FC2ブログ

6月7日の岩淵水門

(『6月7日の旧岩淵水門』のつづき)

252046.jpg
転回して下流側へ向き直り、現岩淵水門とご対面。話には聞いていましたが、これまたずいぶんとマダラな‥‥。第3径間(右側)の扉体のみ塗り替え済み、第2径間は従来のまま下塗りが露出した痛々しい状態、第1径間は少々色褪せて、と三者三様。

252047.jpg歓声が聞こえてきたので、ふと水門右手の堤防に目を向けて一枚。美しい新緑の法面が目に快く、天端の堤防道は自転車に乗る人や、散策する人たちで賑わっていました。

狭い街場で育ったこともあり、子供時代、こういう広々とした「土手のある生活」に憧れていた面もあって、人の行き交う堤防を眺めていると、何かウキウキするような、楽しい気分にさせられるのでした。

252048.jpg
中央、第2径間をくぐりながらぐっと仰いでみたところ。2本の堰柱は耐震補強で、鋼板による巻き立てがなされたのは以前も拝見しましたが、引き締まった、より頼もしい感じがしますよね。

それだけに、丸窓を側面に配した、特徴あるデザインの巻上機室の壁面、老いが目立つようになってしまいました。ここは堰柱とバランスを取って、エポキシ塗装でもしてあげたいところです。

252049.jpg
‥‥そんなことを考えながら、くぐって振り返ったところ‥‥えっ、巻上機室に補修の痕が! やはり相当くたびれてるんですねえ(実は、前回訪問時すでにこうなっていたのですが、今回ようやく気づいた!)。予算なのか、他の理由があるのかは知りませんが、いっぺんに補修工事をするのは難しいのでしょうか。

252050.jpg
少し距離を取って下流側から。首都を貫流する都大路・大川、その流頭部を護るかなめの水門だけに、機能のみならず、体裁にも気を配ってやっていただきたいものです。

何分豪雨の後とあって、河水は泥色に濁り、浮流物も少なくありません。予定している石神井川への進入、この分では大丈夫かしらと、若干不安になりましたが、まずは衝突してステムを傷つけないよう、慎重に下航してゆきましょう。
撮影地点のMapion地図

(令和2年6月7日撮影)

(『6月7日の隅田川…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 岩淵水門 隅田川

6月7日の旧岩淵水門

(『6月7日の荒川、ほんの少し』のつづき)

252041.jpg岩淵に到着、荒川・隅田川の分流点から少し上流へ上がり、転回して旧岩淵水門に久しぶりのご挨拶。

緊急事態宣言解除から間がないとあって、水際には多くの人が見られ、結構な賑わい。水門に寄せようと岸に近づくと、バーベキューでもしているのかいい匂いが。穏やかな好天も手伝って、久しぶりの開放感を楽しまれたことでしょう。

252042.jpg
しかし、こうも水際に人出があると、あまり水門に近づくのもはばかられそう。というわけで、ソーシャルディスタンス(でもなんでもない)を取っての逢瀬となりました。光線もいま一つなので、扉体の継ぎ手などディテールもつぶれ気味でしたが、鮮やかな赤の扉体は健在です。

252043.jpg

252044.jpg裏側に回ってみようと、分流点へ。旧岩淵水門の管理橋で渡る“島”は、水際が石組の法面で降りやすいとあって、まあたくさんの釣り人さんが。意外と沖まで投じられている釣り糸を巻き込まないように、慎重にまいりましょう。

ご存知のとおり、現岩淵水門を造った際、現地保存された旧水門に負担がかからないよう、堤防の一部を切断して、新たな分流点・通船路としたのです。

魚探の感へ目を落とすと、切断箇所に入って間もなく、水深がぐっと上がって、再びゆるやかに下がってゆくのを見ることができました。かつてここに堤防があったことを、感じさせる河底地形(?)であります。


252045.jpg
裏側‥‥いや、下流側といった方がいいかしら。こちらは扉体が隠れるので、絵的には地味になりますが、扉体の構造やコンクリートの継ぎ目など、ディテールはくっきり。戦前の大形水門らしい風格が堪能できます。

現岩淵水門も、耐震補強や塗り替えなど工事があったと聞いています。そちらの変化も記録しつつ、隅田川を流頭部から下ってゆきましょう。
撮影地点のMapion地図

(令和2年6月7日撮影)

(『6月7日の岩淵水門』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 旧岩淵水門 荒川 隅田川

6月7日の上平井水門

(『緊迫の激流水門二題!』のつづき)

