広島の水上バスが?

そうそう、一つコレハ! と思った一件があったのだった。忘れないうちにきちんとメモしておこう。ちなみに一人で気づいたのでなく、幣ブログでも「エスエスNANO1」ほか乗り組みでおなじみ、ZEN船長のご指摘によるものです。

208016.jpg
25年6月23日、ああ、初めて見る小型水上バスタイプの船がいるなあ、と何の気なしに撮ったこの船。「6月23日のフネブネ」で紹介しました。

白い船体は薄汚れ、窓ガラスはすすけ、船底塗料もはげちょろげて、見るからに長い間放置された様子です。

208017.jpg甲板室後部の側面、「勝どき」のロゴの下に「IZAKAYA CRUISER KACHIDOKI」と書かれており、帰宅してから検索はしてみたのですが、特にそれらしきものはヒットせず、正体はわからずじまい。

何分、道々に撮ったフネブネの一枚だったので、忘れてそのままになってしまいました。ZEN船長からご指摘があるまで、一度見た船影をすっかり忘れていたのですから、お恥ずかしい限りではありますが‥‥。で、4年ぶりに前歴が判明したのです!

208018.jpg
広島の水上バス、「スイスイ」!

ご指摘にアッと思って、全体のフォルムから窓配置まで、照らし合わせてみるとまさに同一船体。いや、さすがに早とちりかな? 少なくとも略同の、同じ図面から起こされた兄弟船には違いない! 21年7月5日、広島訪問時に何度も出会い、写真も数枚撮っていながら感づかないとは、おつむの老化ぶりに情けなくなります。

208019.jpg
以前、「水上バス『カワセミ』のこと」、「『クイーンリバー』時代の『カワセミ』の写真を‥‥」で、水辺ラインの「カワセミ」が、大阪で活躍していたのを回航され「里帰り」したこと、また回航時の写真を撮っていた方がおられたことを紹介しました。

写真の船が「スイスイ」だとすれば、それよりはるかに遠い広島から瀬戸内を通り、遠路はるばる回航されてきたことになります。こういった低舷側浅喫水の河用客船を、海上回航するには様々なご苦労があると思います、一度担当された方のお話をうかがってみたいものですね。

遠く瀬戸内から波涛を越えて、東京の川にやってきた「スイスイ」(かどうかはわかりませんが)。4年前に撮った様子では、せっかくの苦労も報われないような落魄ぶりでしたが、その後どうなったのでしょうか。どこか、よい落ち着き先があったことを、願わずにはいられません。

そうそう、「スイスイ」の履歴に触れたサイトがありました。「遊覧船すいすい(ピンク色)」(廣島ぶらり散歩)によると平成元年就航、22年7月引退とのこと。これが本当なら、引退後間もなく東京に回航されたことになります。他の水上バスや遊覧船についても、広島の川のことなら実に詳しく調べられているサイトです、ご一読をお勧めします。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 水上バス 旧江戸川 元安川

飛島木場のロータリーボート…2

(『飛島木場のロータリーボート…1』のつづき)

206132.jpgこれも先ほどの艇同様、Googleストリートビューを見ていて気付いたもの。第三貯木場、土堤道から北側の水面をよ~く見てみると、風化した原木の間に挟まれて、たゆたう船影が3つ!

発見した当初こそ色めき立ったものの、果たしてこれらは現役なのか否か? 今回の訪問で、ようやくその答えを確かめることができたのですが‥‥。
撮影地点のMapion地図

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : ロータリーボート 曳船 木場金岡埠頭貯木場 貯木場

飛島木場のロータリーボート…1

(『日光川水閘門…6』のつづき)

206131.jpg名四国道を離れ、国道302号・名古屋環状2号線を南下して、「飛島木場」交差点を右折、木場金岡埠頭・西部第三貯木場にやってきました。東京でいえば新木場ですが、木曽材の集散地として栄えた土地柄だけあって、規模はこちらのほうがずっと広大です。

第三貯木場を南北に分かつ土手道の東から、貯木場のポンドを眺めたところ。あまり使われていないのか、6年前に訪ねた新潟のそれとくらべて、少々荒廃した雰囲気が感じられましたが、原木の浮いた水面はよいものですね。

目指すお次の閘門は、もう少し南にあります。ここには以前から気になっていたモノがあって、ちょっとした寄り道といったところ。何が気になっていたかというと‥‥。
撮影地点のMapion地図

206127.jpg少し前になります。Googleストリートビューで、全国の貯木場をさまよって(?)いた時期があるのですが、ご当地を拝見していた際、さる銘木業者さんの構内に偶然見つけたコレ!

イヤ、武者震いがしましたですよ。現役か否かはさておき、コレがさも無造作に、ドスンと陸置きされていたのですから!


206128.jpg
ロータリーボートが!!
(※敷地外から撮影しています)

ストリートビューで見たかぎり、廃船らしい匂いがしたので、現役かどうか訪ねて確かめたかったのです。さて、現物を目の前にしてみて、「やはり‥‥」という感想しかありませんでした。部品取りか何かで保管されているにせよ、この船体は長らく使われていないようですね。

それでも、軍艦の衝角みたいに突き出した船首のガードフレーム、原木を押すギザギザのスパイク、カゴのような円錐台状のプロペラガード、船尾には放熱函を兼ねたフィンキールと、ロータリーボートならではの水線下ディテールがバッチリ眺められ、嬉しいの何の!

