観音崎散歩…5

(『観音崎散歩…4』のつづき)

167021.jpg
目線をぐっと右‥‥東の方へ転じれば、人工のものが目立つ平らかな湾奥から、房総の山並みがうねる湾央風景に。繰り返しになりますが、この変化が味わえるのも観音崎ならではで、改めて面白く感じたものです。

眺めていて、今さらながら思ったのが、沿岸が平地か、あっても低い丘陵ばかりの湾奥は、地文航法での目標に乏しく、ちょっと視程が悪くなると、いかにも位置確認が難しそうであること。まして大きな建物がほとんどなかった昔、羅針と沿岸地形のみが頼りの船乗りからすれば、決して行き来のしやすい海ではなかったのではないでしょうか。

167022.jpg
妄想はさておき、さらに右へ目を向けて、ほぼ北、湾口方面を眺めたところ。はるかに霞む房総半島の南端と紺碧の海、足元の緑深く険しい崖線と、これまたため息の出るような眺望です。

写真中央あたり、岬の突端からぽつりと距離を置いた、小さな岩礁のような‥‥。いや、あれは明らかに人工のもの、以前、本で写真を見たことがあるぞ!

167023.jpg
ズームで思い切りたぐってみました。円筒形の基礎の上に、沖に向かってオフセットしたように乗っかった、小さなコンクリート製の建物。かつての水位観測施設ですね。砲台の関連施設とみて、間違いありません。現役時は、右手に桟橋があって、陸上とつながっていたのでしょう。

砲の射撃‥‥タマを的に当てるまでの段取りの九分九厘は、測量であるといってよいでしょうから、沿岸砲台であるここ観音崎のそれでは、潮位の計測が大切な仕事の一つであったことが感じられます。

167024.jpg
灯台の回廊をぐるりと一周し、北西側に見える東京湾海上交通センターの塔屋を一枚。こんなにまじまじと眺めるのは、浦賀水道を自艇で通って以来です。

海面から見上げたときの写真が、探せばどこかにあるはず。そのころとくらべて、変化があったのかみくらべてみたくなりました。

167025.jpg同じく北西側、資料展示室を見下ろして。稜線上の岩を削り、擁壁を築いて得た敷地は本当に狭く、建屋をのぞくと、わずかな通路しか残らないことがわかります。

着いたときは、息も絶え絶えで気づきませんでしたが、左手にも道があるのですね。帰りはこちらを通って、探検しながら下山するとしましょう。


(27年1月18日撮影)

(『観音崎散歩…6』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 観音崎 観音埼灯台

観音崎散歩…4

(『観音崎散歩…3』のつづき)

167016.jpgハァハァしながら頂上に到達。すき間から、防振架台に載せられた灯器を見上げて。屋根の裏に、亜鉛引きの鉄板らしい天井(?)がリベット止めされているのに目を引かれます。陽光の熱をやわらげる工夫でしょうか。

灯器の回転はいうまでもなく電動ですが、かつては壁掛け時計と同じ重錘式で、夜間の運転中は何度も、錘を下げたロープを人力で巻き上げなければならなかったとのこと。螺旋階段を上がるだけでも大変なのに、さらに巻上機を回すその労力たるや‥‥。先人のご苦労がしのばれました。

167017.jpg
さて、回廊からの眺望は‥‥まずは北~北西側から。おお、絶景!

沖合はるかに望む第一・第二海堡。白くけぶる水平線付近に、市街地や京浜工業地帯の活動ぶりが思われるパノラマです。

167018.jpg
第二海堡が気になって、ズームでたぐってみると‥‥。おや、周囲に新しい護岸が追加されていたのですね。

砲台としての役目はとうの昔に終わっているとはいえ、ここは海上災害防止センターの訓練施設がある、いわば「現役」の島。保全工事がなされるのもうなずけます。

167019.jpg
右手、第一海堡に目を転じると、第二海堡とは対照的に、崩壊したままの放置感あふれる(?)風情。台場のように草木が茂ってもよさそうなものですが、そうならないのは、何か理由があるのでしょうか。

167020.jpg
おおお、この角度は楽しいかも。富津の明治百年記念展望台の向こうに延びる東京湾アクアライン、そしてこちらへ船首を向ける船、船、フネ!

