4月16日のさくらしべ降る水路…8

(『4月16日のさくらしべ降る水路…7』のつづき)

204036.jpg立花一丁目付近で、まだたくさんの花を残していた、見事な枝ぶりの一本を認めて。川面に枝をさしかけているわけではないものの、こうして沿岸の桜を愛でることができるのも、堤防が低められたおかげです。

風に吹かれてさらさらと飛んでくる花弁、静かな川面に音もなく舞い降りて浮かび、真新しいテラスで挟まれた狭水路を、風情あるものにしてくれました。



204037.jpg
東武亀戸線橋梁の手前で、しばし行き足を止めて、電車の通過を待つことに。幸いにも間なしに踏切の警報機が鳴りだして、2輌編成の短い電車が、ゴォッと姿を現わしました。

この前後、旧小原橋が撤去されたりして、いよいよテラスの工事が始まるのかしら? と思っていたら、S字屈曲のあたりで一息ついてしまい、今のところ手を着けた様子は見られません。最狭窄部とジャングル(?)区間、まだ少しは命永らえそうであります。

204038.jpg旧中川に出て南下すると、東岸はまだまだ「見られる」桜が何本かあって、ほぼ散ってしまった並木の中に、1本、また1本と咲き残りが。

そういった名残桜には、皆さん惹かれるものがあるのでしょう。決まって敷物を広げて憩う家族や、カップルの姿が見られて、いかにも春めいた、のどかなシーンを楽しむことができました。


204039.jpg

204040.jpg
というわけで、満開は逃したものの、好天もあいまって大いに楽しめました。午後に入って、予報どおり風も強くなったので、閘門様から内部河川を離脱、帰路につくことにしましょう。

真南の風が入ったとあって、通閘後に出た荒川はその名にたがわず大荒れ。頭からスプレーを浴びつつ、波頭を跳ね回る艇を抑えるのに骨を折りながらも、満足のていで下航したのでした。
撮影地点のMapion地図

(29年4月16日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 北十間川 旧中川 江東内部河川 水位低下化河川 荒川ロックゲート 閘門

1月21日の川景色…3

(『1月21日の川景色…2』のつづき)

187011.jpg
旧中川に出てゆるゆる南下、船番所資料館前の川の駅へさしかかると、見慣れない船が接岸しているのと、何やら人だかりがしているのが目に入りました。イベントかしら?

近づいてみると、ここを泛水地点にしている水陸両用バス、「スカイダック」と略同型ながら、正面窓配置3枚、グレー一色塗装の初めて見るタイプ。新造艇いや新車なのか、それとも他所のバスを、臨時に借り出してきたものかしら。桟橋におられる皆さんは、救命胴衣に加えヘルメット着用だったことから、トライアル中のようでもありました。

187012.jpg閘門様は10年目の大修繕とあって、通れないのはわかっていたものの、工事中の様子も拝見したく、ご機嫌伺いに接近してみることに。稼働中とは違った表情が見られるかもしれませんものね。

屈曲の向こうに後扉室ゲートが見えてくると、扉体は閉鎖され、管理橋の高欄には黄色い横断幕が。そうだ、動かないのだから、ギリギリまで近づいてディテールを拝めるぞ! うひょひょ。

187013.jpg
まずは横断幕から。普段、出入りする際は何より、待機艇や係の方の迷惑にならないよう、そそくさとゲートをくぐってしまうのが常なので、余裕を持って見上げられるのはちょっと嬉しいものが。残念ながら空が薄曇りになって、撮ったときの雰囲気がいま一つではありましたが。

ゲートの直前でしばらくうろうろしましたが、放送で注意されることもなくひと安心。それならと、扉体にもっと近づいてみることに。

187014.jpg

187015.jpgここぞとばかりに、バウがぶつからんばかりの距離まで接近、扉体の巨大な質量を堪能して‥‥と、一つ発見が!
ローラーの軸が抜かれている!
これって、メタルも取り外した後ですよね? 手前軸穴の右上に、パーツの絵がチョーク書きしてあるのも生々しくて佳し。さすが(?)10年目の総点検、ここまでやるんだと大いに感動。いや~、通れなくとも訪ねた甲斐がありました!