206129.jpg
船首部分をアップで。上部にスパイクのついた船首ガードフレームが、下端で衝角のように突き出しているのは、沈んだ原木に乗り上げないための備えでしょう。プロペラガードの中には、なぜかプロペラだけ外されたドライブが、軸を船首に向けているのが見えました。

206130.jpg
ブルワークが錆び崩れ、失せてしまったおかげで、キャブの基部が円筒になっていることがわかります。全周回転するドライブが、ここに収まっているのですね。しかしこの、妻板に救命浮環を掛けておくっていうの、どこか愛らしくて、チャームポイントですよねえ。

舷側がコルゲート状になっているのは、箱型断面の船体を補強することもあるでしょうが、原木にぶち当たることが常態だったのを考えると、フェンダーとして機能していたのかもしれません。

イヤもう、百聞は一見にしかず。もとい、ストリートビューでさんざん眺めていたから、百見は一実見にしかず、かな? 廃船とはいえ、実物の迫力は段違いで、興味は尽きませんでしたが、ご当地のロータリーボートはこれだけに留まりません! まだあるんです!

(29年5月3日撮影)

(『飛島木場のロータリーボート…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : ロータリーボート 曳船 木場金岡埠頭貯木場 貯木場

2月19日の川景色…3

(『2月19日の川景色…2』のつづき)

202051.jpg
警戒船の邪魔にならないよう、少し離れたところから見守っていると、工事区間を抜けた艇は針路を径間中央に取り、船首波を蹴立てて水門から出てきました。

おや? 巡視艇じゃないな‥‥塗装や装備が違いますね。漁業監視艇とか、官庁船のたぐいかしら。行き足を緩めずに、結構な速度でこちらに迫ってきます。勇壮なシーンではあるので、今度のタイトル画像にしてみよう‥‥。

202052.jpg
あっという間に正横まで近づいてきたので、一枚。船名は「あさひ」、甲板室側面には「東京税関」と大書きされていました。

なるほど、税関の監視艇だったのですね。今まで、間近に出会ったことはなかったような。普段はどこにもやっているのかしら。

202053.jpg
珍しくて立ち去り難かったので、似たような写真で恐縮ですが、追いすがってもう一枚。純白の船体がきれいですね。

検索してみると、愛好家の皆さんが、すでに多くの写真をアップしておられますね。どーるさんのブログ「写・撃・演・習・場♪」の、「監視艇『 あさひ』 ( 東京税関 )」によると、平成13年に新造、門司税関に配備され、25年4月から東京税関に移籍したとのこと。ピカピカで新しく見えますが、もうそこそこのベテランなのですね。

(29年2月19日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 砂町運河 新砂水門 税関監視艇

謎の木造帆船!

(『先代「しらせ」がいた!』のつづき)

200021.jpg
船橋航路を終端まで北上し、左手の水路へ。日の出埠頭と中央埠頭に挟まれたこの水路を奥までゆけば、お目当ての水門が右手に見えてくるはずです。

ほぼ正面に見える新港大橋をくぐって右に折れると、8年前に訪ねた真間川水門や、真間川(過去ログ『真間川水門』ほか参照)に出るんですよね。

200022.jpg新港大橋近くまできて、さて、水門見物に取りかかろうとしたところで、左手、砕石を積んだ岸壁に何やら帆船らしい船が!

逆光に目を細めて、シルエットを一見しただけでも、そんじょそこらの船ではない、ただならぬ香気を発散していることは一発でわかりました。スクーナーでも、ましてや大型和船でもないその姿、これは寄り道しなければウソでしょうと、興味津々で取舵一杯、最微速前進!

200023.jpg
うおお、コレハ! 二脚檣にアウトリガーときた! いかにも南方系の香りがする艤装に、まず目を奪われました。

何より、塗りのはげちょろげた船体、上部構造もことどとく陽と潮に焼けて白茶けたあたり、これは単なるレプリカなんてものではなく、長い航海を経た船でなければ見られない傷み方。万里の波濤を越えてやって来た、復元帆船に違いないと確信しました。

200024.jpg
さらに近寄ってディテールを観察。マストの基部‥‥和船なら「筒ばさみ」に相当するところは、厚手の部材に波模様のような、手の込んだ彫刻が施されています。

アウトリガーの腕木は、根元が直角に曲げられていて、ピンの抜き差しで角度を何段階かに調整できるようですね。舷側の手すり一本一本にも、彫刻が施されているのは、きっと伝統船型の忠実な復元なのでしょう。

200025.jpg船尾、舵の座周りにはやはり彫刻で飾られた上屋が。透かし彫りの一段と豪華なものですが、波をかぶったとき壊れてしまわないか、余計な心配をしてしまうほど繊細な感じです。

舷側からは舵櫂が下がっていました。これで操舵するのかしら、と思ってよく見てみると、船尾材の水面近くに舵頭がわずかに顔を出しているのを発見。主舵があるということは、舵櫂は横風帆走時にリーウェイを防ぐ、いわば副舵なのかもしれません。

さて、気になるこの船について検索したところ、船名は「スピリット・オブ・マジャパヒト」、インドネシアの伝統船型をなぞった復元船でした。やはり! 5月11日にジャカルタを出港、79日をかけて7月28日、船橋港に到着したのだそうです。

北へ日本へ 79日間ジャカルタ~東京 マジャパヒト号 アジアの大航海時代を再発見 (2016年08月26日)」(じゃかるた新聞

記事の写真を見てみると、追風帆走時の姿が素敵で、天地に帆桁を通した幅広の帆が珍しく、興味深く拝見したことではありました。3200浬におよぶ大航海、本当にお疲れさまでした!
撮影地点のMapion地図

(28年12月31日撮影)

(『船橋港の水門と水路めぐり…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 船橋港