FC2ブログ

8月15日の水路風景…5

(『8月15日の水路風景…4』のつづき)

254036.jpg
下流側へ出て、さらに下航し距離をとることにしました。光線の塩梅はこちらの方がよいので、クレーンの塗色も鮮やかに見えます。背後にある船着場との位置関係も、よくわかる角度ですね。

254037.jpg
対岸、川崎側のクレーンをズームで。羽田側とは塗色を変えて、本体が山吹色なあたり、識別のしやすさを考えたのでしょうか。

254038.jpg川崎側の陸上をふたたびズームでたぐって。「羽田連絡道路だより 第11号」によると、この設備はトラッククレーンという送り出し架設のためのもので、橋上のクレーンはトラベラークレンとありました。

7月時点で全長約600mのうち、架設済みが370mに達したとのこと。見たところ、台船による架設はすでに終わり、今後は送り出し架設と、陸上での施工が中心になるのでしょう。

254039.jpg

254040.jpg架設済みの桁が一望できるところまで下航し、一息つきながら眺めて。これでもおよそ3分の2の長さなのですから、高水敷や取付道路まで含めた橋の長大さが想われます。

帰路も桁裏を仰いでから離脱。台風での遅れを取り戻すように、目を見張るような急ピッチで架橋が進んでいるのを拝見して、より竣工が楽しみになったことではありました。


(令和2年8月15日撮影)

(『8月15日の水路風景…6』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 多摩川

8月15日の水路風景…4

(『8月15日の水路風景…3』のつづき)

254031.jpg羽田空港船着場の正横にいたので、間近から一枚スナップ。油槽船の繋船施設を大きな増築をせず流用したこともあって、せっかく空港名を冠した船着場なのに、ちょっとう~ん‥‥となってしまうところが。

せめて屋根付き通路と待合室、同じく上屋のあるポンツン桟橋が欲しいところですね。近くに橋と複合施設ができるのですから、利用しやすいつくりになることを願っています。

254032.jpg
上流側に接近、前回、桁の一部がポツンと架かっていたときとくらべると、長大橋らしさが感じられてよいものですね。くぐって下流側へ出てみましょう。

254033.jpg
くぐりざま見上げたところ。歩道部分の張り出しの接手部分は、桁が架設されてから施工されるようです。しかし、架けたばかりの箱桁の表面、つやがあり清々しい感じがしていいですねえ‥‥。

254034.jpg

254035.jpg下流側に出てから振り返って。河道中央を大径間で渡る迫力もさることながら、桁下端が描く優美な曲線が桁の架設により現れて、胸のすく光景。

右写真は、川崎側の様子をズームでたぐってみたところ。こちら側の桁は台船による架設ではなく、陸上から繰り出される形になるのでしょうか。
撮影地点のMapion地図

(令和2年8月15日撮影)

(『8月15日の水路風景…5』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 多摩川

羽田の進入灯で憩う…3

(『羽田の進入灯で憩う…2』のつづき)

254011.jpg
先端の橋脚‥‥いや、架台というべきなのか、載っているものが軽量なせいか、橋にくらべてずいぶん華奢な感じ。それでもここだけはアンテナや灯標の灯器も併設されていることもあって、天端の面積は広くとられています。

254012.jpg
さて、初くぐりです。正横から間近に見上げるのも、もちろん初めて。桁下高、という表示に微妙な違和感を覚えながら、酷暑下でも青空をバックに仰げたことを感謝しつつくぐります。

254013.jpg
むう、こういうときに限って飛行機が来ない‥‥。しかし、空港近辺は高い建物がないこともあって、仰ぐ視界がトラスで占められるのが、なんだか贅沢な感じ。

254014.jpg
この角度から見ると、フラッシングライトの張り出しが目立ちますね。夜間に訪ねたら、閃光が奥へ奥へと走ってゆくさまが下からもわかって、キレイなんだろうなあ。

