2月3日の川景色…6

(『2月3日の川景色…5』のつづき)

217026.jpg荒川を横断して、これも毎度おなじみ隅田水門から旧綾瀬川を通り、隅田川に抜けることに。ご存知のようにカーブミラーが備えられているほど、見通しの悪い区間なので、慎重に様子をうかがってから前進微速。

そういえば、通航シーンをつぶさに拾ったことは久しくなかったなあ‥‥と気づき、連続でものしてみることに。何分舵を握りながらのテキトー撮りですので、お目汚しまで。

217027.jpg
長声を鳴らしながら進入開始、おっとと、結構流速が強いですね。向こうのRC橋を、ちょうど東武線の電車が通過中。

扉体の前を横切る人道橋、こうして仰ぐと意外なほど太く、頑丈な印象です。先ほどふと検索してみたら、橋の名前は「千住曙町橋梁」(江東地区の橋めぐり)というそう。緊急車輌も通行できる、河川敷道路の橋なのですね。道理でがっしりしているわけです。

217028.jpg
一つ目の赤信号が備えられた鋼製の梁は、閉鎖時の計画高水位をクリアするための、固定式扉体を兼ねたものといってよいでしょう。天端に手すりもあるので、管理橋の役目もしているみたいですね。

信号は2灯式の灯器が、巻上機室の前面にあるのですが、こうも橋でさえぎられては、一つ目のを補助信号としてつけたくなる気持ちもわかります。それとも、橋が架かる前からあるのかしら。

‥‥と、ここまで書いてから、「待てよ、『隅田川 橋の紳士録』(白井 裕著・平成5年)に写真があったぞ!」と開いてみたら、一つ目信号は架橋前から存在していたことが判明。失礼しました! しかし、赤系の塗色を今に至るも保っている水門って、珍しいですよね。「赤水門原理主義者」なので、このあたりにも惹かれてしまうのです。

217029.jpg
径間に鼻先を突っ込んだところで、少しあおり気味に。扉体の裏側に寄り添うようにして、管理橋が見え、その向こうは堤防上を走る都道449号線の橋、さらに東武線、そのまた向こうにも見えませんが人道橋があり‥‥。

扉体手前の梁も勘定に入れたら、この短区間に、実に6本もの橋が架かっているという橋梁集中点。このすぐ左手上空には、首都高向島線もまたいでいるわけですから、橋の洪水といってもいい過ぎでないところですよね。

217030.jpg抜けた直後、上下線を合わせながら河上にくねり込んでくる首都高、右手には名物カーブミラーと、板状のゴムフェンダーを打ちつけた基礎護岸が見えます。

二つの大河川をショートカットする旧河道、という来歴にも惹かれますが、水門と橋たち、高架がたたみかけるようにして織り成す川景色、そしてちょっとした難所(?)であること‥‥。旧綾瀬川、短くも実に楽しみの詰まった水路であります。
撮影地点のMapion地図

(30年2月3日撮影)

(『2月3日の川景色…7』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 隅田水門 旧綾瀬川 高架下水路

11月2日の川景色…1

161001.jpg11月2日は、同業者のN氏と近場回りに出かけてきました。数日前の天気予報では雨と出ていたものの、日を経るに従って徐々に好転し、当日朝はまずまずの日和に。「僕は晴れ男ですからバッチリです!」という、N氏のお説どおりとなりました。

少し靄がかかっているものの、光に満ちあふれて川面を輝かせる荒川へ。秋らしい爽やかな空気、水路行には絶好の季節ですよね。清砂大橋も、主塔や桁側面に朝の光を浴びて、シャープな印象です。

161002.jpg

161003.jpg
荒川をプレーニングして爽快感を味わった後は、旧綾瀬川でショートカットして、隅田川中下流部へと出る定番コース。おなじみ隅田水門を見上げ、長声を鳴らしつつ微速で進入。

日中潮位が高い日で、潮が上げている時間帯ということもあり、流れは隅田川から荒川へ向かっています。流速を感じながら、少し頭が振られるのを、舵でチョイ、チョイと抑えるのも楽しいもの。

