FC2ブログ

1月2日の水郷風景…2

(『1月2日の水郷風景…1』のつづき)

215011.jpg
ところどころでスナップしながら、閘室北岸をお散歩です。雲一つない好天とあって、どこを撮ってもディテールくっきりで、気持ちのよいこと。

光線の角度もよいので、レンガの朱と扉体の黒のコントラストも目に快く、この時代の構造物らしい味わいを、改めて噛みしめたことではあります。

215012.jpg

215013.jpg外観はほぼ原形を保ちながら、扉体の更新と電動・セルフ操作化を成し遂げ、逆水防止こそ横利根水門に譲ったとはいえ、今なお通船の役目を果たす古豪。水運華やかなりしころを知る閘門数ある中で、横利根閘門は幸せな部類に属するといってよいでしょう。

北西側、後扉室(?)は逆光に沈んでいましたが、河中には釣り人さんの小舟が何組か見られ、いつもと変わらぬのどかな雰囲気でした。

215014.jpg23年5月2日、「震災後の水郷を訪ねて…7」のときは、方々にクラックが入り、寸断されていた遊歩道も当然ながらきれいに修復されて、冬枯れの芝生に陽光が降り注いでいました。

ところで、水郷汽船が健在だったころ、佐原を発した船は、必ず閘門を通って牛堀・潮来に向かったわけです。当時の時刻表や観光案内パンフには書かれていないけれど、確かこのあたりにも船着場があった記述を、どこかで読んだような‥‥。思い違いかしら。

215015.jpg
‥‥というわけで、例によって国土変遷アーカイブ・空中写真閲覧システムの力をお借りし、昔の様子を見てみることに。意外や、あまりよい写真がなく、何とか判別できそうなのをここに掲げさせていただきました。昭和37年5月14日、国土地理院撮影の「MKT622-C18-27」をトリミングしたものです。

白飛びしてわかりにくいですが、画面ほぼ中央、閘門の左上に桟橋があり、割と大型の船が横付けしていますね。桟橋の設けられた岸は、道路に接して大きな平地と建物が見え、船着場の設備が整えられているように思えます。

かつては水郷大橋北詰であるここが、水郷十六島の陸路の玄関口でありました。横利根橋南詰には「閘門前」バス停と、待合所を兼ねた観光協会直営の売店があり、現在は中洲の水生植物園前に移設されている、徳富蘇峰の「水郷之美冠天下」の碑も、もともとはこの地に建立されていたのです(参考:『水郷の原風景』千葉県立大利根博物館)。

船着場が設けられていても、決しておかしくない土地柄だったわけで、バスとの連絡も考えられていたのではないでしょうか。この点もう少し調べて、改めてお話しできればと思います。

(30年1月2日撮影)

(『1月2日の水郷風景…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 横利根川 水郷 横利根閘門 閘門

1月2日の水郷風景…1

215001.jpg
1月2日は例年どおり、あんば様‥‥阿波大杉神社へ初詣。極彩色の拝殿を仰いで参拝の後、昨年1年、艇を守っていただいたお札をお返しし、新しいお札をいただきました。

早く出て9時前には着いたのですが、すでに駐車場は一杯。霊験あらたかなのは我が艇でも証明済み(!)ですから、人気のほどもむべなるかな。今年も艇と乗員の安全、お世話になっている皆様のご多幸を、よろしくお願いいたします。

215002.jpg冬の好天に誘われて、これも例年のごとくささやかな水郷散歩へ。国道125号線を南下し最初に立ち寄ったのは、おなじみ横利根閘門公園。冬の陽光に照らされて、レンガの側壁が美しく輝いています。

駐車場から横利根水門と閘門の間、船着場のある水面前へ出てみると、たくさんの鴨がゴマ粒をばらまいたように浮いていました。

215003.jpg
堤防で風が適度に防がれ、よほど居心地がよいのかまあえらい数ですが、まだ数十m離れているにもかかわらず、鴨さんたちは口々にグァッ、グァッと警戒音を発して、こちら側から遠ざかりつつあるのが何とも。

215004.jpg
驚かさないようにゆっくり水辺に降り、ズームでたぐって、対岸で丸くなっている鴨さんたちを愛でることに。

陽が当たっているとはいえ、地面まですっかり冷え切っては、ツブれることもかなわぬようです。それでも寒さは寒し、ふくらんで片足立ちし、首を突っ込んで暖を取るさま、可愛らしいものですね。

215005.jpg閘門扉室の上から、横利根水門を望んだところ。私がほんの1分ほど左側の岸にいただけで、見事に右側へ寄っているという、鴨さん群の露骨なこと(笑)。

