えたんだ!

あれこれと妄想していた、インクラインに乗った舟や筏からの視点と近い風景が眺められて、いやが上にも気持ちは盛り上がります。ゲートが吐き出す大瀑布と、放流の轟音を視界いっぱいに堪能しながら登る船頭や川並たち! 国内ではまれな、勇壮かつ豪快な舟航風景であったことを、ますます確信して一人感動するおっさんでありました。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 阿賀野川 鹿瀬ダム インクライン 絵葉書・古写真

鹿瀬ダムにインクラインがあった!

(『鹿瀬ダム拝見』のつづき)

193031.jpg鹿瀬ダムに興味がわいてきて、昔の絵葉書を物色していたところ、幸いイイ感じのもの数枚に出会うことができました。用紙、印刷の雰囲気とも似ていることから、セットものだったのかもしれません。ちなみに、宛名・通信欄比率は全て1:1です。

まず目に入ったのは、放水中のゲートをアップでとらえた一枚。今とは異なる、竣工当初のディテールがわかりますね。
巻上機室の上屋がなく、露天だったこと、扉体も現行のものと違って、裏側にもスキンプレート様の板が張られているようです。扉体を上下するチェーンの一つ一つまで、明瞭に写っていますね。遊覧船から見たかぎりでは、今のはワイヤーだったように見えましたが、更新時に造り替えられたのでしょうか。

穏やかに眺められたのはここまで、次を眺めた瞬間、狼狽(?)することになりました。

193032.jpg
えっ。 「インクライン機械室」!?

インクラインの単語を見て脊髄反射的に想像してしまうのは、もちろん舟航施設としてのそれ。
イヤイヤイヤ、インクラインといっても船を通すそれとは限るまい、単なる貨物用ケーブルカーかもしれないし。これは船頭をぬか喜びさせる甘い罠に違いない!

最終段らしい巨大なスパーギヤ、並列するブレーキドラムと思しき何か、手前に頭をのぞかせる原動機といった、らしいディテールを味わいながらも、後でがっかりさせられたらたまらんわいと、独りかたくなになっておりました。
が‥‥‥‥。

193033.jpg
あばばばばばばばばば(←周章狼狽するさまをひょうげん)
こっここれ舟航用インクラインじゃないの?!

前回、「このくらいの堤体高さだと、『閘門があれば、通船ができそうだな!』と、あらぬ方に妄想が及」んだやつがれでありましたが、現実は妄想の斜め上を行っていたことが判明、イヤもうたまげるやら嬉しいやら。30m超の水位差を克服し、通船させるダムが国内にあったなんて! この絵葉書を見るまで、全く存じませんでした、はい。

興奮も少しさめてから写真を検分すると、周囲に資材が散らかっているところから見て、建造中の様子を写したものと思われます。台車は写真のようにフラットなままだと、水没したとき舟の目標になるものがなく、位置決めしづらいでしょうし、強度的にも不安な感じがしますから、蹴上のそれのように、両脇にトラス構造を設けた姿が完成形と考えたのですが、いかがでしょうか。

さて、この台車が上り下りする、線路が敷かれた位置は、どのあたりだったのでしょうね。今回対岸に見えた、鹿瀬発電所の向こうか、現在第二発電所のある、西岸のどこかだったのか‥‥。ここでもう一枚を眺めてみたら、左の隅にそれらしきものが!

193034.jpg

193035.jpg西岸のこれ(⇒)だよね?

30m超を乗り越すとあって、最高点付近で東へ大きく屈曲した、結構な線路延長です。見たかぎりでは、蹴上や伏見のような複線でなく、単線のようですね。切通し区間には、細い跨線橋らしきものが2か所あり、下流側の船溜には、斜めに浮いている舟らしき姿も見えます。

この写真を目にすればいやでも、思い描かざるを得ません。20門のゲートが織りなす、人工の大瀑布の轟音を耳にし、間近に望みながら、「舟、山に登る」を体現するひととき! 

想像するだに身震いするような、素晴らしい舟航風景が展開されていたことでしょう! そして、このような巨大ダムが建設されてなお、無視しえなかった通船量が当時はあった、というあたりにも、胸を熱くしてしまうのです!

残念ながら、鹿瀬ダムのインクラインについて述べた資料を未見のため、諸元についてはわかりません。今はただただ、ここに大規模な舟航施設がかつてあった、それを写真で知り得たということがたまらなく嬉しく、とり急ぎ、垂れ流させていただいた次第です。

(28年5月28日撮影)

(『道の駅「阿賀の里」に向かう』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 阿賀野川 鹿瀬ダム インクライン 絵葉書・古写真

国府台に魅せられて

188010.jpg
あるときふと、「江戸川の国府台を、久しく見ていないなあ」と気づかされて、過去の写真をほじくり返してみました。

過去ログのころから、すでに何度か触れましたが、東京近郊では数少ない、緑したたる台地の崖線が流路に迫る、いわば水路の景勝地といってもよいところです。

青空の下、もくもくとした豊かな森を河水が洗うような、いかにも国府台といった写真があったはず‥‥と探してみると、見られそうなのは上に掲げた、21年6月7日撮影のもののほか、数枚くらい。足かけ7年前とは、ずいぶんご無沙汰してしまったものです。

写真を眺めていたら、水が温み、葉の色も鮮やかになる新緑の季節に、久しぶりに訪ねてみたくなりました。遠目には布団をかぶせたような、どこかふわりとした質感の緑のライン、大屈曲のアウトラインを走る堤防が、大地の裾に吸い込まれてゆく独特の風情に、変わりはないでしょうか。

188009.jpg
(市川名所)鴻之臺附近江戸川ノ清流(水月堂發行)
宛名・通信欄比率1:1、大正7年4月以降の発行

上の写真と近い角度から撮った絵葉書があったことを思い出して、アルバムをひっくり返してみました。すでに「利根川高瀬舟の写真四題」でも、国府台を題材にした昔の絵葉書を2点紹介しているので、併せてご覧ください。

端舟を曳いた高瀬舟が、順風を得て続々と遡上する光景! これがカラーだったら、満々と風をはらんだ白帆が、バックの緑に映えて、目に沁みるような美しさだったことと思います。当時の写真師にも、「絵になる風景」として認識されていたのでしょうね。また、仮に撮影が大正の半ばだったとして、江戸時代とさして変わらぬ舟航風景が展開されていたことにも、興味を大いにそそられるものがあります。

関東はともかく、目を全国に広げれば、平野で山を間近に見る、あるいはちょっとした高台が迫る可航河川というのは、多くないとはいえ、決して珍しいものではないでしょう。

それでも、国府台にどこか「別格」という感じがしてしまうのは、自艇の行動範囲内という身内びいきもありましょうが、ここが関東の大水運時代を支えた、メインライン中のメインラインであったことが大きいと思います。大型川船がひきもきらず上下し、白帆が絶えることのなかった大河だったからこそ、こういった絵葉書の題材として、たびたび取り上げられたのではないでしょうか。

船影濃かったかつてはもちろん、今なお水路の名勝であることは疑いのない国府台ですが、いにしえを思い起こさせるイメージがあると、興趣ますますそそられるものがあります。おりしも水ぬるむ季節、金町の取水塔とあわせて、河水洗う新緑の台地を久しぶりに訪ねてみたいものです。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 江戸川 利根川高瀬舟 絵葉書・古写真 国府台