横利根閘門の外輪川蒸気二題

横利根閘門の絵葉書六題」でも紹介したように、横利根閘門は水郷の名所として、絵葉書の題材にもよく取り上げられ、ために通航シーンも数多く残されています。今回はその中から、外輪川蒸気船の姿をとらえた絵葉書2枚を眺めてみましょう。

207048.jpg
潮來名所 利根川水門口
宛名・通信欄比率1:1、大正7年4月以降の発行。


利根川方から、閘室に進入しつつある川蒸気。水線付近、かすかに見える船首波は低く、減速している様子が見てとれます。煙突の白線は1本なので、通運丸船隊の1隻ですね。

左上、法面上の植木は支え木こそ見えないものの、枝も伸びていないことから、横利根閘門が大正10年に竣工して、まださほど時を経ていないころでしょう。

207049.jpg
川蒸気ファンとしては、シャッターを下ろすのがいかにも早すぎたなあ、あと10秒でも遅ければ‥‥といいたくなるもどかしい一枚ではあります。拡大して眺めてみましょう。

ううん、ピント自体が甘い上、印刷の加減か絵柄もツブレ気味なので、拡大しても読み取れるディテールは限られますね。操舵室正面の窓3つと、出入口の扉は開放されていること、煙突の周りには若干の積荷らしいものと、2名ほど人影が見えること、くらいでしょうか。

あと、外輪カバーがトップから大きく盛り上がり、幅もずいぶん広く、はみ出したようなあたりも目を引きますね。「続・川蒸気のイメージを求めて」で紹介した、「銚子名所 利根川の桟橋」に写っている船体によく似ています。ディテールから特定ができればよいのですが。

ちなみに通運丸を名乗った外輪船で、最末期まで残ったものは以下のとおりでした。

第二号、第五号、第六号、第八号、第二十九号、第三十三号、第三十五号の7隻。これらは東京通運の所有で、昭和11年末まで船名録に記載されていたのこと(『川の上の近代』より)。トン数は49~83tと比較的大型で、明治25年から36年と、利根川航路がまだ意気盛んだったころに建造されたもの。写真の船はさて、このうちの何号だったのでしょう?

207050.jpg
(佐原名所) 佐原沖の關門
宛名・通信欄比率1:1、大正7年4月以降の発行。


2枚目のこれは、1枚目のもどかしさを忘れさせるような、鮮明かつほどよい距離から撮影されたもの。川蒸気を主な題材とした写真の中でも、出色の一枚といって、いい過ぎでないものではないでしょうか!

船尾から伸ばされた竿(ボートフック?)、船首付近を歩く船員の姿、そこかしこに積み上げられた各種の積荷と、看取できるディテール一つ一つが生き生きとした情景を演出していて、川汽船の現役時代を濃厚に髣髴させてくれます。ちなみに方向は1枚目とは反対の、横利根川から利根川に向かう便を写したもので、煙突の白線は3本、銚子丸船隊ですね。

207051.jpg
これも拡大して堪能してみましょう。まずは船首付近から。操舵室周り、出入りも難しくなりそうなくらい、所狭しと積まれているのは、醤油か酒の樽みたいですね。霞ケ浦各所や潮来からの便だとすれば、中身が入ったものでなく、佐原などの醸造所に還送する空き樽でしょうか。

しかし、船首周りや手すりの構造、屋根外縁のガンネル(?)の段差、客室からぐっと絞った操舵室の幅など、細部が鮮明に写っていて嬉しくなります。よく見ると、右端の窓から身を乗り出している人がいますね。

207052.jpg
煙突から外輪にかけて。煙突の三本の白線が巻かれた部分、少し太くなっているように見えます。塗装でなく、帯材など別パーツを巻いて表現したのかもしれません。白線の上あたりから3~4本のリギンが甲板に張られていて、煙突を支えているのがわかります。

ツブレ気味で分かりにくいですが、煙突の前に2人座っているのと、外輪カバー手前には腹ばいに寝そべっている人も! その後ろにはたくさんの竿と、外輪カバー上の1本は丁字形の金具らしきものが先端にあることから、ボートフックと思われます。いや~、ここまで生々しく判別できるなんて、実に楽しい写真じゃないですか! これを撮った写真師に、お礼をいいたくなるほどです。

煙突の後ろには、これまたうず高く荷物が積まれています。手前は四角く結束したもの、後ろは円筒形の俵積みにしたもの。あまり重いものは高所に上げないでしょうから、かさ高で軽い荷物でしょう。

