南前堀が!…2

(『南前堀が!…1』のつづき)

209021.jpg入ってまず、以前と様子が違ったのは、左手の護岸に繋留船がいたこと。がっしりしたハシゴと、護岸上にはなぜかパトランプまで備えられています。

水門は南前堀の軸線方向に対して、上流側(右)に振った形で斜めに設けられているので、スターンがかわるまで針路そのまま。直後面舵に切って、さて奥の様子をうかがってみると‥‥。


209022.jpg
橋脚に沿って設けられていた、不法繋留阻止のフェンスは取り去られ、水面はだいぶ広々とした印象に。護岸も新しくなったこともあり、以前より明るい感じになりましたね。

右手にはポンツン桟橋が新設され、すでに繋留船も見えます。近隣の水路でも徐々に進められていた、暫定繋留施設の整備がここにも及んだのでしょうか。

209023.jpg
さて針路を軸線に合わせ、久々の千本鳥居状態を堪能‥‥と思ったら、橋脚の内側にも何隻か繋留船が。以前は最奥部に集中していた地元の艇が、繋留施設の整備にともなって、こちらに移動してきたということでしょうか。

‥‥イヤそれはともかくですよ、あの2隻の間、すごく狭くないか? 左手は橋脚の内側にもやっており、右手も桟橋+2隻メザシ。う~ん。いったんニュートラルにして様子をうかがい、全フェンダーレッコー、ボートフック構えと、万全の態勢で前進微速!

209024.jpg
うわ狭いせまい手荒く狭いですわこりゃ
往路はとても余裕がなかったので、帰りに撮ったものですが、数あるすり抜けの中でも新記録かも。入っていきなり試練を突きつけるとは、イヤ、厳しいですなあ南前堀!

209025.jpg大急ぎでつけ加えておくと、往復とも繋留船に触れさせることもなく、無事すり抜けを完遂いたしましたです。公有水面(ですよね?)とはいえ、お他人様のお庭先、いち遊びブネがご迷惑をかけるようなことがあってはなりません。

右は最狭窄部を抜けて振り返ったところ。地元艇もここをバックで抜けるとなると、大変そうではありますね。
撮影地点のMapion地図

(29年8月13日撮影)

(『南前堀が!…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 南前堀 高架下水路

南前堀が!…1

(『8月13日の東電堀』のつづき)

209016.jpg京浜運河に入って一路南下、ガスミオ運河が西に接続する十字流、赤い桁の京和橋を望むところまで来ました。

この向こう、平和島運河の一部でもある干潟水路で澪筋をたどっていると、左舷前方上空から時ならぬタービン音が‥‥。旅客機とは違う挙動に思わず注視していると、おお!


209017.jpg
海上保安庁のシュペルピューマが! 頭上低く左旋回しながら、基地に降りてゆく迫力ある姿! 上手くとらえることができてニンマリ。

209018.jpg名物・羽田可動橋もご機嫌麗しく。雲が多い日だったので、暗く撮れてしまうものが多かった中、まれに陽が射して、このように清々しい川景色になるときも。

この間、道々見たものについてはひとまず置いておいて、相変わらずのこらえ性のなさから、本日の目的地について先にやらせていただきます。21年12月13日以来、実に8年ぶりの再訪となった水路、それは‥‥。


209019.jpg
都内最南端の高架下水路、南前堀! しばらく工事中で、中に入ったはいいものの、転回できなくて出られなくなったら大変と、進入を控えていたのです。

といっても、「南前堀は工事中?」でこわごわのぞき込んだのが3年前。もういいかげん竣工しているでしょうと、南前堀水門に近づいて奥をうかがうと、どうやら中も落ち着いた様子。では久々に、いってみましょうか!

209020.jpg
勢い込んだ書き方をしてはいますが、右手のテラスにはえらい人数の釣り人さんがおられましてね‥‥。神妙な面持ちで左に大回りしながら、針路径間中央へ。

おお、コンクリートの色も真新しい、立派な護岸が見えますね。ん? 左手、繋留船があるのか?
撮影地点のMapion地図

(29年8月13日撮影)

(『南前堀が!…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 京浜運河 海老取運河 南前堀 羽田可動橋 南前堀水門

8月13日の東電堀

(『8月13日の東雲水門…2』のつづき)

209011.jpg
東雲水門を出て、港内に向かってすぐ右手にある水路、東電堀に寄り道してみましょう。いや、今シレッと「東電堀」と書きましたが、認識したのは割と最近で、旧水上警察署発行の「東京都河川図」を見直してから。この水路を指した矢印付きで小さく「通称『東電堀』」とあったからです。

正式には東雲運河の一部なのでしょうが、かつて豊洲6丁目側に隣接していた、東電の火力発電所にちなんでの通称であることは理解できました。周囲は今やすっかり再開発し尽され、昔をしのぶよすがなど片鱗もないように見えます。どっこい、ほんの少しだけ残っていました。今までほとんど関心を払っていなかったので、お詫びがてらご挨拶しようと面舵。

209012.jpg上の写真のように、キレイに整備された芝生の法面をバックに、水際の桟橋だけが、忘れ去られたように放置されているのです。鋼材の脚にコンクリートスラブを載せた構造で、劣化したフェンダー、白い鋳鉄のビットが並ぶさまは、いかにも数十年の星霜を感じさせます。

入口からしばらくすると桟橋は終わり、ツライチのまま岸壁に移行。それも途切れると、少し凹んだ形で、下の写真のような岸壁が奥部まで続いて終わります。

209013.jpg
こちらは見たかぎり、入口近くの桟橋より世代が古そうですね。現状を紹介するにとどめますが、都の臨港線がここまで来ていたころや、艀荷役華やかなりし時代を想像させるものがあります。
撮影地点のMapion地図

