fc2ブログ

業務船の三角旗

(『8月22日の水路風景…2』のつづき)

270010_3.jpg
清掃船をはじめ、遊覧船や屋形船といった不定期の客船、またアーバンランチのような定期便の客船など、都内の河川や運河を行きかう業務船たちに掲げられた、青地に赤三角の小旗が気になっていました。

先日こちらの記事で触れたように、五輪警備に関連するものと察しはつきましたが、検索してもやり方が悪いのか、それらしきものがヒットしないのです。

ここはその道のプロに相談した方がよかろうと、ご迷惑ながらおなじみZEN船長に伺ってみることに。さすが船長、交付元の団体のサイトをすぐに教えてくださいました。ありがとうございました!

東京2020オリンピック・パラリンピック期間中における自主航行ルール『2021 CRUISE RULES』 について」(2021 Port of Tokyo 航行安全推進プロジェクト事務局)

270010_2.jpg
都内の業務船の団体でつくる連合会といったところで、一昨年から活動をはじめ、オリンピック・パラリンピック期間中の自主航行ルールを定めたとのこと。

リストアップされているフネブネは、いずれも自粛水域を航行する頻度が高いもの。三角旗を掲げて、いわば「登録船」であることを明示しておけば、警備する側の海保、警察も負担が軽減されるということでしょう。

ささやかな点ではありますが、これも警備陣やブルーインパルスと同様、五輪会期中でなければ目にできない、いうなれば一生に一度(!)の水路風景の一つであります。華やかなことどもの陰で目立たない件ながら、水路徘徊者として、記憶にとどめておきたいものの一つに違いありません。


(令和3年8月22日撮影)

(『8月22日の水路風景…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 清掃船 隅田川 東京港

初めてのお裁縫

(『11月15日のフネブネ』のつづき)

258036.jpg
私の艇は繋留保管時、フロントグラスからモーターウェル(船外機の取り付く凹部)手前まで、すっぽりとキャンバスオーニングで覆うようになっています。アクリルやゴム製など紫外線に弱い部分を保護するためと、ハッチの一部に水密がいま一つのところがあって、降雨時に浸水を防ぐ目的もあります。

帰港して船外機の真水通しと掃除が終わったら、たたんでおいたオーニングを少しづつ広げながら、ホックをバチンバチンとはめて(冬はかじかんだ指が痛くなり、少々ツラい作業です)覆ってやるわけですが、それでお終いというわけではありません。乗れなかった日にちの分だけ、砂塵がたっぷりと付着しているので、オーニングを洗ってやるのです。

余裕があるときは、水を注ぎながら柔らかめのブラシをかけてやり、急いでいるときはざっと水で流すだけでも、次に来てオーニングを外すときのホコリっぽさがずいぶん違い、出港前作業の快適さにつながりますからね。

オーニングを洗うもう一つの理由は、劣化を少しでも防ぐということ。防水加工してあるとはいえ所詮は布、縫い目や縁の折り返しなど汚れがたまりやすい部分から、どうしても傷んでくるからです。いわゆる「糸ぐされ」が進行してきて、だんだんバラバラになってきてしまうのでした。

258037.jpg
現在のオーニングは2代目で、艇を迎えたときについてきたオーニングは、数年で使用に堪えない状態に。いうまでもなく、手入れを怠ったからです。その経験から、艇を覆った後できるかぎり水洗いをするようになり、おかげでずいぶん長持ちはさせられたのですが‥‥。

それでも容赦なく劣化は進行し、中央のポールを立てる穴の補強(上の写真)など、特に力のかかる部分だからでしょう、糸が抜けてパカンとはがれ、ご覧のありさまに。

むう、また交換する時期が来たか‥‥と考えたものの、せっかく大事にしてここまで寿命を延ばしたのですから、自分でできることはしてやりたいもの。

そうだ! ヨットのセールを補修するための、裁縫道具がマリンサービスのショップに売っているに違いない! と思い立ち、帰港後にさっそくショップを訪ねてみることに。

258038.jpg
ショップでスタッフに用途を話すと、「ありますよ」と嬉しい反応。セール用のぶっとい縫い針一本と、これまた太く丈夫そうな、オーニングと同色の糸を引き出しから探してくれました。

普段はお裁縫など、外れたボタン付けくらいしか経験のないところへ、分厚いキャンバスを相手にするわけですから、不安がないわけではありませんでしたが、老眼には厳しい針の頭への糸通しに何とか成功すると、ええいままよとばかりに、糸の抜けてしまった縫い目へブスリ、とひと針目を刺していました。

258039.jpg
オーニング相手は初めてとあって、とりあえずやりやすそうな端っこからいこうと、裏打ちが外れたところを試しに30㎝ばかり縫ってみましたが、まあ、針を通すだけでひと苦労。

裏打ちとキャンバス2枚とくれば当然でしょうが、刺さった針の頭ををデッキにぎゅうぎゅう押し付け、半ばまで出てきたら今度は針をペンチで引っこ抜きと、結構な力仕事です。わずか30㎝に、小一時間も悪戦苦闘していたでしょうか。しかも2回指を刺してしまい、「イテテ!」と悲鳴を上げたというおまけつき。

仕上がりは‥‥ええ‥‥上の写真のごとく、まことにお恥ずかしいていたらく。ま、まあ、このままバラけてしまうのを座して待つよりはマシと、自分を慰めています。

ともあれ、よい経験になりました。指の怪我には懲りたので、針の抜き差しをより容易に、安全にできるような道具も工夫しなきゃと、別のベクトルでやる気も起きてきたほど。乗るたびにわずかづつでも針を運んで、少しでもオーニングの延命を図りたいものです。

(令和2年11月15日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

弥彦山のりもの三昧

(『新川河口の謎通船施設…3』のつづき)


256076.jpg大河津を離れた後は、弥彦神社の参拝を兼ねて弥彦山を訪ねました。水路とは関係ないのですが、乗り物に興味深いものがあったので、新潟行きの項の最後にまとめさせていただきます。

右の写真は、大河津分水旧可動堰越し望んだ弥彦山。陽が差した東側の山腹に雲がかかり、一種神々しいような眺めでした。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 弥彦山 クライミングカー パノラマタワー

晴れた日の水路がただ見たくて

255061_1.jpg
水路徘徊そのものはもちろん、出かけた日をあれこれ思い出して、写真とともにつづってゆくのは楽しいことなのですが、選んで並べてゆく写真がひたすら鉛色の曇り空だと、さすがにちょっと気が滅入ってくるものです(も似たようなことを書いたよなあ‥‥)。

過去の写真で恐縮ですが、ブログと気分を少しでも明るくしたくなって、抜けるような晴天の下で眺めた水路を一枚、貼らせていただきましょう。京浜運河から望んだ、鶴見つばさ橋です。次のお出かけは、まばゆさに目を細めるような晴天でありますように。

(平成31年4月13日撮影)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 京浜運河

開田橋閘門を訪ねて…0

243001_01.jpg

こちらですでに触れましたが、11月23日は福井県の北潟湖にある、開田橋(かいでんばし)閘門を訪ねてきました。その存在に気づかされたのは、本当に偶然の産物で、何気ないGoogleマップ上での内水徘徊によるものでした。

まあ、Googleマップで考古学上の発見すらなされる時代、いち加齢者が未知の閘門を“発見”する(元からそこにあるのですから、これもおこがましい話ではあります)くらい、何の不思議もないといえばそうであります。まずはそのそもそもから、訪問を決めるまでのお話です。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 北潟湖 閘門