昭和に入っても、河川物流は運賃の低廉さから高瀬舟が活躍しており、船賃が高くスペースも限られる川蒸気で運ぶものは、荷がさの少ない小荷物レベルのものか、足の速い生鮮食品など、急ぎのものがせいぜいだったことは容易に想像できます。ちなみに銚子丸船隊、昭和14年の船名録では第一~第七の7隻が確認でき、71tから84tの外輪船だったとのこと(『水郷汽船史』より)。

さて、横利根閘門がレンガ造りということもあり、大時代な外輪川蒸気といかにもしっくりくるものがありますが、よく考えてみると、閘門が竣工した大正10年って、川蒸気の世界から見ればすでに往時の勢いを失った、晩年といってもいいころ。活躍の時期は重なっていても、決して全盛期を共有した「同時代人」というわけではないのです。

してみれば、川蒸気が輝いていたころの川景色とは、一見江戸時代とさして変わらないような、近代構造物の乏しい、浅瀬や急流がところどころに残された、河相も厳しい情景だったと思って間違いないのでしょう。関東の川にも閘門が続々と現れ、安全な通航が担保されつつあった大正末~昭和初期、同時に水運のたそがれが始まったとは、何とも皮肉としかいいようがありません。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 通運丸 銚子丸 川蒸気船 横利根川 横利根閘門 閘門 絵葉書・古写真

東京通運時代の河川航路図二題

201027.jpg通運丸船隊を続々就航させ、関東の河川航路に覇を唱えた内国通運も、時代の流れには勝てず、大正8年12月に川汽船事業から撤退。東京通船株式会社がその後を引き継ぎました。

お題の東京通運株式会社は、東京通船が昭和4年に改称したものです。縮小相次ぐ最末期の河川航路を担った、いわば関東の川汽船時代に、自ら幕を引かざるをえなかった企業といえるでしょう。

そんな「悲劇の船社」のイメージがある、東京通運の銘が入った航路案内を二つ掲げてみました。長距離河川交通のたそがれに思いをはせつつ、妄想を交えあれこれと垂れ流させていただきます。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 川蒸気船 通運丸 参宮丸 東京通運 一銭蒸気 絵葉書・古写真

一番好きな通運丸


この絵葉書、一昨年「川蒸気の絵葉書二題」ですでに紹介し、同時にタイトルに掲げた一枚の、しばらく後に入手したもので、絵柄、キャプションともまったく同じものです。

しかし、今回のものは、前回のものよりはるかに鮮明で、各部のディテールもより楽しめること、構図も素晴らしく一番のお気に入りということもあり、いま一度タイトルにも掲げて、悦に入ってみたいと思います。


製版時の塩梅なのか、単に刷りがよかったのかはわかりませんが、前回はツブレ気味で、判然としなかった細部が見て取れるのは嬉しいところ。以下、気になったところをいくつか。

左舷、手すりの開口部には座ってこちらを見ている和服の人物が、船尾客室ははっきりしませんが、やはり外で座り込んでいる人が何人かいるように見えます。船が少々傾き気味なのは、このためもあるのでしょうか。

操舵室右舷側の窓、天にヒンジのついた外開きであるように見えましたが、今回の写真ではカーテンかブラインドのようなものが、はためいてはみ出たようにも見えますね。

というのは、全開になっている客室舷側の窓はすべて落とし込み式であり、操舵室前面の3つにも、よく見ると落とし込んだ窓枠の上端らきものが見えることから、開いた窓枠でなく、日除けのたぐいではと思ったのです。

開いている操舵室左舷の扉は、客室の外壁が隠されていることから、外吊りの引き戸のようですね。船首波も、押し分けられた水が船首を透かしているさままでわかり、外輪の後ろへ派手に盛り上がった航走波とあわせて、水音が迫りくるような、より臨場感あふれる写真になっていますよね。

ディテールからあれこれ想像していると、長くなるのでこのあたりとしますが、躍動的な航走シーンであることはもとより、その角度、その構図、乗っている人々の息吹までが伝わってきそうなこの写真が、本当に大好きです。現時点での、私の通運丸のイメージそのもの、といってもいい過ぎでない、そんな一枚なのです。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 常陸利根川 川蒸気船 通運丸 絵葉書・古写真

水郷案内にしのぶ航路とフネブネ

103001.jpg過去ログ「水郷案内のパノラマ地図」でも一枚を紹介しましたが、昭和一桁の水郷観光の盛り上がりは相当なものがあったようで、今でも鳥瞰図を主題にした観光案内を、古書店やネットオークションなどでよく見かけることができます。

水郷ファンであり、内水航路の時代に大いに惹かれるものがある船頭としても、この手の刷り物には目がないたちであります。今回は手持ちの「水郷案内」の中から、もっとも大判で美しく、かつ惹かれるパーツの多い一枚を肴に、悦に入ってみたいと思います。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 水郷 新左衛門川 川蒸気船 通運丸 絵葉書・古写真

「保立食堂」で通運丸に出会う!

