FC2ブログ

消えたマイタゲート閘門、二題

すでに撤去されて久しい、マイタゲートの閘門を写した絵葉書を2枚ご紹介します。いずれも竣工間もないころの撮影と思われるものです。

220086.jpg
ROCKENYA-LOCK AT NEZUMIJIMA
裏面に「大阪若林獨立軒製版印刷」の記載あり。
宛名・通信欄比率2:1、明治40年4月~大正7年3月の発行。


新淀川開鑿を主とした淀川改修工事の一環として、中洲である鼠島に明治43年竣工した、六軒屋閘門を写したものです。扉室両岸に洋装の人物が多く集まっているところを見ると、竣工からさほど日が経っていないときに行われた、記念撮影のように思えます。

「運河と閘門」によると、最小幅10.91m、有効長89.08mで、大正12年に六軒屋第二閘門が併設されたため、以後は六軒屋第一閘門と呼ばれるようになりました。用途廃止は昭和25年3月だそうで、鼠島とともに現在は埋め立てられて面影はなく、「六軒屋閘門」(北摂の街道・道標)によれば、記念碑が立つのみとのこと。

220087.jpg
扉室をアップでトリミングしてみましょう。ゲートの様子からして、開いている手前は後扉室(低水位側)で、六軒屋川の上から写した写真ということになります。閘室の岸は、土のままか、何らかの護岸を施してあるのかはわかりませんが、法面ですね。すでに多数の舟が入閘し、注水を待っているのがうかがえます。

六軒屋閘門の消長については、「ある小さな島(鼠島)の生涯 その6」(なにわ ふくしま資料館)に詳しくまとめられており、私ごときがつけ加えることはありません。ぜひご覧いただきたいのですが、それとは別に、今回大いに驚かされたことが一つ。

絵葉書に書かれた版元名「若林獨立軒」で検索したところ‥‥、「若林鍼灸院のブログ『獨立軒雑記帳』」がヒット。これがナント、獨立軒のご子孫の方のブログなのでした!

業種こそ創業時と違うとはいえ、つい最近まで同じ屋号を名乗って営業されており、しかもご先祖の業績を顕彰されている! 素晴らしいことではないでしょうか。船頭もかくありたいと深く感銘を受けたのでありました。

220089.jpg
志木町商工會(伊呂波橋)横内辰男撮影
宛名・通信欄比率1:1、大正7年4月以降の発行。


右上の写真、3径間の水門に併設されたマイタゲート閘門は、宗岡閘門。新河岸川にもかつて閘門があったことは、「川越舟運」(斎藤貞夫著:昭和57年6月初版・さきたま出版会)を読んで知り、非常に短命だったこともあって、以前から気になる存在でした。

10年前、「新河岸川再訪…4」でも少し触れましたが、直線河道化にともない、長きに渡り「川越夜船」でその名を知られた通船を、昭和6年に禁じられた新河岸川。この宗岡閘門が竣功したのは、驚くなかれ昭和4年! 通船禁止後もしばらくは通航が続いたであろうとはいえ、「悲劇の閘門」と呼んでも、決して大げさではないでしょう。

220088.jpg
宗岡閘門、直線河道化により水深が保てなくなった宗岡村(現志木市)から上流を、堰上げと閘門によって舟航を維持する目的で建造され、工事の労働者には近隣の農民はもとより、失業した船頭たちも参加したとのことです。

ふたたび「運河と閘門」から諸元を引くと、閘頭部幅6.0m、全長37.1m、ゲート間25.76m、扉体は鋼製。躯体は用途廃止後も長らく残っていたようで、昭和53年より閘門部分撤去開始との記述も。ウェブ上では、「新河岸川を歩こう! 6日目 柳瀬川合流点から南畑橋まで」(ハイフィネス・ジャパン株式会社)に、現地の説明板とおぼしき写真が掲載されていますが、それによれば昭和55年に撤去とありました。

写真を目にしてまず違和感があったのは、水門の堰上げの低さにくらべて、閘門がやけに高く造ってあること。素人目には、いずれは堤防や護岸を嵩上げできたら、水門も閘門に合わせて高める計画でもあったのかな、と勘繰ってしまったほど。まあ、このレベルの堰上げで、通船できる水深には十分ということなのでしょうが、それにしても閘門の高さは気になります。

