fc2ブログ

5月15日のトリさん…1

(『整備成った旧源森川…4』のつづき)

266061.jpg季節柄、鴨類は姿を消しており、絶対数ではぐっと少なくなったものの、この日はトリさんたちの魅力的なシーンに恵まれました。何回かに分けて紹介しましょう。

暖かくなると目立ってくるのが、鷺類の姿。さっそく砂町運河の旧貯木場コンクリート柵で、悠然と歩を進めているアオサギに出会いました。もっとも不審船の通航とあって、こちらをにらんでややおかんむりです。

266062.jpg
豊洲運河、南口角付近にいた鵜さん。首をくねらせて、ボリボリと一心に羽づくろいをするさまが可愛らしいですね。水かきのついた平たい足で、テラスの手すりから滑り落ちやしないか、ちょっと心配になりました。

266063.jpg
同じく豊洲運河は朝凪橋、工事現場のフェンスに仁王立ちして陣取ったアオサギ君、グレーの羽毛も美しく凛々しい立ち姿。先日、5月4日もここに留まっていましたから、よほど穴場なのでしょう。

266064.jpg
日本橋川に入ったところで、頭上を十数羽ほどの群れがさあっ、という感じで低空を飛んできて、基礎護岸上にぱらぱらと散るようにして着陸。飛び方や歩くしぐさなどが、いつも見る鳥と違うのと、羽毛の柄がとてもきれいなので、「あまり見ない鳥だな、珍しいヤツかも?」と気になっていました。

その後教えていただいたところでは、「キョウジョシギ」というシギの仲間で、東南アジアなどから繁殖地の北極海に渡る途中、日本に立ち寄るのだそう。なるほど、短い期間しか見られない、レアな鳥なのですね。ちょこまかとよく動くため、残念ながらうまく撮れませんでした。

266065.jpgキョウジョシギたちと並んでくつろいでいた、こちらはおなじみカルガモさん。

この日の日中は大干潮時で、露出の時間が長いこともあって、基礎護岸上は鳥たちで大賑わい。ハトが最も多く、カモメ、カルガモがそれに次ぎ、ハクセキレイ、カラスの姿も見られました。


(令和3年5月15日撮影)

(『5月15日のトリさん…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 水辺の鳥たち 砂町運河 豊洲運河 日本橋川

5月15日のフネブネ…2

(『5月15日のフネブネ…1』のつづき)

266006.jpg
前回の少し後のシーン。行き足を殺しながら着岸体制に入る「第三十一芝浦丸」、宇部興産のアンローダー、奥には東雲水門と、運河らしいディテールがフレームに収まって、今回お気に入りの一枚に。

このまま直進して、東雲運河の旧防波堤区間でデッドフル航行をしようと思っていたのですが、着岸作業のお邪魔をしてはいけないと、帰路に後回しすることに。面舵に当て、豊洲運河へ入ることにしました。

266007.jpg
朝凪橋南詰の工事区間で、警戒船任務についていたのは、顔なじみであるでんでん丸船隊の1隻「第五でんでん丸」。通りつつ手を振って応えると、乗り組みさんがニコニコしながら誘導してくれました。いつもご苦労さまです。

266008.jpg隅田川派川に出てゆるゆる歩かせていると、背後から高速で通船「なぎさ」が追い抜いてゆきました。この艇には何度か出会っていますが、プレーニングしているのを見るのは初めてです。インアウト艇らしいパワフルな走りですね。

気になったのは、ドラム缶が裸で、いくつか後ろに載せてあったこと。艇が波頭で跳ねたとき、落としてしまわないかしら‥‥と心配になりました。

266009.jpg隅田川を遡上し清洲橋をくぐったあたりで、前方に赤い艇が2隻。動きからして、日本橋署の消防艇が演習から戻り、着桟作業をしているのだとわかりました。

行き足を抑えて待つ姿勢を見せると、右側の艇(後で『きよす』と判明)の乗り組みさんから「先に行って!」と身振りで示されたので、応じて急ぎ通過することに。


266010.jpg
作業中の「はまかぜ」。まずバウづけしてもやいを取る二人を下ろし、いったん離れてから艇を流れに立たせて達着、という手順。お天気に恵まれた土曜日ということもあり、プレジャーやPWCの通航は引きも切らず、反射する引き波に悩まされながらの作業。まことにお疲れさまです。

前も同じようなことを書きましたが、大川筋を繋留地とするのは、このサイズの艇にとってはつらいものがありますよね。日本橋川に拠点を移してあげるのが、艇や隊員さんにとってもベターな気がするのですが、いかがでしょう。
撮影地点のMapion地図

(令和3年5月15日撮影)

(『5月15日のフネブネ…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東雲運河 豊洲運河 隅田川派川 隅田川 独航艀 消防艇

5月4日のトリさんと‥‥

(『5月4日のフネブネ』のつづき)

265016.jpg
最後は落穂ひろい的にいくつか。

豊洲運河、朝凪橋の西詰では台船が出て工事中でしたが、現場のぐるりを囲むフェンスに、鷺さんがちょこんと乗っていました。通航量は結構なもので、引き波が絶えずフェンスも揺られているのですが、鷺氏は涼しい顔。獲物が得やすい穴場なのに違いありません。

265017.jpg
同じく豊洲運河、水上派出所のある角近くでは、鵜さんが得意げに翼を広げてポーズ。夏が近くなると、水鳥の数はぐっと少なくなるものの、代わりに鷺、鵜、鴨の姿が目立つようになりますね。季節の風物詩といってもいいでしょう。

