FC2ブログ

7月28日の水路風景…6

(『7月28日の水路風景…5』のつづき)

237026.jpg電光掲示板や信号を径間の外にはみ出させた、こじんまりとした印象の浜前水門をくぐって隅田川に出れば、左手に築地大橋が。この角度からだと、流れるようなラインが強調されて、一番格好よく見えるかも。

しかし、日中は曇りの予報だったのが、ここまで青空が広がってくれば上等というものです。も一つ見ておきたいものを目指して、面舵を切りスロットルを倒しました。

237027.jpg

237028.jpg
清洲橋をくぐってさらに右へ舵を切り、行き足をゆるめて小名木川に入りました。一つ気になったのは、萬年橋をくぐりつつ名物の橋側灯を見上げたとき。アッ、と声を上げながら、思わず眉をひそめました。

橋側灯が壊されている? 「橋」の字の右上に、欠損したような箇所と、周りにもひび割れのようなものが。写真を拡大してよく見てみると、右下のガラスも割れているように見えます。ぶつけられたとすれば、とても悲しいことですね‥‥。私の間違いで、単なる経年の剥落だったらいいのですが。小なりといえど、船の目線から見れば橋の看板に等しいもの。ぜひ、速やかな補修をお願いしたいものです。

237029.jpg
で、何で小名木川に来たかというとですね。更新工事竣工後の通航再開がいよいよ8月1日に迫った、扇橋閘門に一目会っておきたかったから!

管理橋を透かして、奥の後扉室が扉体を上げているのが見えます。「工事中通行止」の横断幕が取れれば、いよいよ現役復帰と思うと、胸が熱くなりますわい。

237030.jpgさらにゲートへ迫って一枚。更新前、「前扉」と大書きされた真紅の扉体で、力強く自己主張(?)していた質実剛健さを思うと、カフェテラスを思わせるガラス張りの巻上機室は洒落ていて、同じ躯体とは思えないほど雰囲気が一変しましたよね。

さておき、扇橋もリニューアル初日が迫ったとなれば、平成17年、閘門様の一般供用開始日に一番乗りしたごとく、柳の下の二匹目のドジョウ(ちょっと意味が違うかもしれんです)を狙いたい気持ちが、むくむくと頭をもたげてきました。
閘門好きとして、また自艇で通れる数少ない閘門の一つが、装い新たに稼働することを祝う気持ちも合わせて、ここは是が非でも、イの一番に通航を果たしたいものだと!

(元年7月28日撮影)

(『フジツボつけてデッドフル!』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 新月島川 新月島運河 隅田川 小名木川 浜前水門 扇橋閘門 閘門

7月28日の水路風景…5

(『7月28日の水路風景…4』のつづき)

237021.jpg
北上しておなじみ朝潮水門へ。角度がよくなくて、ズームで少しゆがんでしまいましたが、水深表示の電光掲示板を掲げ、得意げな面持ちの操作室を一枚。

この径間の真ん中、操作室が乗ったここは何と呼んだらいいんでしょう、スイングゲートだから堰柱ではないし‥‥。
前後を朝潮小橋、黎明大橋にはさまれ、すでにスイングゲートの長所を生かす状態になくなって久しいのですが、設備も一部更新されたことだし、まだまだ頑張ってもらえそうですね。

237022.jpg右手にあった、水門の径間を渡す架道橋を、初めてちゃんと撮ってみました。繰り出し式といってよいのでしょうか、ローラーでごろごろと転がして、片持ち式に伸ばしてゆく仕組みです。

撮りながら、あ、こんなことしなくても、黎明大橋の歩道から眺めれば、間近に観察できるんだ‥‥と、今さらながら気づいて一人苦笑したのでした。

237023.jpg
左に舵を切って新月島川へ。まず目に入ってくるのは、長らく改架工事をしている、新島橋の錆色の足場です。

鉄骨の足場だけでなく、水面近くも中央のわずかな航路を残し、現場のぐるりを矢板で囲っているため、錆色の面積が大きくて、ちょっと息苦しいような感じもしますね。横堤があるのと同じことですから、風波が防がれて、繋留船にとっては具合がよいかもしれませんが。

