fc2ブログ

1月7日の水路風景…3

(『築地市場跡の陸閘たち』のつづき)

311046.jpg
陸閘たちを愛でた後は、大きく面舵を取って新月島川へ。片方の堰柱だけ補修されて色が変わり、通るたび、ちょっとかわいそうに思える浜前水門。両岸に高いビルが林立したこともあり、日陰になってしまうのは致し方のないところ。

311047.jpg
水門をくぐって左手、何度かお世話になった本橋発動機(勝鬨マリーナ)さんをふと見ると‥‥。えっ、桜が咲いてる! いや、梅かな? 何分1月もまだ初め、さすがにびっくりさせられました。

311048.jpg
朝潮運河、晴月橋をくぐりざま仰いで。まだ真新しい感じのするきれいな塗装で、「最高潮面上高さ2m」‥‥ああ、いいなあ。

通航艇に向けたメッセージの中でも多く、しかもバラエティに富んでいるのが橋の桁下高表記ですが、書体のせいか、これはほんわかと優しい感じ。この数字からA.P.に換算すると、桁下高はA.P.+4.1mになるのでしょうか。

311049.jpg
豊洲運河と東雲運河の交わるテラスの角、鵜さんが風に向かって、わさわさと得意気に羽を広げていました。しかし、今年の冬は水鳥が少ないなあ。私が通ったときだけで、今は例年どおり、たくさんの鳥たちが川や運河に群れているといいのですが。

311050.jpg東雲運河での恒例、艇の健康維持も兼ねてのトライアルでは、デッドフルで50.7km/h、27.38ktを発揮。まことに快調、1ヶ月ぶりの徘徊としては、まずまず満足できる結果とニンマリ。

帰港後はスクラビスで船底掃除をしたので、次回出港時もコンスタントにこのレベルが出せればいいですねえ‥‥。あとは「フジツボの当たり年」にならないことを祈るばかり。

(令和6年1月7日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 新月島川朝潮運河豊洲運河水辺の鳥たち浜前水門

1月7日のフネブネ…2

(『1月7日のフネブネ…1』のつづき)

311011.jpg豊洲水門は、第二径間が昨年12月1日から令和7年2月まで工事と、横断幕が掲げられていました。扉体の前には、結構な大きさのクレーン船が陣取っていて、着手はしていないものの片側通航に。

甲板室の妻面とクレーンのジブには、「MIKUNIYA」と大書きされているのが見えましたが、船名はわかりませんでした。工期から見ても、かなり大掛かりな工事になりそうですね。


311012.jpg
船舶免許の実技講習中らしい艇が、複数隻走り回っていた春海運河に出て、岸壁にもやうおなじみの本船たちを拝見。まずは水産庁の漁業取締船、「鳳翔丸」と「東光丸」が仲良く舷を接しているところを一枚。

それぞれ2,141総t、2,071総tと似たような大きさですが、竣工年に25年の差があると、こうして船首・船橋周りだけ見ていてもデザインの違いがあって面白いもの。

311013.jpg
「鳳翔丸」の右舷側を眺めて。違法漁船の取締りというと、海上保安庁の巡視船がよくテレビで放映されるので、水産庁のそれはいま一つ認識が薄いように感じるのですが‥‥。

ご覧のとおり、船首楼舷側には放水銃を備え、他にもLRAD、記録用の監視カメラ、停船命令を出す電光掲示板と、充分「コワモテ」の装備を持っており、漁業監督官は違反を見つければ検挙もするという、この方面のいわば警察に準ずる機関。庁所有の官船は9隻ながら、借り上げの用船まで含めると、実に46隻の船隊を擁する一大勢力なのです(水産庁『漁業取締りの活動』参照)。

311014.jpg
都立大島海洋国際高校の練習船、「大島丸」。一昨年2月にもここでスナップしましたが、改めて。こじんまりとまとまりながら、重心の低い落ち着いた魅力を感じさせるいい船ですね。船首甲板に立つ太い前檣、どこかキャッチャーボートの探鯨台があるマストを思わせます。

