12月31日の運河風景

(『船橋港の水門と水路めぐり…16』のつづき)

200146.jpgおっと、積み残しがあった‥‥。しつこいですが、抜けるような青空と、風穏やかな冬の天候は、舟行きにとって宝物といっても、いい過ぎではありません。文字どおり、目に入るものすべてが輝いて、どの水路を通っても、曇りの日の数倍(当社比!)は素晴らしく見えるのですから。

というわけで、船橋探索の帰り道に眺めた、大晦日のフネやら橋やら、もろもろをまとめてみました。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 東京港 東京ゲートブリッジ 辰巳水門 辰巳運河 東雲北運河 巡視艇 浚渫船

10月16日の辰巳運河…2

(『10月16日の辰巳運河…1』のつづき)

196006.jpg
久しぶりに通るのだし、アップでもものしておこうと裏側を仰いで。興味のない方からすれば、水門のディテールはいずこも似たようなものとお思いでしょう。しかし船頭の目からすれば、辰巳水門のチャームポイント(!)がちゃんとあるのです。

堰柱天端に一本づつ、縦にボルト留めされた短い鉄骨がそれ。外観から、落橋防止装置と似た役割のパーツと推測されます。つまり、大地震が来たとき巻上機室のガーダーが、ずれて振り落されるのを防ぐためのものでしょう。近隣に散在する同規模の水門では見られないものだけに、興味をそそられるのです。

196007.jpg

196008.jpg角落しのはまった姿を記念に一枚。やはりこちらから見ると、光の加減もよろしくだいぶ明るい表情に撮れますね。出たらすぐ面舵を切らないといけないので、真正面から狙えないのが痛いところ。

くぐってすぐ左手、もう一隻のクレーン台船が。右手のハウスに「66号千羽丸 中川船舶」とありました。以前出会った「33号千羽丸」の兄弟ですね。


196009.jpg少し距離を置いてから、クレーン船と水門のツーショットを振り返って。

ご存じのとおり、水路幅がぐっと広がった位置に設けられた辰巳水門は、左右に長大なコンクリート堤防を従えた、独特の景観の中に鎮座しているのも特徴の一つ。また上下流とも橋が間近にあって、陸路鑑賞するにはもってこいの環境であるという意味でも、珍しいかもしれません。

196010.jpg
胃袋のような形をした水面を、右へ左へと切りクランク状に艇を歩かせて、高速湾岸線を中心とした橋梁過密地帯に突入。一番上流側、新辰巳橋のオレンジ色の桁が映えて、曇り空で沈みがちな水面に、彩りを添えてくれました。
撮影地点のMapion地図

(28年10月16日撮影)

(『10月16日の辰巳運河…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 辰巳運河 辰巳水門 台船

10月16日の辰巳運河…1

196001.jpg入渠整備のため、例によって江戸川へ回航したのですが、その道々で拾った川景色をいくつか。午前中、晴れの予報を得て出てはみたものの、ご覧のとおり雲が多く、少々やる気を萎えさせてつつも運河へ。

工事中で交互通航の新砂水門、朝の輻輳する時間帯とあって、写真のように渋滞することも。新水門が竣功するまで、「水路の渋滞風景」がしばらく見られることでしょう。

196002.jpg
時間に余裕があったので、少しだけ遠回りしてみようと、しばらくご無沙汰していた辰巳運河を経由してみることにしました。

六叉流を左へ切ると広がるのは、こげ茶の塗装が薄手の桁をきりりと引き締めている辰巳橋と、右手に林立する天を衝くタワーマンション群が織りなす、エッジの立ったシャープな風景。

196003.jpg
水路幅が広がるあたり、右手に見えるのは都所有の桟橋、もやっている二隻は左から「ありあけⅡ」と「かもめ」。このすぐ右手には、都港湾局管理下の全水門を集中制御している、高潮対策センター都港湾局HPより)があるのだそう。

ん? 改めてよく読んでみると、最後に「※廃止予定の呑川地区4水門を除く」とありますね! 羽田周辺の船溜群を守る小さな水門たち、近い将来に撤去されてしまうのかしら‥‥。4水門と船溜については、「南前堀…1」以下のシリーズをご覧ください。

