fc2ブログ

9月20日のフネブネ…1

(『9月20日の墨田川造船…2』のつづき)

272011.jpg墨田川造船辰巳を見た後は、辰巳運河を通って内水に戻ったのですが、珍しく先行艇が一隻いて、航跡をたどってゆっくりと抜けることに。

好天を映して水も青く、光線も塩梅よろしく、辰巳水門もいいお顔。2隻で縦陣を組んで進む面白さとあいまって、秋晴れに恵まれた水路行は何を眺めても楽しいものです。


272012.jpg
同じく辰巳運河、水門をくぐってから行逢した豆曳船「第36東庄丸」。黒い船体、フロントグラスも甲板室もない背の低いシルエット、乗り組みさんの座る椅子も昔風の折り畳みパイプ椅子と、まあ好みど真ん中。

クジラの頭のような丸い船首が押し分ける豪快な船首波、排気を含んだ噴流が船尾に盛り上がるのも、パワフルな感じが伝わってきて実に佳し。すっかり上機嫌になりました。

272013.jpg
人気コミック「ワンピース」の100巻発売を記念した展示が、浜離宮の内水面に面した「WATERS takeshiba(ウォーターズ竹芝)」で公開されており、艇からも見られると聞いて、ファンとして見逃せまいと浜離宮へ。

展示については後ほど改めますが、近づいて写真を撮っていたら、水門の外からボー、ボーと長声が。これは水上バスの入港だと察して、ゴースターンで後ずさると、間なしに水辺ラインの「こすもす」がヌッ、という感じで汐留川水門をくぐって現れました。

水上バスにとっては径間だけでなく、天地もギリギリの水門をくぐって入港するシーンは、それだけで緊迫感あふれる、迫力のある一瞬です。 

272014.jpg
水門をくぐってすぐ、左手にある観光汽船の船溜をかわしつつ、90度の取舵を切って大きく船尾を振り、ウォーターズ竹芝船着場にピタリと達着! イヤ、お見事。

そうそう、この船着場について紹介するのをすっかり忘れていました。昨年夏に開設された、都内水路の定期航路では最も新しい船着場なんですよ。遅ればせながら、覚え書き的に以下メモ。

JR東日本ニュース(2020年6月10日)」によると、昨年6月19日に供用開始、一般社団法人竹芝エリアマネジメントが「WATERS takeshiba」の前面の汐留川の占用許可を受け、 JR 東日本が整備を行っているとのこと。水辺ライン、観光汽船とも寄港する船着場です。

ただし、従来からある築地川・浜離宮の船着場は、水辺ラインの寄港は無くなったとのこと。観光汽船は寄港便を継続するとのことですから、利用する際は注意が必要ですね。詳しくは浜離宮恩賜庭園の「『東京水辺ライン』船着場変更のお知らせ(2020年7月17日)」をご覧ください。

272015.jpg水上バスの話題といえばもう一つ、つい最近知ったのですが、観光汽船が苦境に陥っており、ついにクラウドファンディングを募り始めたそうで‥‥。

【存続危機】浅草発の水上バス事業の継続をご支援ください。 - クラウドファンディングCAMPFIRE
大川筋の華、一銭蒸気の時代から存続する唯一の船社ですから、水路者としてはぜひ、何らかの形で協力できればと思っております‥‥。


(令和3年9月20日撮影)

(『9月20日のフネブネ…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 辰巳運河 汐留川 隅田川 辰巳水門 汐留川水門 曳船 水上バス 浜離宮

8月22日の水路風景…8

(『8月22日の水路風景…7』のつづき)

270036.jpg
展示飛行のコースを見てきたはずなのに、何を勘違いしたのか前回と同様、下流側を向いて「まだ来ないなあ‥‥」とボンヤリしていたのであります。後ろからゴォーッと音がして、シマッタ! と慌てて振り返りました。間に合わないかな?

うひょー、スカイツリーの上にドンピシャ!
雲が多いとはいえ、午前中を思うとありがたいくらいの青空! スモークもくっきりと映えて、前回の雪辱を果たせたような気持になったものでした。9月1日からタイトルに掲げたのは、この一瞬後に撮ったものです。

270037.jpg
いや~‥‥ねえ?
とまあ、周囲にあらぬ同意を強要したくなる素晴らしさ。すみません周りには誰もいませんでした。でも本当に晴れてよかった。

270038.jpg
しつこいようですが、アップでもう一枚。右手からの陽光に、機体の側面がキラキラ輝いて、とても素敵です。

前回よりスモークを濃くしたのでしょうか、なかなか薄まらず、機体が遠く離れても航跡がシャープに残ってくれたのは好印象でした。単に風の具合かもしれませんが。

270039.jpg川筋に沿って遠ざかる編隊を、しみじみと見送って。橋上やテラスの皆さんは、すでに帰り支度を始めていたので、今回はターンして戻ってくることはなさそうと、こちらも腰を上げました。

何度も同じことをいって恐縮ながら、この短い間に、都内の水面で繰り返しブルーの見事な飛行を拝めた嬉しさたるや。オリンピック・パラリンピックに感謝すること、しきりであります。

270040.jpg
東武線鉄橋の手前まで来ると、源森川水門をくぐって北十間川に入ってゆく艇が。前回の飛行があった7月23日、ブルー見物に繰り出してきた「HULIC」ですね。

この最奥部にある、小梅橋船着場発着の便を担当しているとは。一度乗ってみたくなりました。

(令和3年8月22日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 隅田川 ブルーインパルス

8月22日の水路風景…7

(『8月22日の水路風景…6』のつづき)

270031.jpg少し時間に余裕があったので、神田川に寄り道してみることに。といっても和泉橋の下流で反転したので、ほんの入口をつっついた程度でありますが。

静かな船宿街を最徐航で流し、いつもと変わらぬ川面を眺めながら、何か面白いものはないかしらと見まわしていたところ‥‥これは!


