4月20日の水路風景…3

(『4月20日の水路風景…2』のつづき)

205011.jpg
小名木川に入るとさすが平日、土運船をかたわらに従えて、浚渫船が作業の真っ最中でした。16日にも見た、「61号千羽丸」でしょうか。

205012.jpg
そして扇橋閘門。ああ、こんなに短いスパンで通航できて嬉しい! この日は前扉を上げて待ってくれていたので、水鏡に映るゲートと閘室を撮ることができました。閘室を出て、水位低下化水域に入ってみると‥‥。

205013.jpg
おお、先ほど砂町運河で出会った、「第八兄弟丸」が! 荒川経由で閘門様を通り、恐らく横十間川にバージを届けて、一隻での帰り道でしょう。塗装してまだ間がないのか、乾舷の青だけでなく、船底色も鮮やかです。

205014.jpgテラス工事が進む横十間川、首都高小松川線をくぐった北側で、コンクリートを打っているところを一枚。見たところ、まだ生っぽい感じですが、コンクリでなく砂を充填しているだけかな?

ここ、少し前まで艇庫(過去ログ『ちょっとお散歩…2』参照)があったんですけれど、撤去されて更地になったようですね。


205015.jpg水位低下化河川をひとめぐりし、再び隅田川へ戻ってきたところ。ちょうど大きな曳船が、曳いてきた台船を、小さな曳船にバトンタッチするシーンが見られました。

台船に積まれていたのは、長大な鋼管矢板。小名木川西半部の護岸工事に使う資材に、違いありません。上下航船が引きも切らない中、手際よく曳索を引き継ぐ技、見ていて気持ちのよいものでした。
撮影地点のMapion地図

(29年4月20日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 小名木川 横十間川 江東内部河川 水位低下化河川 扇橋閘門 閘門 曳船

4月20日の水路風景…2

(『4月20日の水路風景…1』のつづき)

205006.jpg
4月も後半に入ると、陽射しも強くなり顔がチリチリするほど。高架下水路の日影がありがたくなる、そんな季節の到来でもあります。

俎橋の下流あたりで、屈曲の向こうからヤマハSRVが出現。短声を軽く鳴らして面舵に当て、減速して待つ姿勢を示すと、あちらもすぐに気づいて行き足を落し、手を振りあって別れました。以心伝心、気持ちのよいことであります。

205007.jpg

205008.jpg分水路くぐりのご要望もあったので、全長が短く、潮位も問わない水道橋2号分水路へご案内。最近、ちゃんと銘板を撮っていなかったことに気づいて、進入しつつパシャパシャと何枚か。

内部は特に異状なく、静かな暗闇が広がる別世界。高架下の日影をありがたく感じた身も、洞内のひんやりとした冷気はさすがに肌寒く、初夏というにはまだ早いことを実感したものです。

205009.jpg神田川を下り、河口近くの船宿街に至って、屋形に憩うユリカモメの一群が目に留まりました。

頭の黒いのをなぜか、若鳥かヒナに近いものと誤解していたのですが、改めて調べてみると夏羽といって、繁殖期に換羽した模様だそう。何だか、昔の漫画の泥棒さんみたいで、これはこれで可愛らしいですね。



205010.jpg
河口の南側、湾岸署隅田川水上派出所の前では、テラスの基礎が竣工間近でした。

前進した護岸の外側に、繋船杭が新たに設けられ、従来の階段はすっかり削られて堤防とツライチになり、下流側に新たな階段が設けられと、工事は結構な手間だったようですね。テラスが完成したら、両国橋の下をくぐって歩けるようになるのかしら。
撮影地点のMapion地図

(29年4月20日撮影)

(『4月20日の水路風景…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 日本橋川 神田川 水道橋分水路 高架下水路 分水路 水辺の鳥たち

4月20日の水路風景…1

205001.jpg
4月20日、お手伝いで近場をめぐった折のスナップです。何度も触れたように、業務船の活躍する姿は、平日でなくては目にできないもの。お手伝いの合間を縫って、魅力的な船影や水路風景を拾うことができました。

205002.jpgまずは砂町運河で出会った船影2題。おなじみガット船(プッシャーバージ)が、荷を降ろし舷側を高々と上げ出港してゆく姿。船名は「雄大」それとも「大雄」? 鯨の頭のような船首が印象的で、スカイツリーも背景に入って、最近ではお気に入りの一枚となりました。

東航してきたのは、バージを懸命に曳く豆タグ、「第八兄弟丸」。バージの錆色と、曳船のきれいなブルーが対照的でした。

205003.jpg
曙北運河から左折、汐見運河に入ったところで、新イグアナクレーンが西に移動しているのを発見。さらにクレーンの直下には、黒いバージの姿が!

