10月9日の荒川スナップ

(『荒川河口のフネブネ』のつづき)

212011.jpg以下、荒川を遡上した道々のスナップをいくつか。好天に恵まれ風も穏やか、馴染みの水路であることも手伝って、気持ちのよい川走りでありました。

閘門様におかれましてはご機嫌麗しく。この角度から眺めると、前後扉室の堰柱が、高さに相当の差を持って造られているのが実感できますね。荒川の堤防高と、内部河川の水位低下分を足した寸法が、目で実感できる場所でもあります。

212012.jpg
小松川橋附近で見た高圧鉄塔の基部、直書きされた警告が気になって一枚。この手の注意書きって、当たり前のように思って気にも留めないと、ある日突然なくなってしまったりするので、まめに記録しておくにしくはなし。

高水敷に立っているので、計画高水位の分をコンクリート製にしたと考えてよいのでしょう。陸上ではあまり見られない形態に思えましたが、いかがでしょうか。

212013.jpg木根川橋の「河川情報板」に、珍しく実のある(失礼)メッセージが。「中川水門通航止め/11月1日~3月下旬」‥‥あらら、中川中流部のマリーナに繋留しているオーナーは大変ですね。

中川の屈曲区間を下ってきたら、上平井の合流点で綾瀬川を綾瀬水門まで上るか、下って江戸川競艇場を突っ切るしかなくなってしまうのか‥‥。

通航艇が増えたら、競艇場の上下流で警備についている、警戒艇が忙しくなりそうではあります。東京湾に出るだけなら、新中川と旧江戸川を南下するコースもありますが、ほぼ全部が徐航区間なので、せっかちなオーナーさんにはツライかもしれません。

212014.jpg
日暮里・舎人ライナー、荒川橋梁に迫って一枚。仰げば流れるような曲線を描く上すぼまりの橋脚、桁下高があることも手伝って、どこか爽快感のある眺め。荒川可航部随一の美人橋梁といっても、いい過ぎでないでしょう。

212015.jpg
芝川水門の前まで遡上してきました。お久しぶりの芝川水門、中途半端に補修されて、しかも左の扉体のみ汚れており、何やらまだらに見えますね。右の堰柱から「使用前・使用中・使用後」みたいな感じ(笑)。

扉体に貼られた「調整中」のステッカー、もはや「そろそろ外したらどうかなあ」という気持ちも失せて、ディテールの一部と化しています。それとも、外せない事情が何かあるのでしょうか。
撮影地点のMapion地図

(29年10月9日撮影)

(『新芝川河口部の水門たち』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 荒川 荒川ロックゲート 閘門 芝川水門

満願寺閘門の絵葉書

23年8月10日に訪ねた、小阿賀野川流頭部にある満願寺閘門(『満願寺閘門…1』以下のシリーズ参照)。ずいぶん前に、竣工時間もない時期の撮影と思われる、昔の絵葉書を入手しました。

ははあ、竣工当初はローラーゲートでなく、マイタゲートだったのか。ゲートの上に土盛りは見えないから、堤防の増高が行われる前はこんな風だったんだなあ。法面の護岸は、今とあまり変わりがないような‥‥。などと、月並みな感想を脳内で巡らせながら、閘門の絵葉書を入手できたことを、ごく単純に喜んでおりました。

211029.jpg
新津町小阿賀之川閘門(東洋館製)
宛名・通信欄比率1:1、大正7年4月以降の発行。


おや、と思ったのは、最近この絵葉書を再び取り出して、訪問時の写真(下)と見くらべたときのこと。ゲートの擁壁が露出している長さから考えると、明らかに昔より、閘室の幅が狭くなっているような。護岸も高くなっています。

満願寺閘門…4」で紹介した説明板「満願寺公園案内図」によれば、「本川堤防の嵩上計画及び旧施設の老朽化により、昭和45年から改築に着手し昭和48年3月に完成」したとあります。文字通り素直に受け取れば、在来の閘門をそのまま“近代化改修”し、今の姿になったと解釈できるでしょう。

ここでふと、疑問が生じました。ゲートを新しく造り替え、閘室の幅が変わるような大改修の間、通航は完全に途絶していたのでしょうか? 昭和40年代、まだまだ通航量はあったはずですから、それはちょっと考えづらい気がします。

むしろ、「旧施設」で通航を維持しながら、それこそ隣接地にでも新しい閘門を造り、その竣工後に「旧施設」を廃止するのが自然な動きのはずです。

211030.jpg
ウェブ上に何か、そのあたりがわかる資料はと検索したところ、「満願寺閘門と小阿賀樋門」(阿賀野川河川事務所)がヒット。それによれば、昭和3年3月に「初代満願寺閘門を設置」とありました。