254015.jpg
桁下、ど真ん中から空港方を望んで。周りが平べったいだけに、遠近画ぽさが強調されて、現実離れした魅力がありますよね。

このときは行逢船もなく、海上を渡ってくる微風と、ハルをたたくさざ波の水音のみの静かなひととき。厳しすぎる夏の陽光さえなければ、アンカーを打ってときどき通る飛行機を眺めつつ、しばらく呆けていたくなるほどの好環境でした。
撮影地点のMapion地図

(令和2年8月15日撮影)

(『8月15日の水路風景…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東京港

羽田の進入灯で憩う…2

(『羽田の進入灯で憩う…1』のつづき)

254006.jpg

254007.jpg最微速で流しながら、高度を下げてゆくソラシドエア機を見送って。進入灯のトラスをなぞるような動きが面白く、お好きな向きならそれこそ、一日中ここにいても飽きないでしょう。

移動するにつれ、「沖 おおい」と表示された緑色のブイが正横に来たのでスナップ。本船にとっては両岸に浅瀬が広がる水域なので、ブイだけでなく澪標も多く設けられたところでもあります。

254008.jpg

254009.jpg間なしに全日空機が接近、先ほどより進入灯にだいぶ近づいたので、ほぼ真下から迫力ある姿をものすることができました。

いや~、カッコイイですね! 後姿を見送りつつ観察していると、補助翼や尾翼がパタリ、パタリと動くのもわかって、興趣が尽きません。


254010.jpg
楽しく過ごすうちに、進入灯の間近まで来ました。橋にいつもしているのと同様に、くぐって堪能してみようというわけです。当たり前ですが日陰もなく、暑いことには変わりないのですが、広い水面とあって微風でもよく風が当たり、運河内よりはだいぶましに感じられます。じっくり楽しむとしましょう。
撮影地点のMapion地図

(令和2年8月15日撮影)

(『羽田の進入灯で憩う…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東京港

羽田の進入灯で憩う…1

254001.jpg8月15日は、建設中の羽田連絡道路の橋を見てみたくなり、多摩川へお散歩してきました。最高気温37℃、微風という猛暑日で、前進し風を受けていないと汗が目に入ってくるほどの暑さでした。

涼をとるためにスッ飛ばしながら、中防北側の第二航路を西航。道々出会ったフネブネは後でまとめて紹介し、まずは港内風景からまいりましょう。

254002.jpg第一航路を横断し南下、城南島東角、海浜公園内にある写真の建物を目標に、針路を定めて快走。

この船舶信号所か管制塔を思わせる建物、東洋信号通信社の東京出張所。入港する船舶に情報を提供するポートラジオ局なんだそうです。


254003.jpg
城南島の角を回ると、ご存じ羽田空港B滑走路の進入灯トラスが、猛暑ならではの靄の中に長大な姿を横たえているのが見えてきました。昨年末にも紹介しましたが、桁下をくぐったことがないのに気づき、もうちょっとスキンシップ(?)を図ってみようかしらと、行き足を落としてゆるゆる接近。

254004.jpg
原速で南下しながら、軸線方向に広がる空港風景をスナップ。色とりどりの機体がいくつも入り乱れて楽しい眺め。コロナ禍の初期には、減便・運休が相次いで無聊をかこった飛行機が、空港にずらりと並ぶさまが報道されましたが、ここにいる機体たちもそうなのでしょうか。

254005.jpg
港内も南端近くとあってさざ波は入ってくるものの、靄がかかるほど風は穏やかとあって、実にのどかな雰囲気。ときおり遠く聞こえるタービン音がある以外は、自艇にぶつかる水音のみ、この暑さがなければ、たゆたいながらボーッとしていたいくらいです。

静けさを破るように、頭上低くキーンという音が近づいてきました。グリーンの尾翼が美しい、ソラシドエアの機体を仰いで、迫力に一瞬暑さを忘れる思い。進入灯もいいですが、も少し飛行機を眺めていたくなってきました。
撮影地点のMapion地図

(令和2年8月15日撮影)

(『羽田の進入灯で憩う…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東京港