237024.jpg遠目には外見があまり変わらないので、くぐってみて気になる進捗を拝見してみましょう。

おお、西側は橋脚と桁がほぼ形になっているのですね。東側も橋脚はすでにできていて、桁に取りかかりつつある状況でした。足場が撤去されるのも、遠いことではないようです。


237025.jpg
そして新月島川といえば、西端にある勝どきマリーナ‥‥本橋発動機さんのクレーン。この社名を掲げた抜き文字、いつ見ても渋くていいですねえ!
撮影地点のMapion地図

(元年7月28日撮影)

(『7月28日の水路風景…6』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 朝潮運河 新月島川 新月島運河 朝潮水門

7月28日の水路風景…4

(『7月28日の水路風景…3』のつづき)

237016.jpg港内を北上し、一つ見ておきたいものがあったので、朝潮運河を目指しました。臨港消防署の新庁舎です。

臨港消防署ウェブサイトによると、7月1日より新庁舎に移転とありました。供用されて一カ月経っていない、まさに出来立ての姿ですね。桟橋のある南側には防波堤が新設されましたが、運河南端とあって、風向きによっては難儀するかも、と余計な心配をしてしまいました。

237017.jpg
ではさっそく拝見しましょう、当たり前ですがコンクリートの肌も塗装も、すべてが真新しくきれいで、清々しい感じがします。

細身の防波堤に接するように、スロープと上架設備、艇庫が設けられていました。隅田川畔、仮庁舎時代を通してなかった設備で、これで小型艇の整備は自前で行えるようになったのですね。レールが4本敷かれているのは、船台が大きな重量にも対応できるようになっているためと思われます。

237018.jpg「おおえど」と「すみだ」がもやう、庁舎前のこの桟橋の頑丈そうなこと! ちょっとやそっとの地震や津波では、傾きもしなさそうな頼もしさがありますね。

隅田川畔時代、建物はとても魅力的だったのですが、あの手狭さを思うと、理想的といってもいい過ぎでない立派な繋留施設ですね。職員の方々も、大いにやりやすくなったことでしょうね。

237019.jpg
そしてこちらが新庁舎。屋上には大きく張り出したヘリポート、角には桟橋を一望できるガラス張りの部屋も設けられと、外観も特徴的でなかなか格好のよいもの。消防署の象徴たる、火の見櫓はさすがに廃されたようですね。

オフィシャルサイトにも詳細が載っていないので、機能はわかりませんが、おそらく防災拠点としても考えられたつくりなのでしょう。ともあれ、首都の港内を護る重責相応の、威容を備えた建築が供されたことは、隊員の皆さんにとっても喜ばしいことに違いありません。

237020.jpg
フラッグシップ「みやこどり」には、何と専用(?)の桟橋が。大型なので、さすがに他艇同様、メザシに繋留するわけにはいかなかったのでしょう。

背後では、オリンピックの選手村に供された後、一般向け住宅として分譲される建物が次々と完成しつつありますが、こんなに桟橋が近いと、色々と気を遣いそうでちょっと‥‥。船上での訓練や整備、いや暖機だけでもクレームの対象になりそうで、建物を遠ざけて作るとか、も少し何とかならなかったのかなあ、と思ってしまいます。私の取り越し苦労ならいいのですが。
撮影地点のMapion地図

(元年7月28日撮影)

(『7月28日の水路風景…5』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 朝潮運河 消防艇

7月28日の水路風景…3

(『7月28日の水路風景…2』のつづき)

237011.jpg墨田川造船を離れ南下、木村造船所に近づくと、珍しく船台の建屋がシャッターを開けていました。

物見高くのぞき込んだところ、港湾局の指揮艇「はと」と、奥にもう一隻が上架中。今年は妙にフジツボの付着が多い年(後で触れます)なので、船底の清掃と再塗装は例年以上に依頼が多そうですね。