通船禁止を間近にしての建造といい、首をひねらざるを得ないものがありますが、短命であったがゆえに希少な竣工直後の写真に出会えたことは、閘門好きとして嬉しいことには違いありません。このあたり、新たな史料の発見やご教示に待つところ、大なるものがあります。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 絵葉書・古写真 閘門 六軒屋閘門 宗岡閘門 六軒屋川 新河岸川

工事中の扇橋閘門を訪ねて…3

(『工事中の扇橋閘門を訪ねて…2』のつづき)

220061.jpg
橋の下を抜けて、工事中の扇橋閘門と正対。う~ん、ちょっとした耐震補強レベルとかと思っていたら、根こそぎ造り替えるような大規模なものだったんですね。

巻上機室や扉体が失せ、二本の堰柱も養生されすっかり外観の変わったゲート周りもさることながら、左手にあった操作室の建物が姿を消していたことにショックを受けました。通航のたびに職員の方に声をかけていただき、開放日には見学させていただいたり(『満漢全席小名木川…4』ほか参照)と、思い出深い建物でしたんでねえ‥‥。

220062.jpg
何分袋小路ということもあり、ここから眺めるよりほかありません。スロットルをさらに絞り、左に回頭しながら接近。護岸の浮き上がりを防ぐためか、左手の水際には土嚢が積み上げられています。堰柱を養生するパネル、この角度から見ると、奥行きがずいぶんあることがわかりますね。

従来とは面目を一新した、見た目にも堅牢そうなゲートに生まれ変わりそうで、楽しみではあります。あっ、もしかして、隅田川東岸の更新水門たち同様「統一デザイン」になるのかしら? 都江東治水事務所管内だし、可能性はありそうですね。ともあれ、再来年4月1日からの再就役(都建設局PDF『扇橋閘門耐震補強工事に伴う扇橋閘門閉鎖のお知らせ』参照)を待つとしましょう。

220063.jpg竣工時の姿をあれこれ想像しながら、反転して西行。閘門様みたいに、一般供用初日に一番乗りで通航できたらいいなあ‥‥。

これまた魅力的な豆曳船、「30東庄丸」を一枚。操舵席のハードトップがない、低く抑えたシルエットに、船首近くのごついキャプスタンが目立っていて、小兵ながらパワフルな感じがみなぎっています。


220064.jpg帰路に空を見上げると、まあ、春海運河にいたころとは打って変わった、悔しくなるような青空。巡視船を撮っているとき、どうして晴れてくれなかったかのかと、天に向かって文句の一つもつけたくなります。

写真右手、鋼管矢板を打った護岸が、従来のそれより大きく前進していることがわかりますね。護岸がより頑丈になり、テラスも拡幅されるというわけでしょう。


220065.jpg
隅田川に戻って遡上、両国ジャンクションを見上げると、おお、すっぽりパネルで覆われて、こちらも工事ですか。まことインフラには、不断の整備が欠かせないことを実感します。ううしかし、空はさらに、抜けるように青く澄んできた‥‥ギギギ(泣)。
撮影地点のMapion地図

(30年5月20日撮影)

(『5月20日の神田川・日本橋川…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 小名木川 隅田川 江東内部河川 扇橋閘門 閘門 曳船

工事中の扇橋閘門を訪ねて…2

(『工事中の扇橋閘門を訪ねて…2』のつづき)

220056.jpg

220057.jpg大横川との十字流に到達。ここに至るまでも、護岸工事の台船やらクレーン船やらで、目移りしながらの微速航行でしたが、十字流も鋼管矢板と業務船で賑やかですね。

KATOのロゴが目立つ、バックホウ装備の浚渫船を一枚。タイヤフェンダーが半ば近くまで沈み、ちょっと喫水が深すぎる気もしますが、燃料を満載して間がないのかな?

220058.jpg

220059.jpg北側、堅川方面をのぞくと、鋼矢板が伸びつつあり、クレーン船が河道の半分を塞いでいます。通航止めの表示は特になかったので、通ることはできそうですね。

反対の南側、木場方面もかくのごとし。テラスの幅を広げて、本格的(?)な遊歩道としてリニューアルされるのでしょうか。


220060.jpg
色々と引っかかってしまいましたが、というわけでようやく新扇橋の下から、扇橋閘門を望んだところ。あらら‥‥思った以上に徹底的な更新のようで、風景が一変してしまいましたね。近づいてみましょう。
撮影地点のMapion地図

(30年5月20日撮影)

(『工事中の扇橋閘門を訪ねて…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 小名木川 扇橋閘門 浚渫船 閘門 江東内部河川

1月21日の川景色…6

(『1月21日の川景色…5』のつづき)