209014.jpg

209015.jpgもう一つ間近で見ておきたかったのが、以前も触れた水陸両用バスのスロープ。「【速報】豊洲ぐるり公園、7/7(金)朝7時よりオープン!釣りが可能か調べてみた」(とよすと)によると、ちゃんと名前があり、「豊洲五丁目スロープ」とのこと。航路標識、吹き流しも備えられ、周囲はテラス化されて「豊洲ぐるり公園」の一部となっているそうです。

魚探の感をのぞいてみると、底状はおおむね平坦で、10:30の推算潮位A.P.+1.5mで、5mの水深がありました。さすが元艀船運河、これなら喫水の深い水陸両用バスも安心ですね。

(29年8月13日撮影)

(『南前堀が!…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東雲運河 東電堀

5月7日の川景色…4

(『5月7日の川景色…3』のつづき)

207016.jpg穏やかではあるものの、あいにく雲はますます厚くなってきました。豊洲新市場の建物を撮ってみましたが、外壁が白っぽいこともあり、せっかくのスマートな外観も冴えないことおびただしいものが。

桟橋も設けられているので、魚介運搬船の運用も続けられるであろうと見ていますが、どうなんでしょうか。続くとすれば、春海運河に新たな船影がお目見えすることになりますね。

207017.jpg豊洲の先端をかわし、東雲運河に入って、例によって飛ばしていると‥‥。
あっ!!
東雲水門のセクターゲートが!


いや、昨年9月10日にも見たように、この径間が閉鎖され、大規模な工事に入っていたことは知っていましたが、まさか径間ごと廃止・閉塞されてしまったとは!

207018.jpg
近づいて減速し、その見事な塗り込められっぷり(?)をしみじみ眺めて。操作室や信号はそのままで、径間のみきれいにコンクリートで埋められたさま、計画高水位に合わせた高さがあるだけに、何とも質量過剰というか、圧倒的な光景です。

思えば廃された水門を、過去にいくつか見てきましたが、これほどまでに豪快かつ徹底したやり方で、大規模なものは始めてです。しかもこれが、都内で見られるというのも凄いことのような。

207019.jpg
そして上流側の塗り込め具合も。まだ中には足場が組まれていて、工事が続いているようです。水路部分も完全に埋め立ててしまうのでしょうか。以前、工事中の様子を見たときに、角落しでなく、わざわざ外から鋼矢板で塞いでいることを、おかしいと気づくべきでしたわ‥‥。

まあ、水門をくぐった内水に、揚搭設備がなくなってすでに久しく、すぐ北には橋が控えていたとなれば、セクターゲートの役目はとうの昔に終わっていたといえば、そうですが‥‥。やはり水に浸かりっぱなしの扉体、しかも少数派タイプのゲートとあって、ローラーゲートにくらべて大きな維持費がかかるのでしょう。
撮影地点のMapion地図

207020.jpg
新砂水門と併せ、運河地帯の東西にセクターゲートが構えている、というのは、自分にとって何か象徴的に感じられ、いわくいいがたい嬉しさがあったものでした。ともあれ、昭和40年の竣工以来、お疲れさまでした。

撮影の方はカメラマンさんにお任せしていたので、自分の目についたものばかりになってしまいましたが、「銀座百点」の皆様にも大変お世話になりました。ありがとうございました! この日撮られた川景色の数々は、ぜひ「銀座百点」7月号のカラーページにてご覧ください。

(29年5月7日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 春海運河 東雲運河 東雲水門

5月7日の川景色…3

(『5月7日の川景色…2』のつづき)

207011.jpg
初見の閉鎖中というせっかくの機会ですので、築地川水門の裏側にもぐっと迫って。こちらは内水側なので、角落しも計画高水位を考えなくてよいからでしょう、扉体の上端がのぞけるくらいの高さです。

しかし、角落しが真っ赤に塗り上げられているあたり、閉鎖時の警戒色の必要性を感じさせて、赤水門原理主義者としてはうなずくばかり。

207012.jpg

207013.jpg環状線の工事に関連して、繋留船が一掃されたのは寂しいですが、南門橋を川面から眺めるにはかえって好都合かも。‥‥と、久しぶりに築地川に入ってみたら、フェンスが張られて最奥部は閉鎖されていました。

「銀座百点」にふさわしい、銀座に最も近い可航水路をカメラに収める目論見は潰えてしまいました。仕方なく反転離脱をはかり、浜離宮船着場の桟橋を横目で見ながら戻ります。

207014.jpg河道に張り出して設けられた桟道をアップで。築地市場の脇を通る、道路工事のためというより、築地大橋への資材搬入路といったところでしょうか。

この工事が終われば、フェンスが撤去されて、南門橋を拝めるようになるのかなあ‥‥。オリンピックの迫ったころに期待して、また訪ねてみるとしましょう。



207015.jpg
もう一度築地川水門に近寄ってカメラを構えていたら、またも水上バス! 今度も水辺ラインの「あじさい」です。右に避けるべきでしたが、水門に寄せてほぼ行き足はなかったので、不安を与えないよう、船首を左舷側に振って逢行する意志のないことを示しました。

しかし、汐留川水門を通って浜離宮前に出入りするということは、すなわち見通しの悪い狭水面での90°転舵が、二回もあることを意味するわけで‥‥。緑と石垣を背負って航進する水上バス、素敵な光景ではありますが、船長の気遣いは大変なものでしょう。ご苦労さまです。

(29年5月7日撮影)

(『5月7日の川景色…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 築地川水門 築地川 水上バス