陽が高くなるにつれて、だんだん風が強くなってきました。冷たい川風になぶられながらも、広く抜けた空のもと、水の匂いに近しい水郷の冬枯れ風景、毎年のことながらやはりよいものです。
撮影地点のMapion地図

(30年1月2日撮影)

(『1月2日の水郷風景…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 横利根川 水郷 横利根閘門 横利根水門 閘門 阿波大杉神社 水辺の鳥たち

木曽三川公園展望タワーにて

(『船頭平閘門を訪ねて…13』のつづき)

213071.jpg船頭平閘門を離れた後は、国営木曽三川公園に向かいました。長良川と揖斐川が背割堤を介して接する突端にあり、その名のとおり木曽三川改修ゆかりの展示や施設を揃えたところです。

食事を済ませて、船からも見えた水と緑の館・展望タワーに登ってみることに。高さ65m、食事中は雨が降るほどだった天気も、登る直前にいいタイミングで好転したので、雄大な川景色を存分に眺められそうですね。

213072.jpgエレベーターを出て、展望室に一歩踏み出すと‥‥おお! 叢雲がかぶさっていながらも、四周眺められる範囲はさんさんと陽光を浴びて、川面も大地も輝いています。

チャンスを恵んでくれたお天気に、感謝したくなりました。何しろつい先ほどは結構な雨が降り、別れた「葛木丸」の皆さんはさぞつらいだろうと、心配していたほどだったのですから。

213073.jpg
鼻息も荒く窓に駆け寄って、まず眺めたのは「葛木丸」で走ったコースのあたり。右手から画面奥へ伸びる鮮やかな緑の堤防は、宝暦治水で苦難の末成った油島の締切堤、千本松原。

中央、長良川の川面には、先ほどかたわらを通った河中鉄塔も見えます。まさに三川をほしいままにできる立ち位置がありがたく、しばらく息を呑んで立ち尽くしたのでありました。

213074.jpg
東側の眺望。奥が先ほどくぐってきた木曽川の立田大橋、手前のローゼが長良川大橋。画面中央奥には、遠く名古屋市中心部のビル街も望め、三川がはぐくんだ濃尾平野の広大さを感じさせる眺めです。

いやしかし、舟行きした場所を陸路見に行くだけでも楽しいのに、文字どおり鳥瞰、鳥の視点を得て見下ろす面白さたるや! それが名にし負う、木曽三川が接する油島の地なのですから、興味をそそられようというものです。

213075.jpg
そして西側、油島大橋と揖斐川。その向こうには養老山地が峰に雲をからめて黒々と横たわり、迫力のある光景。手前には揖斐川と合流する大江川があって、ぼつぼつと船影が見られるのも目を引かれます。

400年余りに渡る辛苦を重ねた治水、その結果としての美しく雄大な川景色を、一望のもとにできる展望タワー! 建立した人たちの気持ちが伝わってくるような、重く、それでいて興味の尽きない眺めでありました。
撮影地点のMapion地図

(29年11月19日撮影)

(『魅惑と謎の相楽発電所閘門!』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 国営木曽三川公園

船頭平閘門を訪ねて…11

(『船頭平閘門を訪ねて…10』のつづき)

213051.jpg管理棟の裏手は「デ・レーケ像広場」。その名のとおり木曽三川のみならず、我が国の治水に功績のあったオランダ人お雇い工師、ヨハネス・デ・レーケを顕彰した銅像があり、芝生の広場と東屋が配されています。

観光船でお弁当を予約したお客さんは、すでに東屋でお食事中。こちらは別の意味でガツガツと、木曽川文庫へ向かうのでありました。


213052.jpg
公園の小径をたどって、木曽川文庫へ。閘門の雰囲気に合わせたような瀟洒な建物で、玄関の受付横には、旧扉体から取り外した円弧形ラックの開閉機構も展示され、実際にゴリゴリと動かすこともできます(動かすのに夢中で、写真を撮り忘れてしまった!)。

ガイドさんのツアーに遅れてお邪魔したにもかかわらず、係の方が2階の書庫兼展示室に案内してくださり、お話を伺うことができました。ありがとうございました!

213053.jpg2階は多くの資料やパネルで、木曽三川改修や閘門について解説されており、お話を伺いながら興味深く拝見。扉体の注排水用ゲート、パネルによると「下部に小窓を設け、側壁内の給水溝に故障が出た場合に備える」とあり、予備装置的存在であったことが判明。

さて、この木曽川文庫、9年前に過去ログ「閘門の研究団体が発足していた!」でも紹介した、「日本の閘門を記録する会」の事務局的存在であり、その調査結果を反映して刊行された書籍、「運河と閘門 ―水の道を支えたテクノロジー―」の元となった資料が、すべて所蔵されているところでもあります。
ファイルに整理された膨大な資料の一部を拝見しながら、会員の方々のご苦労話を伺うなど、短いながら閘門バカ冥利の時間を過ごすことができて、幸せでありました!

