水雷艇の写真を眺めていたら…

絵葉書のアルバムを整理していたら、ずいぶん昔に入手した古写真が出てきました。もっともこれは絵葉書ではなく、銘入りの化粧台紙に貼った写真です。写真がまだ貴重だったころ、土産物店や写真館の販売用などとして、かつてはよく見られたやり方ではあります。

私は昔の海軍艦艇の中でも、特に水雷艇が大好きで、この写真も中央に5隻ずらりと並んだ、水雷艇の姿に惹かれて購入したものです。旧海軍でも明治期に多くの水雷艇が輸入または国内建造され、日清・日露の戦役で大いに活躍したことはご存知のとおり。

前甲板の顕著なタートルバックが特に魅力で、細身の船型とあいまって独特の雰囲気を醸し出し、旧海軍の一部では「鰹節艇」のあだ名で呼ばれたという話も、うなずけるものがあります。

215006.jpg
Torpedohafen. Arthur Renard, Kiel 1893 108×167㎜

さて、入手した当初は1893という年代と、「キール」の表記から、明治時代にドイツはキール軍港で撮影されたものであろう、というくらいの認識しかなかったのですが、今回改めて眺めてみて、いくつか気になったところが出てきたので、目の前の箱でわかる範囲で調べてみようと思ったのでした。何分ドイツ語やドイツ艦艇には縁遠いもので、間違っていたらごめんなさい。

まず、台紙枠右端のタイトル「Torpedohafen」。直訳すると「水雷港」になってしまいますが、これは「水雷艇基地」くらいの解釈でよいのでしょうか(今気づいたけれど、右下にツブれた小蠅が‥‥)。

写真左下に焼きこまれたキャプションは1892年、台紙のそれは1893年で1年の違いがありますが、これは撮影年と発行年と考えていいでしょう。どちらにもある銘、「Arthur Renard(アーサー・ルナール?)」が、撮影者の名前だろうと見当をつけて検索したら、幸いにしてすぐにらしいサイトがヒットしました。ありがたやインターネッツ。

Cay Jacob Arthur Renard Photograf Kiel Klinke 355

上記の人物紹介によると、フルネームはCay Jacob Arthur Renardで、生没年は1858~1934、写真と同じくキール出身。艦船を専門に撮っていた写真家だったようですね。詳しいところはその道の専門家にお任せしたいのですが、年代と出身地、被写体から、この写真はルナールさん撮影だ、と脳内で一人決めしたのでした。
とまあ、自分なりに納得がいったところで、改めて仔細に味わってみることに。

215007.jpg
メザシにもやう水雷艇群のアップ。こうした十羽一絡げな繋留法も、いかにも小艦艇といった雰囲気が横溢して、実によいものじゃないですか。

「鰹節」の名のもとになったタートルバックとともに、後の潜水艇みたいな密閉式の司令塔は、つねに波をかぶる水雷艇ならではの外観で、個人的に惹かれるポイント。左から2番目の艇は、後甲板の発射管を旋回させているのがわかります。4隻のマスト、それぞれヤードの形が違うのが気になりました。無電の導入前であれば、セマフォア(腕木信号器)とも思えたのですが、いかがでしょうか。

215008.jpg
水雷艇だけでなく、左奥にもやう大型艦も、これまた魅力的なディテールですね。何しろ並列4本煙突ときていて、兵装はうかがえませんが、パッと見旧清国海軍の「定遠」型甲鉄砲塔艦を、思い起こさせる外観です。そういえば「定遠」も、ドイツで建造されたのでしたね。

これも検索したら、ありがたいことに「ザクセン級装甲艦」(wikipediaより)がヒット。ファイティングトップ(?)とデリックを備えたマスト1本、4本並列煙突とくれば、まず間違いないでしょう。旧海軍の初代「扶桑」みたいな、甲鉄砲郭の角々に主砲を収めた艦だったんだ。いや~いいですねえ、この時代の鉄でよろったフネは。
‥‥さて、今回改めて眺めてみて、目線をひゅっと吸い寄せられたのが、右手前で絵柄が切れてしまっていたコレ!

215009.jpg
何だろうこの艇は。

外観から、小型の水雷艇のようですが、上部構造物が明るい色で塗装されているのが妙ですね。司令塔‥‥らしいぬめっとした突出部の手前、低いブルワークで囲った凹みがあるのは、砲座でしょうか。何よりキセル形ベンチレーターはあるのに、煙突が見えないのも違和感があります。たまたま撮影時に、外してあっただけかもしれませんが。

いずれにせよ、潜水艇一歩手前のような、極限まで上部構造物のかさを抑えたそのフォルムに、軍艦らしくなさ(!)を感じて目を引かれたのでした。魚雷導入より前、棒の先に爆薬を仕込んだ、いわゆる外装水雷を備えていたころの水雷艇は、敵艦に肉薄するため、極端に低いスタイルを要求されたと聞いていますから、そのたぐいの生き残りかもしれません。

