FC2ブログ

2月9日の川景色…9

(『2月9日の川景色…8』のつづき)

246041.jpg
水上バスの航跡をなぞりながら、隅田川を下航。引き波で乱れた川面が逆光でキラキラ輝く向こう、視界を圧する隅田川大橋の下に永代橋を望み、上航船もあってと、街場の川の魅力を凝縮したような、どこか贅沢なシーンでした。

246042.jpg舵を右へ切り、引き波を越えるこころよい衝撃を感じながら、日本橋川へ進入。

豊海橋のジャッキアップが終わった後も、堤防と護岸の改良工事が続いている日本橋川河口部。日本橋船着場の存在もあり、通航量も多いとあって、両岸の修景も併せて、旧来のコンクリート堤防の改修が必要なのでしょう。

246043.jpg
日本橋川に入った目的は、復元工事も終盤戦に入った常磐橋を見ること。屈曲を過ぎ、すぐ下流の常盤橋のアーチに入ると、視界に入ってきました。さて、どこまで進んだかな?

246044.jpgおお、左径間の支保工と、橋脚周りの鋼矢板が撤去されている! 影になってちょっと見づらいですが、前回、昨年11月の訪問時にくらべたら、だいぶすっきりとしましたね。

何より嬉しかったのは、橋脚周りの鋼矢板が取り去られたことです。だって‥‥。


246045.jpg
原形に復元された水切りと、初対面がかなったのですから!

平成24年6月の記事「常磐橋哀歌」でも触れましたが、絵葉書でわかるように、原形では上下流とも銘板近くまで高さのある水切り(整流覆)を備えていたのが、後年の加工で上流側はなくなり、下流側は低められて最近に至ったわけです。

復元前の形態が、いつ、またなぜ成立したのかは知りませんが、純粋な石橋が解体調査の後、元の姿を取り戻すことはそうそうあることではないでしょう。それを長きに渡った工程を含め、川面からつぶさに眺められた喜び、言葉に尽くしがたいものがありました。
撮影地点のMapion地図

(令和2年2月9日撮影)

(『2月9日の川景色…10』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 隅田川 日本橋川 高架下水路 常磐橋 水上バス

2月9日の川景色…6

(『2月9日の川景色…5』のつづき)

246026.jpg

246027.jpg吾妻橋、塗り替え後に構造を仰ぐのは、これが初めて。東側径間を微速で流しつつ、つやのあるペイントの肌を愛でて。

同系色とはいえ、以前のそれにくらべて少し暗い目の、エンジというか、あずき色に近い印象を受けました。以前の赤も雷門の丹塗りを連想させてよいものでしたが、今回の色も鋼橋らしい引き締まった感じで、品もあり悪くありません。

246028.jpg
そのままゆるゆると下航していて、何となく行き過ぎてしまったところで「そうだ!」と180度回頭して戻りました。ご無沙汰していた竪川に、ちょっと寄り道してゆこう!

流速に抗しながらの接近とて、角度がついてしまいうまく撮れませんでしたが、堅川水門と間近に相対するのも久しぶりな気が。

246029.jpg
くぐって裏側も一枚。何度か触れた、隅田川東岸の水門たちに見られる「統一デザイン」の範疇に入りますが、2灯式信号が巻上機室前の縦型、扉体前管理橋の横型と2種類あるのが、横型で揃えている他の水門と違っていますね。

巻上機室の回廊や管理橋の手すりを、上端1本のみ赤く塗っているのは、更新後の新小名木川水門でも見られましたが、洒落た感じがしてよいですね。もっともこれは安全上の配慮で、装飾の意味はないのかもしれません。

246030.jpg水門をくぐった直後の光景を、久しぶりに訪れた記念にスナップ。高々と水面上にそそり立つ門型橋脚、そしてその高さゆえ、高架下水路としては明るく、一直線の線形も手伝って爽快感のある独特の景観。

長きに渡り、護岸改修や水門の更新工事が続いていて、大横川へ抜けられないこともあり何となく敬遠していて、すっかりご無沙汰してしまいました。だいぶ様子が変わったことと思います、一部区間のみの寄り道ながら、堪能してゆこうと微速前進。
撮影地点のMapion地図

(令和2年2月9日撮影)

(『2月9日の川景色…7』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 隅田川 堅川 堅川水門 高架下水路

2月9日の川景色…5

(『2月9日の川景色…4』のつづき)

246021.jpg
右手に肩を寄せ合うようにしてたたずむのは、東京ガス千住整圧所のガスタンク群。堤防越しでも4分の3ほどが見て取れる巨大さですが、どこか日向ぼっこをしている小動物のようでもあり、可愛らしく感じられたものでした。