立ちのぼる陽炎でゆらめいて、ディテールは定かではありませんが、それがかえって、陸上では望みえない範囲の眺望を感じさせて面白く、ズームのありがたさを実感したものでした。

(27年1月18日撮影)

(『観音崎散歩…5』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 観音崎 観音埼灯台

観音崎散歩…3

(『観音崎散歩…2』のつづき)

167011.jpg
灯台を付属舎のある東側から見たところ。外壁は定期的に塗り替えられているのか、とてもよい状態に保たれています。

加えてデザインが直線主体ということもあり、とても大正末の竣工とは思えない現代風に見えますが、入口のひさしや灯台の回廊などの下にある、持ち送りが描く曲線に、わずかに時代相応の雰囲気が感じられました。

167012.jpg
付属舎のひさしの下には、ご覧のような銘板‥‥というより、履歴板でしょうか。つぶれて判読しにくい部分もありますが、書き出してみましょう。

臺燈埼音観/點初/日一月一年二治明/ 築改災(?)震/日五十月三年二十正大/日一月六年四十正大

大正11年4月26日に、浦賀水道付近で起きた直下型地震により初代灯台が損傷、翌年改築成ったと思ったら、その年の9月にふたたび関東大震災に見舞われ再度建造と、何ともタイミングが悪かったとしかいいようのないことがこの履歴からも読み取れ、関係者のご苦労が察せられました。(参考:『8.観音埼灯台横須賀市

167013.jpgそうそう、地名は観音「」ですが、灯台は観音「」なのですね。お恥ずかしいことに、まったく意識していなかったのですが、「灯台」をつけると、ちゃんと区別されて変換されているあたりは、さすがIME。

右の写真は、付属室の中、灯台本体の入口に掲げられた履歴板ですが、こちらはどういうわけだか、関東大震災後の改築が載っていません。先代灯台の履歴板を、あえて残したのでしょうか。

167014.jpg付属室の1階部分には、ささやかながら展示物が。ガラスケースの中に、灯台で使用された各種の電球と、近代化産業遺産指定の認定書、そして額縁に入れられた油絵は、灯台補給船・ハルナンバーLL01時代の「宗谷」! 

ご存知のとおり、後に南極観測船に抜擢され、補給船としての活躍は長くはありませんでしたが、灯台守が住みこんでいた時代には、本船の補給を待ち望んでいた職員家族が全国におられたことでしょう。有人管理時代の灯台を語るには、なくてはならない存在ですね。

167015.jpg
さて、楽しみな灯台の頂上へ。らせん階段に足を踏み入れると、壁面には全国の灯台の写真が、額縁に入れられてズラリ、これは壮観です。灯台の名前だけでなく、簡単な諸元も併記されていて、登っている最中も退屈させません。

(27年1月18日撮影)

(『観音崎散歩…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 観音崎 観音埼灯台

観音崎散歩…2

(『観音崎散歩…1』のつづき)

167006.jpg
磯の上から、フネブネをほしいままにする楽しいひととき。南下してきたオレンジ色の船体に惹かれて、ズームでたぐり寄せて一枚。

LEG(液化エチレン)タンカー「オベリックス」。船首越しに以前訪ねた、富津岬の明治百年記念展望台(過去ログ『富津岬から…1』参照)が見えます。

167007.jpg視線を右に転じれば、商船三井と大書きしたRORO船が上がってきました。船名はよく見えませんでしたが、「さんふらわあ とうきょう」でしょうか? 眺めた角度のせいなのか、少しダウントリムに見えます。

しかし、ちょっと視線を動かすだけで、プラントや煙突が林立する工業地帯に、山肌が海に迫る南房総と、背景がガラリと変わるのですから、写真を撮っていても面白いでしょう。艦船の撮影スポットとして好まれるのも、わかるような気がしました。

167008.jpg
ひとしきりフネブネの姿を堪能してから、観音埼灯台を見学してみることにしました。よく知られているように、我が国初の洋式灯台が設置されたところでもあります。

舗装されているとはいえ、灯台まではつづら折りの急坂。衰え著しい船頭は道半ばでもう汗だく、息も絶え絶えの情けないありさま。それでも灯台の姿が目に入ると、たちまち元気が戻ってくるのですから、不思議なものです(ちょっと足がガクガクしていたけれど)。

167009.jpg息を整えながら、受付で拝観料を払い、さっそく拝見と構内へ。案内板にある資料展示室は後にして、まずは灯台を見てみましょう。

写真下、木立の切れ目から富津の方を眺めて。水際から眺めるのと、また違った爽快感あふれるパノラマ。灯台を見上げつつ沖を船行きしていた20数年前と、まったく逆の視点から眺めることができて、感慨深くもありました。
撮影地点のMapion地図

167010.jpg

(27年1月18日撮影)

(『観音崎散歩…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 観音崎 観音埼灯台