fc2ブログ

6月13日の水門たち

(『6月13日のトリさん』のつづき)

267041.jpg雨降り続きで当然お出かけもできないので、いったん締めた6月13日の項を再開させていただきましょう。いずれもおなじみの顔ぶればかりですが、近況のスナップとしてご覧いただければ幸いです。

たい焼きが電気ショックでシビレている」絵柄、と妄想解釈して早や12年、変わらぬ姿を見せてくれる古川水門を少し引き気味な位置から。こちらは防潮堤の外側とてテラスはありませんが、かえって水門の存在感は強調されて、硬質ないい雰囲気です。

267042.jpg
運河畔の開発著しく、周辺は大いに賑わっている天王洲水門を構造側から見て。紺色の塗色はまだつやがありますし、梁に施された三角形の模様が効いていて、引き締まった美しさを感じさせるのですが、くぐってスキンプレートを振り返ってみると‥‥。

267043.jpg
継手の下端から昇ってきた錆が、何ともうらぶれた雰囲気で、少々哀れに思えるほど。絵柄の是非はともかく、地色がグレーということもあるのでしょうか、どこか間延びしたような感じがして、裏面とは対照的な風貌ですよね。

芝浦運河地帯周辺の水門て、日の出水門や目黒川水門みたいに、構造側に小さな絵がペイントされているとか(『日の出水門のウラ事情』参照)どこかバランスを欠いた謎の行動(?)がいくつか見られ、以前から気になっているのですが、天王洲水門も少しそのケがあるように感じられ、興味を引かれます。

267044.jpg曇り空の下、汐留のビル街をバックにうっそりと立つ、汐留川水門。巻上機室と扉体は数年前に更新(『27年度川走り納め…9』参照)されましたが、左に併設されたぬめっとした不思議な外観の、排水機場の配管ケーシングは以前のまま。

浜離宮前水面‥‥築地川、汐留川の排水を担う重要な施設ですから、おいそれといじるわけにはいかないのでしょうが、周囲の水門も更新が進む折柄、外見だけでも考えられていいころですね。

267045.jpg
数少ないスイングゲート、築地川水門。ローラーゲートなら頭上に仰ぐ扉体も、通航しつつ触れるくらい間近に感じられるのは、このタイプのいいところ。湛水線から上の塗色はまだ鮮やかで、光量の少ない曇天ながら、目に沁みるような快さがありました。
撮影地点のMapion地図

(令和3年6月13日撮影)

(『曳船の操舵席に吸い寄せられて』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 古川水門 天王洲水門 汐留川水門 築地川水門 芝浦運河 天王洲運河 汐留川 築地川

5月4日の中防水路・東側水門

(『5月4日の墨田川造船』のつづき)

265006.jpg
穏やかな日和だったので、沖に出てもつらくはあるまいと第三航路を南下、久しぶりにゲートブリッジへ。暖かくなってきたので、抜けるような青空というわけにはいかないものの、空気は割と澄んでいて、シャープなディテールが楽しめました。

265007.jpgここまで来たことだしと、中防水路の東側水門にも立ち寄ってみることに。前回、令和元年10月の訪問時は曇りだったので、陽射しの下で眺めてみたいと思ったのです。

右は中央防波堤の東の突端近くから、西を見たところ。埋め立て、盛り土した上に造成された海の森はこんもりとして、結構な高さのあることがわかります。江東区で最も標高が高い場所、といわれるのもうなずけますね。

265008.jpg

265009.jpgこちらもお久しぶりです、東側水門。まだ正式名称がわかっていないので、勝手にこう呼んでいるのですが。水門はやはり、好天下で眺めるのが一番ですね。

前回と特に変化はないものの、コンクリート生地の部分が少しくすんで、貫禄が出てきたかな? というくらい。正面から見ると締切堤の傾きで、水平があいまいになりそうな眺めもお変わりなく。

265010.jpg
陽の当たっている南側から見ると、よりメリハリがついていい感じに。前回と同じことをいって恐縮ながら、やはり目が行ってしまうのは「通行止」の電光掲示。

