FC2ブログ

7月22日の多摩川水門めぐり…1

(『7月22日の海老取川』のつづき)

221036.jpg
上流側、首都高横羽線高速大師橋、その向こうに斜張橋、産業道路の大師橋を望んで。高速大師橋は、これから5年かけて改架工事(参照:『高速1号線 高速大師橋更新』)をするそうですが、鋼管矢板で囲まれた橋脚は、その準備でしょうか。

このあたり南側は浅く、中洲もあるので、張り出した桟橋群や船溜を横目で見ながら、北岸に沿ってゆるゆる遡上します。

221037.jpg
高速大師橋と大師橋がつくる、南北に細長い三角形の底辺に位置するのが、羽田第二水門。ありゃりゃ、しばらく見ないうちにずいぶん扉体や巻上機室が色褪せてしまって、ガクッと老け込んだ感じになりましたね。

堰柱に補強らしき跡が見えるのは、第一水門と同様ですから、放置されているわけではなさそうですが‥‥。この差は何なのでしょうか。

221038.jpg大師橋の下り線をくぐりながら、斜張橋のシンボルたる主塔を見上げて。いつもながら、天地のあるものを撮ると、ズームの歪みがひどくて恐縮です。

しかし、くぐるたびにこの主塔周りの、魅力的な造作には感心させられます。ちょうど、水面下からぬっと出てきた腕が、わっしと桁をつかんだような形もさることながら、歩道が半円形に迂回するあたりも、すごく惹かれるんですよ。

あの歩道を歩いて、主塔の立ち上がりをのぞき込んでみたい、誰しもそんな、ワクワクする気分になるのではないでしょうか。ここから眺める川面も素敵でしょうね。一度歩いてみたいものです。
撮影地点のMapion地図

221039.jpg
大師橋をくぐると、やはり南岸が気になってしまうなあ‥‥。以前も紹介しましたが、新日本製鐵水門‥‥跡ですね。すでに役目を終え、扉体を撤去された水門遺構です。

写真はズームでたぐったもので、近づいたわけではありません。あっ、中のポンドに船がいる。後のお楽しみということで、帰りに寄ってみるとしましょう。

221040.jpg新日本製鐵水門の少し上流、南岸近くに写真のような倒木がいくつか。増水時に根こそぎ流されてきたのでしょうか、いかにも剣呑な雰囲気で、しかも見るからに浅そう。

そう、浅瀬に怖気づいて尻込みし、今に至るまで新日本製鐵水門への接近が成されていなかったのでした。今日こそ勇気を奮って近づいてみるぞ! (でも帰路に後回しするヘタレ)

(30年7月22日撮影)

(『7月22日の多摩川水門めぐり…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 多摩川 羽田第二水門 新日本製鐵水門

7月22日の海老取川

(『7月22日の海老取運河』のつづき)

221031.jpg
ただ一つ生き残った河畔の空港向け看板、ポンジュースさんの生存確認写真を一枚。変わらぬ美しさを保っているところを見ると、定期的に手が入っているようですね。

221032.jpg稲荷橋をくぐって、湾入状に少し水面が広がっているところ、小型のクレーン船がいました。船名はわかりませんでしたが、クレーンのキャブに書かれた銘は縄定さんでした。

今まで通ってきた区間では、特に工事をしている風ではなかったので、はて、と思っていたら、その先に答えがありました。

221033.jpg
河道が急速に狭まってゆき、澪筋への緊張感もいや増す南端部の区間。左手は繋留施設、右手は波返し付きの堤防ですが、手前にびっしりと鋼管矢板が打ち込まれていました。

護岸の更新工事が始まったのですね。クレーン船はこの作業のために出張ってきたのでしょう。のどかだったここも、これから様変わりしそうです。

221034.jpg
潮が上げているとあって、釣り人さんのまあ多いこと。それでもこの辺りの皆さんは舟航に理解があるので、我が艇の姿を見ると、早々に竿を引いてくれました。ありがとうございました!

さて、久しぶりの海老取川澪筋、馴染みの水路とはいえやはり緊張します。波返しのある堤防、無縁供養堂、上げ潮に身を沈めたカメノコ‥‥久々の澪筋風景を味わいながらも、魚探に目を落としながらそろそろ歩きで通過。

221035.jpg出口の灯標を左に見て、多摩川本流へ。ここで面舵を切り、上流に向かいました。本日のお散歩テーマは、多摩川下流部の水門めぐりです。

遡上して間もなく、繋留船列の間に見えてくるのは羽田第一水門。堰柱には、外から巻き立てたような補強の跡が見えますね。扉体は塗り替えられたのか、色褪せもなくきれいです。
撮影地点のMapion地図

(30年7月22日撮影)

(『7月22日の多摩川水門めぐり…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 海老取川 多摩川 台船 羽田第一水門

7月22日の海老取運河

(『進入灯とガット船』のつづき)

221026.jpg京浜運河を出れば、広大な平和島運河の干潟水路。昭和島に沿う形で右へ折れ、瀬を避けてぐるりと迂回し海老取運河へ向かいます。

潮位が高い時間帯とあって、瀬はそのほとんどを水面下に沈めていましたが、わずかな露頂にまあ、もの凄い数の鵜がかゆくなるくらいみっちり!
撮影地点のMapion地図

221027.jpg

221028.jpgおなじみ羽田可動橋を北側から。使われなくなって久しいですが、見たかぎりではよい状態に保たれています。メンテで動かしたりしているのかな。つながっているところ、一度でいいから見てみたいなあ。