311015.jpg
晴海埠頭 H-2バースには、おなじみの練習船、「銀河丸」の姿が。こちらも瀟洒な船ですなあ。

12月3日、沖がかりしていた僚船「青雲丸」のときにも触れましたが、この後檣と煙突を一つにまとめたデザインに、強く惹かれているんですよ。マストとスタックを合わせた、いわゆる「マック」と呼んでいいんじゃないかって! マック、昭和40年代の海自護衛艦で、米艦にならって盛んに採用されましたが、今では絶滅種。せめて練習船のコレくらい、マックの呼び名を復活させてほしいものです。


(令和6年1月7日撮影)

(『1月7日のフネブネ…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 豊洲運河春海運河

BSフジ「次課・長州の力旅」に…。

298001.jpg
BSフジ「次課・長州の力旅」よりお座敷がかかり、出演者のお三方をご案内してまいりました。一昨日5月20日に放送された今回は「#22 船でディープな東京水路探訪 名シーン続々! 爆笑傑作選」と題されているとおり、総集編的な内容の狭間に入るような形ですが、同番組からお声がかかるのはこれで3度目。ありがたいことであります。

以下、今回ロケ時の道々にものした数葉と、いい機会なので過去2回の出演時のことにも、スナップとともに少し触れさせていただきたく。お目汚しまで。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 神田川豊洲運河砂町運河消防艇警備艇次課・長州の力旅BSフジ

8月11日の川景色

(『8月11日のフネブネ』のつづき)

285026.jpgおなじみの船路で眺めたあれこれを、例によってまとめてみました。

右は美倉橋下でもやって憩う曳船、第33中島丸。ここで三崎町中継所から下ってくるバージを引き継いで、中防へと曳いてゆきます。今や唯一となった、不燃ゴミ輸送航路が生きている証でもある、のどかな姿です。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 神田川日本橋川高架下水路隅田川豊洲運河警備艇水辺の鳥たち

早起き近場散歩…8

(『早起き近場散歩…7』のつづき)

274036.jpg新月島川から朝潮運河へ出て左折、いま1本の月島川へ入り、朝の船溜風景を眺めてゆくことに。

写真右奥に見えますが、桟橋にもやう「エスエスSerenade」上で、ご存じZen船長が出港準備中でした。ご挨拶すると、お忙しい中手を休めてくださり、しばし歓談。ありがとうございました!


274037.jpg残念なことにうまく撮れませんでしたが、月島川北部に見られる階段状護岸には、鴨さんたちが翼を休めていました。

オナガガモの姿が見られ、いよいよ冬鳥たちの季節が到来したことを実感。この日見て回った範囲ではまだぽつり、ぽつりと少数でしたが、来月になればぐっと数を増すことでしょう。


274038.jpg
月島川水門と正対して一枚。まあ、どこを切り取っても光に満ちあふれた感じで、水門ときたら扉体や筋交いが陽光をギラギラと反射してまぶしく、正視がつらいほどでした。

274039.jpg
水門の直下から、北側、隅田川畔のテラスに架けられた人道橋「月島川水門テラス連絡橋」(こちら参照)を仰いで。

この視点で切り取ると、長らく橋がなかった場所だけに、すごく新鮮な眺め。勝鬨橋を間近に望めるここへ、橋が架かっているだけで何か新しい時代が来たというか、そんな感覚になってしまうあたり。トシなんでしょうなあ‥‥。

274040.jpg
豊洲運河南下、長らく足場がかかっていた朝凪橋が片付いていたので、くぐりざまふと桁を見上げると‥‥こ、これ‥‥あしゅら男爵か!

桁の中央から、きっちり右側だけ塗りなおされていて、その律義ともいえるマスキングの妙に驚きつつも、笑いが込み上げてきたものでした。
撮影地点のMapion地図

(令和3年11月14日撮影)

(『早起き近場散歩…9』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 月島川豊洲運河月島川水門水辺の鳥たち