270032.jpg
護岸はっつきチュンさんだ!

大横川では何度か目にしましたが、神田川ではもちろん初めてとあって、愛雀家としては感動もの。海水の濃度が高い水域でしか見られないものと思い込んでいたので、意表を突かれたと同時に嬉しく思ったものです。コンクリ表面のわずかな凹凸に爪をひっかけて、懸命にしがみつき餌を探す姿、実に可愛らしいですね!

270033.jpg隅田川に戻って遡上を続行。墨田区役所前、吾妻橋船着場にはスマートな屋形船が。この船もブルー見物かしら?

船名は「第八濱新丸」、横浜に本社のある濱新さんの持ち船で、令和元年竣工というまだピカピカの新鋭。全長14.5m、19t、定員70名だそう。


270034.jpg
さて、ちょうど1ヶ月ぶりの桜橋~言問橋間に到着。今回は自艇のほか、ボートでの観覧がなかったのは少々寂しいところではありました。

到着がブルー通過の約20分前とあって、桜橋上はすでに結構な賑わい。いやが上にも盛り上がろうというものです。

270035.jpg
風と流速のままにたゆとうていたら、言問橋簡易船着場の近くで、擬木の柵に留まったアオサギさんと目が合ったので、思わずスナップ。リラックスしているのか、あまり細くなっておらず、モフモフとした印象に惹かれました。

先月同様、ブルーとスカイツリーのツーショットを狙って、対岸のテラスと橋上は大賑わいでしたが、こちら東岸は閑散としたもの。鷺さんもゆっくりできたのではないでしょうか。


(令和3年8月22日撮影)

(『8月22日の水路風景…8』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 神田川 隅田川 水辺の鳥たち

8月22日の水路風景…6

(『8月22日の水路風景…5』のつづき)

270026.jpg
この日のイグアナクレーンでは、ちょっと変わった光景を目にすることができました。おなじみ犬機関車はじめ、3輌の入替ディーゼル機と、キヤ2輌編成が線路の東端に寄せられていて、ちょうどイグアナ先生の足下に抱かれているような格好になっていたのです。

270027.jpg
曙北運河に出てから振り返って。お昼近くなると次第に雲が途切れ始め、青空がのぞいてきました。この調子だと午後は晴れそうですね。

レール運搬車がすべて気動車化されれば、機関車たちもいよいよお役御免となるのでしょう。イグアナ先生にまるで雛のように抱かれる、可愛らしいさまを眺めながら、少々うら寂しい気持ちになったことではありました。

270028.jpgいったん帰港して昼食後、ふたたび出ることに。今度はブルーインパルスの展示飛行を見るため、隅田川を目指します。

大横川で、7月22日に見た護岸工事の台船たちですが、ささやかながら興味深い点が一つありました。右手、北岸の護岸を何気なく眺めていたら‥‥。



270029.jpg
数十mに渡って、護岸に付着した貝や海苔がきれいに取り去られ、えらくサッパリした状態になっていました。写真は、貝が取り去られていない区間との境目を撮ったもの。

これから施工する区間を、あらかじめ清掃したということでしょうか。このあたりをテリトリーにしている、護岸はっつきチュンさんたちがさぞ残念がるだろうなあ‥‥。

270030.jpg前回のブルー展示飛行時同様、言問橋上流を目指して、一路隅田川を遡上。前回はスカイツリーと編隊のツーショットがいま一つの仕上がりだったので、今回は少しでもいいスナップをものしたいものです。

道々、通称「手上げ」の小型清掃船と行逢。おなじみの船影ですが、高速航行時の姿はあまり見かけなかったような‥‥。貴重なシーンに思えて、引き波でガブられながら一枚。


(令和3年8月22日撮影)

(『8月22日の水路風景…7』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 汐見運河 大横川 隅田川 イグアナクレーン 清掃船 江東内部河川

業務船の三角旗

(『8月22日の水路風景…2』のつづき)

270010_3.jpg
清掃船をはじめ、遊覧船や屋形船といった不定期の客船、またアーバンランチのような定期便の客船など、都内の河川や運河を行きかう業務船たちに掲げられた、青地に赤三角の小旗が気になっていました。

先日こちらの記事で触れたように、五輪警備に関連するものと察しはつきましたが、検索してもやり方が悪いのか、それらしきものがヒットしないのです。

ここはその道のプロに相談した方がよかろうと、ご迷惑ながらおなじみZEN船長に伺ってみることに。さすが船長、交付元の団体のサイトをすぐに教えてくださいました。ありがとうございました!

東京2020オリンピック・パラリンピック期間中における自主航行ルール『2021 CRUISE RULES』 について」(2021 Port of Tokyo 航行安全推進プロジェクト事務局)

270010_2.jpg
都内の業務船の団体でつくる連合会といったところで、一昨年から活動をはじめ、オリンピック・パラリンピック期間中の自主航行ルールを定めたとのこと。

リストアップされているフネブネは、いずれも自粛水域を航行する頻度が高いもの。三角旗を掲げて、いわば「登録船」であることを明示しておけば、警備する側の海保、警察も負担が軽減されるということでしょう。

ささやかな点ではありますが、これも警備陣やブルーインパルスと同様、五輪会期中でなければ目にできない、いうなれば一生に一度(!)の水路風景の一つであります。華やかなことどもの陰で目立たない件ながら、水路徘徊者として、記憶にとどめておきたいものの一つに違いありません。


(令和3年8月22日撮影)

(『8月22日の水路風景…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 清掃船 隅田川 東京港