FC2ブログ

4月29日のフネブネ…1

250001.jpg
4月29日、軽く近場めぐりをした際に出会ったフネブネを。まずはいつも前を通る、都建設局は潮見分室の船溜をスナップ。

プッシャー+バージのゴミ運搬船「すみだ1号」、手作業船「河清機第26号」が憩う姿。平成19年の記事、過去ログ「河川清掃船たち」と見くらべると、「河清機第26号」は船首側の甲板室にもフロントグラス+ハードトップが追加装備されたのですね。

250002.jpg運河の六叉流に出たところで、右後方、東雲北運河から都港湾局の監視船「いそしぎ」が出てきました。ちょっと遠いけれど、旧「ヒロタキ」の建屋をバックに1枚。

木村造船所で整備を終えて、定繋地に戻る途中でしょうか。きれいにしてもらったのでしょう、遠目にもサッパリした風情です。


250003.jpg
豊洲運河に入ったところで、白い曳船と行逢‥‥おお、押船「UTSUMI60」だ。昨年8月にもここで出くわしましたよね。ご縁があるなあ。ビシッと引き締まった感じの塗色とスタイル、何度見てもいいものです。

250004.jpg日本橋川を上航中、西河岸橋をくぐろうとしたあたりで、先行船がいることに気づきました。近づいてみると、コンベア清掃船です。

作業のお邪魔をしては悪いので、間隔を取ってそろそろと続航していたら、常盤橋の下流で取舵一杯(下写真)、おや、引き返すのかな?


250005.jpg
「建河清第1号」、基礎護岸ギリギリまで寄せて、くるくると器用な回頭ぶり。いや~、何度か目にしていますが、旋回半径の小ささには毎度驚かされますね。転回が終わって、河道右側が空いたところで、声をかけながら微速で通過。いつも本当にご苦労さまです。

(令和2年4月29日撮影)

(『4月29日のフネブネ…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 砂町運河 豊洲運河 日本橋川 高架下水路 清掃船 曳船

4月4日のフネブネ

(『ひたすら満開の桜…6』のつづき)

249031.jpg
4月4日に出会ったフネブネをまとめます。
大横川・平久川の変則十字流で、右手の大横川から飛び出してきた小型清掃船、通称“手上げ”。今年はさくらまつりがなかったので、この時期としては通船も少なく静かな川面でしたが、清掃船のパトロールは変わらず続けられているのですね。

249032.jpg大島川水門を出て隅田川に入った直後、観光汽船の「竜馬」と「道灌」が実にいいタイミングで離合。新川1丁目の堤防上に咲き誇る、桜並木をバックにものすることができました。

‥‥しかし、ここから見たかぎり、一人もお客さんが乗っていないような‥‥。時節柄仕方がありませんが、このお花見日和、何とも寂しい風景ではありました。この直後、4月8日より長期休航になってしまうとは。

249033.jpg
神田川では、仙台堀の区間で豆曳船「第36中島丸」と行逢。大きく避航していただいてありがとうございます。点々と浮かぶ桜の花弁が、航跡に美しい模様をつくっていて、春らしい素敵なシーンが撮れました。

249034.jpg
その少し後、ほぼ続航といってよい形で、警備艇「いそちどり」が登場。徐航している姿を正面からとらえると、滑走時の軽快な感じとは違った重々しさが。警察船艇はやっぱり、グレーが格好いいですねえ‥‥。

249035.jpgおなじみ墨田川造船、「3月15日のフネブネ…2」でも触れた建造中の巡視艇(巡視船かも?)「みかづき」の進捗を拝見。

おっ、本塗りに入ったようで、おなじみの塗色になりましたね。船名はマスキングされているのでしょう、白く塗りつぶされて見えなくなっていました。

(令和2年4月4日撮影)

(『竣工間近な常磐橋』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 平久川 隅田川 神田川 東雲北運河 清掃船 水上バス 曳船 警備艇 巡視艇

3月15日のフネブネ…2

(『3月15日のフネブネ…1』のつづき)

247056.jpg海王丸の船首側にメザシにもやっているのは、水産庁の漁業取締船「照洋丸」と同じく漁業調査船「開洋丸」、どちらもおなじみの顔ぶれ。

「開洋丸」トランサムのスリップウェイが魅力的で、出会うたびまじまじと眺めてしまいます。捕鯨母船を思わせるものがあるからでしょう。こちらはクジラでなく、トロール網を展開・揚収するためのものでしょうが、普通の船にはない装備はやはり魅力で、よいものですね。

247057.jpg
帰り道は、例によって東雲北運河へ。二つの造船所があるこの水路は、ご存じのとおり官船を中心に、ちょっと惹かれる船影に出会える確率が高いところ。さて本日は‥‥おっ、屋形とポンツン桟橋の間に、グレーの警察船艇らしいのがはさまっていますね!