都管理の水門だと、水曜日など平日に作動点検を行うことが多いので、こちらも点検運転で扉体を開放することが、月に一度はあるに違いないでしょう。そのときを狙って、こうサッと瞬間的に出たり入ったりできないものか‥‥など、あらぬ方に妄想が及んでしまうのでありました。
撮影地点のMapion地図

(令和3年5月4日撮影)

(『5月4日のフネブネ』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東京ゲートブリッジ 東京港臨海大橋 中防水路 東側水門

11月15日の水門…3

(『11月15日の水門…2』のつづき)

258011.jpgちょっと戻って、隅田水門の補足。扉体の直前から見た径間が何とか撮れたので、お目汚しまで。

手前から水門の管理橋、都道449号新荒川堤防線の道路橋、東武伊勢崎線の鉄道橋、隠れていますがその向こうにも人道橋と、狭いところに橋が集中して、一種面白い景観ではありますよね。


258012.jpg
隅田水門の補足をも一つ。以前も紹介しましたが、下流側から少し引いて見ると、右手の隅田水門管理所の左側、堤防の角にも赤の単色信号が備えられているのがわかりますね。

定番の2灯式信号は巻上機室中央、表裏ともに設置されているのですが、どちらも橋があって見通しがよくないためでしょう、赤のみの灯器が上流に一つ、下流に二つと計3ヶ所も。補助の信号を備えた例はいくつか見られますが、一つ目が3つもあるのは珍しいのではないでしょうか。

258013.jpg大島川水門をくぐったら‥‥このブログでは、楽しくないことにはあまり触れたくないので、「えらい目にあった」に留めておきますが、大事に至らなかったのは幸運としかいいようがありませんでした。

さすがに扉体に隠された向こうでは、見張りを厳にしていても限界があります。どうか、舟航河川であることを忘れないでいただき、お互い気持ちよく川を利用したいものです。

258014.jpg
大横川から平久川に入り、平久水門を抜けようとしたところで、ちょうど向こうをカヤックのフリートが横切ってゆくさまを、のぞき見ることができました。

逆光でキラキラ輝く水面を、次々と現れては音もなくさらさらと滑ってゆくカヤック群。水門の径間を額縁にした絵を見るようで、まあ、実に風情のあるひとときでした。先ほどの災厄で少々荒みがちだった心が、洗われてゆくような気がしたものです。

258015.jpg
カヤックの通過を待ってスロットルをコツンと投入、最微速で平久水門をくぐって、正面から。この季節の穏やかな陽射しは、水門をいい表情にしてくれますよね。

右径間、長らく汚れたままですが、洗浄もままならない理由があるのでしょうか。街場の小水門の中では個性派ともいえる変則2径間、塗り替えまでいかなくとも、せめて最低限の体裁は整えてやっていただきたいものです。
撮影地点のMapion地図

(令和2年11月15日撮影)

(『11月15日の水路風景…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 旧綾瀬川 大横川 平久川 隅田水門 大島川水門 平久水門

11月15日の水門…2

(『11月15日の水門…1』のつづき)

258006.jpg遡上しながらの気楽なスナップで、しかも引き続きおなじみばかりで恐縮です。正横に中川水門が来たところで一枚。

ちょうど白く波が立っているところをとらえることができ、水位差による流速と緊張感が、遠目にも感じられる写真になりました。


258007.jpg
その少し上流、背割堤越しに頭をのぞかせた上平井水門も。

6月7日に訪ねたときは、手前の第3、第4径間が竣工済みで、第2径間はまだ桁が載ったばかり、第1径間は旧扉体が残されていましたが、見たところ第2径間は竣工も間近、第1径間も旧設備が取り外され、堰柱の補強工事に入ったようです。

258008.jpg2月9日にはすっぽり養生されていた隅田水門、工事は終わったようですね。

直前に橋のある水門といえば、真っ先に隅田水門が思い出されたものですが、今や大島川水門、月島川水門と後続が登場する時代に。テラスの架橋が進めば今後も増えそうですから、この手のはしりとして記憶される存在になるかもしれません。