237012.jpg
そのまままっすぐ港内へ出ようと、東雲水門を通ったら、一径間が扉体を下ろし、閉鎖していました。ご存知のとおり東雲水門の扉体は二段式で、水面上に出る上部の扉体が真っ赤な塗色。船艇の衝突防止のため、視認性をよくする意味でも、目立つ赤であることは理にかなっています。

この十数年で、赤い扉体の水門はほぼ絶滅状態となりましたが、ふだんの見栄えよりまず安全を第一として、ぜひご一考いただきたいものです(とエラそうなことをいっていますが、単に赤水門原理主義者なだけ)。

237013.jpg
穏やかな水面に誘われて‥‥というよりこの酷暑、スピードを出して風を受けていないと暑くてしょうがないということもあり、少し涼をとろうと港内を沖へ。

レインボーブリッジをくぐりつつ、橋脚の間からアンカレイジの質量感を愛でて‥‥イヤ、それにしても暑い、熱い‥‥。

237014.jpg緑豊かな第六台場からも、湯気が上がるのではないかと思われるほどの暑熱。この森、確か鵜さんたちのねぐらになっていると聞きましたが、みんなハァハァしてるんだろうなあ。

写真でいう右側、北岸には遠目にも白く見えるほどの、大きな砂洲ができていて、思わずビーチングしたくなるいい雰囲気。ちなみに上陸禁止なので、ゆめ実行などされぬように!

237015.jpg
第六台場を回って北上しようとしていたら、水陸両用バス「スカイダック」の一隻に追いつきました。ボディ全面に「ポケットモンスター」のピカチュウがぎっしり描かれた、楽しいデザインです。お客さんが盛んに手を振ってくれたので、こちらも笑顔で応えました。

SKY BUSの「イベント情報」によると、横浜のみなとみらいで実施中の「ピカチュウ大量発生チュウ!2019」というイベントのタイアップなんだそう。旧中川をはじめとして、今や都内でも3カ所となった水陸両用バスですが、このピカチュウ号はお台場海浜公園を出て、第六台場を一周して戻るコースとのことです。

(元年7月28日撮影)

(『7月28日の水路風景…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東雲北運河 東雲運河 東雲水門 東京港

7月28日の水路風景…2

(『7月28日の水路風景…1』のつづき)

237006.jpg

237007.jpg曙北運河に入り、恒例のイグアナ先生へご機嫌伺いと北上。西岸の工事で、以前は密生していた背の高い木々が刈りはらわれたため、かなり遠くからも見通せるようになっています。

ためしにズームで一枚撮ってみると、腰を落としてぐっと踏ん張った感じが強調され、接近して仰ぐのとは違った雰囲気ですね。その後左に折れ、いつもの角度からも楽しみました。

237008.jpg汐見運河を西航していると、毎度のことながら気になるのは、京葉線高架の向こうに見える墨田川造船の艤装桟橋。

さて本日は‥‥いました! 寄り道決定です。でも、巡視艇ではないようですね。官船か民間船か、いずれにせよ近づいて確かめようと取舵一杯。


237009.jpg
船首ブルワークに掲げられた「仁王丸」という勇ましい船名が目に入りました。どうやら旅客船のようですね。大きな窓を備えた高さのある客室、乗降に配慮したと思われる造りから、貸切でなく定期船でしょうか。丸みを廃した直線的なデザインが印象的で、スピード感にあふれています。

237010.jpg
船尾から眺めたら、トランサムに書かれた船籍港が松島。10年前、丸文松島汽船(『第三芭蕉丸の船旅…1』ほか参照)に乗りましたが、あの松島航路に就航する船なのですね。

検索すると、松島島巡り観光船企業組合の船隊が「仁王丸」を名乗っており、就航船もよく似た外観なので、こちらの新造船で間違いないでしょう。また、「進水式見学祭のご案内」(PDF・墨田川造船)によれば、7月17日に進水式が行われたのだそう。進水間もない、しかも巡視艇建造所の印象が強い墨田川造船では、珍しい(失礼)民間船の艤装風景を目にすることができて、ラッキーでした。
撮影地点のMapion地図

(元年7月28日撮影)

(『7月28日の水路風景…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 曙北運河 汐見運河 東雲北運河 イグアナクレーン 墨田川造船