161004.jpg
旧綾瀬川の河口近くとくれば、こちらもおなじみの伊沢造船。船台は珍しく全部空いていて、錆色に染まった床面に陽が降り注いで、のどかな雰囲気。

161005.jpg言問橋まで下ってくると、少し雲が出てきました。スカイツリーを見上げてみたら、ちょうど低い雲が薄々とからんで、でき始めの綿あめのよう。逆光も手伝って、雲海中に見え隠れする主峰のような、どこか荘厳な感じすらします。

秋とくれば、澄んだ空気の中で、細部までくっきりとした眺めが定番のように思えますが、ちょっと薄雲をからめたような姿も、群を抜いた高さを実感させてよいものですね。
撮影地点のMapion地図

(26年11月2日撮影)

(『11月2日の川景色…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 荒川 旧綾瀬川 隅田川 隅田水門 伊沢造船

12月29日の綾瀬川…7

(『12月29日の綾瀬川…6』のつづき)

141046.jpg

141047.jpg行き足もついてホッとしたところで、いま一度綾瀬新橋の浸りっぷりを。橋の向こうのテラス化工事も気になるし、またいずれ潮位の低いときにすり抜けて、上流側を再訪してみたいものです。

帰り道、小菅ジャンクション下で台船に横付けしていた曳船を一枚。こちらも操舵室前面、両舷に二本の松飾りをしてもらって、誇らしげに見えました。船名は「うめ」。

141048.jpg毎度おなじみ綾瀬水門をくぐって、綾瀬川にお別れ。光線の塩梅もよろしく、堰柱、巻上機室、扉体とも陽射しに輝いて、いいお顔が拝めました。

荒川を少し下り、首都高向島線・新荒川橋の上流で右へ。澄んだ空を映す河水も清く、平らかで年末らしい静けさ。いいですねえ、荒川のこういった表情も!



141049.jpg

141050.jpgぎらつく逆光のまばゆさに目を細めながら、隅田水門をくぐって、旧綾瀬川へ入るとしましょう。例によって一旦行き足を緩め、出船がないか様子をうかがってからふたたび前進。長声を鳴らしつつつ進入。

この好天とあって、隅田川下流部は賑わっているでしょう。都大路の年末らしさを求めて、のんびり下航してみることにしました。
撮影地点のMapion地図

(25年12月29日撮影)

(『25年度川走り納め…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 綾瀬川 荒川 曳船 綾瀬新橋 綾瀬水門 隅田水門

旧綾瀬川


より大きな地図で 旧綾瀬川 を表示

旧綾瀬川
所在地:東京都足立区千住曙町
延長:0.56km
最小水深:A.P.-2.3m
最小桁下高:A.P.+5.0m
メモ:かつて綾瀬川の最下流部だった区間が、荒川開鑿によって取り残され、結果的に荒川~隅田川を結ぶ捷水路として利用されているもの。水路上空を首都高6号向島線が通っている。
東端部、荒川口付近は屈曲と隅田水門(青鋲印)による狭窄区間で見通しが悪く、カーブミラー(赤鋲印)が設けられている。水上バスの不定期航路でもあるので、通過時は行き合い船に十分注意し、汽笛を吹鳴することが望ましい。
西端部、隅田川口角地には造船所があり、付近は曳船・台船などの船溜として利用されている。また、一部を除いた区間で護岸のテラス化が進められており、可航幅は今後狭まることが予想される。

水路をゆく 過去ログ」で旧綾瀬川を検索
水路をゆく・第二運河」で旧綾瀬川を検索

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 旧綾瀬川 隅田水門 高架下水路

旧綾瀬川の護岸工事

6130.jpg前後しますが、4月5日のお花見航行時、旧綾瀬川を通って、荒川から隅田川に抜けたときのこと。

見通しのよくないことで有名な、隅田水門から中をのぞいてみると…。いつもと様子が違います。何か工事をしているようですね。
撮影地点のMapion地図


6131.jpg水門をくぐり、旧綾瀬川に入りました。…ははあ、前回も見た、護岸工事ですか。

基礎護岸の直前に、新たに矢板が打ち込まれつつあり、さらにその前にも足場様のものが組まれて、基礎護岸から鋼材が渡されているところを見ると…遊歩道を兼ねた、テラスでも作るのかしら?
しかし、これ以上可航幅を狭めると、ただでさえ通過に苦労している水辺ラインの水上バスが、ますます通りづらくなるような…。


(21年4月5日撮影)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 旧綾瀬川 隅田水門 護岸工事 高架下水路