最近のお手伝い4題

取材などでお手伝いさせていただいた件、4つを紹介させていただきます。最近‥‥とは看板に偽りありで、各季の「ご案内」更新履歴欄で最低限のお知らせはしていたものの、紹介しそびれて半年以上経ってしまったものもあり、この点伏してお詫び申し上げますです。

下の項目から時系列順になります。お声掛け、ご協力いただいたスタッフの皆様に、改めて厚く御礼申し上げます。ありがとうございました!

ノジュール 2017年4月号(JTBパブリッシング)

202054.jpg5年前の5月号以来、2回目のお声掛かりになります。今回の特集「東京の春10の旅」の3番目に当たる、「舟で往く東京紀行」(文・写真:杉﨑行恭氏)と題した8ページの記事で、ご担当お二人を自艇にお迎えしてのお手伝いとなりました。

ご案内したコースは、オーソドックスな亀島川→日本橋川→神田川ですが、この道にも造詣の深いライター・杉﨑氏の巧みな構成と素晴らしい写真で、復興橋梁から分水路に至るまで、見どころをふんだんに詰め込んだ、読み応えのある記事となっています。

最終ページには、河川をフィールドにする船社がピックアップされ、物流博物館も案内されているなど、本当にツボを心得ていらっしゃる! お天気にも恵まれ、とても楽しい取材でした。なお取材時の様子は、「2月19日の亀島川…1」以下をご覧ください。


散歩の達人 2017年4月号(交通新聞社)

202055.jpg3月21日発売。こちらも5年前の4月号で、山口昌彦前編集長と江東をめぐって以来になります。特集「東京ディープ案内」のうちの一つ、「東京水上さんぽのすすめ」4ページのうち、2ページの遊覧コース設定と、解説をお手伝いさせていただきました。

27年度川走り納め…14」でデビュー間もない船影を紹介した、「TOKYO WATER TAXI」に乗せていただいての、芝浦運河地帯めぐり。

いざ出てみると、工事のため通航止め区間があったりして、「一筆書き」にならなかったのは忸怩たるところでしたが、話題の艇の乗り心地が堪能でき、こちらも楽しくお手伝いさせていただきました。近日中に、取材時のスナップを紹介できればと思っています。


金曜EYE あなたも知らない!TOKYO発見旅」(NHK総合テレビ)

202056.jpg昨年12月2日(金)19:30~20:43放送。その後も再放送があったようですが、把握しておらず申しわけありません。外国の方々が、日本橋川~神田川のカヤックツアーを楽しむ映像を見ながら、番組ご案内役のセイン・カミュさんとコメントさせていただくというもの。

ええ‥‥生まれてはじめてメイク室に案内され、顔やおぐしを整えられる(地が悪いので結果はお察し)という、稀有な体験をして余計緊張しました。はい。

失敗したのは、寒いのを用心して厚着をしてきたのがたたり、収録中は汗だくに。メイクの女性に、額ににじむ汗を頻繁に拭いてもらわねばならくなるなど、もう恥ずかしいったらありゃしない(泣)。収録の合間にお話ししたところ、セインさんも2級小型船舶免許をお持ちだそうで、川めぐりに興味を持っていただけたのは何よりでした。


山田五郎と中川翔子の『リミックスZ』」(FM東京・JFN加盟局)

202057.jpgその道の専門家や趣味者をゲストに、毎回濃ゆい話題(?)を提供するラジオ番組。JFN加盟局を順繰りに回る全国放送で、FM東京は昨年7月12日および19日の二週に渡り、1:30~1:55に放送されました。

半蔵門のFM東京にお邪魔するのは、22年11月17日「Blue Ocean」に出演させていただいて以来、2回目です。お二人とも緊張する船頭に優しくお気遣いくださり、山田五郎さんには拙著、共著とも宣伝していただき、感激しました。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : ノジュール JTBパブリッシング 散歩の達人 交通新聞社 NHK FM東京

FM東京「Blue Ocean」に出演させていただきました

40001.jpgすでにお知らせしたように、昨日17日は、半蔵門のFM東京にお邪魔させていただきました。拙著がスタッフのお目に留まり、望月理恵さんがパーソナリティをされている朝の番組「Blue Ocean」にて、水路の話をせよとのありがたいお話です。

小雨がぱらつき、肌寒いあいにくのお天気の下、半蔵門に降り立った船頭。雨にけぶる濠の緑も風情があるものですが、初体験を前に緊張しているおっさん一人、もちろん景色を眺める余裕なし。

40002.jpg緊張したまま控室に通され、構成作家のO氏と打ち合わせの後、望月さんのおられるスタジオへ。

初体験なのに加えて、美女を前に(!)アガってうまくしゃべれないのではという不安がありましたが、お二人が盛り上げてくださったおかげで、後半は少し緊張もほぐれ(緊張していることには変わりはないですが)、リスナーさんからのメールも何通か頂戴し、楽しいひとときを過ごさせていただきました。ありがとうございました!

…しかし、確信犯的にコーモンを連発したのは、朝の番組としては下品すぎたかもしれんと、調子に乗りすぎたことを反省。各位にお詫び申し上げますです。

40003.jpgFM東京のビルを出た瞬間、今まで続いていた緊張が一気に緩んだせいか、寒いにもかかわらず毛穴まで開いた(笑)ような気持ちに。余裕ができると、行きには気づかなかったモノが目に入ってきて、一つ発見が。

河川情報センター」! 「洪水ハザードマップ」などを作成した財団法人ですね。ここにあったとは知りませんでした。


(22年11月17日撮影)


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : FM東京 BlueOcean 河川情報センター