可動橋のフェンスにも、鵜さんが何羽か留まっていました。この酷暑とあって、クチバシを半開きにしてハァハァしています。熱中症には気をつけて‥‥。

221029.jpg
羽田水上派出所も一枚撮っておこう。ポンツン桟橋の造りも2隻横付けできるし、水路幅はほどよい狭さで波静か、しかも通航量も割と少ないしで、警備艇の繋留地としては一番好環境かも。

221030.jpg
北前堀の正面あたりには、土運船とユンボ搭載の浚渫船がいました。土運船は「75号千羽丸」。水質維持のためのフェンスを見てみると、河道中央を浚渫しているみたいですね。航路維持は水路徘徊者にとっての慶事、ありがたやありがたや。
撮影地点のMapion地図

(30年7月22日撮影)

(『7月22日の海老取川』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 平和島運河 海老取運河 水辺の鳥たち 羽田水上派出所 羽田可動橋

砂町北運河の埋め立て区間を訪ねて

221001.jpg諸事手塞がりで、実に2ヶ月ぶりのお出かけとなってしまいました。艇のホコリと蜘蛛の巣をはらい、息もつまりそうな酷暑をついてまず向かったのはご近所、砂町北運河です。

入口付近東岸、中島運輸の曳船溜はやはり目を奪われるものが。中でも異形といえる一隻、「第105中島丸」を通り過ぎざま一枚。

砂町北運河を訪ねたのは、北端の区間が埋め立て工事にかかったことを、昨年より耳にしていたからです。最近訪ねた記事でいうと「27年度川走り納め…5」、「27年度川走り納め…6」の区間。

旧水上警察がまとめた水路誌、「東京都河川図」で砂町北運河の項を見てみると、北端部は「オイルフェンスから先、私有地」と記載があって、公設の運河でないことが匂わせてあったので、役目を終えれば埋め立てられることは、ある種納得ではありましたが‥‥。ともあれ、自艇で行動できる内水面が縮小してゆくのは寂しいもの。せめて末路を見届けようと、訪ねてきたというわけです。

221002.jpg
半ばを過ぎ、右手に東京湾マリーナのポンド、左手に旧石川島造船化工機の広大な跡地を眺めつつ、最奥部を望んだところ。かつては黒く水面が続いていた位置に、護岸とおぼしき白い一線が認められました。

221003.jpg
マリーナの繋留船列が途切れたあたりで一旦ニュートラル、新たに運河終端となった護岸の全貌を眺めたところ。

写真左手、かつての水路の間口分は護岸が東西に伸び、右手は従来の岸をなぞって、東に行くにつれ南(手前)へ降りてくる形で斜めになっています。

221004.jpg
少し背伸びして、護岸越しに旧最奥部を一枚。重機の並ぶ向こう、九重橋がどうやらそのまま架かっているようですね。

ああ、本当に埋め立てられてしまったんだなあと、今さらながら実感してしみじみ。中防水路、南前堀、そしてここ。東京の可航水路、短い間にずいぶん延長を減じてしまったものですが、水路が消えゆくその過程に立ち会えたことは、ある意味貴重な体験だったといえるかもしれません。

221005.jpg少しゴチャゴチャっとしていたこの辺りも、工事に伴ってかすっかり整理され、大型艇でも楽に転回できそうな、広大な水面が広がっていました。

整理されたおかげか、東岸に水門があることに気づかされたのは、収穫(?)といっていいかも。もっともよく見ると濃厚に蔦がからみ、径間もコンクリートで塞がれているようだったので、すでに廃止されて久しいのかもしれません。
撮影地点のMapion地図

(30年7月22日撮影)

(『7月22日の辰巳埠頭…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 砂町北運河 曳船

5月20日の神田川・日本橋川…4

(『5月20日の神田川・日本橋川…3』のつづき)

220081.jpg

220082.jpgタイル張りと和船のエンブレムで化粧され、オリジナルの雰囲気は失われているものの、実は昭和3年竣工という湊橋。中央径間に「豊海橋 工事中につき 航路幅減少」という横断幕が掲げられていました。

その下流右手、業務船の桟橋にもやう通船や曳船の数隻を一枚。右手、南岸に連なっていた船溜が一掃されてから、ちょっと寂しくなりましたが、小ぎれいなここが生き残ってくれていると、ホッとさせられます。

220083.jpg
ご本尊、豊海橋も世紀の大工事(?)が迫ったことだし、しみじみ味わってくぐるとしましょう。逆光ながら、青空と白い雲たちをバックにした表情はどこか晴れ晴れとして、河水もほどよくさざ波立ち、撮っていて気持ちのよい一枚に。

220084.jpg

220085.jpg足場で狭まった航路幅と横断幕を。ジャッキアップ前のこのシーンも、いずれよい記念になるであろうと、足場の断面を含めてしっかり記録。

で、すでにSNSなどで有志が報じられていたので、すでにご存じのこととは思いますが、「豊海橋がジャッキアップされる?」で触れた5月23日ほかの通航止めの日、仮橋を架けるためのものだったのですね。この場を借りてお詫び申し上げます‥‥。

(30年5月20日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 日本橋川 曳船