fc2ブログ

9月20日のフネブネ…2

(『9月20日のフネブネ…1』のつづき)

272016.jpg毎度恒例、エンジンと船体の健康維持のため、東雲運河でしばしのデッドフル航行。おお、48.8km/h‥‥26.3kt。

この日は望の大潮の前日で、水位差が大きかったことも手伝い、そこそこの成績でありました。乗るたびに、帰港したら水線下の見える部分だけはブラシでこそげているので、少しは抵抗が減っているかもしれません。

272017.jpg
さて、東雲運河を出て面舵、晴海埠頭を望むところまで来てみると‥‥。
誰 も い な い 。

イヤ、選手村を護る“晴海の堅陣”、巡視船みっちりの威容の印象が強烈だっただけに、やはり、やはり喪失感がずしりと来ますね。まず今後一生拝めないであろう、世紀のイベントが終わった実感が、しみじみと胸に染み入ったものでありました‥‥。

272018.jpg
臨港消防署の可愛らしい小艇2隻、「しぶき」と「はるみ」が桟橋に仲良くもやう姿をスナップ。紅の船体色も鮮やか、いつもきれいに整備されていますよね。

「すみだ」の引退を知った後だけに、臨港署の桟橋とフネブネを眺めていても、どことなく寂しい感じが。同じクラスの新艇は就役するのでしょうか?

272019.jpg
神田川から日本橋川が分かれる分流点、小石川橋通架道橋の下流から見た、エスエスNANO2。おなじみZen船長の操縦です。7月22日9月12日と、最近は出かけるたびに船長にお会いしている気が。ご縁がありますね! 絶好の水路日和とあって、お客さんも楽しそうです。

この後、私は左へ舵を切り、神田川奥部へ向かったのですが、船長はちゃんと気づいて下さり、手を振って別れました。

272020.jpgフネブネのトリは、木村造船所の上架艇でしめるとしましょう。建屋の左側、露天の船台に引き上げられていたのは、警備艇「たかお」。

喫水線下に剥離の跡が見られることから、付着した貝類をはつって高圧洗浄を終えたところで、これから再塗装に入るのでしょう。2軸あるペラはすでに磨かれたのか、真鍮色に輝いていますね。


(令和3年9月20日撮影)

(『9月20日の神田川奥部…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 春海運河 朝潮運河 日本橋川 東雲北運河 消防艇 警備艇

8月22日の水路風景…4

(『8月22日の水路風景…3』のつづき)

270016.jpg第一航路を終端まで北上、晴海埠頭が見えてくると、そこには先月とほとんど変わらない「晴海の堅陣」が。

オリンピックの閉会式を見て、「ああ、これであの巡視船たちともお別れだな‥‥」などとたそがれていたのですから、うかつにもほどがあります。パラリンピックがあることを、すっかり忘れていたのでした。



270017.jpg有明西運河に足を向けてみたら、こちらは変化がありました。測量船が一隻だけ、戻ってきていたのです。「海洋」ですね。

このバースが、元のとおり測量船が並ぶようになったら、五輪も終わったと実感するんだろうなあ、と思っていたので、その伝でゆけば少しだけ、日常に近づいたことになりますね。

270018.jpg
「海洋」の後ろに接岸していたのは、巡視船「みなべ」。南方熊楠が後半生を過ごしたことでも知られる、田辺海上保安部からの来航。油船でしょうか、「優光丸」という船を横付けして、監視取締艇「ありえす」とともに補給作業中でした。

270019.jpg
先ほど通り過ぎたPWCフリートを追ってゆくような形で、警備艇「すいせん」がプレーニングで航過。勇壮ないい後姿がものにできましたが、この噴流ですから引き波も結構なもので、護岸からの反射波とダブルパンチ。まあガブられました。

270020.jpg
有明西運河を出ると、第一航路から3隻の巡視艇が、単縦陣で入港してくるところに出くわしました。そのうちの一隻、「ひめざくら」をスナップ。何度も似たようなことをいって恐縮ですが、簡素な居住設備しか持たない小型艇が、遠路姫路より駆けつけてくれた‥‥というだけで、視線が熱を帯びてしまうのでした。


(令和3年8月22日撮影)

(『8月22日の水路風景…5』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 有明西運河 東京港 巡視船 巡視艇 警備艇

8月22日の水路風景…3

(『業務船の三角旗』のつづき)

270011.jpg
引き続きガブられつつ第一航路東寄りを北上していると、大井火発のバースにヘリ巡視船がいるのに気づきました。横浜海上保安部の「おおすみ」です。

ヘリ巡視船は老兵といってもいい過ぎでない船が少なくありませんが、こちらも昭和54年竣工の大ベテラン。9年前に延命工事を施され、兵装などを更新したそうで、まだ当分は現役に留まるのでしょうね‥‥。

270012.jpg本船にこそ出会わなかったものの、警備の船艇は頻繁に行き交っていて、風による波立ちに引き波が加わるため、まあガブること。波頭に突っ込まないよう、行き足を押さえて前進。

プレーニングで追い越していった艇は、湾岸署のハルナンバー視6「たかお」。すぐに舵を切って引き波に正対しないと、この速度ならローリングとともに激しい飛沫を浴びることになります。

270013.jpg
さて、台場内水面に浮かぶパラリンピックシンボルです。黄色いフェンスこそ航路の幅分は中断されているものの、航行自粛水域であることはオリンピック会期中から引き続き変わりなし。そこで‥‥。