247058.jpgハルナンバー視6、「たかお」でした。木村造船所に修繕にでも来たのでしょう。操舵室の上背があるので、潮位の高い日だと、くぐれない橋が出てきそうです。

先ほど見たら、建屋内の船台はいっぱいだったので、となりの屋形「第二あら川丸」と一緒に、順番待ちといったところでしょうか。


247059.jpg
さらに進んで、こちらもおなじみ墨田川造船。しばらく前から、建屋内の船台上で建造中の船がいて、通るたびに意識していました。

この日ようやく、トランサムに船名が書き込まれたのを発見。「みかづき」、語感からして巡視艇でしょうか。ホテルみたいな名前だなあ‥‥と、俗な感想が漏れたものです。グレーなのはきっと下塗りで、これから本塗装に入るのでしょうね。

247060.jpg
最後は船ではありませんが、この項の積み残しということで一つ。東雲運河の旧防波堤、ご存じのように天端に木を生い茂らせた(『東雲運河の旧貯木場…1』以下のシリーズ参照)風情のある姿で、石組みの法面護岸とあわせて、運河風景をまろやかなものにしていた、いわば立役者だったのですが‥‥。

この日帰路に通ってみたら、何と、結構な延長のある防波堤全体が剪定されていたのです! 向こうも見えない密林だったのが、スカスカの疎林レベルにまで。枝を刈りはらったどころか、幹もずいぶん切られたであろうと感じるくらい。

長年にわたり放置されていたのですから、今さら構造物の保護のため、とは考えづらいですね。オリンピックに関連して、会場に近いここに不審者が潜まないようにとか、警備上の理由なのではないでしょうか。

(令和2年3月15日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東京港 東雲北運河 東雲運河 警備艇 墨田川造船

3月15日のフネブネ…1

(『3月15日の臨港消防署』のつづき)

247051.jpg3月15日の道々で目にしたフネブネのスナップをば。朝潮運河の曳船溜からまいりましょう。

ここは曳船というより、押船仕様のゴツイ船首を持った船が多いのですが、割とノーマルな豆曳船もおります。その中の一隻「三十八東庄丸」。この船社の船は、黒の舷側色と赤い船底色で揃えているのが渋いですね。しかし、エンジンケーシングの左舷側面に、ニョッキリ排気管が突き出ているのは、どうも‥‥。乗っている人もツラそうです。

247052.jpg
同じ船溜で、対照的に軽快そうな塗装の「UTSUMI60」。この押船、「8月11日のフネブネ」で、豊洲運河で走っていたのに行逢したことがあります。スイング式の可動式操舵室をいっぱいに上げてバージを押しているところ、見てみたいものですね。

247053.jpg
朝潮運河から月島川に入ってすぐ、中川船舶の「七号千羽丸」とその向こう、舷を接してもやう「十七号千羽丸」。古典味あふれる外観ながら、ブルーの塗装が小粋ですね。

船首のタイヤフェンダーがまさに鈴なりで、よく見ると三重になっているところもありました。曳くだけでなく、台船の舷側を押したりする役割が多いことを思わせます。

247054.jpg

247055.jpg朝潮運河の南口を定繋地とするこれも顔なじみ、海洋大の練習船「汐路丸」(425総t)。

平甲板に、主な上部構造物は船橋周りだけ。こじんまりとまとまったバランスの良い外観と、美しく塗り上げられた舷側が落ち着いた魅力を醸し出していて、通るたびに惹かれる存在です。


(令和2年3月15日撮影)

(『3月15日のフネブネ…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 朝潮運河 月島川 曳船

3月15日の臨港消防署

(『3月15日の朝潮水門』のつづき)

247046.jpg朝潮水門を抜けて南下すれば、左手はおなじみの臨港消防署が見えてきます。

おや、主力船艇である「みやこどり」、「おおえど」ほかの姿が見えませんね。演習で近場の水域に出かけているのでしょうか。エリアが広く、桟橋も立派になった分、大型艇がいなくなると、かつてよりがらんとした印象を強く感じました。


247047.jpg
人影もなく、静かな桟橋にもやう各艇を眺めて。まずは「はるみ」。自艇から見れば、決して小さいなりではないのですが、桟橋が立派で厚みがあるため、ずいぶんこじんまりとして見えますね。

247048.jpg
「はるみ」の対面には「すみだ」。バックはみっちり選手村のマンション群、毎度のことながら、入居後は整備や暖機もはばかられそうな気がして、一人気をもんでしまうのです‥‥。

247049.jpg

247050.jpgこちらは小型艇2隻「しぶき」と「はやて」。江東など狭水路をパトロールしているときに出会いたくなるような、親しみのもてるサイズですよね。

ゆるゆると最微速で流したまま、朝潮運河を出て港内へ。取舵を切ると、桟橋に憩う「海王丸」が織りなす索具やマストが間近に見上げられ、ほれぼれと仰いだものでした。

(令和2年3月15日撮影)

(『3月15日のフネブネ…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 朝潮運河 消防艇