えっ、「初代」? 同位置で改修増築しただけなら、わざわざ初代とは書かないような。やはり現閘門は、一から新築されたものなのかしら? ちなみに「運河と閘門」(日刊建設工業新聞社)の巻末リストでも記述はほぼ同様で、違いは“初代”閘門が「小阿賀閘門」と名付けられていたこと、「門扉型式」の項目で「初代は鉄製合掌扉」の2点でした。

手元に決定的な資料もないので、ここは国土変遷アーカイブにおすがりするしかないと、祈るような気持ちで(大げさだな)満願寺閘門付近の空中写真を検索。

残念ながら、工事中である昭和45~48年のものはなかった(泣)のですが、それならばと、“改築”前の昭和37年と、竣工後である昭和50年のものをお借りして、見くらべてみることにしました。

211030_03.jpg
MCB621-C24B-10」(昭和37年5月11日撮影)。マイタゲートも判別できるし、何よりコーレンボウとおぼしき、細身の和船が閘室内外にみっちりなのが嬉しい、舟運が元気だった時代の姿。

さて、“改築”間もない、昭和50年とくらべてどうでしょうか。

211030_05.jpg
CCB7510-C16-39」(昭和50年11月12日撮影)。護岸の色も真新しい、竣功2年後の閘門。見くらべてみると、閘室の阿賀野川への取り付け角が浅くなっているのがまず一つ。閘室南岸の道が移動していないとすれば、現閘門は旧閘門の北側に新設され、旧閘門は廃止後埋め立てられて、そこに現在の公園が造成されたように見えたのですが、いかがでしょうか。

しかし、こうして高空からの視点で眺めただけでも、「改修」という言葉から感じる小工事の印象とは、真逆のものだと思いました。特に閘門・樋門周辺の造成は原形をとどめないほどの、大工事だったことが理解できます。

211030_02.jpg
というわけで、決定打には欠けるものの、満願寺閘門は、「先代」旧小阿賀閘門の隣接地に、新たに開鑿・建造されたものと推察しました。何ともお恥ずかしい話ではありますが、一つお利口になった(?)と思えば、絵葉書さまさまといったところです。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 満願寺閘門 閘門 絵葉書・古写真 小阿賀野川

中島閘門に寄り道…2

(『中島閘門に寄り道…1』のつづき)

211016.jpg

211017.jpg「もみじ」の入閘を眺めて。堰柱のないマイタゲートは、閘室に入っても船がよく見えて、ローラーゲートのそれとはまた違った魅力が楽しめるものです。

排水の間に後扉室のそばへ移動し、出閘の様子も堪能。前日までしばらく雨天続きでしたから、この日は乗船希望のお客さんが引きも切らなかったのではないでしょうか。


211018.jpg
気になる階壁をのぞき込んでみると、おや、前回と違って水平面が泥か苔のようなもので覆われて、石張りが見えなくなっていますね。

今回は潮位の関係で、前回よりわずかに排水時の水位が高く、階壁を浸すくらいで露出はしませんでしたから、そのせいかなとも思ったのですが、どうでしょう。降雨量とか水温の関係で、藻が湧きやすかったとかもあるかもしれません。

211019.jpg

211020.jpg階壁に気を取られていたら、「もみじ」が早くも一周して戻ってきました。背の高いオーニングも見下ろせるような、大きな閘程(水位差)も魅力の一つです。

一つ忘れていました、がーさんたちがツブれていた桟橋の脇、「むくり護岸」と通称される、天端が曲面に成形された石組み護岸が現地保存されています。テラスでなく桟橋とすることで、護岸の原形を損なわず、また訪れた人が観察できるよう配慮されているというわけでした。

(29年9月23日撮影)

(『“ガンダーラ”にも寄ってみた!』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 富岩運河 中島閘門 閘門 富岩水上ライン

中島閘門に寄り道…1

(『萩之浦閘門跡を訪ねて…2』のつづき)

211011.jpg

211012.jpg萩之浦閘門跡を訪ねた後、そのまま神通川の堤防道を戻れば、当たり前ですがすぐ近くを通るということもあり、富山水路の顔役である、中島閘門に寄ってみました。前扉室ゲートをまずは一枚、左端にたゆたうカップ麺の器はご愛嬌。

このとき閘室は注水中でした。船が来るのかな? ズームでたぐり寄せて、扉体に掲げられた銘板も。純径間9.09m、扉高2.995m。

211013.jpg
上流側にある桟橋の上では、鴨さんたちがおくつろぎ中でした。平たくツブれたり、丸くfくらまって首を突っ込んだりと、可愛らしい姿を見られてトリ好き冥利であります。

この部分は竣工当時の護岸を保存していることもあり、歩道も桟橋になっているのですが、ジョギングの人が頻繁に通り、どすんどすんと結構な音と振動が伝わります。それでも鴨さんたちは涼しい顔、すっかり慣れているようですね。