246022.jpg

246023.jpg白鬚橋をくぐり、距離をとったところで振り返って一枚。補修も終わって足場が撤去され、こうして美しい全容を眺められたのも、ずいぶん久しぶりな気がします。

さらに下って、おなじみ浅草が近づいてきました。言問橋を間近に見上げた瞬間、「ことといおいで」という駄洒落が脳裏にひらめき、一人ニンマリする不審船長。‥‥ええ、「おとといおいで」にかけたわけで‥‥すみません。

246024.jpg11月10日の水路風景…2」でも触れましたが、東武線は隅田川橋梁の上下流側面に、人道橋を併設する工事の進捗を観察。

目の前に架設されているのが単なる足場なのか、波板の上にスラブを敷いて人道橋になるのか、はたから見たかぎりではわかりませんが、着々と進んでいるようですね。

246025.jpg
吾妻橋上流まで来ると、ちょうど「リバータウン」が中央径間を抜けて、着岸姿勢をとったところでした。あちらが落ち着くまで、東岸に寄せ減速して待機。

吾妻橋も補修工事が終わりに近づいて、きれいに塗り上げられた構造が全貌をあらわしてきました。まだ上下流には警戒船が漂泊しているので、彼らに手をふって挨拶しながら、東側径間を微速で通過します。
撮影地点のMapion地図

(令和2年2月9日撮影)

(『2月9日の川景色…6』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 隅田川 水上バス

2月9日の川景色…4

(『2月9日の川景色…3』のつづき)

246016.jpg

246017.jpg上架されていたのは、台船‥‥というかポンツン桟橋でしょうか、味のある抜き文字で「船1号」とありました。都章がちゃんと入っているのもいいですね。キャンバーのついた甲板には緑の滑止ペイントが塗られ、ボラードのほか複数のハッチや空気抜きなど、意外とディテール豊かです。

船台のあるスロープの水際では、オオバン君たちがおくつろぎ中。寒さで丸くふくらまり、可愛いものでした。

246018.jpg
伊澤造船の本屋(?)を正面から狙い、いかにもバックヤードらしい雰囲気の屋内を撮ってみたかったのですが、残念ながら影になっていて失敗。

それでも、水面に張り出したトタン張りの本屋に、枠で無造作に吊り上げられたFRP艇、星霜を経た護岸の肌や錆色の鋼材、手前に浮かぶおなじみ「伊沢丸55号」と、街場の造船所らしい滋味あふれる角度で、よいものでした。

246019.jpg

246020.jpg旧綾瀬川を出て右を見たら、トタンの上屋がついたいい感じのポンツン桟橋に、コンベア清掃船「第二みどり丸」がもやっており、真横につけて一枚。

隅田川に出ると、すぐ上流が屈曲であるせいか、荒川よりだいぶ風が穏やかで、しばらく微速のままリラックスムードで下航。気ままに寄り道しながら、南下とまいりましょう。
撮影地点のMapion地図

(令和2年2月9日撮影)

(『2月9日の川景色…5』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 旧綾瀬川 隅田川 伊澤造船 水辺の鳥たち 清掃船 曳船 台船

令和元年度川走り納め…14

(『令和元年度川走り納め…13』のつづき)

245066.jpg
第一航路に躍り出て取舵、スロットルを勢い込んで倒し、デッドフルで北上。東京港の南限にあたるこのあたりが、ここまで穏やかな日に当たるのはそうそうないこと。思い切り飛ばして、静穏さの恩恵にあずかりたくもなります。

245067.jpg
第一航路といえば、以前も紹介した建設中の新客船ターミナル「東京国際クルーズターミナル」の進捗が気になって一枚。まあ、前回からひと月ちょっとしか経っていないので、あまり変わり映えがないような。しかし、この角度から見ると、船の科学館も宗谷も、すっかり隠れてしまっていますね‥‥。

245068.jpg隅田川に入って、亀島川水門の進捗も一枚。前回10月1日の時点では、巻上機室が撤去されていましたが、この日見たらその下、鋼桁も撤去済みでした。

亀島川水門、設備一切を更新したのがほんの10年前。こんなに短いスパンで大がかりな工事が入るとは、何か理由があってのこととは思うものの、慌ただしいことではあります。

245069.jpg

245070.jpg再塗装成り、足場も取れてすっきりした永代橋を仰いで。好みからすると、ブルーが淡くて物足りない気もしますが、かつての「帝都の門」の威容は健在、美しい姿で五輪を迎えられてなにより。

当たり前ですが裏側もきれいで、手が届くなら撫で回してみたくなるほど。テラスから眺めても楽しいでしょう。


(元年12月31日撮影)

(『令和元年度大晦日のフネブネ』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東京港 隅田川 亀島川水門