265018.jpg辰巳埠頭に出た際、エンジンの健康維持のため、埠頭の全長を使って恒例のデッドフル航行。

50.3km/h、約27.2kt出ました。前回は同じ場所で48.8km/h、26.3ktでしたから、おおむね1ktの違い。喫水線周りをデッキブラシでこそげ、海苔を落とした甲斐があったというものです。

265019.jpgこちらもおなじみさん、顔のある浮きドック・立山6500-01君の近影。

何分この巨大さとあって、塗装の補修も大変な手間ですから、以前にくらべて少々くたびれてはきたものの、いい状態に保たれていますね。浮きドック船隊のそれこそ「顔」として、可愛がられているのでしょう。


265020.jpg
最後はやはりイグアナ先生で締めましょう。うららかな陽射しを浴びて、頼もしい威容を見せてくれました。

冒頭で触れたとおり、出ていた時間は実質1時間半ほどでしたが、短い間のお散歩でもこれだけ楽しめたのは、臨海部に広がる水路網と、彼らのような魅力的な構造物が水路のそこここに点在しているおかげ。東京水路がホームグランドであることのありがたさを、改めて感じたひとときでもありました。

(令和3年5月4日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 豊洲運河 汐見運河 東京港 水辺の鳥たち イグアナクレーン

4月29日の川景色

(『4月29日のフネブネ…2』のつづき)

250011.jpg
落穂拾い的に4月29日の川景色を。豊洲運河、農水省の深川倉庫跡地(平成27年、『8月31日の豊洲運河』に解体中の写真あり)、倉庫が取り壊されて以来長きに渡って工事中ですが、このところジブを高々と掲げたクレーンが並んでおり、それもだんだん数を減じてきたところ。

何ができるのかは知りませんが、基礎工事が終わりに近づいたということでしょうか。澄んだ青空に紅白のジブが映えて、爽快な眺めではありました。

250012.jpg日本橋川との丁字流を右折して、おなじみ神田川の不燃ゴミ積み替え施設、三崎町中継所の前を航過。この日はバージと曳船のもやう姿はなく、少々寂しい光景ではありました。

まあ、バージがいなければいないで、護岸にボルト留めされたゴムフェンダーや、点々と設けられた繋留用のアイ(鉄環)など、ディテールが観察できるチャンスではあるので、興味深く拝見。


250013.jpg
お茶の水橋の下から望んだ、これもおなじみ巨大足場。御茶ノ水駅の改築工事も佳境に入ってきて、長い間眺めてきたこの足場も、撤去のスケジュールが見えてきたのではないでしょうか。もはや川景色の一部と化していたこれも、いつかは取り去られる運命、しっかりと記録しておこう‥‥。

250014.jpg
東武線の隅田川橋梁に併設される人道橋、「すみだリバーウォーク」と名付けられたそうですが、この日見てみたかぎりでは、ほぼ完成しているようでした。

延長のほとんどは下流側に沿って設けられ、西岸近くのみ上流側から入り、構造の中をくぐって下流側へ出るつくり。川を行き交うフネブネはもとより、鋼橋の構造も堪能できと、その筋の方にとっては、まさに一粒で2度おいしいといってよいでしょう!

250015.jpgちょっと片寄ってしまいましたが、桁の真下から仰いで。思ったより幅があり、人の行き来だけなら余裕は十分ありそう。上流側からは、原形を損なわない橋の姿が眺められるのもいいですね。

聞いたところでは、4月中に供用予定だったところ、コロナ禍の影響で6月に延期されたのだそう。供用されたら、ぜひ一度渡ってみたいです。

(令和2年4月29日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 豊洲運河 神田川 隅田川 三崎町中継所

4月29日のフネブネ…1

250001.jpg
4月29日、軽く近場めぐりをした際に出会ったフネブネを。まずはいつも前を通る、都建設局は潮見分室の船溜をスナップ。

プッシャー+バージのゴミ運搬船「すみだ1号」、手作業船「河清機第26号」が憩う姿。平成19年の記事、過去ログ「河川清掃船たち」と見くらべると、「河清機第26号」は船首側の甲板室にもフロントグラス+ハードトップが追加装備されたのですね。

250002.jpg運河の六叉流に出たところで、右後方、東雲北運河から都港湾局の監視船「いそしぎ」が出てきました。ちょっと遠いけれど、旧「ヒロタキ」の建屋をバックに1枚。

木村造船所で整備を終えて、定繋地に戻る途中でしょうか。きれいにしてもらったのでしょう、遠目にもサッパリした風情です。


250003.jpg
豊洲運河に入ったところで、白い曳船と行逢‥‥おお、押船「UTSUMI60」だ。昨年8月にもここで出くわしましたよね。ご縁があるなあ。ビシッと引き締まった感じの塗色とスタイル、何度見てもいいものです。

250004.jpg日本橋川を上航中、西河岸橋をくぐろうとしたあたりで、先行船がいることに気づきました。近づいてみると、コンベア清掃船です。

作業のお邪魔をしては悪いので、間隔を取ってそろそろと続航していたら、常盤橋の下流で取舵一杯(下写真)、おや、引き返すのかな?


250005.jpg
「建河清第1号」、基礎護岸ギリギリまで寄せて、くるくると器用な回頭ぶり。いや~、何度か目にしていますが、旋回半径の小ささには毎度驚かされますね。転回が終わって、河道右側が空いたところで、声をかけながら微速で通過。いつも本当にご苦労さまです。

(令和2年4月29日撮影)

(『4月29日のフネブネ…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 砂町運河 豊洲運河 日本橋川 高架下水路 清掃船 曳船