216061.jpg

216062.jpg新小原橋と亀戸線の下に鼻先を突っ込んだあたりで、小原橋改架工事の足場が見えてきました。堤防を切り取って流路にかぶさるその姿、思ったよりずっと重厚な感じ。重機の荷重にも耐えられるつくりなのでしょう。

足場をくぐっているとき、橋脚に目をやると、透明度の高い河水を透かして、河底から鋼材が立ち上がっている様子が見えました。


216063.jpg意外だったのは、先々代・先代の橋脚ともに健在だったこと。とっくに撤去されたのかと思っていました。

足場の位置からして、架橋される場所は、2代の旧橋から受け継いだここになるのかな。いずれテラスが延伸されれば、この遺構たちも取り去られる運命でしょうから、訪ねておけてよかったです。


216064.jpg
扇橋閘門が工事中のため、帰りも当然閘門様のお世話に。そうそう、一つ紹介し忘れていた設備があったのだった。これ、下がっている把手をガコンと引くと、閘門が作動するアレですよね? 水郷など、下利根流域のセルフ操作閘門ではおなじみの設備です。

箱の表面には手前から「荒川行」「停止」「インターフォン」と3つの選択肢がありますが、下がっている把手は今のところ1本のみで、機能しているようには見えません。ずいぶん前からあるんですけれど、セルフ化の計画が当初からあって作ったはいいものの、竣工後何かの理由で沙汰やみになったのでしょうか。

まあ、水郷にあるような小さな閘門ならともかく、こんなに大きなものをセルフ化するなんて、万が一のことを考えるとぞっとしませんから、これでよかったのかもしれません。

216065.jpg
荒川に出ると、珍しいことに入閘待機艇が多数。漕艇クラブの皆さんでしょうか、ゆるく漕いで船位を保持しながら、こちらの出閘を待っていたのです。

陽はすでにだいぶ傾き、風も出てきてさざ波立った川面に、軽く緊張感を漂わせたゆたう艇たちの姿、なかなか風情があってよいものでした。
撮影地点のMapion地図

(30年1月21日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 北十間川 荒川 江東内部河川 水位低下化河川 荒川ロックゲート 閘門

1月21日の川景色…4

(『1月21日の川景色…3』のつづき)

216051.jpg閘門様の注水・開扉を待つ間、ふと目を向けておや、と思わせるものがありました。通るたびに目にしておなじみのはずの、小名木川排水機場排水門です。

巻上機室の上屋が、ステンレスかアルミの、生地のままの無塗装の電車に見えることに、今回初めて気づいたのでした。その長さといい、遠目にはコルゲートに見える横筋といい、子供のころ目にした、初期のステンレスカーを思わせたのです。

216052.jpg
ズームでたぐってみると、コルゲートに見えた筋は羽目板のようなパネル状の継ぎ目でしたが、車体(?)の幅にせよ、屋根の曲線にせよらしいですし、さらに妻板の扉の様子も貫通扉っぽく、イヤに鉄道車輌臭が!

ホンモノとここが違うと、細かいことをいい出せばきりがありませんが、見れば見るほどその、微妙に外した「らしさ」に惹かれるものが。11年前に綾瀬川で見た、凸電以来の面白さであります。

216053.jpg
窓もホラ、遠目には二段窓に見えますよね。実際はハメコロシらしいけれど、一つ一つがも少し寄っていて、位置が下だったらさらにらしいナ、などとうるさいことを(脳内で)つぶやく船頭。

アップで中央部のみ切り取ると、まるで高架上のホームに停まった電車のようにも思えるほど。電車に似た巻上機室、もしかしたら他にもあるかもしれない‥‥。これからは注意して眺めてみよう。

216054.jpg
上流側正横に見えるのは、塗装もほとんど剥落し、たび重なる増水で螺旋階段を歪ませた、廃量水塔。静穏な川面に姿を映したさま、まるでこの周りだけ時間の流れが止まっているようで、寂しさの中にも、独特の風情が感じられました。

216055.jpg新しい発見に上機嫌でいたら、間なしに扉体がしずくを滴らせて開き、電光掲示が変わって通航可を現示。閘門様の威容を仰ぎながら、通閘と相成りました。

この調子なら、内部河川に入ってもいろいろ発見がありそう。おつむを打つしずくに首をすくめながら、期待に胸をふくらませて進入したのでした。

(30年1月21日撮影)

(『1月21日の川景色…5』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 荒川 小名木川排水機場排水門 荒川ロックゲート 閘門