思わぬ発見に気をよくした後は、周囲をキョロキョロと物見高く見まわして、点検用デッキのパンチングメタルなど、普段じっくり見られないディテールも併せて堪能し、気分よく小名木川を西行したのでした。
撮影地点のMapion地図

(28年1月21日撮影)

(『1月21日の川景色…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 旧中川 江東内部河川 水位低下化河川 荒川ロックゲート 閘門

閘門様も10年

171031.jpg
先日、国交省・荒川下流河川事務所の記者発表資料、「荒川ロックゲートを船が通行できません」(PDF)を読んで、報じられている休止期間の長さよりも、竣工以来10年を経過したくだりに目が行き、「ああ、もうそんなに経つのか‥‥」と、おっさん一人でしみじみしてしまいました。

いまだに、閘門界の最若手、といったイメージから離れられないのですが、あの大騒ぎして一般供用初日に初通航した、平成17年10月から間もなく満10年、もはや中堅どころといってもよいだけの、よわいを重ねたわけですね。

発表資料にもあるように、竣工10年を経たことを機に、昨年度から今年度にかけて、大きな整備期間を設けることになりました。すでに、昨年11月25日から本年3月25日に、第一回の整備期間を終えており、今回発表された本年12月1日~来年3月25日は、第二回ということになります。

水路天国である江東内部河川の東の顔として、また都内最大の現役閘門として、メディアへの登場も数多く、東京の水路シーンに欠かせない存在となったことは、いち閘門ファンとしても喜ばしいことです。10年間お疲れさまでした、休養後も変わらぬ活躍を願っています!


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 荒川ロックゲート 閘門

4月29日の閘門様

171000.jpg
今日は久しぶりに江東内部河川を巡ってきました。朝は少し晴れ間がのぞいたものの、お散歩中は終始薄曇り、午後帰港してからまた晴れたという、ちょっとくやしい展開でしたが、事故もなく楽しんできました。

よい陽気のせいか、お客さんを満載した観光船や、水路めぐりのカヤックにもたびたび行き会い、なかなか賑やか。ここしばらく夏日が続きましたから、陽射しにあぶられない分、水路観光の皆さんには、薄曇りの方がかえって快適だったかもしれませんね。

おなじみ閘門様も、変わらぬ威容でゲートを開いて迎えてくれました。久しぶりの閘門通航、天気はベストといかないまでも、機嫌の悪かろうはずはありません。途中で興味を惹かれるあれこれに出会うこともできたので、近々垂れ流しに及びたいと思います。

(27年4月29日撮影)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 荒川ロックゲート 閘門

7月20日の水路風景…6

(『7月20日の水路風景…5』のつづき)

155041.jpg

155042.jpgその後、閘門様を通って水位低下化水域を出て、臨海部の運河地帯を抜け、神田川・日本橋川へ。薄曇りのせいか、おなじみの物件たちもいま一つ浮かぬ表情に見えます。

聖橋も曇り空をバックに、ちょっと重苦しい雰囲気。隣接している巨大足場、だんだんなじんできて、昔からそこにあったような、違和感がなくなってきた気が‥‥。


155043.jpg
日本橋を過ぎ、江戸橋に近づいたあたりで、首都高の間から、独特の塔屋をいただいた懐かしい姿が見えてきました!

あっ、もう完成したのかな?

155044.jpg

155045.jpg建て替えたビルの周囲に、ファサード保存された旧三菱倉庫の外壁! まだ足場が少し残っていますから、完成はもう少し先のようですね(過去の写真は、タグ『三菱倉庫』参照)。壁面と石張り、どちらも美しくリニューアルされ新品同様で、旧倉庫の竣工当時を思わせます。

かつてテルファー(クレーン)が突き出していた部分の壁面も、窓枠などモディファイされてはいるものの、よく復元されていて違和感がありません。これからも永く、物流の拠点だった時代をしのばせてくれるでしょう。
撮影地点のMapion地図

(26年7月20日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 荒川ロックゲート 閘門 神田川 日本橋川 三菱倉庫