252021.jpg
道々のスナップに戻りましょう。中川水門を脱出して、取舵を切れば視界いっぱいに広がるのが、更新工事中の上平井水門の姿。今年2月9日以来です。

第3・第4径間からは足場や横断幕がすっかり失せ、竣工したのがわかりました。第2径間の工事は続いているものの、巻上機室の桁が載せられ、第1径間は旧巻上機室が撤去されと、進捗著しいさまが見て取れます。

252022.jpg
スロットルを少し押して前進、第3径間を通って遡上することに。

更新後の配色、グレー系の面積が大部分となって、ずいぶん淡いものになりましたね。上平井水門というと、マルーンの太い箱桁が目立って、都内の水門では珍しく暖色系が多かった印象があるものですから、ちょっと物足りないような‥‥。

252023.jpg
他の径間の工事の際も見かけて、おなじみとなった角落し(?)。ピラミッドのように、下に行くにつれて幅を持たせたコレの量感はやはり強烈。堰柱の前後に戸溝を切っていないこともあるのでしょうが、都内の水門としては珍しい工法となっています。

252024.jpg
第3径間をくぐりざま仰いで。可航区間の水門では、都内最大の幅を誇るだけあって、広大な扉体は圧倒的です。高潮遡上の防御を担う第一線、頭上にのしかかる質量がまことに頼もしい感じ。

252025.jpgくぐればこれもおなじみ、かつしかハープ橋が主塔から翼を広げる艶姿が。

橋脚の奥に延びゆく、背割堤の緑の法面が陽を浴びて輝くさまもきれいで、これから進んでゆくのを楽しみにさせる光景であります。綾瀬川では何が見られるでしょうか、道々拾ってゆくとしましょう。

(令和2年6月7日撮影)

(『6月7日の綾瀬川…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 中川 上平井水門

緊迫の激流水門二題!

(『6月7日の砂町南運河』のつづき)

252011.jpg道々をのんびり記録しながら進めていこうと思っていたのですが、こらえ性がないので、やっぱり先にやらせていただきますね。

荒川を遡上し、中川水門→中川・綾瀬川→綾瀬水門のルートで再び荒川に戻ったのですが、望の大潮の翌日の日中とて、大干潮時による影響は目を見張るものがありました。過去にも何度か軽く触れましたが、そんな折の“緊迫の水門通航”を下手な写真なりにご覧に入れたく思います。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 中川水門 綾瀬水門 荒川 中川 綾瀬川

3月15日の朝潮水門

(『3月15日の新月島川』のつづき)

247041.jpgふたたび朝潮運河へ出て右へ、朝潮水門を通って港内へ出るとしましょう。環状状2号線の延長部、黎明大橋が架けられてからの光景はすでに何度か触れていますが、桁下高が割と低く幅員もあるため、水門はまるでトンネルの向こうにあるよう。

写真には写っていませんが、水門の状態を示す電光掲示板は桁側面、各径間の信号は橋脚にもそれぞれ設けられて、見通しの悪さを補っています。

247042.jpg
桁下から水門の径間をのぞくと、頭上の抜けたスイングゲートの爽快さが強調されて、よいものですね。青空を白雲が流れる好天とあれば、なおさらです。

247043.jpgうまく撮れませんでしたが、オオバン君が木製フェンダーについたノリを、わが艇の通航に目もくれず、一心にきこしめしているのに惹かれた一枚。

首を傾げ、シャプシャプとしきり水音をたててクチバシを動かすしぐさが可愛らしいですね。オオバン君、母港の桟橋のフロートについたノリも掃除に来てくれるので、「おりこうだねえ!」とほめてあげています。


247044.jpg
通るたび似たような角度の写真で恐縮ですが、水門を抜けてから振り返って。

ほんの数年で橋が架かり、巨大なタワーマンションがにょきにょき林立する変化の激しさに、今さらながら、訪ねるたびタメ息が出そうな角度ではあります。

247045.jpg
朝潮小橋をくぐってから、しつこくもう一枚。両岸、コンクリート堤防の前に、石組みの法面が新設されているのがわかりますね。

消波効果が大きいので、通航艇としては増えてくれた方が助かりますが、聞いたところではこれ、耐震補強工事の一環なのだとか。見た目もよく護岸の耐波性も向上する、一石二鳥のやり方ではありますよね。
撮影地点のMapion地図

(令和2年3月15日撮影)

(『3月15日の臨港消防署』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 朝潮運河 朝潮水門