fc2ブログ

令和5年度上架整備…

306001.jpgまたも"フジツボの当たり年"か?」のつづきです。喫水線上まで上ってきたフジツボに怖気をふるって、ヤードへの上架をさっそく予約。"当たり年"とあって混雑しているとのことで、10月8日に順番が回ってきました。

スクラビスを犠牲にして清掃はしたものの、水面上に姿を見せた仇敵フジツボ賊の攻勢ぶりから、水線下はさぞえらいことになっているだろう‥‥と覚悟していたのですが、さて。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 砂町運河曳船清掃船

またも"フジツボの当たり年"か?

304001.jpg7月16日に出かけてからおよそ一月ぶり、8月12日は遅い時間に母港を訪れ、出港できないまでも、メンテだけでもしようと艇へ。

水線付近に目をやって、まあ愕然としましたよ。ピンボケで恐縮ですが写真のとおり、すでにフジツボみっちり! そんなに長期間放置したわけでもないのにと、泣きたくなりました。お隣のH艇長も、「今年も"当たり年"みたいですねえ‥‥」と、うんざり顔です。

304002.jpg
フジツボが我が艇を社交場にしているさまを目にして、冷静さを失っていたのでしょう。憤然と船底清掃ツール・スクラビスを組み立て、怒りの様相で水線下へ突っ込みました。スクラビスの注意書きには、海藻や稚貝の除去には適しているが、成長して硬くなった貝類は不適、とあったにもかかわらず‥‥。

結果はご覧のとおり。最前列の突起はフジツボの硬度に負け、ボロボロに崩れて見る影もなくなってしまいました。自業自得であります。でも、フジツボはある程度駆逐できたようだし、ヘッドだけ買い替えればよかろう、今度はハードな貝類除去にも適したブラシタイプ「グルーヴィーヘッド」にしようと、ボートサービスに注文したのでした。

しばらく経ってボートサービスの担当者氏から連絡が。何と、代理店いわく、スクラビスの製造元と長らく連絡がつかなくなっており、入荷が滞っているとのこと。

う~ん、当座はこれを自分なりに直して、使い続けるしかなさそうですねえ。人工芝でも貼ればブラシの代りになるかしら。スクラビスのメーカー、Scrubbis ABについてご存じの方、ご教示いただければ幸いです。

304003.jpg
何かと手塞がりで、次に艇を訪れたのはまたその1か月後、9月18日。前回、ひと月経たずにあのありさまだったのですから、この猛暑下でフジツボさんの当たり年、さらにひと月を経ればさぞ惨状を呈しているであろう‥‥と、覚悟を決めて見てみると、まあ、ノリがユラユラのモコモコに。

いやもう、半ばあきらめの境地とあって、なるべく水線付近を見ないようにして出港準備。ノリや貝どもが少しでもはがれることを願って、東雲運河での全速トライアルに望んだのであります。

304004.jpg

304005.jpg結果は意外なものでした。最高速度、何んと、46.3km/h‥‥25kt出たのです!

誤った扱いをしたとはいえ、スクラビスをボロボロにした甲斐があったというものですね。文字通り身を粉にして、不逞フジツボ賊をこの速度が出るまで排除してくれていたのでした。この絶大な効果を体験すると、なおさら入手難が惜しく思えてきます。どうか、廃業などされていませんように‥‥。

(令和5年8月12日・9月18日撮影)

(『9月18日のフネブネ…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 東雲運河

変貌した石神井川を眺めて

(『令和4年度川走り納め・石神井川…4』のつづき)

291065_01.jpg
15年ぶりに石神井川可航区間を再訪してみて、その変貌ぶりを目の当たりにし興味をそそられ、ざっとまとめておきたくなりました。何分手元に資料があるわけではないので、わかる範囲の備忘録的なものですが、お目汚しまで。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 石神井川

「Scrubbis」で船底清掃!

286061.jpg
船底に付着するノリや貝類が、木っ端ブネを養う身にとって悩みの種なのは、これまでもたびたびお話ししたとおり。付着物による抵抗と重さでスピードが出なくなり、燃料消費も悪化するしといいことがありません。繋留保管艇の宿命でもあります。

付着を防ぐ方法は、まめに動かして剥離を促すくらいしかなく、出航間隔が空けばてきめんに付着が進み、上架→船底清掃のお世話になってきたわけです。以前から、自分である程度の手入れができれば、上架のインターバルが延ばせるのに‥‥と思っていました。

よい道具はないかしらと、探すともなく鼻をきかせていたら、ようやく最近になって「Scrubbis」(読みは『スクラビス』でいいのかな?)なる船底清掃具があることに気づかされたわけです。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

荒天準備で…

286021.jpg
大型台風が近づいているということもあり、今朝は早起きして艇におもむき、荒天準備をしてきました。桟橋と艇を繋ぐもやいの一部を倍にし、オーニングのホックが外れても吹き飛んでどこかに行かないよう、ハンドレールにロープを渡し、押さえにしておきます。

夜来の雨で艇も桟橋もしっとりと濡れ、ランボードから水面に落ちる雫の音がピチョン、ピチョンと聞こえるほどの静けさ。水面も油を流したような、という形容がしっくりくるほどのぬるりとした、この時間帯独特の滑らかな質感。風情があっていいですね。早朝ならではの贅といっていいでしょう。

286022.jpg
日もだいぶ短くなり、艇に着いたときはまだ日の出前。顔なじみの廃煙突にも航空障害灯がともっていました。

台風が来るとあって湿度は高く、まったりとした空気の濃さを感じさせたものの、頬を撫でる微風は冷たくて清々しいものが。静けさに加えて、朝の運河らしい雰囲気を満喫できたのでした。

286023.jpg
5:45、日の出。雲は次第に切れてきて、青空がのぞくようになり、朝日が周りをオレンジ色に染めてゆきます。

予報では、朝も早いころから雨とのことでしたから、早起きして準備をしに来たのですが、今のところ小康状態を保っているようで何より。ゆっくりと余裕をもって作業、点検ができました。

286024.jpg
鴨さんも水鏡に姿を写しながら、日中とは違ったのんびりした風情で、逃げたりせずにスナップさせてくれました。朝日で顔をオレンジ色にほんのり染め、薄化粧をしているようですね。

286025.jpg
作業・点検を終えて戻ろうとしていたら、花壇の頭を垂れたヒマワリに、数羽の小鳥が飛来。スズメにしては色が薄いな‥‥と思ってよく見てみたら、カワラヒワ‥‥かな?

つがいが何組か留まっていたのですが、チョコチョコとしたしぐさが実に可愛らしく、早起きは三文の得だと、嬉しく眺めたのでした。


(令和4年9月18日撮影)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 水辺の鳥たち