196004.jpg水門の予告信号と航路標識を備えた斜張橋、辰巳桜橋も曇り空に逆光とあっては、間近から見上げてもちょっとサエない表情。右手の東雲から対岸、有楽町線辰巳駅へのほぼ唯一の道とあって、結構な通行量です。

左に見える辰巳水門は、径間を一つ閉鎖し、手前にクレーン台船もいて工事中。標語が大書きされた巻上機室を見上げながら、スロットルをしぼって右径間へ。こちらからだと暗く沈みがちだけれど、くぐった向こうなら、少しは明るい表情が拝めるかしら。

196005.jpg

撮影地点のMapion地図

(28年10月16日撮影)

(『10月16日の辰巳運河…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 砂町運河 辰巳運河 新砂水門 辰巳水門

4月2日の川景色…9

(『4月2日の川景色…8』のつづき)

55041.jpg豊洲運河に入り、新しい豊洲橋の工事現場を通過。ご存じのとおり上下線を2本に分けた橋で、片われはすでに竣工していますが、旧橋の撤去跡にもう1本が建設中です。

いよいよ橋脚が立ち上がり始めたのですね。



55042.jpg東雲運河ほかとの六叉流まで来て、やはり、あそこに寄っていかねばと、いったん左に切りかけた舵を戻し、辰巳運河を南下することにしました。

堂々たる斜張橋でありながら人道橋という、辰巳桜橋の背筋が伸びた凛とした姿。その向こうにある辰巳水門への視界をさえぎっているため、桁側面に水門の予告信号を備えた橋でもあります。
撮影地点のMapion地図

55043.jpg防潮堤の真ん中でなく、なぜかオフセットしたところに設けられているのが気になる、辰巳水門。巻上機室に掲げられたスローガンも健在です。

そういえば、震災時に他の「江東5大水門」とともに、津波の侵入を阻止すべく頑張ったんですよね…ありがとう。


55044.jpg新辰巳橋、首都高湾岸線、りんかい線、新末広橋をくぐれば、もう港内。頬をたたく風がぐっと強くなり、さざ波が硬さのあるピッチングとなって、足の裏に伝わってきます。

目指すはもちろん、



55045.jpg
臨海大橋…いや、ゲートブリッジ! 

中央径間が架設されてから、艇で訪ねるのは初めてです。

(23年4月2日撮影)

(『4月2日の臨海大橋…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 豊洲運河 辰巳運河 辰巳水門 東京港臨海大橋

3月15日の水門

3月15日に撮った水門たちのスナップを、ここにまとめてみました。
いずれも「水路をゆく」では何度か紹介し、おなじみの面々ばかりですが、こちらに避難してから、水門の記事がまだ少なく、少々寂しいということもあり、改めて掲載します。

3094.jpg砂町運河の東の出口を守る、新砂水門の扉体。

扇形をした扉体が、水平に回転して開閉する「セクターゲート」なので、開放時は両側の凹部に格納されてしまうため、正面からは扉体を見ることができません。
ほかの艇と一列になって通過しながら、片手でカメラを構え、パチパチやったうちの一枚。
撮影地点のMapion地図

3095.jpg辰巳運河の真ん中あたりにある、2径間のローラーゲートは、辰巳水門です。

運河の幅が広がる区間に位置し、左右は防潮堤が伸びているので、比較的開けた風景の中で、楽しめる水門でもあります。
撮影地点のMapion地図

3096.jpg隅田川から見た、源森川水門。

浅草の対岸にある、北十間川(旧源森川)の入口に位置する水門で、内部は屋形船などの船溜として利用されています。写真でもチラッと見えている、古風なアーチ橋は、枕橋。
撮影地点のMapion地図




3097.jpg大横川南支川の小さな水門、洲崎南水門。

私が好きな水門の一つで、閑静な水路の丁字流にぽつりと立っており、右側に寄り添う木の緑も手伝って、なかなか風情があります。
撮影地点のMapion地図




3098.jpg今やお花見シーズンたけなわの、大横川(旧大島川)から見た、大島川水門の裏側。手前は石張りの橋脚を持つ鋼桁橋、練兵衛橋です。

ちょうど向こうを、観光汽船の水上バス「竜馬」が通過中。
撮影地点のMapion地図


(21年3月15日撮影)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 新砂水門 辰巳水門 源森川水門 洲崎南水門 大島川水門 水上バス