270014.jpg航路西口で警備に当たっている、「SEC」と染め抜かれた赤い旗を掲げた、民間の警戒船に近づいて、写真を撮りたい旨伝えてお願いしてみることに。

乗り組みさんは「(赤と緑の)ブイから内側に入らなければいいですよ!」と許可してくださいました。ありがとうございます! 風でリーウェイする艇を舵を当ててなだめながら、ブイのギリギリまで寄せて、何枚か撮った後速やかに離脱。

270015.jpg
曇り空が残念ではありましたが、「スリー・アギトス」と通称される、三日月が3つ寄り添ったような形のパラリンピックシンボルを、ブイの外からズームでたぐって撮ることができました。

台船はオリンピックシンボルと同じかしら‥‥と思っていたのですが、「12月13日の水路風景…2」と見くらべてみたところ、違う船でした。今回のものは、前回よりずいぶん小型に見えます。ともあれオリンピックのそれに引き続き、オリ・パラ会期中ならではの水路風景を記録できて、嬉しいことではありました。
撮影地点のMapion地図

(令和3年8月22日撮影)

(『8月22日の水路風景…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東京港 巡視船 警備艇 パラリンピックシンボル

8月22日の水路風景…1

270001.jpg8月22日は、オリンピックのそれに代わり台場に浮かぶパラリンピックシンボルと、またもブルーインパルスの展示飛行があるとのことで、前回より1か月ぶりに艇を出してきました。今回は時系列順に紹介させていただきましょう。

曙運河を南下していると、水門の向こうに黄色い清掃船が。辰巳埠頭に出たあたりで追いつきそうですね。


270002.jpg
運河を出たところで、もはやルーティンになった墨田川造船辰巳の観察日記。入渠船はなかったものの、この日は大きな変化がありました。浮きドックの向こう、2階建ての詰所がついたポンツン桟橋が姿を消していたのです。

これでは当分、入渠はないと見てよさそうですね。あと、前回気づいていたのですが、浮きドック端部の両舷に、縦長のフェンダーが5本づつ、円弧状に設けられていたのも触れておきましょう。

270003.jpg
ふたたび前進すると、清掃船に追いつきました。先月22日にも出会った「第一清海丸」です。

そうそう、操舵室後端に掲げられた青地に赤三角の旗、遊覧船を含めた業務船が掲げていますが、オリンピック・パラリンピック会期中の警備に関する旗ですよね? 警備の負担を減らすため、おそらく外郭団体などが交付した、一種の登録船を示すものだろうと解釈していますが、国際信号旗でもないし、絵柄の由来や正式名称が気になります。

270004.jpg
「第一清海丸」を追い越して、埠頭と旧貯木場の柵の間を西航していたら、監視取締艇が反航してきました。これも先月22日は曙運河・砂町運河の十字流で警備に当たっていた「れぷす」。盛大に船首波を盛り上げて、勇ましい航走シーン。

270005.jpg少し間を開けて、続いて行逢したのが湾岸署の警備艇「すいせん」。赤色閃光灯を光らせての航行、操舵室の窓から乗り組みさんが腕を水平に出しているのは、取舵に切るよ、というサインかしら?

海保、警察の船艇が続航するさま、オリンピックが終わったとはいえ、引き続きパラリンピックの警戒が厳になされていることを、実感させる一幕ではありました。


(令和3年8月22日撮影)

(『8月22日の水路風景…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 曙運河 東京港 清掃船 監視取締艇 警備艇 墨田川造船

7月22日の水路風景…2

(『7月22日の水路風景…1』のつづき)

269061.jpg
恒例、新月島川の森田内燃機さん前で、干潮時バージが座洲し傾斜したとき(前回はこちら)に、ホールド内のクレーン車をのぞき込んでみるイベント(?)。

今回は手前で十分減速し、一瞬ながらシートの上に立ち上がって撮ってみたのですが‥‥ううん、あんまり以前と変わらないな。自撮り棒の先にカメラをつけて、タイマーで撮るのがいいかしら。

269062.jpg京浜運河、湾岸署水上安全課の船溜を拝見。五輪警備で出動艇も増えているせいか、繋留している艇の数もだいぶ少なめです。

下の写真、6月13日に見たときは4隻がズラリと並んでいた、対五輪増備と思しき既製艇も、この日は2隻のみ。警備は海保中心とはいえ、警察もお忙しいことでしょう。

269063.jpg

269064.jpg隅田川を派川との分流点まで遡上してきたところで、エスエスNANO1が永代橋をくぐろうとしているのを見つけ、もしかしたら‥‥としばらく追尾。

間なしにこちらに気づいて振り向いた顔は、やはりZEN船長でした。手を振りながら取舵に当てて、日本橋川に入るところをスナップ。この酷暑、オープン艇でのご案内は厳しいものがありそうです、どうかお気をつけて。


269065.jpg
永代橋で反転、大横川に入り微速に落とすと、まあ汗が噴き出ること。クーラーボックスの冷たいお茶をラッパ飲みしながら進んでいたら、石島橋~巴橋間で、クレーン付き台船や曳船がおり、明らかに工事中。

艇を歩かせながら見てゆくと、南岸に鋼矢板が打ち込まれており、どうやら護岸の改良工事のよう。ご覧のように幅員は十分あり、通航に支障はありませんでした。
撮影地点のMapion地図

(令和3年7月22日撮影)

(『7月22日の水路風景…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 新月島川 京浜運河 隅田川 大横川 警備艇 台船