ともあれ、水雷艇をはじめとした、この時代の軍艦艇には大いに惹かれるものがあり、あれこれ想像するのは楽しいものです。

また明治期の川蒸気船たちも、かようなフネブネと時を同じゅうして生まれ、彼らが引退した後も長きにわたり走り続けたことを考えると、軍艦艇と民間船の置かれた環境の違いもかいま見えて、改めて興味をそそられたことではありました。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 軍艦 水雷艇 絵葉書・古写真

9月10日の軍艦…3

(『9月10日の軍艦…2』のつづき)

195021.jpg艦橋構造物の側面に掲げられていたエンブレムをアップで。潜水服らしい輪郭で囲んだ中に、半島の地図と補給艦、それぞれのイラストを配したデザイン。

さて、どんな意味なのでしょう。単なる艦の紋章にしては、潜水服が謎ですね。潜水作業員の母艦も兼ねているとか、本艦乗り組みの潜水士が、演習か技能大会か何かで賞を取ったとか、そのあたりではと想像していますが‥‥。

195022.jpg
艦橋構造物周り。ドライカーゴ用のポスト、装載艇、後部連装機銃と拾ってゆくのは楽しいもの。戦闘艦と違って、マスト周りはごくあっさりとしています。

195023.jpg艦尾、飛行甲板まで来たら、ハンドレールの近くでこちらを見ていた乗り組みさん二人が、笑って手を振ってくれました! こちらからも手を振りかえして応えます。

そういえば、甲板上を歩いている人たち、事業服でなく私服の人が多いですね。皆さん上陸(外出)をひかえているのでしょう、動きもウキウキ、そわそわした感じで、嬉しそうな空気が発散されていました。手を振ってくれた二人も、ご機嫌だったに違いありません。

195024.jpg

195025.jpgそして艦尾側から。両艦とも歓迎の横断幕を掲げているところを見ると、一般公開もされるようですね。「チョンジ」の艦尾近くの舷側、波の力が特にかかるところなのか、いわゆる「痩せ馬」が目立ちます。乾舷も低いので、外洋での補給作業はご苦労が多そうですね。

外国軍艦がたびたび拝めるのも、春海運河のよいところですが、今回は早い時間に訪ねられたせいか、護衛艦の朝礼風景や、一転してリラックスムードの韓国艦と、対照的な乗り組みさんの表情を味わえて、得をしたような気分になったものでした。

(28年9月10日撮影)

(『9月10日の日本橋川・神田川…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 春海運河 軍艦

9月10日の軍艦…2

(『9月10日の軍艦…1』のつづき)

195016.jpg
艦尾、飛行甲板の横まで来てみると、艦旗掲揚には間に合わなかったものの、乗り組みの皆さんが整列しており、朝礼中のシーンを見ることができました。

おりしも艦旗が風にひるがえり、皆さんが背筋を伸ばして訓示に聞き入っている姿とあいまって、いかにもフネの一日が始まるといった風な、凛とした空気が感じられたものです。

195017.jpg
さて、今回のお客様は韓国海軍の練習艦隊、奥のハルナンバー975は駆逐艦「チュムゴン・イスンシン」(忠武公李舜臣)、手前のハルナンバー57は補給艦「チョンジ」(天地)。ウラジヴォストーク、グァム、ハワイなどを巡る遠洋航海の途上、最初の寄港地として東京に立ち寄ったとのこと。

韓国練習艦隊には、20年9月5日(過去ログ『9月5日の春海運河』)にも出会いましたが、補給艦は同じ「チョンジ」だったものの、駆逐艦は「テジョヨン」(大祚栄)でした。繋留の仕方も8年前と同様、「チョンジ」を外側に横抱きにして、「チュムゴン・イスンシン」がよく見えません。

195018.jpg雲もまだ切れないし、光線もいま一つでしたが、ディテールを堪能しようと少し接近。「チョンジ」のデッキクレーン越しに、「チュムゴン・イスンシン」の艦橋構造物が見えます。

四角錐型のマストが、海自の同系のものとくらべて軽快な感じで、なかなかスマート。8年前、同クラスの「テジョヨン」でも目にして度肝を抜かれましたが、航海艦橋のトップにRAMランチャーがあるのが何というか、強烈な印象です。

195019.jpg

195020.jpg「チョンジ」の連装機銃に惹かれるものがあって、ズームでたぐり寄せてみました。実効はともかくやはり軍艦、特に外野から見ると、 砲熕兵器が筒先をもたげていることの安心感ったらありません(笑)。

補給艦の要といえば、やはり給油のためのポスト。ホースを下げたこの2本は1番と2番で、後ろの3番と4番は油でなく、ドライカーゴ用だとか。甲板上では、迷彩ズボンをはいた乗り組みさん2人が作業中でした。

(28年9月10日撮影)

