fc2ブログ

「ひりゆう」入港!…1

(『5月15日のフネブネ…4』のつづき)

266021.jpg
レインボーブリッジをくぐって入港してきたのは、横浜海上保安部の「ひりゆう」でした。

放水銃を備えたいわゆる消防巡視船が整備されたことにより、専門の消防船「FL」に種別される船としては、今や唯一の存在になってしまった本船。東京で出会うのは初めてで、すっかり舞い上がってしまいました。

266022.jpg
邪魔にならないよう、船尾側へ距離をとって、回り込むようにしながら沖へ。「ひりゆう」はやや面舵に当てながら、奥へ入ってきました。

最初は晴海に着けるのかしら、と思っていたのですが、この方向だと有明西運河の海保バースかも。そういえば、さっき有明西運河のバースをチラッと見たら、いつももやっている測量船は全て出港していましたから、予想が的中しそうな気がしてきました。

266023.jpg
‥‥と思っていたら、「ひりゆう」はにわかに行き足を落とし、豊洲に船首を向けた形で漂泊状態に。接岸指示待ちかしら?

止まってくれたならこれ幸い、十分に距離をとりつつも、観察モードに入らせていただくとしましょう。

266024.jpg
消防船といえば、カタマランの船型が一大特徴であります。やはり堪能するには真後ろが一番でしょうと、軸線に来たときパチリ。

米海軍の音響測定艦を見たときもそうでしたが、カタマランの大型船を前にすると、あの二つの船体の間をすり抜けたくなる衝動に駆られて‥‥。う~ん、「ひりゆう」はここから見るかぎり、径間長(?)、桁下高(??)ともにちょっと無理がありそう。

266025.jpg
右舷側に出て、晴海の選手村マンション群をバックに。トランサムがぐっと広いこともあり、この角度から見るとどっしりと頼もしそうな雰囲気で、並列したファンネル兼放水塔とともに、独特のスタイルを堪能できますね。
撮影地点のMapion地図

(令和3年5月15日撮影)

(『「ひりゆう」入港!…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 消防船 東京港