秋の水郷三昧…20

(『秋の水郷三昧…19』のつづき)

198096.jpg
下るにつれて、川面に鴨の群れがちらほら見られるようになりました。もう水鳥が渡ってくる季節なのですね。

198097.jpg夕方の冷気が堪えるのでしょう、どの鴨さんも首をうずめ、むくむくと羽を膨らませておまんじゅうのよう。東京の川と違って、舟が近づいても飛んで逃げたりせず、間近で可愛らしい姿を堪能できるのが、トリ好きとしては嬉しいですね。

中高の古そうなコンクリート桁橋、万代橋が見えたあたりで、今度は白鳥を一羽発見! 先ほどの中洲の乗り場といい、白鳥によく出会う日ではあります。


198098.jpg
中洲にいたのと同じ、コブハクチョウのようです。こちらもまったく逃げるそぶりは見せず、ゆったりとマイペースで流している風情。餌付けはされているのかな?

こんな近くで、しかもちょうどこちらを振り向いてくれた瞬間が撮れて、これまた嬉しいものが。同乗のお客さんからも、歓声があがりました。小首をかしげたさまは愛らしいものの、一人ぼっちのせいかどこか寂しげにも見えます。

198099.jpgピントが合っていなくてごめんなさい。舟の転回地点、国道が渡る北辰橋の手前で、数羽のコブハクチョウに餌を与えている人が。人馴れした感じからして、やはり餌付けされていたのですね。

船頭さんによると、一人ぼっち君の方は気が弱いのか、いつも群れから離れて暮らしているとのことでした。小野川遊覧のアイドル的存在なのはいいですが、それを聞くと少々哀れではあります。
撮影地点のMapion地図

198100.jpg
帰路、すっかり陽の陰った川面を、哀愁を漂わせて泳ぐ一人ぼっち君。見たところ毛づやも良いので、栄養状態は悪くないものと思いますが、元気で暮らしてほしいものです。

楽しかった水郷三昧の一日は、暮れゆく小野川の川景色と水鳥たちという、風情のある風景で〆となりました。

(28年11月6日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 佐原 小野川 水郷

3月14日のトリさん…2

(『3月14日のトリさん…1』のつづき)

26071.jpg
柳橋近く、屋形船の屋根の上でおくつろぎ中の鴨さんを発見。

よほど居心地が良いのか、我が艇の通過にも動じる気配はなく、春の陽射しを独り占め。

26072.jpgお決まりの羽づくろい、ボリボリ…。体をくねらせて、気持ちが良さそうです。日当たり良好、邪魔者にも悩まされず、彼にとっては特等席なのでしょう。

しかし鴨たち、この神田川で何を食べて生きているんでしょう? 水鳥が増え始めたのは、神田川に魚が戻ってきたのと同時期と記憶していますから、やはり小魚なんかを獲っているのでしょうか。

26073.jpg汐浜運河の足場の上で、微動だにせず川面をみつめていたサギ君。動きの乏しさと風貌から、何やら老成した(?)雰囲気がかもし出されて、思索にふけっている老人のようでもあります。

これからは、「水辺の哲学者」とでも呼んであげましょうか。う~ん、誰かがすでに、そう呼んでいるような気がしてきた。我ながら月並みでありました。

26074.jpg汐浜運河から曙北運河に入り南下、越中島貨物線の橋をくぐって、ふと右側を見ると…おお、橋脚の基礎の上は、鴨さんたちの社交場でしたか。

不審船の闖入に驚いたようで、ぺったり座りをしていた鴨さんたちがいっせいに立ち上がり、ガアガアと警戒音を発して端っこへ逃げてゆきます。ゴメンナサイ…。

26075.jpg皆さん、午後のまどろみを破られたのが腹に据えかねたようで、鳴きながら次々と飛び去ってゆきました。すいませんすいません。

昨年訪ねた、北上運河や松島の鴨さんたちと違って、東京の彼らは人間嫌い。仮にエサを持っていたとしても、仲良くなるのは難しいかもしれません。
撮影地点のMapion地図


(22年3月14日撮影)

(この項いったんお休み、分水路続編につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 神田川 汐浜運河 曙北運河 水辺の鳥たち

3月14日のトリさん…1

(『新装「にっぽん丸」来航』のつづき)

26066.jpg工事中の横断幕を掲げた汐留川水門をくぐり、さて桜の咲き具合はどうかな、と浜離宮前水面へ様子見に。

暖かい日が続いたとは言え、まだ3月半ば。つぼみはふくらんではいるものの、花開くには至っていなかったのですが、我が木っ端ブネの乗り組みときたら…。
撮影地点のMapion地図

26067.jpg桜そっちのけで、ユリカモメの餌付けに夢中。

いや、先客の艇にユリカモメが群がっていたのと、たまたまビスケットをおやつとして持参していたということが重なり、積年の念願であった「艇からの餌付け」が、ようやくかなったというオソマツ。

26068.jpg
風に向かってホバリングしながら、ピュウピュウと鳴いてエサをねだるユリカモメ君たち、なかなかカッコイイ高等飛行ぶり。

前にも触れたように、他の水鳥を追い散らしてしまうほどの獰猛さを見せる、ハングリーな鳥ですが、小ぶりなクチバシとあいまって、可愛らしい顔をしており、目の後ろに斑点があるせいか、どこかスズメを思わせる可憐な雰囲気があります。