211014.jpg

211015.jpgモーターのうなりが高まり、扉体が開きはじめました。ああ、マイタゲートが水面に渦を作って開扉するシーン、何度見てもいいなあ。

‥‥と、船がやって来ました。前回訪ねたときにお世話になった「もみじ」。お陰でゲートの運転も眺められました、いいタイミングで来てくれたものです。水面でまったりしていた鴨さんが、慌てて逃げてゆくのも微笑ましい。いや、寄ってみてよかった!
撮影地点のMapion地図

(29年9月23日撮影)

(『中島閘門に寄り道…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 富岩運河 中島閘門 閘門 水辺の鳥たち 富岩水上ライン

富岩運河の絵葉書に…

富岩運河(関連記事はタグ『富岩運河』で表示)を題材にした昔の絵葉書に、一つ気になったところがあったのでご紹介します。

207053.jpg
富山新風景 岩瀬港に通ずる富岩運河
宛名・通信欄比率1:1、大正7年4月以降の発行。


現在の環水公園、船溜に至る終端部の屈曲から、北の直線区間を望んだ写真。白く反射するコンクリートの法面、乱れなく一直線に走る水際のラインに、昭和9年の竣工からまだ日が浅い、清新さを感じさせます。

少し風の強い日に撮影されたのでしょう、水面は波立っており、船影のない水路の広大さが強調されていますね。左下には別枠で、東岩瀬港の岸壁に接岸する、本船の姿も収められています。

207055.jpg
前回訪問時、27年6月20日に撮ったものから、絵葉書と近い角度の写真を探してみました。こちらの方が目線が低いですが、現在は左手にレストランが建っており、テラスも大きく前進して設けられているので、同一視点で運河を望むことはできないでしょう。

こうして比較してみると、橋が新設されたこと、また両岸からテラスが張り出し、木も植えられて公園化されたたことで、運河が実際以上に狭まって見えますね。工業地帯造成のインフラから、公園地に潤いを与える水辺へと、80余年を経ての変貌ぶりが実感できる角度といえます。

‥‥で、気になったところというのはですね(ためんなと)。イヤ、みなまでいわずとも、もう先刻ご承知と思いますが。

207054.jpg
右下にほんの少しですが、牛島閘門の扉体が写っていた!

復元された今の姿でない、原形、現役時を目にするのは初めてです。後扉室の扉体、しかも片割れのさらに上半分だけではあるものの、ほんのひとかけらでも当時の様子に触れられるのは、閘門バカにとって慶事であります。

何より先に目線がちゅ~と吸い寄せられたのは、扉体の開閉設備が、たった1本の丸棒であること! 

イヤ、人力で済ますにしたって、カウンターウェイトを兼ねたレバーを、軸とは反対方向へ扉体の延長線上に伸ばすとか、もうちょっと簡単かつスマートな方法が、他にあるような気がするのですが。

国内ではロッドに、車地やラックなどを組み合わせ押し引きさせた例が多かった(『北上運河閘門めぐり…7』参照)ので、それを極限まで省いたのが、この形ということなのかしら? マイタゲートの開閉法で、私が見たかぎり最もチープで、それがゆえに珍しく、惹かれるものがありました!

わずかとはえ、ディテールも検分してみましょう。特徴あるランボードの手すり、現在は帯材に穴を開けて、丸棒を通してから輪にしているつくりですが、これは原形をなぞったようですね。排水用スライドゲートの操作把手は、頭がT字形をしているのがわかるものの、単に上下させていたのか、スピンドルを回していたのかはわかりません。

開閉用の棒、扉体との接合部はどうなっているのでしょう。ボールジョイントなんて気の利いたものはなかったでしょうから、見たところ穴を開けた帯材を立ち上げて、棒の先端には金具で輪を作り、ルーズに繋げていただけのように思われます。

207056.jpg
19年8月8日に撮った、牛島閘門後扉室。閘室は当時からのものを、大きな改修をせず流用したようですから、絵葉書と位置は変わりません。ただ、テラスが大きく前進し、おまけに橋も架けられたので、水際はすでに遠く、ずいぶん雰囲気は異なります。

しかし、こうして絵葉書の写真で、竣工間もないころを眺めた後だと、復元に当たってオール電動化したことが、なおさら気になってきます。復元当初は、鼬川への定期航路立ち上げが計画にあって、ためにモーターライズが必須になったのかしら。

イベント的な通航も絶えてなく、静態保存に限りなく近づいている現状では、ハテ? と首をひねるのが正直なところ。むしろ人力操作の方が、原形を忠実にという筋も立ち、しかも管理がぐっと楽になり、また通航体験としても、全国的に希少なやり方が、昔のまま保存されているということも手伝い、充実したものになったように思えます。

まあ、扉体を押し引きする人のことを考えると、むしろ大変だとは思いますが‥‥。勝手なことをいい散らかして申しわけありません。以上、夏の夜の閘門バカ妄想でありました。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 富岩運河 牛島閘門 閘門 絵葉書・古写真