(『ホワイトアイリスに乗って…4』のつづき)

92021.jpgホワイトアイリスを降りた後は、土浦駅の土産物店で買い物をし、遅い昼食をとろうと、お店の人に紹介してもらったところへ。
その場所は、国道125号線の中央1丁目交差点角筈。土浦城址もほど近い旧市街で、蔵をともなった重厚なつくりの商家がいまなお残る街です。

交差点に立ってふと南を見ると、左側に国道と平行した細い道が続き、その道と国道に挟まれて、家並が一列縦隊に連なる、妙な街割(失礼)なのに気づきました。
ううむ、もしかして、国道はかつて川で、左の道が本道だったのでは? と妄想させるものがあったのですが、これは後で、当たらずといえども遠からずだったことがわかりました。

92022.jpg
これが老舗天ぷら店「保立食堂」! おおお、これは古そうですね、昭和戦前どころか、それ以前からの建物かもしれません。期待に胸をふくらませて店内に入ると、太い梁が走る黒光りした天井、壁には八角時計がボンボンと時を告げ、星霜を経た味わいがてんこ盛り。やはりご当地の名物、レンコンが入ったものを食べてみたいと思い、野菜天丼を注文。美味しくいただきました。

腹くちくなって、店内を改めて見回し気づかされたのが、壁のそこここに、額装された水彩画がいくつも掲げられていたこと。題材は河岸など水辺の風景が多く、どうやらかつての土浦を描いたもののようです。淡い、ホッとさせるような色使いも手伝って、興味深く拝見していると、その中の一枚に、

92023.jpg
まぎれもない通運丸の絵が!

いや~、まさかここで、しかも絵という形で、通運丸に出会えるとは思ってもいなかったので、感激でした! 昭和初期にはその姿を消したと思われる通運丸を、かつての土浦の風景として記憶し、絵に再現してくださった方がおられたことが、たまらなく嬉しかったのです。

川口の土浦港を出港する風景でしょうか。外輪カバーには「第十六通運丸」とあり、煙突の白線1本、後部の屋根上には荷物が積まれているところや、甲板室の妻板に救命浮環が掛けられているあたり、船体のディテールもしっかり押さえられていて、杭の列や端舟を配した構図とともに、実見した方の筆によることを思わせる、リアルさのある絵となっています。

許可をいただいて、写真を撮らせていただいた後、ご主人にお話をうかがうことができました。これらの絵は、大正生まれの先代ご当主、つまりご主人の父上が趣味で描かれたもので、河岸の絵は昭和の初めまでお店の前を流れていた、川口川があったころの風景だそう。やはり!

92024.jpg何しろ、お店の前の角には、ここにかつて架かっていた、桜橋の親柱が残されているくらいで、川とはかかわりの深い土地柄だったのです。ちなみに、左側の小さな石碑は、旧土浦町道路元標だそう。まさに中心地だったのですね。

お店の格子に掲げられていた案内板「うんちく板」と、向かいに立っていた説明板「フィールド博物館・土浦」によると、桜橋の初代橋は慶長9年、水戸街道整備にともなう幕府の直轄工事で造られ、橋名の由来は、中世、桜川の本流がここを流れていたことによるそう。

川口川は昭和10年に暗渠化され、交差点直下には何と、明治34年竣工のレンガアーチの桜橋が、そのまま埋められているとのこと。江戸時代は重要な「公儀橋」だったのですね。レンガアーチが埋まっている、というあたりも惹かれるものがあります。

92025.jpgご主人のお話に戻ると、江戸時代からご当地で商いをされている古い家柄で、現在の食堂は明治2年の創業。建物も道路拡張などで若干の改造があったものの、創業当時以来のものだそう。140年以上の歴史があるのですね!

トタン屋根は、ハイカラ好きの創業者が、国産品がない時代に高価な輸入品を使って葺き替えたもので、ご主人によれば「重い瓦屋根のままだったら、震災のときに崩れてしまった」だろうとのこと。ご近所にも、震災以来いまだ瓦屋根の修復がかなわず、ブルーシートを掛けたままの旧家も目立ちましたから、このお話は特に印象に残りました。

かつて川口川が流れていたころは、お店の前を港からの荷を積んだ伝馬船が遡り、賑やかな河岸風景が展開されていたことでしょう。

水運時代を、間近に眺めてきた保立食堂! かつての土浦における、河岸のフネブネや通運丸の記憶を伝える場所としては、これ以上のものはないように思えました。
撮影地点のMapion地図

(24年5月4日撮影)

(『霞ポート水門と管理橋…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 通運丸 保立食堂