(『9月10日の軍艦…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 春海運河 護衛艦 軍艦

9月10日の軍艦…1

(『東雲水門、なお工事中』のつづき)

195011.jpg例によって、旧防波堤のある区間ではすっ飛ばそう‥‥とスロットルを倒しかけたら、行会い船が視界に入ってきました。原速で流しつつ近づくのを待っていると、通船のようです。

しかし、ずいぶん旧防波堤に寄せていますね。眺めていたら、遠目にも恰幅のよさそうな乗り組みさんが、棹を抱えて船首に出てきて、赤旗を広げ始めました。東雲水門の警戒船任務に就く船かもしれません。

195012.jpg通船をやり過ごして、心置きなくデッドフルで快走し、豊洲の先を回り込んで春海運河へ。韓国練習艦隊が来航していると聞いて、ホストシップの護衛艦と一緒に鑑賞できるチャンスと、はせ参じたわけであります。

おお、いるいる! 客船ターミナルの横に護衛艦、その奥に韓国の駆逐艦と補給艦がメザシ繋留で。後ろには海技教育機構(旧航海訓練所)の帆船もおりと、晴海埠頭はてんこ盛り状態です!


195013.jpg
まずは先頭の護衛艦「おおなみ」から。ネームシップの「たかなみ」は、昨年6月7日にこの場所で会いましたっけ。あいにく雲が多いものの、水面は穏やかでゆっくり眺められそう。

近づいて少し行き足をゆるめたところで、「ターン、ターン、タンタンターン」とラッパの音色が聞こえてきました。艦旗掲揚のセレモニーをしているんだ! 曲に合わせて旭日旗を掲げるシーンが見たくて、泡を食ってスロットルを倒したものの、上の写真を撮ったあたりで曲が終わってしまいました。残念!

195014.jpg
気をとりなおして、美しいカーブを描く艦首と、ぐっと仰角をかけた5インチ砲の魅力あふれるラインを堪能。何度眺めてもよいものですじゃ。

195015.jpg
艦橋周りに目を移すと、航海艦橋窓下の後付けされた防弾板、ウィング下に見える機銃座の防楯と、海賊対処行動部隊の参加艦ならではの装備が。

舷側の塗装、ちょっとまだらになっているのが目立ちますが、乗組みの方が自ら、まめに手入れをされている場面が想像されて、かえって好ましく思えたものです。
撮影地点のMapion地図

(28年9月10日撮影)

(『9月10日の軍艦…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東雲運河 春海運河 通船 護衛艦 軍艦

6月7日のフネブネ…4

(『6月7日のフネブネ…3』のつづき)

173016.jpg
「ゲディズ」を左舷後部から。前後が軽く反り上がった舷側のライン、箱型の上部構造物を中央にまとめたO.H.ペリー級独特の外観が楽しめて、これまたよい角度。

周りを四角く囲む黄色いブイのフェンスには、ご覧のように「接近禁止」「Keep Out」の旗が外側に3本設けられ、いかにも警戒厳重といった感じです。もっとも艦上は、先ほどの兵隊さんが一人見えた以外、時々出てくる乗り組みの皆さんも動作はゆったりしていて、のんびりとした雰囲気に見えました。

173017.jpg
後ろから「たかなみ」と「ゲディズ」のツーショットを。考えてみれば、ユーラシア大陸の西端近くから、文字通り万里の波濤を乗り越えてやってきてくれたわけで、道々ご苦労も少なくなかったことでしょう。本当にお疲れさまでした。

めったに見られないトルコ艦に、しかも水上で出会えた幸運! 明治以来の長いお付き合い、これからも両国海軍がよい関係であることを願っています。

173018.jpg前後しますが、「たかなみ」に艦首から迫った際、晴海埠頭H4バースにもやっていた「白鳳丸」がすぐ近くに見えたので、ついでといっては悪いですが一枚。 JAMSTEC(海洋研究開発機構)の学術研究船です。量感のある船首周りに目が行きますね。

下はおなじみ消防艇隊のフラッグシップ、「みやこどり」。春海運河からちょうど裏側となれば、光線の具合は見てのとおりで、黒く沈んでしまったのが残念。以前、同じことをぼやいていたっけなあ‥‥。

173019.jpg

173020.jpg以上は朝、出発前のお楽しみ。以下はひとめぐりして、帰路に寄り道したお話です。東雲北運河の静けさと、ぱらぱらともやうフネブネの息遣いを堪能しながら東へ進んでいると、墨田川造船の前に、建造中らしい艇を発見!

保安庁船艇か、それとも警察や漁業監視艇かしら? 久しぶりの新造艇にワクワクして、微速で近づいてみると‥‥。
撮影地点のMapion地図


(27年6月7日撮影)

(『6月7日のフネブネ…5』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 護衛艦 軍艦 消防艇 春海運河 朝潮運河 東雲北運河 墨田川造船