26069.jpg神田川に入っても、水面はユリカモメだらけ。艇の進入に驚いて、いっせいに翼をひらめかして飛び去るさまは、なかなか壮観。驚かせてごめんね。

秋葉原のやっちゃば(青果市場)が移転してからは、カラスもだいぶ減ったようですから、このあたりはユリカモメの天下かもしれません。

26070.jpg左衛門橋併設の電路橋の上で、日向ぼっこをしたり、羽づくろいをしたりと、思い思いにくつろぐユリカモメ君たち。留まっているときの彼らは、正しく風上を向いて立つので、可愛らしい上に風向もわかるという、まさに一石二鳥(?)の存在です。

トリさんたちの姿もっとを並べて、悦に入ってみたくなってきた…。というわけで、もう一回トリづくしにお付き合いいただきます。
撮影地点のMapion地図


(22年3月14日撮影)

(『3月14日のトリさん…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 汐留川水門 神田川 浜離宮 水辺の鳥たち

ユリカモメづくし

(『22年度川走り初め…6』のつづき)

23031.jpg寒い時期の水路行といえば、水鳥たちの可愛らしい姿を楽しめる季節でもあります。最近2回の航行時も、キンクロハジロ(通称『パトカー』)、オオバン、カルガモと、道々トリさんたちをスナップしたのですが、なぜかちゃんと撮れていたのは、ユリカモメばかりなり…。
というわけで、ユリカモメづくしと相成りました。

高浜運河のテラスで、手すりに並ぶユリカモメたち。おじさんとは顔なじみなのか、近寄っても逃げませんでした。

23032.jpg古川を出て、竹芝桟橋にぎりぎりまで近寄ってみると、縁石の向こうに隠れていたユリカモメたちが、いっせいにヒュルッと背伸びをして、警戒態勢。

キョトンとした顔が可愛らしいですね。



23033.jpg神田川で、ふとビルの屋上を見上げると、ここにもユリカモメがずらりと並んでおくつろぎ中。

ふくふくと羽をゆるめて、ボリボリ羽づくろいをするリラックスした姿、トリ好きにはタマランです(笑)。



23034.jpg
もっとも壮観だったのがこれ。
下流から勝鬨橋をくぐろうとしていたら、中央径間近く、時ならぬ鳥山が立っていました。

三浦にいたころは、魚の群来を追って鳥山が立っているのを、よく見かけたものですが、まさか隅田川で…。と、よく見たら、鳥たちは水面に群れてはいません。

23035.jpg近づいてみると、橋の上に立っている男性が、ユリカモメにエサを与えていたのでした!

白い翼をひらめかせて、乱舞する鳥たちの下を進みながら見上げる勝鬨橋! まるで映画の一シーンのようで、実に素敵な光景でした。ありがとう!



(3枚目のみ22年1月3日、その他は21年12月13日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 高浜運河 東京港 神田川 隅田川 水辺の鳥たち

5月3日のトリさん

6113.jpg5月3日の水路行で出会った、トリさんたちの姿を何枚か。
旧ブログからご覧いただいた方には、すでにバレているとは思いますが、鳥類全般に目がない私です…。

古川、金杉橋近くの釣船に寄り添うようにしてたたずんでいた、鴨さん夫婦。陽のささないこの川でも、エサの魚は豊富なのか、毛づやもよく元気そうです。


6114.jpg神田川、和泉橋船着場の隅で、平べったくつぶれて、もうすっかりリラックスした風情の鴨さん。いや~、トリさんの仕草の中で一番可愛らしいのは、やはりかような「ツブれ」に尽きるわいと、思わず目を細めてシャッターを切りました。

日光で温まった桟橋から、お腹にじわじわと温度が伝わって、さぞ気持ちがいいことでしょう。


6115.jpg水道橋分水路の終点、水道橋下流の開口部にある柱の裏側(『神田川分水路まつり…13』参照)では、これもふくらまってリラックスした、鳩さんを発見。眠たいのか、我々が近づいても微動だにせず、逃げる気配がありませんでした。

留まっているところは、一見巣のように見えますが、アイか何かの金具に、ゴミが絡み付いて太っただけのようです。


6116.jpgちょっと引いて眺めたところ。鳩の留まっている金具(らしい)の下、フェンダーがぶら下がっているのが見えます。ということは…割と頻繁に、恐らく点検のための通船があるのかもしれませんね。

ちなみに、夕方このあたりを通ると、よくコウモリが飛ぶ姿を見かけたので、もしや天井にプラ~ンとぶる下がっているのでは…と期待したのですが、残念ながらコウモリの姿はどこにも見られず、ちょっと肩透かしを喰らった気分でした。

6117.jpgこれはトリさんではありませんが、面白かったシーン。
飯田橋駅近くの、テナントビルの前を通ったときのこと。空き部屋らしい、窓枠が外された一室から、数匹のネコがヒョコヒョコと出現。うろんげな、しかも妙に力の入った目線で我が艇の監視を始め、可愛らしいやらおかしいやら!

きっと彼らにとって、目の前の川を船が通るなどということは、めったにないことなのでしょうね。(清掃船は、数日おきに通っているはずですが。)
同乗のD君は、大のネコ好きでもあるので、「ネコ屋敷発見!」と、色めき立っていたようです。

(21年5月3日撮影)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 古川 神田川 水道橋分水路 水辺の鳥たち