213054.jpg
一階受付のある事務室内をふとのぞくと、壁面やコンソールにいくつものモニターがあって、閘門の映像が写っています。よく見れば、コンソールには操作盤や放送機器らしきものが‥‥閘門の遠隔操作室だ!

先ほど「葛木丸」で通航した際には、扉室の上で機側操作していたので、遠隔操作できるとは意外でした。写真はもちろん許可を得て、解説をいただきながら撮ったものです。

213055.jpg
閘門操作盤の木曽川方をアップで(コーフンのあまりピンボケ)。扉体の注排水用ゲート、こちらでは「子扉」と呼ばれていることが判明。動かすのは手動ながら、状態はパイロットランプでモニターできるようになっていますね。

ちなみに年1回程度、扉体の開閉や注排水まで、すべて手動で操作する非常訓練を行っているそう。また、先ほど見た旧扉体の解説では、年間通航量は500隻とのことでしたが、係の方のお話によると、1000隻ほどはあるだろうとのこと。

色々と興味深いお話を伺った中で、一つ気になった話題がありました。デ・レイケのよしみもあり、オランダの方が訪れることもたびたびあるそうですが、決まって「保存するなら、なぜ動力化してしまったのか? 元どおり人力操作に復元すべきではないか」との指摘があったそうです。

竣工時の姿やメカニズムを保って、後世に伝えることは理想ではありますし、技術の伝承者であるオランダ人としては、もっともな感想ではあります。操作法も含めての「保存」のみが目的であるなら、選択肢はそれしかないともいえましょう。

乗り物にしろ建物にしろ、保存する際にどこまでこだわっていくかは、先立つもののこともあり、非常に難しいところではありますね。個人的には、閘門は気軽に通航できてこそ、活用されてこそ、という想いがあるので、船頭平閘門を改修し、稼働状態を維持している方々の姿勢にはさほど違和感を覚えないどころか、むしろ頭が下がるほどなのですが、これは「保存」の姿勢をうんぬんするのと、別のベクトルになってしまい、同列には論じられません。

オランダの方の考えにできる限り従うなら、別途新閘門を建造して実用はそちらに譲り、旧閘門は竣工時の姿に復して、イベント的な通航のみに供する、というのがよいのでしょうか‥‥。
撮影地点のMapion地図

(29年11月19日撮影)

(『閘門ニャンコ』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 船頭平閘門 木曽川文庫

船頭平閘門を訪ねて…6

(『船頭平閘門を訪ねて…5』のつづき)

213026.jpg前方はるか、上流に見えるローゼ橋は長良川大橋。先ほどくぐった立田大橋に続く、愛知県と岐阜県の県境をまたぐ橋です。

このあたり、左手は揖斐川と長良川を分かつ細い背割堤で、有名な油島千本松が川面からも望め、宝暦治水碑もあるとガイドさんよりさまざまなお話があったのですが、寒さと雨で集中できず、申しわけないことをしてしまいました。

213027.jpg
ガイドさんのお話が続く間は、船は微速で上流を目指していたのが、お話が終わったところで舵を切り、爆音を高めて下流へ戻り始めました。

失礼ではありますが、寒さと雨の不安で気持ちが挫けかけていたので、このときは本当に、心底ホッとしたものです。早く上陸して、閘門をゆっくり眺めまわしてみたい!

213028.jpg
閘門のある水路に戻ってくると、長良川から一転してウソのような穏やかさ。ああ、狭水路って本当にありがたい。

写真は船着場にもやった直後で、お弁当を予約した人は上陸して見学後、公園の東屋やベンチで昼食です。屋内の休憩所はないので、この時季はちょっとつらいかもしれませんね。

213029.jpg

213030.jpg晴れたり曇ったり、たまに雨も降ったりと猫の目のようにめまぐるしいので、陽が射すとこの機を逃さじとばかりカメラを向けるクセが‥‥。晴れてさえいれば、暖かくて穏やかなんですがねえ。

さて、本来ならばガイドさんに引率されて木曽川文庫他の見学なのですが、30分以上かかるとのこと。時間もないのでお詫びして失礼し、例によって閘門の周りを走り回ることになりました。
撮影地点のMapion地図

(29年11月19日撮影)

(『船頭平閘門を訪ねて…7』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 船頭平閘門 閘門 長良川 木曽川 木曽川観光船