258009.jpg
でまあ、橋があるので正面から全貌を拝むことができないため、くぐる直前に仰いでスナップするという、少々アレなことを通るたびに繰り返しているんですが、工事後の変化は‥‥。

‥‥えーと、大きく変わったところはありませんが、クリーム色の壁面が再塗装され、きれいになったのと、堰柱の手前と基部の天端が、補強されたのかコンクリート生地のような色になったことでしょうか。一昨年12月の写真と、くらべてみてください。

258010.jpg
この日は流速はさほどではありませんでしたが、見通しの悪さでは都内随一の水門とあって、長声必須で、行逢艇に注意しながらの進入であることは変わりなく。

下流側の表情を記録しておきたくて、何度かこうして一瞬振り返りながら頑張ってみたものの、鉄道橋や人道橋があるのに加え、流速や屈曲というハードルもあって、これくらい離れてようやく巻上機室が頭をのぞかせる程度。‥‥しかし、標識は橋の桁側面に掲げた方がいいような気がするのですが、いかがでしょうか‥‥。

(令和2年11月15日撮影)

(『11月15日の水門…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 中川水門 上平井水門 隅田水門 荒川 旧綾瀬川

11月15日の水門…1

258001.jpg11月15日は、朝からの快晴を得て上機嫌で近場回りへ。すでにおなじみの面々ばかりですが、今回は水門たちを先にまとめてみたいと思います。

しばらくご無沙汰していた新砂水門を通って、まずは荒川河口へ。交互通航を管制する警戒船の指示に従いながら、逆光に黒く沈む径間に軸線を定め、可動橋や扉体を愛でながら原速で通航。

258002.jpg
戸袋に収まった扉体、収納されているのが常態なので、褪色しにくいのが長所かもしれませんね。それでも新水門が竣工すれば撤去の運命とあって、少々くたびれてきた気も。

点検運転で閉鎖しているところは何度か目にしましたが、視点は西側からのみでしたので、このまま撤去まで過ごしてしまうということになれば、スキンプレートはついにまみえず終わりそう。ちょっと寂しくもあります。

258003.jpg
抜けた後に振り返って。まあ、本当に何度眺めたか、ブログ上でも幾度紹介したか分からないくらい、おなじみ過ぎる角度ですが、頭上が抜けた爽快な光景は、都内の水門では貴重なもの。

スイングゲートの朝潮水門も、隣接して橋ができた今となっては、ますます得難い水門風景となってきた感があります。

258004.jpg
荒川河口を横断し、新左近川水門にもご挨拶。ここも久々の接近で、中川河口下流から砂洲が舌状に伸びているのをすっかり忘れていて、東岸寄りに迂回せず直航コースを採ってしまいました。おかげで、魚探の感が数値を示さなくなるほどの浅瀬に突っ込み、ヒヤリとさせられるはめに。

水門は扉体に剥離や錆が点々と見られるものの、元気そうで何より。ただしその奥は、ご覧のとおり堆砂が進行し、すっかり浅くなって両岸に瀬が露出するほどに。繋留艇で賑わっていたマリーナも撤退し、水路はフェンスで閉鎖され、何とも寂しいものがありました。
埋め立てられてこそいないものの、ここももう、自艇で入って楽しむことはできないのです‥‥。

258005.jpg河口を離れて、荒川を遡上することにしました。穏やかな水面を快走しながら、ついでのようで恐縮ですが閘門様をスナップ。

この角度から見ると、前後扉室の高さの差がはっきりとわかって、いかにも閘門ここにあり、といった感じがして好きなのですよ。閘程とともに、堤防高に合わせた前扉室の役割も理解できて、実にいいアングルだと思っているのです。

(令和2年11月15日撮影)

(『11月15日の水門…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 新砂水門 新左近川水門 荒川ロックゲート 砂町運河 荒川 閘門