「新クレーンの稼働時に、初めて出くわしたか?」と、ハフハフするほどテンション急上昇。もっとも近づくにつれて、その気持ちは微妙に萎えたものに。なぜかというと‥‥。

205004.jpg
職員の皆さんの姿がどこにも見えず、バージの喫水もすっかり上がっていて、荷役が終わったのは明らかだったからです。

まあ、ここは新クレーン君の仕事の残り香だけでも、よしとしなければならないでしょう。手入れのよさそうな、黒々としたバージを前に、刷毛で刷いたような、さっとした筋雲を背負った新イグアナクレーン、どこか爽やかな表情です。

205005.jpg少し飛びますが、日本橋川はJR新常盤橋上流です。「2月19日の日本橋川…2」で触れた、架設中の新しい人道橋、スマートな箱桁が架かっていました。

あのハデハデな桁は、やはり仮設桁だったようです。しかし、こうして上流側から見ると、新常盤橋の動輪エンブレム、人道橋からバッチリ観察できそうですね。今まで船上からしか見られなかった物件だけに、ちょっとした土木観光スポットになるかもしれません。
撮影地点のMapion地図

(29年4月20日撮影)

(『4月20日の水路風景…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 砂町運河 汐見運河 日本橋川 高架下水路 イグアナクレーン 曳船

4月16日のさくらしべ降る水路…8

(『4月16日のさくらしべ降る水路…7』のつづき)

204036.jpg立花一丁目付近で、まだたくさんの花を残していた、見事な枝ぶりの一本を認めて。川面に枝をさしかけているわけではないものの、こうして沿岸の桜を愛でることができるのも、堤防が低められたおかげです。

風に吹かれてさらさらと飛んでくる花弁、静かな川面に音もなく舞い降りて浮かび、真新しいテラスで挟まれた狭水路を、風情あるものにしてくれました。



204037.jpg
東武亀戸線橋梁の手前で、しばし行き足を止めて、電車の通過を待つことに。幸いにも間なしに踏切の警報機が鳴りだして、2輌編成の短い電車が、ゴォッと姿を現わしました。

この前後、旧小原橋が撤去されたりして、いよいよテラスの工事が始まるのかしら? と思っていたら、S字屈曲のあたりで一息ついてしまい、今のところ手を着けた様子は見られません。最狭窄部とジャングル(?)区間、まだ少しは命永らえそうであります。

204038.jpg旧中川に出て南下すると、東岸はまだまだ「見られる」桜が何本かあって、ほぼ散ってしまった並木の中に、1本、また1本と咲き残りが。

そういった名残桜には、皆さん惹かれるものがあるのでしょう。決まって敷物を広げて憩う家族や、カップルの姿が見られて、いかにも春めいた、のどかなシーンを楽しむことができました。


204039.jpg

204040.jpg
というわけで、満開は逃したものの、好天もあいまって大いに楽しめました。午後に入って、予報どおり風も強くなったので、閘門様から内部河川を離脱、帰路につくことにしましょう。

真南の風が入ったとあって、通閘後に出た荒川はその名にたがわず大荒れ。頭からスプレーを浴びつつ、波頭を跳ね回る艇を抑えるのに骨を折りながらも、満足のていで下航したのでした。
撮影地点のMapion地図

(29年4月16日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 北十間川 旧中川 江東内部河川 水位低下化河川 荒川ロックゲート 閘門

4月16日のさくらしべ降る水路…7

(『4月16日のさくらしべ降る水路…6』のつづき)

204031.jpg

204032.jpgやってまいりました、スカイツリーの櫓下。お天気なので、も少し賑やかだと思ったのですが、両岸の人出は見たかぎりぱらぱらと、河上は観光船もおらずカヤックのフリート数隻のみ。

入ってすぐ左手、テラス上にささやかながら満開の桜が1本。小さくとも、フッと目線が吸い寄せられるのですから、その磁力というか、えもいわれぬオーラといいましょうか、ともかく不思議なものです。

204033.jpg
定番の角度から一枚、その2。季節柄、抜けるような青空は望むべくもありませんが、厚着をしなくとも艇上で過ごせるこの暖かさ、やはりありがたいもの。

204034.jpg
向かい風を利用して首尾よく転回、京成橋を抜けたあたりで、水面近くにたゆたう亀‥‥スッポンを発見! ほっ本当にスッポン? まあ、ここはスッポンということにしておきましょう(適当だな)。
いうまでもなく、木っ端ブネ一同は騒然(笑)。

北十間川で、普通の亀は見たことがありますが、スッポンは初めてです。しかし、よほど弱っているのか、我々が近づいても、ときどき首や手足を動かすだけで、一向に潜ろうとはしませんでした。

204035.jpg日本橋川などでは、結構な数の亀をみかけますから、川に彼らを活かすに足る、餌となる生物があることになります。スッポンがいるとなると、うっかり川に落ちたりできませんねえ、などとひとしきり盛り上がる艇上。

スッポン騒ぎも落ち着いたところで、北十間川を東航することに。テラスにもところどころ、小さな桜が植わっていて、可愛らしい咲きぶりを見せてくれました。この木が大きくなったら、北十間川も華やかになりそうです。


(29年4月16日撮影)

(『4月16日のさくらしべ降る水路…8』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 北十間川 江東内部河川 水位低下化河川